CowBoyのプロフィール

CowBoyと申します。

動物ではネコ派、音楽では70年代ロックをこよなく愛するアラフォー男子です。

 

転職関係のブログを書こうと思ったのは転職経験もあり、採用経験もある私のような立場で情報発信している人は少ないなと思ったからです。

転職経験者のブログは山ほどあります。

 

採用経験者のブログも数多くあります。

ですが私はどちらも経験しているので、転職希望者の立場にたって語れるかなという自信から立ち上げたブログです。

 

私は前職では書類選考や採用面接を山ほど経験してきました。

冒頭に書いた通り転職も何度か経験しています。

 

このブログでは今までの転職活動で得た経験と採用経験を踏まえて、どうすれば効率よく転職できるかを考えていきたいと思います。

 

 

 

初めての転職は失敗の連続

 

最初の会社では、経営状態に危機感をもち、転職活動を在職中に行っておりました。

そこで一番困ったのは、応募する求人です。

 

求人はどうすれば紹介してもらえるのか?

ハローワークに行っても、私はニッチな仕事をしていましたので、全く見つかりません。

 

当時の私は、求人案件の探し方が全くわかっていませんでした。

 

転職活動の進め方は効率的に進める必要があるんですが、当時の私は認識が甘かったと言えますね。

例えば人材紹介会社、つまりは転職エージェントというのがあるというのは、転職サイトに登録したころに知ったのです。

 

 

 

転職エージェントと転職サイトの違いも当時の私はよくわかっておりませんでした。

転職エージェントを知ってからは、登録の面談に通う日々でした。

 

その時の反省として良く分かったことは、転職エージェントの登録数は多ければ良いわけではないということです。

それよりも、登録する際の履歴書、職務経歴書の質を最初から上げておくべきでした。

 

履歴書・職務経歴書の作成までは、1ケ月近くかかる仕事です。

転職エージェントへの登録はそのあとでも、十分でした。

 

>>【誰にでも簡単】転職活動の進め方【転職エージェントがポイント】

>>【失敗体験あり】転職の始め方と手順【8割、命運が決まります】

>>簡単な転職の7つの進め方を完全公開【これを守らないと失敗する】

 

転職のブログを書いている私でも最初の転職のときは悩みだらけでした。

 

 

 

 

 

スタートアップ企業の起業

 

転職活動中にスタートアップ企業を起業しました。

スタートアップ・ベンチャー企業では大企業とは違って、代表取締役でも手を動かす必要があります。

 

エンジニア経験を活かした仕事もやりましたし、ITエンジニア部門の責任者として部下のマネージメントも行いました。

さらには人材が足りないので、採用面接も兼任していました。

 

その際に応募者の方の書類選考や転職面接を数多く経験しています。

転職エージェントから候補者の推薦を多くもらい、直接応募との質の差も身をもって知りました。

 

最初のころは直接応募も受け付けていましたが、段々と採用活動に手間がかかりすぎるので信頼できる転職エージェントから推薦してもらうようになっていきました。

ベンチャー企業での業務範囲はとても広いので、多くのスキルが身についたと思っています。

 

スタートアップ企業ならではの身についたスキルは以下のような感じですね。

 

  • イノベーションを生むようなビジネスモデルの構築
  • 会社設立時に必要な手続き
  • どの会社に外部委託するのがよいのかを検討し、契約する
  • 仕事をするためのインフラ整備

 

会社を大きくすることよりもキャリアをよりアップすることを私の場合は選びました。

一つの会社に居続けると良くないこともわかってきました。

 

大企業になってしまったら魅力半減ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>【起業経験談】ベンチャー企業の転職で求められる4つの人物像とは?

>>一度は転職すべき4つの理由とは?【井の中の蛙大海を知らず】

 

 

本ブログでは主にベンチャー企業での成功体験に基づいて、記事を書いています。

逆に初めての転職は失敗しているので「転職活動でやってはいけないこと」もあわせて書いています。

 

 

 

 

今は別の会社で勤務中ですが、転職活動(事前準備)は行っています。

転職は準備が大切なので、転職をするしないに関わらず情報収集は必要だと考えるからです。

 

私は常に転職エージェントを使って転職活動しています。

親しいキャリアコンサルタントと交流していくと、転職エージェントなりの事情もわかってきますし、企業側のニーズもわかってきます

 

最初にも申しましたが、前職で採用面接をやっていましたので、転職サイトなどに書かれているノウハウは、少し違う面も現場サイドからみるとあったりします。

それについては正直に指摘させていただいています。

>>転職の最終面接は「採用決定者による見極めの場」【対策あり】

>>【一夜漬け】転職面接「前日」に再確認すべき4つのこととは?

 

>>どこを採用担当者は面接で確認する【採用担当がたった2つと断言】

>>【常識を疑え】職務経歴書に自己PRを書かないでも良いのか?【これが真実】

 

直接応募してくる方の他に、大手転職エージェント推薦で応募して来る方とも面接をしていました。

こちらのハードルが高すぎたためか、なかなか、内定を出せる方には出会えませんでした。

 

第一印象が大事、とか、見た目が大事とか言われますが、それは職種にもよると思います。

エンジニアでしたら、見た目よりもポータブルスキルの方が重要ですね。

 

そういう意外と知られていない採用の裏事情もできるだけ大事なポイントを記事にしたいと思います。

はじめて転職するあなたにもこのブログを読めば、一通り転職活動がわかるように記事を書いていきたいと思います。

 

 

カテゴリーごとに記事を読んでいけば、全体がわかるようになっています。

そのなかでも重要なのは転職エージェント、転職サイトの存在です。

 

各業界で評判の良い転職エージェントの特徴を取り上げていきます。

 

>>【採用担当が厳選しておすすめ!】転職エージェントと転職サイト78選【ニーズ別】

>>おすすめの転職エージェント12選【デメリットも利用した使い方】

>>【無料あり】エンジニア歴15年の筆者がおすすめするプログラミングスクール5選

>>【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント14社を厳選

 

なお、このサイトはランキングや比較記事を書くことは目的とはしていません。

どれが良いかは相性によるところが非常に大きいからです。

 

口コミについても、そういう意味で過剰に反応せず参考程度ということで良いと思います。

このサイトでは口コミを掲載する予定は今のところございません。

 

転職とは何か?

どのように進めるのが効率的か?

 

そのような観点から、あなたに役に立つブログを提供してまいります。