広告

【採用担当厳選】どこがいい?40代向けおすすめ転職エージェント7選

【採用担当厳選】どこがいい?40代向けおすすめ転職エージェント7選 転職エージェント
転職エージェント
この記事は約18分で読めます。

 

 

40代転職を真剣に考えているが、イマイチ踏みとどまれない人「40代の転職市場は厳しいのか?40代で転職するとしても、年収が下がるのは嫌だ。40代向け転職エージェントを知りたい。転職エージェントの裏事情、おすすめの転職エージェントと転職サイトの使い方についても知っておきたい。」

 

上記のお悩みにお答えします。

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 40代向けおすすめの転職エージェントがわかる。
  • 転職エージェントの裏事情がわかる。
  • おすすめの転職サイトと転職エージェントの使い方がわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 筆者は転職経験が3回ほどあり、転職エージェントを50社以上は使ってきました。
  • 転職経験によって、使ってよかった転職エージェントだけをここで掲載しています。
  • 採用担当経験者として、転職エージェントに求人を依頼する側でしたので、良い転職エージェント、そうでない転職エージェントと対応ははっきりしていました。
  • つまり転職経験、採用経験の両方から選んでいますので、信憑性はかなり高いです。
  • 上記の通り。

記事構成は以下のとおりです。

 

  • 【40代向け】どこがいい?おすすめ転職エージェント7選
  • 【裏事情】転職エージェントと転職サイトの違い
  • 【おすすめ】転職エージェントと転職サイトの使い方
  • 40代転職はおすすめの転職エージェントを使っても厳しいのか?
  • 【40代転職】年収アップは可能?【コアスキル次第です】
  • 【どこがいい?】40代向けおすすめ転職エージェント:まずは行動
  • 上記の通り。

ではそれぞれ解説します。

 

 

【40代向け】どこがいい?おすすめ転職エージェント7選

【40代向け】どこがいい?おすすめ転職エージェント

 

【40代向け】おすすめ転職エージェント比較表

 

求人が増える1月~3月がチャンスです。

無料登録は以下よりどうぞ。

  • 【40代向け】おすすめ転職エージェント
転職エージェント 特記事項 運営会社 対応エリア 求人数
LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント) 年収UP率59%、職種別コンサルタントの転職エージェント Adecco Group 全国、海外 28,762件 01/24更新
JAC Recruitment 日系/外資転職とも強い。業界第三位の転職エージェント JAC Recruitment 全国 11,783件 01/24更新
エンワールド 年収UP・外資系求人に強い転職エージェント エンワールド 東京・大阪・名古屋中心 950件 01/24更新
ランスタッド 年収1500万円以上のハイクラス転職エージェント ランスタッド 全国、海外 4,552件 01/24更新
MS-Japan 決定率第一位。管理部門・士業特化型転職エージェント MS-Japan 全国、海外 9,837件 01/24更新
ビズリーチ 年収600万円以上に支持されるハイクラス転職サイト ビズリーチ 全国 107,563件 01/24更新
リクルートダイレクトスカウト 転職後の平均年収950万円。ハイクラス転職サイト リクルート 全国 170,863件 01/24更新

 

LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント)

 

運営会社 Adecco Group
対応エリア 全国、海外
求人数 36,900
特記事項 職種・業界別の担当制でミスマッチを防ぐ。

 

LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント)はAdeco Groupが運営する転職エージェントです。

コンサルタントは専門分野ごとにそろっていますので、あなたの職務経歴に対して的確なアドバイスができます。

 

いわゆる業界特化型転職エージェントではなく、職種別の担当制でさらに業界ごとに細分化する体制をとっているため、あなたのスキルをきちんと把握できます。

転職エージェントによってはあなたの職務経歴を深く理解できないコンサルタントもいます。

 

特に専門職についてはそうでしょう。

だからこそ特化型転職エージェントが求められているのですが、LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント)はさらに深掘りしたサポートができます。

 

