面接の返事が遅いとき、どうする?

面接対策
この記事は約4分で読めます。

面接の返事が遅いと、志望度が高い求人ほど結果が気になって転職活動が停滞しがちです。このような場合、どうするのが良いのでしょうか?それは。。。

採用の意思がない場合

 

最も多いのが、このケースです。

面接を受けた側にすると失礼な話ですよね。

 

 

ですが、実際は不採用の連絡はどうしても後回しになってしまいます。

それでも結果を知りたいのは当然ですよね。

 

 

直接応募の場合は、面倒ですがあなたが面接を受けた企業に問い合わせる必要があります。

その場合、メールか電話、どちらで連絡するか迷いますよね。

 

実際は正解なんてないんです。

採用側が印象を悪く持たなければ、どちらでもいいです。

 

それこそ、社風に影響されるポイントです。

例えば、連絡事項は履歴が残るようにメールで行う会社があります。

 

一方、何でも相手との対話を重視する会社もあります。

話しをして、決まったことをメールで出す両方を利用する会社もありますね。

 

 

電話かメールのどちらで連絡するのがよいのかなんて言えません。

結局、面接のときの空気でどちらが良いかを推測するしかありません。

 

 

 

転職エージェントからの紹介であれば、コンサルタントがうまく問い合わせてくれますので、手間はかかりませんね。

 

 

面接の出来で自己採点してみて、無理だと思ったら、早く結果を知った方が次に進むことができますからね。

一週間を目安に結果を知りたければ、問い合わせをしましょう。

 

 

承認待ちの場合

 

 

社長面接があった場合を除くと、採用はしかるべき手続きがとられます。

会社にとっては、年間1000万円前後の投資をする案件です。

 

 

慎重にならざるを得ません。

大企業の場合は、社長がすべて決済するわけではありません。

 

人事部長レベルで大丈夫なはずです。

ただ現場の部長レベルとの調整もあり、内定を出す際には入社予定日や給料などを決めておく必要があります。

 

それを決めるのにだいたい一週間くらいかかります。

中小企業の場合はそんなにかかりません。

 

社長がOKと言えばOKだからです。

この場合も一週間もあれば十分です。

 

 

一週間以上経っても音沙汰がない場合は、何らかのアクションを起こしてもよいでしょう。

気をもまないようにするために。

 

 

面接の際に結果がわかるのはどれくらいかを事前に聞いておくと良いでしょう。

どうしても採用したい場合は、次の日でもアポをとるのが企業です。

 

 

別な企業に転職されたら痛いので、速攻抑えにいくはずです。

実は内定していたのに連絡していなかったなんて企業はまずないです。

 

 

結果連絡が来るまで、待ってください。

あなたはそれよりも、応募をどんどん続けるべきです

 

 

保留の場合

 

 

いわゆる【キープ】です。

これが一番のクセモノです。

 

 

【本命】がいて、その人が別の企業へ行きたがっている場合、二番手のあなたをキープしているのです。

私もやられたことがあります。

 

 

面接後に突然、電話連絡が来て、その後何もなし。

1ヶ月ほどして、こちらが忘れた頃に不採用通知です。

 

 

連絡が一回でも来た場合は、期待しちゃいますよね。

企業は本命と二股かけている状態なんです。

 

 

これも基本は同じです。

結果連絡が来るまで、転職活動を止めるのはナンセンスです。

 

 

並行して、複数社同時応募が常識です。

求人の進捗状況は管理すべきですが、気にする必要はありません。

 

 

内定が出てから内定が出たら確認すべき5つのポイントは?に書いたように確認すべき項目が山ほどあります。

提示された金額で受けてしまうと、入社後は殆ど給料アップは望めません。

 

 

交渉は内定前後のタイミングがコツです。

あなたが会社と交渉するのは難しいと思います。

 

 

やはり転職エージェントを使うと、あなたの年収をあげるため交渉してくれます。

転職エージェントは年収が上がれば、それだけ売り上げになるから一生懸命なんです。

 

 


リクルートエージェント
【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント11社を厳選

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました