「本ページはプロモーションが含まれています」

【採用担当解説】マイナビエージェントはやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】

【採用担当解説】マイナビエージェントはやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】転職エージェント
転職エージェント
この記事は約21分で読めます。

 

 

20代で、転職を考えている人「20代で第二新卒なので、キャリアはあまりない。だが現職には不満があって、転職を考えている。20代や第二新卒の求人が多い転職エージェントがあれば、知りたいな。」

 

こういった疑問に答えます。

先ほど、こんなツイートをしました。

 

20代転職なら、とりあえず「マイナビエージェント」に登録しておこう。求人数が大手に比べて少ないので、リクルートエージェントやdoda、パソナキャリアも併用することで、マッチングする求人が見つかる確率は上がる。転職エージェントの複数社利用は、常識。

 

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 20代や第二新卒が転職するのに、適した転職エージェントがわかる。
  • 20代に特化した転職エージェントのデメリット・メリットがわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

  • 20代の方で、こんなお悩みはありませんか?
  • このような悩みはどうしたらいいかわからないですよね…
  • マイナビエージェントは、20代求人に強いので、転職が可能
  • マイナビエージェントに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由
  • マイナビエージェントは完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

 

では一つずつ解説します。

 

 

マイナビエージェントの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

  • マイナビエージェントは、20代求人に強い転職エージェント。
  • マイナビエージェントは、非公開で独占求人が多い。
  • マイナビエージェントは、サポートが丁寧なコンサルタントが多数在籍。
  • 転職エージェントは「マッチング」次第なので、評判や口コミは無視して問題ない。
  • マイナビエージェントのメリットは、上記の通り。

 

 

20代の方で、こんなお悩みはありませんか?

20代の方で、こんなお悩みはありませんか?

 

  • 20代での転職を考えている。
  • これからのキャリア形成を考えている。
  • 今の会社に未来がないような気がする。
  • 20代なのでキャリアが浅い。転職できるか不安だ。
  • 現職の社風には、あわない気がする。
  • 社畜のように働かされて、年収が低すぎる。
  • サービス残業が、当たり前になっている。
  • 休みが取れないので、体調もよくない。
  • 会社の経営方針に、同意できない点が多い。
  • 転職市場価値を知りたい。
  • たった一人だけで転職活動を行うのは、不安だ。転職エージェントを使いたい。
  • 上記の通り。

 

マイナビエージェントの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

このような悩みはどうしたらいいかわからないですよね…

このような悩みはどうしたらいいかわからないですよね…

 

  • でも転職活動って何から始めたらよいかわかりませんよね…
  • もちろんインターネットや転職本でも情報収集は可能ですが、本当に正しいのか不安ですよね…
  • 筆者も初めての転職活動では、だいぶ回り道をしたと思っています。
  • 転職活動ほど難しいものはないです。
  • うまくいっているのか自分ではわからないのですから。

 

実は転職活動にはちょっとしたコツがあります。

筆者は採用担当ですので、その「ちょっとしたコツ」を理解しています。

 

正しい「転職の進め方と手順」を意外と求職者の皆さんは知りません。

以下が正しい「転職の進め方と手順」です。

  1. 転職理由・転職の軸を明確にする
  2. 転職理由に相応しい求人ニーズを転職サイトでマーケティング
  3. 転職活動のスケジュールを立てる
  4. キャリアの棚卸し
  5. 履歴書・職務経歴書の作成
  6. 転職エージェント推薦で応募
  7. 年収交渉・内定・退職
  • 上記の通り。

 

転職の進め方のポイントは「求人応募」は転職エージェント推薦でということ。

ハローワークや転職サイト経由の「直接応募」は求職者が履歴書・職務経歴書を企業に送る方法です。

 

企業の採用担当者から見ると「どこの誰かわからない」ので、書類選考のハードルは高くなります。

それに対して「転職エージェント推薦」は企業に推薦状つきで応募できます。

 

転職エージェントが企業に推薦するので、有利になります。

転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2つがあります。

 

「総合型」は業界・職種・年齢ともに、幅広い求人を扱っています。

一方「特化型」は業界・職種・年齢などに特化した求人を扱っています。

 

もちろん、20代転職に強い転職エージェントも存在します。

有名な「20代特化型」転職エージェントは少ないので、迷わずにとりあえずは、使ってみましょう。

 

本記事では20代転職に強い「マイナビエージェント」を紹介します。

 