あなたが転職市場でどの程度の「価値」があるのか客観的にとらえることで、ミスマッチのない求人提案が可能です。

もう一つの特徴としては、LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント)のコンサルタントは企業とあなたの両方をワンストップで対応する一気通貫型サービスとなっています。

 

多くの大手転職エージェントが分業体制をとっている中で一気通貫型サービスのメリットは【コンサルタントが求人のことを良く分かっている】ことです。

分業体制の場合は企業担当と求職者担当がわかれているため、応募させる点では効率的ではありますが、ミスマッチな求人が紹介されることも多いと思います。

 

一方、マッチングという点では一気通貫型の方が効率的です。

LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント)のメリットはこの2点だと思います。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【採用担当解説】LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント)は実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

 

JAC Recruitment

 

運営会社 JAC Recruitment
対応エリア 全国
求人数 11,783件 01/24更新
特記事項 ハイクラス、30代以上向けの転職エージェント。

 

JAC Recruitmentは管理職や外資系に強い転職エージェントです。

ここもハイクラス求人に特化しています。

 

現在の年収が600万円以上であれば、JAC Recruitmentを使って年収アップのチャンスは十分あります。

年収アップするには同じ会社にいては無理です。

 

会社ごとに賃金テーブルがあるので、いくら頑張っても給料は上がらないのです。

その解決方法は賃金の高い会社に転職することです。

 

そのためにJAC Recruitmentは全力でサポートをしてくれるはずです。

年収の高い外資系求人に強いので、給料アップへの近道と言えます。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【採用担当解説】JAC Recruitmentは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

【JAC】給料決定の仕組みを逆手にとって年収アップを狙うには?

【JAC Recruitment】30代以上向け転職エージェント

 

エンワールド

 

運営会社 エンワールド
対応エリア 東京・大阪・名古屋中心(全国)
求人数 950件 01/24更新
特記事項 外資・グローバル転職求人に強い。

 

外資・グローバル転職を得意とする転職エージェントです。

年収800万円以上の大手外資系・日系グローバル企業の求人を常時10,000件保有しています。

 

年収600万円くらいで転職して大幅に年収アップをしたい方にはおすすめです。

東京・大阪・名古屋勤務を希望する方も一度ご検討ください。

 

年収レベル2000万円クラスの求人ではかなりのスキルを求められるのも事実です。

マネージャー経験者であれば求人紹介してくれるかもしれないので、積極的に行動しましょう。

 

この転職エージェントのコンサルタントはチーム制をとっています。

単独でなくあなたのスキルを共有することでマッチングする求人を探します。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【採用担当解説】エンワールドは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

 

ランスタッド

 

運営会社 ランスタッド
対応エリア 全国、海外
求人数 4,552件 01/24更新
特記事項 外資系転職ならJAC Recruitmentと併用して使ったほうが効果的。

 

ランスタッドの本国はオランダにあり、人材業界の売上は世界第2位です。

それに比べると日本法人は人材派遣としてのイメージがあります。

 

転職エージェントとしては、海外転職・外資系にとても強く、年収面でも軽く1,000万円を超える求人を扱っています。

デメリットとしては求人数が少ないことです。

 

JAC Recruitmentとあわせて使うことで、外資系転職や海外転職を希望するあなたにはピッタリでしょう。

逆に日系企業を希望するのであれば、おすすめしません。

 

コンサルタントはとても優秀でほとんど外れはありませんでした。

もちろん、ゴリ押しで応募させたり入社させたりということもありませんので安心です。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【採用担当解説】ランスタッドは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

 

MS-Japan

 

運営会社 MS-Japan
対応エリア 全国、海外
求人数 9,837件 01/24更新
特記事項 管理部門に特化した転職エージェント。

 

MS-Japanは管理部門・士業転職に圧倒的に強い転職エージェントです。

管理部門で働いている方で転職をお考えの方は多いはずです。

 

MS-Japanは転職エージェントとして評価されていますが、ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

経理・財務、人事・総務、法務、経営企画部門の方で転職をお考えの方はまずはMS-Japanを使うことをご検討ください。

 

最初は気軽に相談から始めるだけでもいいと思います。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【採用担当解説】MS-Japanは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

 

ビズリーチ

 

運営会社 ビズリーチ
対応エリア 全国
求人数 107,563件 01/24更新
特記事項 ハイクラス求人に特化した転職サイト

 

ビズリーチは年収800万円以上の求人が中心のハイクラス転職サイトです。

職務としては管理職が多いので、対象年齢層は30代以上が中心となります。

 

転職エージェントよりも高年収の求人が多いので、使わない手はありません。

当然私も利用していました。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【採用担当解説】ビズリーチは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

ヘッドハンティングとスカウトとの違いは?【全然ちがう】

【ビズリーチ】エグゼクティブのヘッドハンティング型転職サイト!

 

リクルートダイレクトスカウト

 

運営会社 リクルート
対応エリア 全国
求人数 170,863件 01/24更新
特記事項 ハイクラス転職サイト。

 

リクルートダイレクトスカウトもビズリーチと同じハイクラス転職サイトです。

運営はリクルートが行っており、会社のブランド、ネットワークを駆使して、さまざまなヘッドハンティング会社と業務提携しています。

 

使い方としてはオファーを待っていればよいので、ほかの転職エージェントを使いつつ転職活動をしましょう。

忘れたころに「超優良求人」がオファーされるかもしれません。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【採用担当解説】リクルートダイレクトスカウトは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

【年収950万円】リクルートダイレクトスカウトはハイクラスの転職サイト!

 

 

【裏事情】転職エージェントと転職サイトの違い

【裏事情】転職エージェントと転職サイトの違い

 

転職エージェントと転職サイトの違いを理解しておくことは重要です。

以下で解説します。

 

転職エージェントの裏事情とは?【成果報酬型】

転職エージェントのビジネスモデルとは?【成果報酬型】

 

転職エージェントは求人を依頼する企業、候補者(あなた)がすべてビジネスモデルに関係します。

以下のような流れで転職エージェントは売上を得ています。

 

  • 企業は求人を転職エージェントに依頼する。
  • 転職エージェントは求人に相応しい候補者を探し、企業に推薦する。
  • 書類選考、面接を行い、候補者が内定承諾する。
  • 紹介手数料を候補者の想定年収3割程度を企業は転職エージェントに支払う。

>>なぜ転職エージェントのビジネスモデルを理解すべきなのか【必須】

 

候補者であるあなたが転職成功しないかぎり売上はゼロです。

転職エージェントが全力でサポートする理由はそこにあります。

 

転職エージェントのビジネスモデルが原因で以下のような裏事情があります。転職エージェントのデメリットにもなりうるものです。

  1. 必ずしも全員が登録できるわけではない。やんわりと断られる。
  2. コンサルタントにはノルマが存在する。
  3. 転職可能性の高そうな求人が紹介されがち。
  4. スキルの高い登録者が優遇される。

 

①は転職エージェントに登録すると「紹介できる求人がありません。」と返事が来たときがまさにそう。

紹介する求人がないのではなく、ほとんどスキル不足が原因です。

 

②は求職者のことを第一に考えられない原因ともなります。

これはコンサルタントによって全然違いますので、複数の転職エージェントを使ってみるのが良いでしょう。

>>【転職3回でわかった!】転職エージェントはコンサルタントで選ぼう

 

③はコンサルタントのノルマとも関係しています。

転職難易度が低いものから求人紹介するコンサルタントがいるのも事実です。

 

④はある意味当たり前ですが、スキルが高い求職者ほど優遇されます。

転職エージェントから良い求人を優先的に紹介されます。

 

結局、転職エージェントはコンサルタント次第です。

求職者のことを第一に考えてくれるコンサルタントももちろんいます。

 

目先の利益しか考えていないと上記のようなコンサルタントになります。若い方に多いです。

人材業界を勝ち抜いてきたベテランであれば、信頼できます。

 

どうすれば利益が出るかも知り尽くしているので、余裕があるんです。

転職エージェントのデメリットとメリットとは?【転職のプロが徹底解説】

 

