【採用担当解説】Spring転職エージェントはやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】

【採用担当解説】Spring転職エージェントはやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】転職エージェント
この記事は約10分で読めます。

 

 

転職エージェントでスキルを理解してくれずに悩む人「ある専門領域で働いているが、キャリアプランがあって、転職を考えている。いわゆる業界特化型転職エージェントに相談しても、キャリアを理解してもらえず、困っている。職種・業界ごとに詳しいコンサルタントが在籍する転職エージェントがあれば、ぜひとも知りたい。でも、ぶっちゃけ転職エージェントの評判って何故か気になる。評判や口コミを気にする必要がない客観的な理由があれば、ぜひ知りたい。最後に転職エージェントの選び方があれば、教えてほしいな。」

 

こういった疑問に答えます。

先ほど、こんなツイートをしました。

 

特化型転職エージェントの中でもSpring転職エージェントは少し変わっていて使う価値がある。職種別コンサルタント、一気通貫体制をとっている。専門分野が特殊であればあるほど役に立つ。また一気通貫なので、営業と求職者支援をワンストップで行うので求人情報がリアルにわかる。

 

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 専門領域に精通したコンサルタントが在籍する転職エージェントがわかる。
  • 転職エージェントの評判を気にする必要はないわけがわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

  • 会社で働いていて、こんな悩み・不平不満はありませんか?
  • このような悩みはどうしたらいいかわからないですよね…
  • 【Spring転職エージェント】は専門領域に精通したコンサルタントが在籍【ミスマッチが少ない】
  • 【Spring転職エージェント】に限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由
  • 【Spring転職エージェント】は完全無料ですので今すぐ行動しましょう

 

では一つずつ解説します。

 

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

  • Spring転職エージェントは専門領域の転職に強い
  • Spring転職エージェントは一気通貫体制により、求人情報が詳細にわかる。
  • 転職エージェントは「マッチング」次第なので、評判や口コミは無視して問題ない。
  • 上記の通り。

 

 

会社で働いていて、こんな悩み・不平不満はありませんか?

会社で働いていて、こんな悩み・不平不満はありませんか?

 

  • 現在の年収に不満をもっている。
  • キャリアアップのため転職を考えている。
  • 仕事がマンネリ化しており、退屈である。もっと難しい仕事に挑戦したい。
  • 会社の経営方針に同意できない点が多い。
  • 上司や同僚と人間関係でうまくいっていない。
  • 転職市場価値を知りたい。
  • 専門的な仕事なので、キャリアを理解してもらえるか心配。
  • たった一人だけで転職活動を行うのは、不安だ。転職エージェントを使いたい。
  • 上記の通り。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

このような悩みはどうしたらいいかわからないですよね…

このような悩みはどうしたらいいかわからないですよね…

 

  • でも転職活動って何から始めたらよいかわかりませんよね…
  • もちろんインターネットや転職本でも情報収集は可能ですが、本当に正しいのか不安ですよね…
  • 筆者も初めての転職活動では、だいぶ回り道をしたと思っています。
  • 転職活動ほど難しいものはないです。
  • うまくいっているのか自分ではわからないのですから。

 

実は転職活動にはちょっとしたコツがあります。

筆者は採用担当ですので、その「ちょっとしたコツ」を理解しています。

 

正しい「転職の進め方と手順」を意外と求職者の皆さんは知りません。

以下が正しい「転職の進め方と手順」です。

  1. 転職理由・転職の軸を明確にする
  2. 転職理由に相応しい求人ニーズを転職サイトでマーケティング
  3. 転職活動のスケジュールを立てる
  4. キャリアの棚卸し
  5. 履歴書・職務経歴書の作成
  6. 転職エージェント推薦で応募
  7. 年収交渉・内定・退職
  • 上記の通り。

 

転職の進め方のポイントは「求人応募」は転職エージェント推薦でということ。

ハローワークや転職サイト経由の「直接応募」では求職者が履歴書・職務経歴書を送ります。

 

それに対して「転職エージェント推薦」は企業に推薦状つきで応募できます。転職エージェントが企業に推薦するのが強みです。

転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2つがあります。専門的なスキルを持っている方は「特化型」転職エージェントを利用するほうが効率的です。

 

総合型転職エージェントのコンサルタントはかなり幅広い分野を扱う必要があるからです。

特化型転職エージェントであれば、ITや管理系など狭いですが深い知識をもっています。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

【Spring転職エージェント】は専門領域に精通したコンサルタントが在籍【ミスマッチが少ない】

 

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントを使って転職活動する方法です。

専門領域が深い方が転職するなら【Spring転職エージェント】が最適です。

 

Spring転職エージェントを使うとミスマッチが起きにくい

 

【Spring転職エージェント】は「特化型」ですが、職種に特化している点が他とは違います。

さらには業界ごとにコンサルタントが在籍しているので、これがSpring転職エージェントの圧倒的な強みとなっています。

 

