【採用担当解説】キャリアスタートはやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】

【採用担当解説】キャリアスタートはやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】転職エージェント
転職エージェント
この記事は約14分で読めます。

 

 

20代でスキルがあまりないが、未経験転職したい人「20代なので、キャリアはあまりない。だが現職には不満があって、転職を考えている。ノースキルなので、未経験転職できるか不安である。スキルがない20代向けの転職エージェントがあれば、知りたいな。」

 

こういった疑問に答えます。

先ほど、こんなツイートをしました。

 

ニート・フリーターの方は転職エージェントにから門前払いされることもあります。ですが、ニート・フリーター向けの転職エージェントを使えば、登録拒否なんてことはまずありません。大企業の求人はありませんが、キャリアスタートなどのフリーター向け転職エージェントを使うのも戦略。

 

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 20代が未経験転職するのに、適した転職エージェントがわかる。
  • 未経験に特化した転職エージェントのデメリット・メリットがわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

  • 20代未経験転職のお悩みは、ありませんか?
  • 20代の転職の悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…
  • キャリアスタートは、20代の未経験転職に強い
  • キャリアスタートに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由
  • キャリアスタートは完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

 

では一つずつ解説します。

 

 

キャリアスタートの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

  • キャリアスタートは、20代の未経験特化型転職エージェント
  • キャリアスタートは、キャリアに自信がない方にもおすすめ。特にニート・フリーターの方。第二新卒・既卒の未経験転職にも強い。
  • 転職エージェントは「マッチング」次第なので、評判や口コミは無視して問題ない。
  • 上記の通り。

 

 

20代未経験転職のお悩みは、ありませんか?

20代未経験転職のお悩みは、ありませんか?

  • 未経験転職を考えている。
  • 手に職をつけたいが、やりたいことがはっきりしなくて、困っている。
  • 空白期間があって、不安。
  • 社会人の経験がなく、未経験転職できるか不安。
  • 現職の社風にあわない気がする。
  • 社畜のように働かされて、年収が低すぎる。早く辞めたい。
  • サービス残業が当たり前になっている。ブラック企業確定。
  • 休みが取れないので、体調もよくない。
  • 会社の経営方針に同意できない点が多い。
  • 転職市場価値を知りたい。
  • 何から転職を始めれば良いのか、わからない。
  • たった一人だけで転職活動を行うのは、不安だ。できれば転職エージェントを使いたい。
  • 上記の通り。

 

キャリアスタートの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

20代の転職の悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…

20代の転職の悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…

 

  • でも転職活動って何から始めたらよいかわかりませんよね…
  • もちろんインターネットや転職本でも情報収集は可能ですが、本当に正しいのか不安ですよね…
  • 筆者も初めての転職活動では、だいぶ回り道をしたと思っています。
  • 転職活動ほど難しいものはないです。
  • うまくいっているのか自分ではわからないのですから。

 

実は転職活動にはちょっとしたコツがあります。

筆者は採用担当ですので、その「ちょっとしたコツ」を理解しています。

 

正しい「転職の進め方と手順」を意外と求職者の皆さんは知りません。

以下が正しい「転職の進め方と手順」です。

  1. 転職理由・転職の軸を明確にする
  2. 転職理由に相応しい求人ニーズを転職サイトでマーケティング
  3. 転職活動のスケジュールを立てる
  4. キャリアの棚卸し
  5. 履歴書・職務経歴書の作成
  6. 転職エージェント推薦で応募
  7. 年収交渉・内定・退職
  • 上記の通り。

 

転職の進め方のポイントは「求人応募」は転職エージェント推薦でということ。

ハローワークや転職サイト経由の「直接応募」は求職者が履歴書・職務経歴書を企業に送る方法です。

 

企業の採用担当者から見ると「どこの誰かわからない」ので、書類選考のハードルは高くなります。

それに対して「転職エージェント推薦」は企業に推薦状つきで応募できます。

 

転職エージェントが企業に推薦するので、有利になります。

転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2つがあります。

 

「総合型」は業界・職種・年齢ともに、幅広い求人を扱っています。

一方「特化型」は業界・職種・年齢などに特化した求人を扱っています。

 

もちろん、20代の未経験転職に特化した転職エージェントも存在します。

数はとても少ないので、迷わずにとりあえずは、使ってみましょう。

 

本記事では20代の未経験転職に強い「キャリアスタート」を紹介します。

 

キャリアスタートの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

キャリアスタートは、20代の未経験転職に強い

 

