面接辞退した企業に再応募は可能か?

面接対策
この記事は約10分で読めます。
Sponsored Links

一度面接を辞退した企業への再応募は可能かというお問い合わせが多いので、今回はそれを話題にします。

Sponsored Links

再応募するだけの理由がある求人ですか?

 

面接辞退した企業に再応募するということの意味

 

 

面接辞退した企業に再応募可能かどうかという話【だけ】であれば、もちろん可能です。

ですが再応募に際して何の対策も立てないと、応募書類を読んでくれない可能性があります。

 

 

 

つまりは応募を受け付けてくれていないリスクがあるということです。

どうせならそうならないように対策をたてましょう。

 

 

一度面接を辞退している場合は、個人情報保護の観点から履歴書・職務経歴書は破棄されています。

ですが、企業によっては応募者の履歴をエクセルなどでデータ、記録に残しているところもあります。

 

 

そのような企業であれば、面接辞退したことは記録として残っているわけです。

もしうまく転職成功したとしても、その記録は残りますよね。

 

 

面接官に顔を覚えられていることだって考えられますよね。。。

 

 

再応募するということは、そういう可能性に対して十分な準備をする必要があるということです。

ある求人に【どうしても譲れない】こだわりがあって、もう一度だけ挑戦したい。

 

つまり再応募するだけの理由がある。

そんなときにだけ再応募を検討しましょう。

 

 

応募する前に最低限確認しておくべき二つのこととは?にあるようなどうしても譲れない条件が未だに魅力的な求人の場合とかですね。

求人のチェックとともに会社の雰囲気や待遇などを転職会議やキャリコネなどの口コミサイトで念のために見てみましょう。

 

 

再応募に値しない会社である可能性だってありますし、それを受け付けない社風であるかもしれないからです。

今一度、その会社をチェックしておくことはとても重要です。

 

 

 

先ほども書きましたが口コミサイトには転職会議やキャリコネなどがあります。

特にキャリコネは口コミだけでなく、給料明細が掲載されているので、入社した後の本当の給与明細水準がわかります。

 

 

給料明細

 

上図はキャリコネ掲載の給料明細です。

 

 

同年代で同じ職種であれば、かなり参考になりますし、事実私も応募する際には口コミと給与明細を確認してからにしていました。

求人票に書かれている仕事内容ははっきり書かれていないものが多いですし、給料も20万円〜50万円とか曖昧に書かれています。

 

求人票の内容は鵜呑みにはできません。

 

口コミのチェックは必ず行いましょう。

ましてや再応募であればなおさらです。

 

 


10万件の企業口コミ。キャリコネ


 

面接辞退した上で再応募する理由を明確にする

 

 

再応募の前に重要なことがあります。

先ほど書いたように、再応募の理由が必要になります。

 

面接で必ず聞かれるからです。

通常の求人で重要なことは転職理由をなぜなぜ分析で深掘りしよう!にあるように転職理由が明確になっていることです。

 

それに加えて、面接対策として再応募の理由が必要なのです。

 

 

つまり、前回面接辞退した理由ですね。

相手先は最初はあなたのことをあまり信頼していません。

 

そのことを念頭において話しましょう。

あなたの事情を話しても理解されませんので、採用する側の立場を考えながら話を誠実にしましょう。

 

 

重要なことはあなたの人柄をわかってもらうことです。

職務経歴のチェックはそれからになるでしょう。

 

 

面接を一度辞退しているのですから、最初はどうしても志望度は低いと見なされています。

面接の中で何とか好印象を与えることで逆転することだって可能です。

 

面接官は他社の選考を優先させたのだろうと思っています。

つまり再応募って準備がとても大変なんです。

 

 

面接辞退した理由は個人ごとに異なりますし、きちんと転職理由と同じように深掘りした内容でなければいけません。

ネットで例文を調べて、それをそのまま言ったらすぐにバレてしまいます。

 

転職理由が転職活動で重要なように、この再応募理由についても、あなたがあなた自身の言葉で語れるようにしましょう。

 

 

 

これらの対策には絶対と言って良いほど転職エージェントのアドバイスが必要です。

転職エージェントのコンサルタントは転職のプロなので、有益なアドバイスをくれるはずです。

 

 


絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

 

再応募のリスク回避をするために

 

再応募の戦略とは応募を受け付けてもらうこと

 

 

最初にガッカリさせることを書きすぎたかもしれません。

選考辞退した企業に再応募は可能なのか?その対策はどうするの?にもある通り再応募と言っても大きく分けて3種類あります。

 

 

 

 

上記の中では可能性は一番あるといえます。

 

 

 

もう一度繰り返します。

まずは応募を受け付けてもらうことが大切です。

 

応募者からすると、応募書類を送付すれば応募したことになります。

ですが企業はその応募書類を必ずしも全部は読んでいません。

 

 

ざっくりと応募要件に入らない人は除いた後、書類選考することはざらです。

書類選考に時間はかけられませんので。

 

なので応募者のあなたが面接の場を与えられずに、最初のふるいにかけられては努力が水の泡です

そのためには転職活動の戦略が必要です。

 

応募前に面接辞退の件を誠実に連絡する

 

 

繰り返しますが、応募を受け付けてもらえないと何にもなりません。

それを避けるためには怖いでしょうが、前回の面接辞退の件を誠意をもって話すことが必要です。

 

 

 

再応募しても良いか応募先に聞いてみましょう。

企業としては面接辞退するということは、ビジネスマナーができていないと決めつけているのかもしれません。

 

少なくとも良い印象はもっていません。

あなたの性格や人格に問題があるとか思っている可能性があるわけです。

 

だから人間性は問題ありませんということは、最低限訴えないと履歴書も読んでもらえないでしょう。

これでは再応募する意味はないのです。

 

最大の関門だと思って取り組んでください。

 

 

 

ポイントはまさに前回面接辞退した件をどう話すかです。

 

  • あなたの人柄が出る部分です。
  • 正直に話してよいと思います。
  • 誠実に真剣に話してください。
  • 下手に嘘はつかないでください。

 

あとは先方がどう判断するかです。

 

 

それでも応募できないということでしたら、あきらめがつきませんか?

何も連絡せずに応募書類を送ることは非礼と受け取られます。

 

それはやめた方がよいでしょう。

 

 

再応募する価値が本当にある求人か再度確認しよう!

 

 

再応募前にきちんと連絡をして、面接までこぎつけたとしても安心してはいけません。

一次、二次、最終面接とすべての面接で、面接官が変わるたびに前回の面接辞退のことを聞かれることはもちろんのこと、ではなぜ気が変わったのかと聞いてきますので。

 

再応募の理由が明確になっていれば大丈夫ですよ。

 

 

人を採用するには、相当のコストがかかります。

社員に支払う給料にしても会社の売り上げに対して、どれだけ貢献できるかで決められるのです。

 

 

会社にとって一番痛いのはすぐに辞められることです。

採用コストも会社で実績を出してこそ、ペイするのですぐに辞められては完全な赤字です。

 

 

なのですぐに辞められては採用計画が台無しなのです。

辞めたら補充すればよいという考えは、ブラック企業以外にはありません。

 

 

面接を辞退したのに、再応募を無条件で受け付ける会社も要注意と言えます。

ものには限度があるのです。

 

 

再応募したい気持ちはよ〜くわかります。

が、それ以上に、、、、、

 

 

ブラック企業かどうかの確認は必須と言えます。

 

 

 

帝国データバンクで会社がきちんと利益を上げているかの確認と口コミサイトで社員の評判をチェックしましょう。

 

 


10万件の企業口コミ。キャリコネ


 

面接辞退した求人に再応募した場合はやはり今度は絶対に辞めないというやる気が必要です。

根性論は好きではありませんので、その理由を先程書かせていただきました。

 

会社にとって採用コストは大きな投資です。

あなたの場合、すぐに辞めそうな片鱗を会社に見せてしまったのです。

 

面接辞退という事実がそうさせているのです。

 

 

そのためには面接の場で誤解を解いておきましょう

一生、御社に骨をうずめる覚悟でなんて言葉は出さなくても良いですが、面接での覚悟としては、伝わってくるものです。

 

面接でも、真摯に、誠実に、答えましょう。

まさに【面接】とは安心である!ですね。

 

採用担当者を安心させれば普通に接してくれますよ。

あなたのスキルも素直に聞いてくれるでしょう。

 

 

再応募をするなら、他に良い求人はいくらでもあると個人的には思います。

転職エージェントで相談だけでもしてみてはいかがでしょう?

