【フリーター・ニート向け】おすすめの転職エージェント7選【キャリア問わず】

転職エージェント
この記事は約12分で読めます。

 

 

フリーター・ニートから正社員に転職したい人「今まで社会人経験がないので、まずは転職サイトと転職エージェントの違いから知っておきたい。次におすすめの転職サイトと転職エージェントの利用方法を知りたい。さらにおすすめの転職エージェントを知りたい。」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

 

この記事を読めばわかること

  • 転職サイトと転職エージェントの違いがわかる。
  • おすすめの転職サイトと転職エージェントの利用方法がわかる。
  • 【フリーター/ニート向け】おすすめの転職エージェントがわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 筆者は転職経験が3回ほどあり、転職サイト・転職エージェントを合わせて50社以上は使ってきました。
  • 転職経験によって、使ってよかった転職エージェントだけをここで掲載しています。
  • 採用担当経験者として、転職エージェントに求人を依頼する側でしたので、対応の良い転職エージェントを掲載しています。
  • つまり転職経験、採用経験の両方から選んでいますので、信憑性はかなり高いです。
  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

 

  • 転職サイトと転職エージェントの違い【おすすめ】
  • 転職サイトと転職エージェントの利用方法【おすすめ】
  • 【フリーター・ニート向け】おすすめの転職エージェント7選
  • 上記の通り。

 

ではそれぞれ解説します。

 

その前におすすめの転職エージェントをまとめて示しておきます。

気になる転職エージェントがありましたら、以下のリンクよりクリックしてください。

 

学歴不問!正社員求人を紹介可能な転職エージェント
既卒・フリーターでも就職成功できる転職エージェント
フリーターの方向け転職エージェント
ニートの方向け転職エージェント
第二新卒・フリーターの方向け転職エージェント
中卒/高卒/フリーター向け転職エージェント
フリーター向け転職エージェント

 

 

転職サイトと転職エージェントの違い【おすすめ】

転職サイトと転職エージェントの違い【おすすめ】

 

転職サイトと転職エージェントの違いを理解しておくことは重要です。

以下で解説します。

 

転職サイトのビジネスモデルとは?【求人掲載料徴収型】

 

転職サイトのビジネスモデルとは?【求人掲載料徴収型】

 

転職サイトは求人サイトともいうことからわかるように、求人を掲載することでビジネスが成り立っています

上図のように企業A、企業Bがあったとします。

 

求人掲載料を払わないと転職サイトには掲載できません。

その時高い掲載料を払えば、目立つ場所に求人掲載してくれます。

 

上図の例では企業Aです。

逆に企業Bは掲載料が安いので、目立つ場所には求人掲載してくれません。

 

求職者にとっての良い求人が必ずしも目立つ場所に掲載されているわけではないことを覚えておきましょう。

これは広告と同じことと考えるとわかりやすいです。

 

転職サイトが無料で利用できるのは企業から求人掲載料をもらっているからです。

>>転職サイトのビジネスモデルを理解した使い方とは?【おすすめ】

 

転職エージェントのビジネスモデルとは?【成果報酬型】

 

転職エージェントのビジネスモデルとは?【成果報酬型】

 

転職エージェントは求人を依頼する企業、候補者(あなた)がすべてビジネスモデルに関係します。

以下のような流れで転職エージェントは売上を得ています。

 

  • 企業は求人を転職エージェントに依頼する。
  • 転職エージェントは求人に相応しい候補者を探し、企業に推薦する。
  • 書類選考、面接を行い、候補者が内定承諾する。
  • 紹介手数料を候補者の想定年収3割程度を企業は転職エージェントに支払う。

 

これが転職エージェントのビジネスモデルです。

 

>>なぜ転職エージェントのビジネスモデルを理解すべきなのか【必須】

 

候補者であるあなたが転職成功しないかぎり売上はゼロです。

転職エージェントが全力でサポートする理由はそこにあります。

 

転職サイトと転職エージェントのサービスの違い

転職希望者、求職者の観点から転職サイトと転職エージェントのサービスの違いを比較してみましょう。

 