転職サイトの裏事情とは?【求人掲載料徴収型】

転職サイトのビジネスモデルとは?【求人掲載料徴収型】

 

転職サイトは求人サイトともいうことからわかるように、求人を掲載することでビジネスが成り立っています

上図のように企業A、企業Bがあったとします。

 

求人掲載料を払わないと転職サイトには掲載できません。

その時高い掲載料を払えば、目立つ場所に求人掲載してくれます。

 

上図の例では企業Aです。

逆に企業Bは掲載料が安いので、目立つ場所には求人掲載してくれません。

 

求職者にとっての良い求人が必ずしも目立つ場所に掲載されているわけではないことを覚えておきましょう。

これは広告と同じことと考えるとわかりやすいです。

 

転職サイトが無料で利用できるのは企業が求人掲載料を払っている裏事情があるからです。

【常識外ですが真実!】転職サイトのデメリット・メリット【採用担当が徹底解説!】

 

転職エージェントと転職サイトのサービスの違い

転職希望者、求職者の観点から転職エージェントと転職サイトのサービスの違いを比較してみましょう。

 

転職サイト 転職エージェント
求人の内訳 公開求人のみ 非公開求人が8割程度
求人応募 自由に応募可能 エージェントの推薦による
職務経歴書の添削 サポートなし エージェントが添削
面接日程の調整 サポートなし エージェントが代行
面接対策 サポートなし エージェントと想定問答の練習
面接同行 サポートなし 希望すれば、同行あり
年収交渉 サポートなし エージェントが年収交渉
退職交渉 サポートなし エージェントが円満退職アドバイスをくれる

 

上記のように転職エージェントの方が圧倒的に楽に転職活動ができます

ですが転職サイトも正しく使えばとても有益な転職媒体になります。

 

 

【おすすめ】転職エージェントと転職サイトの使い方

【おすすめ】転職エージェントと転職サイトの使い方

 

結論「転職サイトで求人検索し、実際の応募は転職エージェント推薦がよい」

 

転職活動には失敗しないための正しい手順があります。

手順通りに行うことで、無理なく、無駄ない転職活動ができます。

 

以下に正しい転職活動の手順を示します。

  1. 転職理由・転職の軸を明確にする。
  2. 転職理由・転職の軸にマッチングする求人ニーズを転職サイトで徹底的にマーケティングする。
  3. 転職活動のスケジューリング
  4. キャリアの棚卸し
  5. 履歴書・職務経歴書の作成
  6. 転職エージェント推薦による求人応募
  7. 年収交渉・内定承諾・退職交渉
  • 上記の通り。

詳細はこちら >>【失敗しない!】簡単な転職の7つの進め方を完全公開【採用担当が徹底解説!】

 

もっとも重要なことは転職サイトは求人検索に徹することです。

求人応募は転職エージェント推薦の方が圧倒的に有利です。

 

転職サイトから応募しないのは学歴フィルターや年齢フィルターが設けられている場合があるからです。

転職サイトから応募すると、自動的に見送りになってしまうことが多いです。

 

転職サイトの使い方としては「求人ニーズ」を徹底的にマーケティングすることのみにしましょう。

多くの求人が検索されれば、転職市場でニーズがありますので「転職をしても大丈夫」です。

 

逆に希望する求人が見つからない場合は転職市場でニーズがない可能性があります。

転職活動をするのは待って、スキルアップをしたほうが賢明です。

 

転職エージェントはあなたを企業に推薦してくれますので、応募はここを使わないと損です。

転職サイトで応募したい求人をみつけたら、転職エージェントの求人にしてもらいましょう。

 

私は転職活動中、すべてこの方法を取りました。

そのためには信頼できる担当コンサルタントに出会う必要があります。

 

求人紹介をしてもらう際にマッチングしていない場合は、もう一度あなたの職務経歴を説明しましょう。

コンサルタントがあなたのキャリアを勘違いをしている可能性も十分あります。

 

それでもあなたのキャリアを理解してくれない場合は、迷わず担当交代をお願いしてください。

あなた、転職エージェントの双方にとって不幸なままだからです。

>>【失敗せず】転職の進め方で転職エージェントと転職サイトを使おう!

