【採用担当解説】UZUZ理系はやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】

【採用担当解説】UZUZ理系はやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】転職エージェント
転職エージェント
この記事は約17分で読めます。

 

 

理系出身で、エンジニア転職したい人「20代理系なので、キャリアはあまりない。だが現職には不満があって、転職を考えている。ノースキルなので、理系転職できるか不安である。スキルがない理系出身者向けの転職エージェントがあれば、知りたいな。」

 

こういった疑問に答えます。

先ほど、こんなツイートをしました。

 

未経験だけど、理系の会社に転職したい方はUZUZ理系も選択肢。マッチングしない求人は紹介されないので、どんどん求人紹介してもらいたい方には向かない。基本20代向けの転職エージェント。求人は優良な理系エンジニア会社が多い。

 

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 20代理系出身者が理系転職するのに、適した転職エージェントがわかる。
  • 未経験に特化した転職エージェントのデメリット・メリットがわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

  • 20代理系出身者の方で、こんなお悩みはありませんか?
  • このような悩みはどうしたらいいかわからないですよね…
  • UZUZ理系は未経験からの理系求人に強いので、理系転職が可能
  • UZUZ理系に限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由
  • UZUZ理系は完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

 

では一つずつ解説します。

 

 

UZUZ理系の無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

  • UZUZ理系は、20代の未経験からの理系転職が可能な転職エージェント
  • UZUZ理系は、You Tubeでの動画コンテンツが豊富。独学にも適した転職エージェント
  • 転職エージェントは「マッチング」次第なので、評判や口コミは無視して問題ない。
  • 上記の通り。

 

 

20代理系出身者の方で、こんなお悩みはありませんか?

20代理系出身者の方で、こんなお悩みはありませんか?

  • 未経験からの理系転職を考えている。
  • 理系エンジニア職でのキャリアを考えている。
  • 空白期間があって、理系転職ができるか不安。
  • ニート期間が長く、理系転職できるか不安。
  • 現職の社風にあわない気がする。
  • 社畜のように働かされて、年収が低すぎる。
  • サービス残業が当たり前になっている。
  • 休みが取れないので、体調もよくない。
  • 会社の経営方針に同意できない点が多い。
  • 転職市場価値を知りたい。
  • たった一人だけで転職活動を行うのは、不安だ。転職エージェントを使いたい。
  • 上記の通り。

 

UZUZ理系の無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

このような悩みはどうしたらいいかわからないですよね…

このような悩みはどうしたらいいかわからないですよね…

 

  • でも転職活動って何から始めたらよいかわかりませんよね…
  • もちろんインターネットや転職本でも情報収集は可能ですが、本当に正しいのか不安ですよね…
  • 筆者も初めての転職活動では、だいぶ回り道をしたと思っています。
  • 転職活動ほど難しいものはないです。
  • うまくいっているのか自分ではわからないのですから。

 

実は転職活動にはちょっとしたコツがあります。

筆者は採用担当ですので、その「ちょっとしたコツ」を理解しています。

 

正しい「転職の進め方と手順」を意外と求職者の皆さんは知りません。

以下が正しい「転職の進め方と手順」です。

  1. 転職理由・転職の軸を明確にする
  2. 転職理由に相応しい求人ニーズを転職サイトでマーケティング
  3. 転職活動のスケジュールを立てる
  4. キャリアの棚卸し
  5. 履歴書・職務経歴書の作成
  6. 転職エージェント推薦で応募
  7. 年収交渉・内定・退職
  • 上記の通り。

 

転職の進め方のポイントは「求人応募」は転職エージェント推薦でということ。

ハローワークや転職サイト経由の「直接応募」は求職者が履歴書・職務経歴書を企業に送る方法です。

 

企業の採用担当者から見ると「どこの誰かわからない」ので、書類選考のハードルは高くなります。

それに対して「転職エージェント推薦」は企業に推薦状つきで応募できます。

 

転職エージェントが企業に推薦するので、有利になります。

転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2つがあります。

 

「総合型」は業界・職種・年齢ともに、幅広い求人を扱っています。

一方「特化型」は業界・職種・年齢などに特化した求人を扱っています。

 

もちろん、未経験からの理系転職に強い転職エージェントも存在します。

数はとても少ないので、迷わずにとりあえずは、使ってみましょう。

 

本記事では未経験転職に強い「UZUZ理系」を紹介します。

 

UZUZ理系の無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

UZUZ理系は未経験からの理系求人に強いので、理系転職が可能

UZUZ理系は未経験からの理系求人に強いので、理系転職が可能

 

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントを使って転職活動する方法です。

未経験転職するなら「UZUZ理系」を使いましょう。

 

運営会社UZUZ
対応エリア東京、大阪、愛知、福岡
求人数約1,500件(UZUZグループ)
特記事項理系出身者のための転職エージェント。

 

UZUZ理系は未経験からの理系転職に強い

 

UZUZ理系は「特化型」転職エージェントです。

特化しているのは、未経験からの理系求人です。

 

通常の転職エージェントの場合、職務経歴が重視されます。

スキルがない方は、登録段階で断られることがあります。

 

ハローワークからは自由に応募できます。

しかし、ブラック企業を見分けるのは難しいです。

 

転職サイトの求人は、スキルがない方には、競争率が高いのでおすすめしません。

未経験転職に強い転職エージェントを使うことが一番の近道です。

 

まとめますと、「UZUZ理系」は「未経験からの理系転職」に強い転職エージェントです。ただし、20代が中心になります。ノースキルには、ノースキルの戦い方があります。

 

UZUZ理系にもデメリットがある

 

しかし、UZUZ理系にもデメリットがあります。

それは「求人数」が少ないこと。

 

有利に転職活動を進めるためには、ほかの転職エージェントを併用することです。併用することはルール違反ではありませんので、ご心配なく。

以下に、UZUZ理系と併せて使ったほうが良い「未経験転職に強い転職エージェント」を示します。

 

UZUZ理系の無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

  • 【20代向け】未経験転職に強い転職エージェント【おすすめ】
転職エージェント特記事項運営会社対応エリア求人数
フリーターの方向け転職エージェントレバレジーズ全国1,326
ニートの方向け転職エージェントジェイック全国非公開

 

求人数が少ない場合は確率からいっても「数を打つ」ことは必須です。

転職エージェントを1社だけに絞るのはやめたほうが良いです。

 

UZUZ理系の転職支援フロー

 

転職エージェントのコンサルタントは、いわば有能な秘書のような役割です。

UZUZ理系は完全無料で以下のような転職支援を受けることができます。

 

  • キャリア相談(自己分析、希望条件など)
  • 求人紹介・企業への推薦
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス、添削
  • 転職面接の過去問を提供
  • 転職面接の日程調整
  • 転職面接に同行
  • 年収交渉
  • 円満退職のためのアドバイス
  • 転職後のアフターフォロー
  • 上記の通り。

なぜ無料で転職支援を受けられるかというと、労働契約が結ばれて入社すると企業から成功報酬をもらえるためです。

求職者が転職したら、想定年収の30~40%を企業は転職エージェントに払います。

 

転職エージェントは企業が求める候補者を推薦するため、直接応募よりも内定率は高くなります。

なので、転職活動は転職エージェントを中心に進めましょう。

 

UZUZ理系の無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

UZUZ理系に限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

UZUZ理系に限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

 

転職エージェントの評判はコンサルタントのものだから。そのコンサルタントが担当になる確率はほとんどゼロ。つまり「評判や口コミは無視して良い」。

UZUZ理系には良い口コミもあり、もちろん悪い評判もあります。

UZUZ理系の良くない評判についても、全く気にする必要はないです。

 

なぜなら、評判の悪いコンサルタントが担当者になる確率は、ほとんどゼロだから。

UZUZ理系自体の対応について書かれているものは見つかりませんでした。

UZUZ理系だけの口コミは、見つからなかったのでUZUZ(ウズキャリ)の評判を掲載します。

 

良い評判・口コミ

 

実際にウズキャリのサービス登録をしたところ、会社勤め(派遣)をしつつ転職先を探す事にも斡旋してサポートをしていただけました。

そのため、仕事が忙しく中々転職先を探す準備が出来ない時にも、転職エージェントのスタッフ先の方々がとても親切に募集企業案内の情報を連絡して下さいました。

転職相談は平日だけでなく、週末にも対応して頂けたため、自分の予定と両立しつつ行動が出来ました。

ウズキャリは、紹介する転職先は希望の地域がほとんどで、非常に転職に関しての不安が和らぎました。比較的に紹介求人数が多く、自分自身の能力や経歴にあった職種が見つかりやすいと感じました。

転職するにあたっての相談や、企業案内等に費用が一切掛からないという点も嬉しいポイントでした。また、面接のアドバイスをして頂けたり、実際に面接日のアポイントを企業先にとって下さったりするので安心して転職に臨むことが出来ました。

企業の紹介といっても、派遣社員として契約期間の間だけ働くという事ではなく、正式に正社員として働くことが出来る企業先の紹介なので、とても熱心に親身になって協力して貰えていると感じました。

ずーっと派遣できてしまったので正社員ではたらけて本当に嬉しいです。

引用元:念願の正社員に採用されました!!派遣から抜け出せてうれしいです。

 