マイナビエージェントの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

マイナビエージェントは20代求人に強いので、20代転職が可能

マイナビエージェントは、20代求人に強いので、転職が可能

 

そこでおすすめしたいのが、20代転職に強い転職エージェントを使って転職活動する方法です。

20代転職するなら「マイナビエージェント」を使いましょう。

 

運営会社マイナビ
対応エリア全国
公開求人数34,510件
非公開求人数33,230件
特記事項20代なら使っておいて損はない転職エージェント。

 

マイナビエージェントは20代の転職に強い

 

マイナビエージェントは、全業界・全職種を扱う転職エージェントです。

年齢からみると、20代求人「特化型」転職エージェントです。

 

通常の転職エージェントの場合、職務経歴が重視されます。

スキルがない方は、登録段階で断られることがありますが、20代であればマイナビエージェントの登録は厳しくありません。

 

ハローワークからは自由に応募できます。

しかし、ブラック企業を見分けるのは難しいです。

 

転職サイトの求人は、スキルがない方には、競争率が高いのでおすすめしません。

20代・第二新卒転職に強い転職エージェントを使うことが一番の近道です。

 

まとめますと、「マイナビエージェント」は「特に20代転職」に強い転職エージェントです。30代前半求人もありますので、登録しておきましょう。20代には、20代の戦い方があります。

 

マイナビエージェントにもデメリットがある

 

しかし、マイナビエージェントにもデメリットがあります。

それは大手に比べ、「求人数」が少ないこと。

 

有利に転職活動を進めるためには、ほかの転職エージェントを併用することです。併用することはルール違反ではありませんので、ご心配なく。

以下に、マイナビエージェントと併せて使ったほうが良い転職エージェントを示します。

 

マイナビエージェントの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

無料登録は以下よりどうぞ。

  • 【マイナビエージェントと併用おすすめ】転職エージェント
転職エージェント特記事項運営会社対応エリア公開求人数非公開求人数
リクルートエージェント非公開求人数20万件。業界最大手の転職エージェントリクルート全国389,480件 05/25更新280,642件 05/25更新
doda転職の悩みを解決。業界第二位の転職エージェントパーソルキャリア全国197,858件 05/25更新非公開
パソナキャリア手厚い転職サポートで有名な転職エージェントパソナ全国49,000件100,000件

 

マイナビエージェントは、大手に比べると求人数が少ないので、確率からいっても「数を打つ」ことは必須です。

転職エージェントを1社だけに絞るのは、失敗の原因になりますので、やめましょう。

 

マイナビエージェントの転職支援フロー

 

転職エージェントのコンサルタントは、いわば有能な秘書のような役割です。

マイナビエージェントは完全無料で以下のような転職支援を受けることができます。

 

  • キャリア相談(自己分析、希望条件など)
  • 求人紹介・企業への推薦
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス、添削
  • 転職面接の過去問を提供
  • 転職面接の日程調整
  • 転職面接に同行
  • 年収交渉
  • 円満退職のためのアドバイス
  • 転職後のアフターフォロー
  • 上記の通り。

なぜ無料で転職支援を受けられるかというと、労働契約が結ばれて入社すると企業から成功報酬をもらえるためです。

求職者が転職したら、想定年収の30~40%を企業は転職エージェントに払います。

 

転職エージェントは企業が求める候補者を推薦するため、直接応募よりも内定率は高くなります。

なので、転職活動は転職エージェントを中心に進めましょう。

 

マイナビエージェントの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

マイナビエージェントに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

マイナビエージェントに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

 

転職エージェントの評判はコンサルタントのものだから。そのコンサルタントが担当になる確率はほとんどゼロ。つまり「評判や口コミは無視して良い」。

マイナビエージェントには良い口コミもあり、もちろん悪い評判もあります。

マイナビエージェントの良くない評判についても、全く気にする必要はないです。

 

なぜなら、評判の悪いコンサルタントが担当者になる確率は、ほとんどゼロだから。

マイナビエージェント自体の対応について書かれているものは見つかりませんでした。

 

マイナビエージェントの良い評判・口コミ

 

  • 他社では「紹介できる求人無い」って言われたが、マイナビエージェントは親切

他の転職エージェントでは面談すらしてもらえず、「○○さんに紹介できる求人はありません」って感じで切られたりもされ、とても落ち込むような気分になりましたが、マイナビエージェントは快く面談してくれましたし、とても親切に転職支援をしてくれました。

何よりも自分に自信が持てなかったので、最初は面接もボロボロだったんですが、何度も面接対策をしてくれましたし、私でも絶対できる業務っていう求人を中心に紹介してくれていたので、悩むことなく面接に臨めたのも良かったかもしれないです。

求人に対して特別な要望もない私に、その考えではブラック企業とかに入社しちゃいますよって厳しく言ってくれ、例え給料が安くてもちゃんとした体制の企業の正社員を中心に求人を紹介してくれたので、今ちゃんと働けてるんだと思います。

引用元:他社では「紹介できる求人無い」って言われたが、マイナビエージェントは親切

 

  • 初めての転職で利用しました。リクより断然良かった!