 

 

【40代転職】年収アップは可能?【コアスキル次第です】

【40代転職】年収アップは可能?【コアスキル次第です】

 

20代の転職でも、30代の転職でも年収アップは十分可能です。

しかしそれには前提条件があります。

 

転職したら「即戦力になれるか?」ということです。

 

40代の転職においては、年収ダウンになることもあると思います。

むしろその方が多いかもしれません。

 

それを受け入れるかどうかはあなた次第ですが、結局は仕事内容が魅力的かどうかだと思います。

年収アップについては実は心配する必要はありません。

 

ビジネスモデル上、転職エージェントは出来るだけ高い年収で入社して欲しいからです。

想定年収の30%程度がフィーとして転職エージェントに企業から支払われます。

 

なので転職エージェントは必ず年収交渉してくれますので、希望条件を正直ベースで言っておきましょう。

直接応募だと殆どの内定者は提示額をそのまま受け入れると思います。

 

企業と年収交渉ができる強者なんて普通はありませんから。

年収にこだわるのであれば、転職サイトでなく転職エージェント推薦での応募、内定、入社を強くおすすめします。

 

ついでに転職エージェントに最低希望年収も言っておくと、効率的です。

それは生活可能な最低必要な年収です。

 

40代の方は家族がいたり、住宅ローンをかかえていたりします。

事情が各々あるでしょう。

 

最低必要年収も大事だと思います。

 

 

【どこがいい?】40代向けおすすめ転職エージェント:まずは行動

【どこがいい?】40代向けおすすめ転職エージェント:まずは行動

 

以上をまとめますね。

 

  • 40代の転職は転職サイトと転職エージェントを上手く使うことで実現可能
  • 40代の転職は求人が少ないので確かに厳しいが、経験を活かした転職であれば、可能性はある。
  • 40代の転職において、年収ダウンを受け入れることもあるだろう。それは仕事次第。
  • 転職エージェントは必ず年収交渉してくれるので、希望条件を正直ベースで言っておこう。
  • 転職エージェントに最低希望年収も言っておくと、効率的である。

 

本記事で掲載した転職エージェントと転職サイトのリストを再度示します。

あとはあなたの行動次第です。動かなければ何も変わりません

 

求人が増える1月~3月がチャンスです。

無料登録は以下よりどうぞ。

  • 【40代向け】おすすめ転職エージェント
転職エージェント 特記事項 運営会社 対応エリア 求人数
LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント) 年収UP率59%、職種別コンサルタントの転職エージェント Adecco Group 全国、海外 28,762件 01/24更新
JAC Recruitment 日系/外資転職とも強い。業界第三位の転職エージェント JAC Recruitment 全国 11,783件 01/24更新
エンワールド 年収UP・外資系求人に強い転職エージェント エンワールド 東京・大阪・名古屋中心 950件 01/24更新
ランスタッド 年収1500万円以上のハイクラス転職エージェント ランスタッド 全国、海外 4,552件 01/24更新
MS-Japan 決定率第一位。管理部門・士業特化型転職エージェント MS-Japan 全国、海外 9,837件 01/24更新
ビズリーチ 年収600万円以上に支持されるハイクラス転職サイト ビズリーチ 全国 107,563件 01/24更新
リクルートダイレクトスカウト 転職後の平均年収950万円。ハイクラス転職サイト リクルート 全国 170,863件 01/24更新

 

【転職エージェントおすすめ49選】採用担当が2024年6月徹底比較【裏事情や求人数・選び方】
2024年6月【おすすめ転職エージェント】をニーズ別知りたい方向け。転職エージェントの裏事情や求人数・選び方・転職サイトとの使いわけについて、初心者にもわかるように解説。採用担当のプロが厳選した、転職エージェント49社を徹底比較します。