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントを使って転職活動する方法です。

20代で未経験転職するなら「キャリアスタート」を使いましょう。

 

運営会社キャリアスタート
対応エリア全国
求人数約1,000件
職種営業、店舗管理、販売、内勤、事務、サポート、エンジニア、Web、介護、飲食、人材コーディネーター、ドライバー、その他
特記事項未経験求人が多い。

 

キャリアスタートは20代の未経験転職に強い

 

キャリアスタートは「特化型」転職エージェントです。

特化しているのは、20代の未経験求人です。

 

リクルートエージェントのような「総合型」転職エージェントの場合、職務経歴が重視されます。

スキルがない方は、登録段階で断られることがあります。

 

もちろん、ハローワークからは自由に応募できます。

しかし、ハローワーク求人はブラック企業が多く、それを見分けるのは難しいです。

 

ニート・フリーターの方にはなおさら難しいでしょう。

また転職サイト求人は、スキルがない方には、競争率が高いのでおすすめしません。

 

結局、未経験転職に強い転職エージェントを使うことが一番の近道です。

 

まとめますと、「キャリアスタート」は「未経験転職」に強い転職エージェントです。ただし、20代が中心になります。ノースキルには、ノースキルの戦い方があります。

 

キャリアスタートにもデメリットがある

 

しかし、キャリアスタートにもデメリットがあります。

それは「求人数」が少ないこと。

 

有利に転職活動を進めるためには、ほかの転職エージェントを併用することです。併用することはルール違反ではありませんので、ご心配なく。

以下に、キャリアスタートと併せて使ったほうが良い「転職エージェント」を示します。

 

キャリアスタートの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

ニート・フリーター転職でのおすすめ度 ★★★★★キャリアスタートは20代未経験転職には、ピッタリであるので超絶おすすめ。求人数が少ないため、ハタラクティブJAICも併用すると良い。
20代転職でのおすすめ度 ★★★★☆既卒者や第二新卒などのキャリアが浅い方には、おすすめ。20代後半の方は、ある程度キャリアが身についているので、dodaも併用すると良い。
30代以上の転職でのおすすめ度 ★★★☆☆キャリアスタートは、主に20代がターゲット。30代以上の転職では、リクルートエージェントdodaを使ったほうが良い。
外資転職へのおすすめ度 ★☆☆☆☆キャリアスタートは、未経験転職がメイン。経験を必要とする外資求人は、ほとんど保有していない。外資転職を希望するなら、JAC Recruitmentがおすすめ。
IT転職でのおすすめ度 ★★★☆☆キャリアスタートは、もちろんIT求人を保有しているが、その数は少ない。IT転職するなら、ワークポートを使ったほうが良い。
女性転職へのおすすめ度 ★★★☆☆キャリアスタートを使うのは、おすすめ。しかし求人数が少ないため、type女性の転職エージェントも併用することをおすすめします。

 

求人数が少ない場合は確率からいっても「数を打つ」ことは必須です。

転職エージェントを1社だけに絞るのはやめたほうが良いです。

 

キャリアスタートの転職支援フロー

 

転職エージェントのコンサルタントは、いわば有能な秘書のような役割です。

キャリアスタートは完全無料で以下のような転職支援を受けることができます。

 

  • キャリア相談(自己分析、希望条件など)
  • 求人紹介・企業への推薦
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス、添削
  • 転職面接の過去問を提供
  • 転職面接の日程調整
  • 転職面接に同行
  • 年収交渉
  • 円満退職のためのアドバイス
  • 転職後のアフターフォロー
  • 上記の通り。

なぜ無料で転職支援を受けられるかというと、企業と求職者で労働契約が結ばれて入社すると(企業から)成功報酬をもらえるためです。

求職者が転職したら、想定年収の30~40%を企業は転職エージェントに払います。

 

転職エージェントは企業が求める候補者を推薦するため、直接応募よりも内定率は高くなります。

なので、転職活動は転職エージェントを中心に進めましょう。

 

キャリアスタートの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

キャリアスタートに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

キャリアスタートに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

 

転職エージェントの評判はコンサルタントのものだから。そのコンサルタントが担当になる確率はほとんどゼロ。つまり「やばい評判や口コミは無視して良い」。

キャリアスタートには良い評判もあり、もちろん悪い評判もあります。

キャリアスタートのやばい評判についても、全く気にする必要はないです。

 