社会人になって2年が経ち、4月に転職をした男です。

自分の転職経験を書かせてもらいます。まず転職理由は残業時間が月に150時間を超えていたことです。残業代は1円も出ませんし、出勤管理シートには定時の時刻を記入していました。(上場を目指している会社なので、残業が多いと面倒らしいです)

でも実際は定時で帰れることはほぼありません。それで2年は我慢しましたが、白髪も増えて、肌も荒れて、休みの日は寝て過ごすことが続き、これでは自分の人生がダメになると考えて転職を決めました。

初めてだったのでエージェントの方の力も借りようと、リクルートとマイナビに登録をして面談をしました。

リクルートの感想はコンサルタントが30代の男性だったのですが、キレキレなタイプで、「そういう考えならこういう仕事観を持った方がいい」「こういう業界に行くのもアリ」などちょっと上から物事を言われました。

アドバイスは的確だったと思いますし、紹介される求人も多かったです。でも内定取ったあとが、「明日中に返事を下さい」「決められない点はどこですか?」「年収を〇〇円までアップしたらすぐに決めてくれますか?」などの圧力がすごかったです。

マイナビの担当は女性でした。雰囲気は明るそうな方ですが、リクナビと比較して特徴的だったのが、「こちら側に主導権がいつもある」という点でした。

「転職は納得するまでやらないと失敗しますよ」「急いで内定に飛びついてはいけない」「最終的にうちからの紹介した会社に決めなくてもいいので、納得できる会社を選んでください」とまで言われました。

リクナビは圧迫感がありましたがマイナビは信頼できるエージェントだなと感じました。

職務経歴書はリクナビとマイナビを同じものを提出したのですが、リクナビは特に何も言ってこなかったのに、マイナビは「こうした方が相手に伝わりやすい」「ここのポイントはもっと具体的に書くべき」など分かりやすく教えてもらえました。

リクナビとマイナビを比べると、リクナビは放置、マイナビはいろいろ相談に乗ってくれて具体的なアドバイスをもらえた印象です。

恐らく人によってはリクナビの方がいいという人もいるんでしょうけど、自分みたいに転職が初めての人などは、マイナビエージェントの方が丁寧なサポートをしてくれるのではないかと思います。

元々人材派遣業界にいたのですが、今年の4月にインターネット系の会社に転職できました。残業はありますが、無理な働き方ではないですし、一定の時間を超えると残業代も支払われます。

マイナビに相談して転職できて本当に良かったです!仕事上で悩みがあるならもっと早めに相談するべきだったなと後悔しています。

引用元:初めての転職で利用しました。リクより断然良かった!

 

  • 未来が無い会社からの転職活動でお世話になりました。

特別なスキルがないので転職活動はすごく嫌でしたし、自信もありませんでした。ただ現職の未来があまりにないので、ちゃんと安定して働けるような会社を見つけるために転職活動をしようと決意しました。

いくつかの転職サービスを使いましたが、あっさりしているコンサルの方が多く、求人はたまに送られてくるものの、エントリーしても書類でダメっていう感じが続いてました。

それからマイナビエージェントに登録したんですが、親切さにビックリしました。職務経歴書をしっかり作り直してくれ、私の希望条件である安定企業っていう点をしっかり照らし合わせて求人を紹介してくれました。

さらに、求人の選考が通りやすいように、私の推薦文を経歴に沿えてくれていたようです。後から内容を見せてもらいましたが、「1つの事を最後までやりとげる力、辛い職場でも粘り強く我慢して働いてきたこと、人間的に信頼できて明るい雰囲気」っていう感じを送ってくれていたようです。