転職サイト転職エージェント
求人の内訳公開求人のみ非公開求人が8割程度
求人応募自由に応募可能エージェントの推薦による
職務経歴書の添削サポートなしエージェントが添削
面接日程の調整サポートなしエージェントが代行
面接対策サポートなしエージェントと想定問答の練習
面接同行サポートなし希望すれば、同行あり
年収交渉サポートなしエージェントが年収交渉
退職交渉サポートなしエージェントが円満退職アドバイスをくれる

 

上記のように転職エージェントの方が圧倒的に楽に転職活動ができます

 

 

転職サイトと転職エージェントの利用方法【おすすめ】

転職サイトと転職エージェントの利用方法【おすすめ】

 

転職活動には失敗しないための正しい手順があります。

手順通りに行うことで、無理なく、無駄ない転職活動ができます。

 

改めて以下に失敗しないための正しい転職活動の手順を示します。

 

  • 転職理由・転職の軸を明確にする。
  • 転職理由・転職の軸にマッチングする求人ニーズを転職サイトで徹底的にマーケティングする。
  • 転職活動のスケジューリング
  • キャリアの棚卸し
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 転職エージェント推薦による求人応募
  • 年収交渉・内定承諾・退職交渉

 

転職サイトから応募しないのは学歴フィルターや年齢フィルターが設けられている場合があるからです。

そのまま応募すると、自動的に見送りになってしまいます。

 

転職エージェントはあなたを企業に推薦してくれますので、応募はここを使わないと損です。

転職サイトで応募したい求人をみつけたら、転職エージェントの求人にしてもらいましょう。

 

私は転職活動中、すべてこの方法を取りました。

そのためには信頼できる担当コンサルタントに出会う必要があります。

 

求人紹介をしてもらう際にマッチングしていない場合は、もう一度あなたの職務経歴を説明しましょう。

コンサルタントがあなたのキャリアを勘違いをしている可能性も十分あります。

 

それでもあなたのキャリアを理解してくれない場合は、迷わず担当交代をお願いしてください。

あなた、転職エージェントの双方にとって不幸なままだからです。

 

>>転職エージェントの言いなりになるな【最終決定はあなた】
>>失敗しないための転職活動の5つの正しい手順とは?【情強の最短距離】

 

 

【フリーター・ニート向け】おすすめの転職エージェント7選

【フリーター・ニート向け】おすすめの転職エージェント7選

 

就職Shop

 

リクルートが運営する転職エージェントです。

リクルートエージェントが総合型転職エージェントであるのに対して、就職Shopは第二新卒・フリーター・ニートに特化している特化型転職エージェントです。

 

未経験からの正社員になりたい方には特におすすめです。

紹介される求人は書類選考がないため、面接の機会が毎回与えられます。

 

就職Shopを使えば転職失敗しないように効率的な転職活動が進められるので、ぜひとも登録しておきたい転職エージェントですね。

 

 

>>【20代】第二新卒・フリーターから正社員に就職する方法とは?【就職Shop】

 

第二新卒エージェントneo

 

20代向けの転職エージェントです。

「第二新卒エージェントneoのスタッフは全員第二新卒です」ので安心して相談できますね。

 

最初の面談は2時間ほどかけ、あなたの希望条件をよく把握します。

第二新卒エージェントneoでは全ての企業に対して営業担当が訪問してから求人依頼を受けています。

 

つまり紹介に値しないブラック企業は排除されるので安心なんです。

未経験歓迎求人としては常に5,000件以上保有していますので、経験に自信のない方でも再チャレンジのチャンスがあります。

 

20代フリーター、既卒の方には特におすすめなのが第二新卒エージェントneoです。

 

 

>>【第二新卒エージェントneo】フリーターでも正しく就活すれば正社員になれる?

 

ハタラクティブ

 

ハタラクティブはある程度社会人経験のある20代フリーター・第二新卒の方々におすすめです。

正社員就職率80.4%の実績があります。

 

ある程度はビジネスマナーは身につけている方の方が適しています。

ビジネスマナーから学びたい方はJAICを使った方がよいでしょう。

 

リクルートエージェントやdodaからの求人紹介がほとんどない方は、ハタラクティブの利用を検討した方が良いと思います。

社会人経験のないニートの方でもビジネスマナーの徹底サポートを行っていますので、JAICとどちらを選ぶかは好みで構いません。

 

先ほども書きましたが、大手の転職エージェントで紹介する求人がないと登録を断られたとしても、ハタラクティブでは求人紹介を断られることはありませんのでご安心ください。

20代であればあなたの可能性をハタラクティブは全力でサポートします。

 

エリア:一都三県を中心に全国展開を行っています。

 

 

>>フリーターは就活でハロワ・転職サイトを使ってはいけない訳とは?

