選考辞退した企業に再応募は可能なのか?その対策はどうするの?


選考辞退した企業、不採用になった企業への再応募ってそもそも可能なのでしょうか?それは……

面接辞退した場合

再応募といっても、いくつかのパターンがあります。

あなたは転職活動に際して、スケジュール管理をしながら面接日程を調整していると思います。

たとえ転職エージェントを使っていても全ての求人スケジュールを詳細に把握出来るのはあなただからです。

しかしながら運悪く複数の企業の面接日程が重なってしまった場合は、一方の企業にしかいけませんよね?

その時、企業様に面接辞退の挨拶はしましたでしょうか?

ビジネスマナーとしては、当たり前のことですけど舞い上がっていると忘れがちです。

よね?

礼を尽くしていれば、再応募しても大丈夫なんですが…………

 

ここでとても重要なことを書きます。

応募の前に採用担当の方に面接辞退の経緯を話してください。

その手続きを経ずに応募書類をいきなり送るのは、リスクがかなりあります。

なぜかというと、、、

何らかの方法で企業は面接辞退、内定辞退、不採用などで関わった方々をデータベース化しているところが多いからです。

再応募に壁があるのは、このような背景があります。

なので面接辞退に限らず再応募する場合には、事情を話す必要があります。

もちろん「受け入れられなかったらどうしよう」と恐れる気持ちはわかります。

とても怖いですよね。

ですが企業に再応募の件を話さずに応募したら、ひょっとすると時間とお金の無駄になるかもしれないのです。

 

ハッキリ言いましょう。

再応募は難しいです。

あなた一人で切り抜けるのは。

 

こんな時には転職エージェントを利用すべきです。

コンサルタントは転職のプロです。

的確なアドバイスを必ずくれるはずです。

さらには転職エージェントが保有する非公開求人に出会える可能性だってあります。

再応募しようとしている類似求人は非公開求人の中に埋もれていたりします。

一つの求人にこだわるよりも、あなたの未来をコンサルタントと考えてみてください。

ひょっとすると違う答えがでるかもですよ。

 

内定辞退した場合

内定辞退した後に再応募したくなることも考えられます。

 同時に複数社内定が出てしまい、他社に転職したがあきらめきれない場合

 本命の企業が後で内定を出してきたが、すでにそれより前に内定が出た企業に転職していた場合などです。

 

内定が出るということは、企業と雇用契約を結んだことを意味します。

つまり従業員なのです。

内定辞退というのは国民が憲法で保障されている職業選択の自由により違法になりませんが、断られた方としては面白くはないですよね?

雇用契約を一度結んでいますので、面接辞退よりは再応募のハードルは高くなります。

 

一度内定をもらっている点ではスキル面では問題ないと言えますが、企業から信頼を一度失っていますので、その回復の方が大変です。

応募前の企業への確認はもちろんのこと、たとえ書類選考を通過したとしても、面接で内定辞退した理由は必ず聞かれます。

 

こうなるとアドバイザーなしでは対応は難しいでしょう。

転職エージェントは紹介された求人に限らず、職業相談を行っています。

ハローワークでも行っていますが、質が違います。

 

エージェントは求人紹介してもらうために使うものですが、困ったときにアドバイスをもらえるあなたの有能な秘書のようなものとしてもどんどん利用しましょう。

ご存知の通り、転職エージェントは無料でサービスが利用できます。

転職媒体の中心として就活で利用していきましょう。

なにしろさまざまな悩みを解決したり、ヒントをくれたりするのですから。

 

不採用後の再応募

最も多いと思われるのが、不採用だった求人に再応募したい場合でしょう。

今までの場合と違い、一度不採用になっています。

再応募は特に問題はありません。

しかし企業が求める人物像、保有スキルをクリアしていないと、また同じ結果になってしまいます。

応募しても職務経歴書を読んでくれるとは限りません。

ある程度の期間は空けてから再応募しないと応募履歴が残っています。

最低1年は間をあけて応募するようにしましょう。

 

この場合も転職エージェントを使うことで、アドバイスを貰ったほうが良いでしょう。

 


 【DODA】への登録はこちら


トップへ戻る

転職に関するお悩みは何でもお気軽にお問い合わせください。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!