私は転職エージェントを複数同時に利用して、転職活動を行っていました。

その利点は転職エージェント毎に紹介してくれる求人の質だったり、履歴書や職務経歴書の添削の対応の差だったりがあるので、それらを上手く使い分けて自分優位に転職活動を勧めていきました。

転職エージェントも仕事は紹介して、その仲介料を得ているので、利用者のことを真摯に聞いてくれる人とそうでない人がいます。あまり良くないエージェントだと内定がもらえそうな求人はいくらでも紹介してくれますが、自分の希望に沿っていない場合がたくさんあります。

私自身も、実際に転職エージェントの方と面談して、自分の希望条件を言ったのも関わらず、全く違う業種の仕事をあたかも「この求人は良いですよ!是非一度応募してみてはどうですか?」などと言ってきて、面接に行かせようとしてきたこともあります。

私がこれらのことに気付いたのは自分に合った転職エージェントの方を見つけることができて、その方が本当に私の希望通りの求人を紹介してくれたからです。

そのエージェントの方も「エージェントと言うのは、本当に良い悪い色々あります。求職者のことを考えずに、色々な求人を手当たり次第紹介してくるような人も中にはいます。」と言っていたので、逆にこういうことまで言ってくれるエージェントは信頼できました。

実際に私が使ってみてよかったのはウズキャリでした。担当者の方がたまたま良かったのかもしれませんが、本当に真摯に対応して下さりました。大手とかあまり関係ないんだなと実感しました。

引用元:大手エージェントにも登録したけど、ウズキャリが1番良かった!

 

悪い評判・口コミ

 

ウズキャリの担当してくれたのは女性の方でしたが、エージェントとしてこちらの話を聞いてくれるというよりは、一方的に話を進めて面接を受ける先をまとめようとする強引さの方が強く感じられ、おせっかいな親戚のおばさんから毎日電話が来ているような気持ちになってきて、とてもうんざりしました。

面接を受けに行く前には「面接対策」という名前で再度の打ち合わせをする時間があるのですが、それがとにかく長く、またひとつひとつの受け答えに対してマニュアルが決まっているようで、おそらくウズキャリから面接を受けに行った人は全員ほぼ同じ志望動機や転職理由を答えさせられていると思います。

ひとつの企業に面接を受けに行く人は一人ではないと思うのですが、全員が同じ答え方をしているようでは、面接官からの問いかけをムダにしているのと同じではないだろうかと疑問に思いましたし、実際にエージェントの方に言われた通りの返答をした会社は不採用になりました。

自分で面接の前に企業について調べなおし、自分で考えた言葉で話した企業の面接にはほとんど受かったので、振り返ってみると面談の手間も時間も、本当にムダだったなと感じています。ほかにもいくつかエージェントを利用しましたが、いちばんレベルが低かったです。

引用元:いくつか登録したエージェントの中でも一番質が低い(自分には合わない)

 

新卒入社して4年、自分にはあまり関係ないと思っておりましたが、ひょんなきっかけで転職をすることに。エージェントによる転職は考えておりませんでしたが、身近な転職者からの・自分で仕事を探さなくてもエージェントが仕事を探してくれる。・自分では聞きにくいこともエージェントが確認してくれる、交渉してくれる。という言葉に、経験も兼ねてウズキャリなどに登録しました。まずは1社登録。

登録後はひたすらエージェントからの勧誘メール「あなたの経歴を拝見しました、1度面接しませんか。」・・・どのメールも似たり寄ったりの文章。正直違いが分からず、誰と面接したら良いかも分かりません。

次に2社目登録(就職ショップ)。やはり内容はあまり変わりがありませんが、2社目はエージェントの顔写真があり、転職についてのアドバイス等もあったり少し工夫があった方もいました。その中で、この女性であれば期待できるかな、という女性に返信。電話面談をすることになりました。

当日・・・電話をしてきたのは、なんと男性。「女性目線で話を欲しかった・そもそもその女性が面談してくださるからお願いしたのに。」と思いながら面談。都合が悪くなってしまったから代わりにということでした。そして肝心の面談内容は、なんと1時間の面談の内容はほとんど転職理由を含めた世間話。なぜか男性の自慢話まで聞かされたり、職業の話になってくれたかと思えば、エージェント業界をひたすら勧められました。(私、興味ないって言ってたのに・・・。)

実にならないまま時間が進み、最後の締めは、「直接面談しませんか?」電話面談は何だったのでしょうか。そして、1点確認「面談はあなたがしてくださるんですか?それとも当初予定していた女性の方ですか?」に対し返答は「僕です。」女性スタッフが電話出来なかった理由が都合が悪くなったというのであれば、女性スタッフのはず。もう無駄だと思い、2社目の登録は電話終了後、解約しました。同時に転職サイトにも登録をしておりましたが新しい更新が見られなかったので、3.4社目登録。