 

DYM就職

 

DYM就職は驚異の正社員転職率96%をほこっています。

殆どの方が正社員として就職・転職できてしまうのです。

 

DYM就職は20代第二新卒、既卒、フリーター、ニートに特化した転職エージェントです。

紹介求人は書類選考は省くので、全て面接を受けることができます。

 

優良企業の正社員就職することを前提として、キャリアコンサルタントが全力でサポートします。

正社員になりたい20代の方にはおすすめします。

 

 

>>【第二新卒向け】20代特化転職エージェントを使おう【DYM就職】

 

JAIC(ジェイック)

 

JAIC(ジェイック)は20代ニート・既卒の方など社会人経験のない方々に特におすすめです。

就職(転職)成功率81.1%は通常の2倍の驚異的な数字です。

 

第二新卒は社会人経験がありますが、20代ニート・既卒の方の場合はビジネスマナーが身についていないことが就職・転職のネックになっています。

JAIC(ジェイック)では無料就活(転職)講座がありますので、この成功率となっているんです。

 

無料就活(転職)講座では電話の出方などの社会人として身につけることを懇切丁寧に教えてくれます。

名刺の出し方や受け取り方、顧客への訪問のマナーなどは社会人としては当たり前ですが20代ニートにとっては学ぶ機会はなかなかありません。

 

転職活動のノウハウについても履歴書の書き方に始まり、職務経歴書の書き方、面接の受け方などもテクニックがある程度は必要です。

JAIC(ジェイック)では就職・転職成功までに必要な知識を無料で教えてくれますので安心ですね。

 

さらに紹介される求人の多くが書類選考免除されます。

 

JAICの個別面談室

 

JAIC(ジェイック)の個別面談はここで行います。

 

JAICの研修・説明会

 

JAIC(ジェイック)の研修や説明会などはここで行います。ニート・既卒の方はぜひ登録しておきたい転職エージェントがJAIC(ジェイック)です。

 

 

>>ニートの就活でおすすめの就職方法、使ってはいけない就職方法とは?

 

リバラボインターンシップ

 

リバラボインターンシップは学歴に関係なくスキルが身につくよう「稼げる職種」に特化した転職エージェントです。

稼げる職種とはITを始め、営業・人事・広報などです。

 

スキルさえ身につければ、職歴は学歴関係ありません。

IT系は特に文系でも取り組み可能で稼げる職種です。

 

リバラボインターンシップでは実際に働くことでスキルを身につけていきます。

もちろんその間の給料も出ますし、社宅もありますので地方の方も大丈夫です。

 

 

キャリアスタート

 

20代の時期はキャリア形成がはっきりしない場合が多いです。

キャリアスタートはキャリア形成支援を第一に考えることが存在意義です。

 

スタートからゴールまでのキャリアを描くのは並大抵のことではないです。

未経験転職をするにしても、まずはキャリア形成が第一です。

 

いつまでも未経験では年収は上がりません。戦略的に考える必要があります。

20代のうちからキャリアをしっかり考えることが転職失敗しない秘訣です。

 

 

 

以上がおすすめの20代向け転職エージェントです。

再度おすすめの転職エージェントをリストします。

 

あとはあなたの行動にかかっています

以下のリンクよりクリックしてください。

 

学歴不問!正社員求人を紹介可能な転職エージェント
既卒・フリーターでも就職成功できる転職エージェント
フリーターの方向け転職エージェント
ニートの方向け転職エージェント
第二新卒・フリーターの方向け転職エージェント
中卒/高卒/フリーター向け転職エージェント
フリーター向け転職エージェント

 

 

>>【おすすめ】失敗しない転職エージェントと転職サイト78選【ニーズ別】

>>おすすめの転職エージェント12選【デメリットも利用した使い方】

>>【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【まずは行動すべき】

>>【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント14社を厳選