一度辞退した会社に再応募は可能なのか?その対策はどうするの?

求人応募
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

一度辞退した会社、不採用になった会社への再応募ってそもそも可能なのでしょうか?

Sponsored Links

一度辞退した会社に再応募は可能なのか?その対策はどうするの?

 

選考辞退後の再応募は大きく分けて以下の3種類になります。

  • 面接辞退した場合
  • 内定辞退した場合
  • 不採用後の再応募

 

各々で再応募の難易度、対応策は異なります。

詳細な解説は別記事に書いていますので、本記事では再応募という観点で概要をつかんで頂ければ良いかなと思います。

 

 

面接辞退した場合の再応募

 

再応募といっても、いくつかのパターンがあります。

あなたは転職活動に際して、スケジュール管理をしながら面接日程を調整していると思います。

 

たとえ転職エージェントを使っていても全ての求人スケジュールを詳細に把握出来るのはあなただからです。

しかしながら運悪く複数の企業の面接日程が重なってしまった場合は、一方の企業にしかいけませんよね?

 

その時、企業様に面接辞退の挨拶はしましたでしょうか?

ビジネスマナーとしては、当たり前のことですけど舞い上がっていると忘れがちですよね?

 

礼を尽くしていれば、再応募しても大丈夫なんですが…………

 

ここでとても重要なことを書きます。

応募の前に採用担当の方に面接辞退の経緯を話してください。

その手続きを経ずに応募書類をいきなり送るのは、リスクがかなりあります。

 

なぜかというと、、、

何らかの方法で企業は面接辞退、内定辞退、不採用などで関わった方々をデータベース化しているところが多いからです。

再応募に壁があるのは、このような背景があります。

 

なので面接辞退に限らず再応募する場合には、事情を話す必要があります。

もちろん「受け入れられなかったらどうしよう」と恐れる気持ちはわかります。

 

とても怖いですよね。

ですが企業に再応募の件を話さずに応募したら、ひょっとすると時間とお金の無駄になるかもしれないのです。

 

ハッキリ言いましょう。

再応募は難しいです。

 

あなた一人で切り抜けるのは。

こんな時には転職エージェントを利用すべきです。

 

コンサルタントは転職のプロです。

的確なアドバイスを必ずくれるはずです。

 

さらには転職エージェントが保有する非公開求人に出会える可能性だってあります。

再応募しようとしている類似求人は非公開求人の中に埋もれていたりします。

 

一つの求人にこだわるよりも、あなたの未来をコンサルタントと考えてみてください。

ひょっとすると違う答えがでるかもですよ。

 

 

 

内定辞退した場合の再応募

 

内定辞退した後に再応募したくなることも考えられます。

 

  • 同時に複数社内定が出てしまい、他社に転職したがあきらめきれない場合
  • 本命の企業が後で内定を出してきたが、すでにそれより前に内定が出た企業に転職していた場合

 

などです。

 

内定が出るということは、企業と労働契約を結んだことを意味します。

つまり従業員なのです。

 

内定辞退というのは国民が憲法で保障されている職業選択の自由により違法になりませんが、断られた方としては面白くはないですよね?

雇用契約を一度結んでいますので、面接辞退よりは再応募のハードルは高くなります。

 

一度内定をもらっている点ではスキル面では問題ないと言えますが、企業から信頼を一度失っていますので、その回復の方が大変です。

応募前の企業への確認はもちろんのこと、たとえ書類選考を通過したとしても、面接で内定辞退した理由は必ず聞かれます。

 

こうなるとアドバイザーなしでは対応は難しいでしょう。

転職エージェントは紹介された求人に限らず、職業相談を行っています。

 

ハローワークでも行っていますが、質が違います。

エージェントは求人紹介してもらうために使うものですが、困ったときにアドバイスをもらえるあなたの有能な秘書のようなものとしてもどんどん利用しましょう。

 

ご存知の通り、転職エージェントは無料でサービスが利用できます。

転職方法の中心として就活で利用していきましょう。

 

なにしろさまざまな悩みを解決したり、ヒントをくれたりするのですから。

 

 

 

不採用後の再応募

 

最も多いと思われるのが、不採用だった求人に再応募したい場合でしょう。

今までの場合と違い、一度不採用になっています。

 

再応募は特に問題はありません。

しかし企業が求める人物像、保有スキルをクリアしていないと、また同じ結果になってしまいます。

 

 

応募しても職務経歴書を読んでくれるとは限りません。

ある程度の期間は空けてから再応募しないと応募履歴が残っています。

 

 

最低1年は間をあけて応募するようにしましょう。

この場合も転職エージェントを使うことで、アドバイスを貰ったほうが良いでしょう。

 

 

リクルートエージェント

 

 

【転職失敗しない】転職サイトと転職エージェント56選【おすすめ】
おすすめの転職サイトを知りたい人「転職サイトと転職エージェントの違いを知りたい。転職失敗しないための転職サイトと転職エージェントの利用方法を知りたい。おすすめの転職サイトをニーズ別に知りたい。」これらのお悩みにお答えします。
【失敗しない】おすすめの転職エージェント12選【デメリットなし】
おすすめの転職エージェントを教えてほしい。転職エージェントのメリットやデメリットを知りたい。転職エージェントを使う上での注意点がわかれば不安はなくなるから、ぜひ知りたい。これらの疑問やお悩みにお答えします。

 

 

 

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links

コメント