なぜなら、職種・業界に精通したコンサルタントはマッチングした求人を紹介する可能性が極めて高いから。

もちろん、例外はあります。

 

コンサルタントの能力差によるものです。

これについては、どの転職エージェントでもあります。

 

コンサルタント全員が有能な転職エージェントはないです。

Spring転職エージェントのシステムが優れているのは、おわかり頂けたかと思います。

 

無能なコンサルタントは例外として、ミスマッチは起こりにくいシステムと言えます。

まとめますと【Spring転職エージェント】は「職種 × 業界」ごとに精通したコンサルタントが在籍しています。結果として、ミスマッチが起こりにくい仕組みになっています。

 

Spring転職エージェントは一気通貫体制をとっているため、ミスマッチは起こりにくい

 

転職エージェントには「分業体制」と「一気通貫体制」の2つがあります。

分業体制とは、求人獲得と求職者支援を分業で行うことです。リクルートエージェントやdodaがその代表例です。

 

 

一気通貫体制とは、求人獲得から求職者支援までワンストップで行うことです。

Spring転職エージェント、JAC Recruitmentなど外資系転職に強いところが多いです。

 

どちらにもデメリットがあります。

分業体制の場合は求人情報が比較的浅いこと。

 

一気通貫体制の場合は求職者に対するサポートがあっさりしていること。

転職エージェントの仕事は営業が最優先です。

 

求職者に対するサポートがどうしても後回しになるのは、仕方がないです。

その代わりに求人情報はとても濃い内容を提供されます。

 

分業体制のリクルートエージェントなどと併用しながら、うまく使いこなすのが効率的です。

あなたにピッタリのコンサルタントが見つかれば、併用する必要はありません。

 

ただし、確率からいっても「数を打つ」ことは必要です。

転職エージェントを下手に絞るのはやめたほうが良いです。

 

転職エージェントのコンサルタントは、いわば有能な秘書のような役割です。

転職エージェントは完全無料で以下のような転職支援を受けることができます。

 

  • キャリア相談(自己分析、希望条件など)
  • 求人紹介・企業への推薦
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス、添削
  • 転職面接の過去問を提供
  • 転職面接の日程調整
  • 転職面接に同行
  • 年収交渉
  • 円満退職のためのアドバイス
  • 転職後のアフターフォロー
  • 上記の通り。

なぜ無料で転職支援を受けられるかというと、労働契約が結ばれて入社すると企業から成功報酬をもらえるためです。

求職者が転職したら、想定年収の30~40%を企業は転職エージェントに払います。

 

転職エージェントは企業が求める候補者を推薦するため、直接応募よりも内定率は高くなります。

なので、転職活動は転職エージェントを中心に進めましょう。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

【Spring転職エージェント】に限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

【Spring転職エージェント】に限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

 

転職エージェントの評判はコンサルタントのものだから。そのコンサルタントが担当になる確率はほとんどゼロ。つまり「評判や口コミは無視して良い」。

Spring転職エージェントには良い口コミもあり、もちろん悪い評判もあります。

Spring転職エージェントのコンサルタントが良くない対応をしても、全く気にする必要はないです。

 

なぜなら、評判の悪いコンサルタントが担当者になる確率は、ほとんどゼロだから。

【Spring転職エージェント】自体の対応について書かれているものは見つかりませんでした。ですので、本記事には掲載しません。

 

転職エージェントはコンサルタント次第とよく言われます。

担当者が有能でない場合にはかえって転職活動のじゃまになるからです。

 

たまたま担当になったコンサルタントの対応が悪かっただけです。

Spring転職エージェントのシステムは素晴らしいので、使わないと損です。

 

コンサルタントとの相性が合わなければ、交代してもらえばいいだけです。

Spring転職エージェントとしても、優秀なコンサルタントを見極めることが売上に直結しますので、すぐに対応してくれるはずです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

【Spring転職エージェント】は完全無料ですので今すぐ行動しましょう

【Spring転職エージェント】は完全無料ですので今すぐ行動しましょう

 

転職エージェントにもデメリットはあります。

それは転職エージェントはコンサルタントの能力次第で転職活動に影響が出る点です。

 

しかし有能でないコンサルタントは交代すればよいだけ。

しかもSpring転職エージェントは完全無料で使えます。

 

専門領域が深い転職をするのであれば、Spring転職エージェントのコンサルタントは優秀です。

Spring転職エージェントであれば、各専門領域に精通したコンサルタントが多く在籍しています。

 

もちろん、あなたには金銭的デメリットはありません

Spring転職エージェントを使わない理由は見つからないはずです。

 

行動しないで失敗するのが最悪です。

行動しながら間違いを修正すれば良いだけです。

 

Spring転職エージェントの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。