選考で落ちることも多かったので、本当に行きたい企業に対してこういった文章を書いてくれるのは本当に嬉しいことです。

コンサルタントの方も私とこの企業が合うって思ってくれていたからこそ、ここまでしてくれたみたいです。ちゃんと内定まで辿り着きましたし、見抜く力ってすごいですね。

転職活動で私に合うコンサルの方に出会えて本当に良かったです。序盤は苦戦続きの転職活動でしたが、マイナビを使い始めてからは比較的スムーズに行ったと思います。

引用元:未来が無い会社からの転職活動でお世話になりました。

 

マイナビエージェントの悪い評判・口コミ

 

  • 企業にマッチする求人が無いと、職務経歴の添削とかはしてもらえないと思います。

転職比較のサイトを見て一番評判がよさそうだったのでマイナビエージェントに登録してみました。皆さんが言うような良い対応を期待していましたが、まずメール返信が遅いと感じました。

転職の時期を急がない方ならまだ余裕を持って臨めますが、すぐに仕事を決めたいと思う方にはこの対応の遅さは相当なストレスになると思われます。

また相当なスキルや経験、企業とのマッチ度がほぼ合うような方でないと求人を紹介していただけなさそうな雰囲気も返信いただいた文面から読み取れました。

ちなみに最初に登録した段階でマッチする企業がない場合、職務経歴などの添削はないかと思います(少なくても私にはそのようなアドバイスはありませんでした)

やはりこのようなサイトを参考にした上で、『百聞は一見にしかず』実際に登録して確かめるのが一番ではないかと思います。私はあまりお勧めしません。

引用元:企業にマッチする求人が無いと、職務経歴の添削とかはしてもらえないと思います。

 

  • 強気なコンサルで不快な気持ちになりました

マイナビエージェントは自分よりも全然若いキャリアコンサルタントにかなり上から目線で対応をされ、不愉快な感じでした。

私がアドバイスを乞う側である事に違いありませんが、転職は私が決めることですし、人生が左右されるような重要なことなのに、全て自分が正しいというような言い方はどうかと思います。選択を誤った場合、あなたが責任取れるのかって問題です!

ただ、若い方なのに知識は豊富でデキるという雰囲気は感じました。その自信の現れがこのような対応だったんでしょうかね。本当に転職サービスは人によって合う合わないがあるんでしょうね。

引用元:強気なコンサルで不快な気持ちになりました

 

  • ヒステリックで感情的な女性コンサルで、紹介求人を断ると露骨な態度にとても不愉快でした。

マイナビエージェントの面談を受けている最中「どっちが客なのだか解らないな」と思う位、不愉快でした。

「上から目線の担当エージェントだった」という方がいらっしゃったので、「私だけではないのだな」と感じました。私も担当エージェントは女性の方でした。

私はブラック企業をやっと辞める事ができ、漸く転職活動を始めた旨を担当エージェントに伝えたにも関わらず、紹介案件はとある業界で有名なブラック企業3社と公開案件1社…。

また、その公開案件である1社は案件内容に書かれている「必須スキル」に、私の職歴とは”かすり”もしない、募集人数1名の超有名企業でした。

いくら、書類を出して、転職者の市場価値を図るためとはいえ、「釣り案件」と「入りやすいブラック案件」を出すなんて…神経を疑いました。

理由も添えて丁重にお断りをしたところ、こちらの現状を煽り立てるような内容のメールが返ってきました。またメールだけでは飽き足らなかったのか、電話までかかってきました。職歴の批判や高圧的な言動に驚きました。

「内々定をとっても、辞退してもいいんだから」「書類を出しても、蹴ってもいいんだから。その内、ブラックだろうと愛着がわくものですよ」「なぜ面接もしないのに、嫌だというんですか」と。

行きたくないのに、書類を出せって…あとから蹴る位なら尚更、矛盾していますよね。

しまいには「転職活動をしているお知り合いの方がいらっしゃいましたら、どうぞ私○○までご連絡ください。どなたかいらっしゃいませんか?」と。

目の前の客に対してパフォーマンスも出せないのに、「仕事をくれ」と(笑)露骨な態度に、開いた口がふさがりませんでした。

口コミを見る限り、担当エージェントも良い方もいらっしゃるようなので、自分の市場価値の低さもそうですが、エージェントもピンキリなのだな、と思いました。

今は色々な転職企業で登録をしています。

その際に、現在登録している転職会社を尋ねられ、マイナビの名前を出すと、「あーあ」というリアクションを色々な転職企業のエージェントさんに何度かされました。

どうやら「空案件や魅力的な案件で釣って、食らいつくのを待って品定めをし、エージェント側が気に入らない転職者に関しては連絡を絶つ。面談したまま音信不通の転職者様が多い」そうで。

