【悲報】面接の返事が遅い3つの理由とは?【転職活動を続けるべき】

面接対策
この記事は約6分で読めます。

 

 

面接の返事が遅い場合、気になって仕方がないのでその理由を知りたい。

会社に問い合わせても良いのだろうか?問い合わせるとしても、どれぐらい待てば良いのかな?

 

上記の疑問にお答えします。

面接の返事が遅い3つの理由とは?

 

面接の結果の返事がなかなか来ないと、気になって転職活動に集中できませんよね。

 

ですが結論から言えば、気にせずに「転職活動を続けるべき」です。

 

面接の返事が遅いのは、あなたが悪いのではなく、殆どが企業のせいです。

 

なぜわかるかというと、私が採用面接を前職で行っていたから内部事情を知っているからです。

 

結論から言えば、面接の返事が遅れる理由は大きく分けると、以下の3つとなります。

 

  • 採用の意思がない場合
  • 内定の社内手続き中の場合
  • 【キープ】保留の場合

 

また面接の返事が遅い場合は1週間程度待って、企業に聞くのは全然問題ないです。

ただその間も待っているだけではなく、間断なく転職活動を続けましょう。

 

 

採用の意思がない場合【ひどい】

 

最も多いのが、このケースです。

面接を受けた側にすると失礼な話ですよね。

 

ですが、実際は不採用の連絡はどうしても後回しになってしまいます。

それでも結果を知りたいのは当然ですよね。

 

直接応募の場合は、面倒ですがあなたが面接を受けた企業に問い合わせればOKです。

その場合、メールか電話、どちらで連絡するか迷いますよね。

 

実際は正解なんてないんです。

採用側が印象を悪く持たなければ、どちらでもいいです。

 

それこそ社風に影響されるポイントです。

例えば、連絡事項は履歴が残るようにメールで行う会社があります。

 

一方、何でも相手との対話を重視する会社もあります。

話しをして、決まったことをメールで出す両方を利用する会社もありますね。

 

電話かメールのどちらで連絡するのがよいのかなんて言えません。

結局、面接のときの空気でどちらが良いかを推測するしかありません。

 

リクルートエージェント などの転職エージェントからの紹介であれば、コンサルタントがうまく問い合わせてくれますので、企業とのやり取りの手間はかかりません。

 

面接の連絡が遅いのにも限度があります。

一週間を目安に結果を聞いても問題ないので、問い合わせをしましょう。

 

会社は採用する気がないのですから、早めに結果を聞いた方がメンタル的にも良いです。

 

 

内定の社内手続き中の場合

 

社長面接があった場合を除くと、内定はしかるべき手続きがとられます。

会社にとっては、採用は年間1000万円前後の投資をする案件です。

 

もちろん慎重にならざるを得ません。

大企業の場合は、社長がすべて決済するわけではありません。

 

内定を出す前に社内手続きがあります。

企業によっては「稟議」がその代わりになりますが、もっと簡素化されている企業も多いでしょう。

 

それでもある程度の時間はかかってしまうのです。

役員クラスに説明する必要がありますから。

 

なので内定を出すまでにおおよそ一週間くらいはかかります。

中小企業の場合はそんなにかからないでしょう。

 

代表取締役社長がOKと言えばOKだからです。

ただ社長の業務は激務ですから、結局はこの場合も一週間くらいかかるかもしれません。

 

先ほども書きましたが、一週間以上経っても面接の返事がない場合は、聞いてみても失礼には当たりません。

 

面接の際に結果がわかるのはどれくらいかを事前に聞いておくのも良いでしょう。

企業がどうしても採用したい応募者である場合は、次の日でもアポをとるのが普通です。

 

別な企業に転職されたら痛いので、速攻抑えにいくのは当たり前ですからね。

内定していたのに連絡していなかったなんて間抜けな企業はまずないです。

 

ここは結果連絡が来るまで、待ってください。

あなたはそれよりも、転職活動を応募をどんどん続けるべきです。

 

 

【キープ】保留の場合

 

いわゆる【キープ】です。

これが一番のクセモノです。

 

【本命】がいて、その人が別の企業へ行きたがっている場合、二番手のあなたをキープしているのです。

私も転職活動中に経験しました。

 

面接後に突然、内定っぽい電話連絡が来て、その後何もなし。

1ヶ月ほどして、こちらが忘れた頃に不採用通知です。これはメンタル、やられましたね。

 

普通は連絡が一回でも来た場合は、期待しちゃいますよね。

企業は本命と二股かけている状態なんです。

 

これも基本は同じです。

面接の結果連絡が来るまで、転職活動を止めるのはナンセンスです。

 

並行して、複数社同時応募が常識です。

求人の進捗状況は管理すべきですが、結果が出るのを待つ必要はありません。

 

内定が出てから内定が出たら確認すべき5つのポイントは?に書いたように確認すべき項目が山ほどあります。

提示された年収で承諾してしまうと、日系企業の場合、転職後の劇的な年収アップは望めません。

 

【必須項目】内定が出たら確認すべき6つのポイントは?【ブラック企業は避けよう】
面接を数回行って、内定が出たら、確認すべきことは何でしょうか?

 

年収交渉は内定前後のタイミングがコツです。

あなたが会社と年収交渉するのは難しいと思います。

 

転職エージェントを使うと、あなたの年収をあげるため交渉してくれます。

転職エージェントは年収が上がれば、それだけ売り上げになるから一生懸命なんです。

 


リクルートエージェント
転職活動で役に立ったおすすめの総合型転職エージェント8選
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、転職活動で役に立つおすすめの転職エージェントをご紹介いたします。
【転職失敗しないために】おすすめの転職エージェント12選とメリット・デメリット
おすすめの転職エージェントを知りたいですか?転職エージェントのメリットやデメリットを知りたいですか?本記事ではおすすめの転職エージェント、メリット、デメリットと転職エージェントを使う上での注意点もあわせて記載します。

 

 

まとめ

 

以上をまとめると以下となります。

 

  • 面接の返事が遅い理由は以下の3点です。
    • 採用の意思がない場合
    • 内定の社内手続き中の場合
    • 【キープ】保留の場合
  • 1週間以上経過しても連絡がなければ、こちらから聞いてみても失礼には当たらない。
  • 面接の返事は遅くても気にせずに、転職活動を続けるべき

 

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

 

 

トップへ戻る