3社目は登録後、メールにて連絡があり、電話面談にて終了、ひたすらメールで求人が送られてくるようになりました。(doda)

4社目もメールにて連絡があり、電話面談なく直接面談にて終了、同じくメールで求人が送られてくるようになりました。実は、この他にも、転職サイトに登録した際気づいたらエージェントに登録されていたところもあったのですが、そこは、メール等もなくすぐに電話がかかってきました。・・・と、数多くのエージェント登録をしましたが、私の場合、実際に選考して進んでいるのは転職サイトから応募した会社です。多くのエージェントに登録し感じたことは「エージェントからの求人連絡は偏りがある」ということです。

まず勤務地に関してです。埼玉在住の私は、通勤時間も懸念している旨を伝えましたが埼玉県は少なく、私の住まいに近いところはありませんでした。次に残業時間等です。残業多いところが多く、収入が多い稼ぎたい人向けです。実際に私にアドバイスしてくれた女性の友人は、まずはがっつり稼ぎたい思考でした。そして1番に感じたのは職種・職業です。基本は営業や企画、またゼネコンや不動産等が多いです。

女性向けの転職サイトに載っているようなところが皆無に近かったです。とはいえ、あくまで私の場合なので、がっつり働きたいかたや、希望の職種・職業があてはまればぴったりです。友人はエージェントから就職しているので、向き不向きがあります。エージェント登録をする際は、まずは2~3社登録することはオススメします。

引用元:自分にはエージェントサービスは合いませんでした。

 

とある企業に転職した際、面接では甘い言葉を出していて、今思うといかにも胡散臭い匂いが漂っていたように感じました。しかし、当時の私は早く内定が欲しいばかりに転職出来るなら何処でも良いと言わんばかりにその企業の甘い言葉に惑わされてしまいました。

ブラック企業は、介護の分野での企業で、私は、事務として入社をしたのですが、何故か事務ではなく、介護する方に回されていました。始めは、上司から人が少ないから臨時の人が来るまでやって欲しいと言われ、入社したばかりの私は、新人が変なことを言ったら後々面倒なことになりそうだなと考え、介護をする側になることにオーケーをだしました。

それから、2ヶ月。一向に臨時の人が来ることもなく、私は事務の仕事は一週間に一回出来れば良い方になり、介護の知識が無いのに、車椅子の乗り降りなど、下手をしたら利用者に怪我をさせて仕舞うのではないかと思うこともやらされました。

初めは我慢していたものの、段々我慢が出来なくなり上司に、臨時の人はまだですかと問いたてても、もう少しの一点張りでした。給料も、介護の方が事務よりも高く、私は事務の給料で介護の働きをしていたので、探している振りをして、給料を浮かせているのではないかと考え、安月給に嫌気がさし、退職しました。

退職する際も、上司とのいざこざがあり、半年かかってやっと退職できました。今は、資格を取るために学校に通っていますが、企業の甘い言葉に惑わされず、きちんと見極めて欲しいです。

引用元:転職先のことをもっとちゃんと調べるなど、慎重になった方がいいという経験をした

 

  • 悪い評判も多いですが、気にする必要はありません。

転職エージェントはコンサルタント次第とよく言われます。つまりマッチングが全てだからです。

担当者が有能でない場合にはかえって転職活動のじゃまになるだけです。

 

コンサルタントが無能だったら、交代してもらいましょう。

UZUZ理系が保有する求人は、20代未経験向けのもので理系転職が可能なので、使わないと損です。

 

ただし、求人数は多くはないのでジェイックやハタラクティブなどと併用することをおすすめします。

どちらもフリーター・ニート求人を多く保有しています。

 

UZUZ理系の無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

 

 

UZUZ理系は完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

UZUZ理系は完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

 

転職エージェントにもデメリットはあります。

それは転職エージェントはコンサルタントの能力次第で転職活動に影響が出る点です。

 

しかし有能でないコンサルタントは交代すればよいだけ。

しかもUZUZ理系は完全無料で使えます。

 

未経験転職をするのであれば、UZUZ理系のコンサルタントは優秀です。

UZUZ理系であれば、各領域に精通したコンサルタントが多く在籍しています。

 

もちろん、あなたには金銭的デメリットはありません

UZUZ理系を使わない理由は見つからないはずです。

 

行動しないで失敗するのが最悪です。

行動しながら間違いを修正すれば良いだけです。

 

UZUZ理系の無料登録は以下のボタンよりどうぞ。