なぜなら、評判の悪いコンサルタントが担当者になる確率は、ほとんどゼロだから。

キャリアスタート自体の対応について、書かれているものは見つかりませんでした。

 

良い評判・口コミ

 

経歴やアルバイト経験と自分の希望をしっかりと考慮して企業を提案してくれました。また条件のみならず、熱いベンチャー企業と落ち着いた企業を、それぞれ「みてきたほうがよい・あってきなよ!」といった形で複数の選択肢をくれて、「自分のためおもって、自分をしっかり見て提案してくれた」とかんじました。右も左もわからなかった僕に手を差し伸べていただいてありがとうございました。転職は内定がスタートだと感じています。今後も教えていただいたことは忘れないで、貪欲に成長します!

引用元:フリーターからルート営業職へ転職成功! T.K 様

 

前職では、アルバイトと接客業の仕事に携わっておりました。自分でいちから作り上げ、また手に職を付けたいと思い、IT業界で正社員として働きたいと思いました。お世話になりました。今後良い報告ができるよう、一生懸命頑張っていきます!

引用元:飲食業からIT業界へ転職成功! K.N 様

 

PCやITは不安だったんですが、座学の研修も1ヶ月あるし、実は先輩も私とおんなじ接客経験から、今では一流の事務・サポートとして活躍していたので、頑張れそうって思います!本当に、相談にきてよかったです!!早くスキルをつけて、給料あげて、一人暮らししたいです!

引用元:フリーターから大手メーカーの事務サポートへ転職成功! S.O 様

 

悪い評判・口コミ

 

家庭の事情で転勤不可なのに関わらず、転勤有で面接に進まされて、なんとか意地でも内定取らせようとして、非常に困りました。
エージェントの方々もノルマがあるのは分かりますが、働いた後の事を考えてもらいたかったです。

引用元:転勤したくないのに…

 

他に同じ内容で口コミ投稿されている方がいらっしゃったので、多くは言いませんが、僕も家庭の事情で転勤が難しいのに転勤前提だったり、最終的に転勤を強いられるような求人を紹介され、利用を辞めました。
あとは個人的な不満点になりますが、アドバイザーの方が何度か電話でやり取りしていく内に口調がタメ口になっていたのが正直キツかったですし、転職の進捗状況の連絡をして来た時に「この後会食があるので、、、」と話してきた時はごめんなさいドン引きしました、
転職支援者としてはどうなんだろうと思いました。

引用元:希望条件とは?

 

内定がほかで決まったことを報告したら即既読無視。紹介する仕事もブラックばっかりだし、受けたくないと言っているのに勝手に面接日程組まされました。
どうでもよすぎる自慢話ばっかりで建設的な会話不可能です。営業できない人の特徴について勉強できてよかったです。無駄話するには大変おすすめですが、就職したいと考えての利用は無駄でしかないです。人の気持ちも考えられなければ結果も出せない、礼儀もない、仕事もできない。取柄あるんですかね?(笑)

引用元:担当者が社会人失格なのに仕事紹介できるわけない

 

  • 悪い評判もありますが、気にする必要はありません。
  • コンサルタントが有能じゃなかった。」だけだからです。その時はコンサルタントを交代してもらえば、解決です。

転職エージェントはコンサルタント次第とよく言われます。つまりマッチングが全てだからです。

担当者が有能でない場合にはかえって転職活動のじゃまになるだけです。

 

コンサルタントが無能だったら、交代してもらいましょう。

キャリアスタートが保有する求人は、20代の未経験転職向けのもので、使わないと損です。

 

ただし、求人数は多くはないのでJAICハタラクティブなどと併用することをおすすめします。

どちらもフリーター・ニート求人を多く保有しているからです。

 

キャリアスタートの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

キャリアスタートは完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

キャリアスタートは完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

 

転職エージェントにもデメリットはあります。

それは転職エージェントはコンサルタントの能力次第で転職活動に影響が出る点です。

 

しかし有能でないコンサルタントは交代すればよいだけ。

しかもキャリアスタートは完全無料で使えます。

 

未経験転職をするのであれば、キャリアスタートのコンサルタントは優秀です。

キャリアスタートであれば、20代の未経験転職に精通したコンサルタントが多く在籍しています。

 

もちろん、あなたには金銭的デメリットはありません

キャリアスタートを使わない理由は見つからないはずです。

 

行動しないで失敗するのが最悪です。

行動しながら間違いを修正すれば良いだけです。

 

キャリアスタートの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。