最近は、「面談したまま音信不通はないだろう」と察したのか、体裁を整える程度に紹介はしているそうですが…私の様に、職歴と全く関係のない案件(しかも必須経験と書かれたもの)など平然と紹介しているパターンも珍しくないそうです。

※ 因みに、魅力的な案件で釣って、エージェントがめぼしいとした転職者に対して、同様の別の非公開案件を紹介、という流れだそうです。これはどこの転職企業さんも行っているようですが…。

各転職企業のお話によると、どうやらマイナビは、サイト上に載せた「空案件や魅力的な案件」に釣られた転職者を面談に来場させ、「競争率の激しい優良企業・ブラックの様な入りやすい企業」を紹介するか(私が受けたパターン)、「職歴・年齢から、あなたに紹介できる案件はない」と伝えるそうです。

前者の場合、まず、競争率の激しい優良案件をエントリー手続きをするも書類落ちを伝え、転職者に「職歴上、仕方がない」と自信を無くさせつつ、明らかに劣る案件を紹介、転職者から諦めるように仕向けて、エージェントは音信不通でフェードアウト、という手段をとる。らしいです。

万一、ブラック企業案件の応募の対応をお願いし、そのまま駒を進めてしまっても、担当エージェントは紹介料が手に入りますし、どちらに転んでも痛くも痒くもないという流れになるそうです。

私は、この音信不通の時点で「このエージェントはマズイ」と感じ、色々な転職企業に登録をし始めました。

エージェントから色々と私の職歴について批判をされ、「こんな私に紹介してくれたんだからこの紹介企業しかないのかも。ブラックだろうと、私が耐えれば大丈夫」という気になりかけてしまったので、本当に危なかったです。

色々と書きましたが、多かれ少なかれ、程度にもよるとは思いますが、どこの転職企業さんもやっていることだと思います。転職業界のカラクリを知る限り、登録してきた転職者をどのように扱うか、理屈では自然な流れでしょうし。

けれども、マイナビさんの場合、少なくとも私の担当したエージェントは断ると「露骨な態度・ヒステリックにまくし立てる・転職者の職歴を批判したり煽る」など、行き過ぎた行為が目につくところもあり、アウトだと思いました。

転職者に対する引き際を「それとなく」対応できないどころか、「不愉快」に終わらせたエージェントは、エージェント失格だと思います。

唯一良かった点は、同じ女性として、「あんなヒステリックな感情的な女性にはなりたくないなあ。」と自分の反面教師が見つかったと思えたことです。

引用元:ヒステリックで感情的な女性コンサルで、紹介求人を断ると露骨な態度にとても不愉快でした。

 

  • 悪い評判も多いですが、気にする必要はありません。理由はコンサルタントに対するものだから。

転職エージェントはコンサルタント次第とよく言われます。つまりマッチングが全てだからです。

担当者が有能でない場合にはかえって転職活動のじゃまになるだけです。

 

コンサルタントが無能だったら、交代してもらいましょう。

マイナビエージェントが保有する求人は、20代~30代前半向けのもの。ハイクラスや40代以上の方以外は使わないと損です。

 

ただし「大手」に比べると、求人数は多くはないので リクルートエージェントdoda などと併用することをおすすめします。

また、コンサルタントのサポートが丁寧と定評がある パソナキャリア も使ってみましょう。実際に使ってみないと、どの転職エージェントがマッチングするかはわかりません。

 

マイナビエージェントの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

リクルートエージェントの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

dodaの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

パソナキャリアの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

マイナビエージェントは完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

マイナビエージェントは完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

 

転職エージェントにもデメリットはあります。

それは転職エージェントはコンサルタントの能力次第で転職活動に影響が出る点です。

 

しかし有能でないコンサルタントは交代すればよいだけ。

しかもマイナビエージェントは完全無料で使えます。

 

20代転職をするのであれば、マイナビエージェントのコンサルタントは優秀です。

マイナビエージェントであれば、サポートが丁寧で、各領域に精通したコンサルタントが多く在籍しています。

 

もちろん、あなたには金銭的デメリットはありません

マイナビエージェントを使わない理由は、見つからないはずです。

 

行動しないで失敗するのが、最悪です。

行動しながら間違いを修正すれば、良いだけです。

 

マイナビエージェントの無料登録は以下のボタンよりどうぞ。