 

転職エージェントの非公開求人とは?のように転職エージェントは公開されていない求人を数多く保有しています。


絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

 

 

非公開求人の割合は全体の求人の8割から9割もあるのです。

つまり、転職サイト(求人サイト)、ハローワークのような公開求人は全体の1割にすぎないのです。

 

もしも、公開求人の再応募で悩んでいるのでしたら、転職エージェントには他に豊富な数の非公開求人があります。

それは転職エージェントに登録しないと求人に出会えないことになります。

 


【リクルートエージェント】


「見る前に飛ぶこと」も大事ですよ。

考える前にまずは実行することが転職では重要ではないでしょうか?

 

 

もちろん再応募の件です。


【リクルートエージェント】


キャリアチケット
フリーター・ニートなら登録しておきたい転職エージェント6選!
絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

トップへ戻る

 

 

 

転職活動では必須の口コミサイトです。特筆すべきは給料明細を見ることができることで私も重宝しました。キャリコネはこの口コミのみならず、大手の転職サイトの求人を一括検索できます。ここから転職サイトに登録も可能なので手間いらずです。実際の選考に入ったら面接対策が必要ですが、キャリコネにはどんな質問が出るかの面接レポートもあります。求人に応募する際にはキャリコネだけでもかなり役に立つ情報が得られます。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

転職活動でも難しいのが退職交渉です。下手をすると内定先への転職に影響が出かねません。会社からのパワハラなどで辞めたい場合も簡単に会社は辞めさせてくれません。そんな時は退職代行サービスを使うことで精神的にも楽に退職できます。ニコイチは14年もの歴史がある退職代行サービスですので、安心して依頼することができます。しかも料金は業界最安値の一律2万8千円で一切の追加料金は発生しません。全国どこでも対応しますので、退職できずに困っている方は相談してみてはいかがでしょうか?

第二新卒で戦略コンサルになりたい方のためのコンサルスキル養成所です。確かに戦略コンサル特化型転職エージェントもありますので、それを使ってみるのもいいかもしれません。本プログラムの講師は有名コンサルティング会社出身の方ばかりです。面接がとても特殊で難しいコンサル業界。やる気のある方は是非一度無料相談してみてはいかがでしょうか?

口コミサイトでは最も有名です。キャリコネと並んで会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。キャリコネと転職会議の両方を確認すればまずは評判については大丈夫です。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートキャリアが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

スマホから気軽に使える転職サイトです。特徴は書類選考が通過している求人のみオファーが来ることです。それもかなりの頻度ですので、転職エージェントと転職サイトを補完するメディアとして上手く利用できます。転職活動のスキマ時間に使う程度で構わないと思います。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サイトです。リクルートだから実現できる多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

東京しごとセンターは東京都が運営する公的な就職支援のための施設です。ここではヤング、ミドル、シニア層それぞれに対して就職支援を行っています。若者正社員チャレンジ事業はヤング層に対しての就職支援で29歳までが対象とし、ニートやフリーターなど就業経験のない方向けの正社員就職を目的とするものです。今まで1500名以上の就職実績があります。通常の就職と違って、実際に企業で働きながらあなたに向くところかどうかを実感することができます。実習の間はアルバイトが出来ず大変だという方には最大10万円の奨励金を用意しているとのことです。今まで就業経験がない方で20代の方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

これから退職して失業保険を受け取りながら転職活動をしようと考えているあなたに朗報です。情強の方ならご存知でしょうが殆どの方は知らない社会保険制度を活かした給付金制度を受け取るためのサポートを退職・転職サポートコムは徹底的に行います。申請するとしないのとでは受け取る金額は10倍以上の差が最大で出てきます。在職中で転職を考えている方、退職してゆっくり転職先を探したい方は知らないと損をする制度ですよ。

Sponsored Links
Sponsored Links
面接対策
CowBoyをフォローする
転職に関するご質問は何でもお気軽にどうぞ。

採用担当者だからこそ語れる!転職エージェントの使い方

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました