「本ページはプロモーションが含まれています」

【採用担当解説】リクルートダイレクトスカウトはやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】

【採用担当解説】リクルートダイレクトスカウトはやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】転職エージェント
転職エージェント
この記事は約18分で読めます。
スポンサーリンク

 

 

ハイクラス転職を考えている人「ハイクラス転職を考えている。今までのキャリアから、ハイクラス転職するのがベストだと思う。ハイクラス求人に強い転職エージェントがあれば、知りたい。」

 

こういった疑問に答えます。

先ほど、こんなツイートをしました。

 

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • ハイクラス特化型転職エージェントは、どこがいいかがわかる。
  • 転職エージェントの評判を気にしなくて良い「客観的根拠」がわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 筆者は採用担当者で、数多くの転職面接や書類選考を経験しています。
  • 転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントを利用してきました。
  • 採用担当経験、そして3回の転職経験がこの記事の根拠です。
  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

  • 会社で働いていて、こんな悩み・不平不満はありませんか?
  • このような悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…
  • リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス特化型転職エージェント
  • リクルートダイレクトスカウトに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由
  • リクルートダイレクトスカウトは完全無料ですので、今すぐ行動すべき

 

では一つずつ解説します。

 

 

ハイクラス転職なら、リクルートダイレクトスカウト。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

  • リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円以上のハイクラス求人に強い。
  • リクルートダイレクトスカウトは、全国、海外エリアまでカバー。
  • 転職エージェントは「マッチング」次第なので、評判や口コミは無視して問題ない。
  • リクルートダイレクトスカウトのメリットは、上記の通り。

 

 

スポンサーリンク

会社で働いていて、こんな悩み・不平不満はありませんか?

会社で働いていて、こんな悩み・不平不満はありませんか?

 

  • アウトプットに対する年収が低すぎる
  • ハイクラス転職を考えている。
  • ハイクラス求人が少なすぎて、困っている。
  • 転職する際に、現在の転職市場価値を知りたい。
  • 会社から言われたことだけをやるのではなく、キャリアアップをしたい。
  • 転職活動は、ハイクラスの求人に強い「転職エージェント」を使いたい。
  • 上記の通り。

 

ハイクラス転職なら、リクルートダイレクトスカウト。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

このような悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…

このような悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…

 

  • でも転職活動って何から始めたらよいかわかりませんよね…
  • もちろんインターネットや転職本でも情報収集は可能ですが、本当に正しいのか不安ですよね…
  • 筆者も初めての転職活動では、だいぶ回り道をしたと思っています。
  • 転職活動ほど難しいものはないです。
  • うまくいっているのか自分ではわからないのですから。

 

実は転職活動にはちょっとしたコツがあります。

筆者は採用担当ですので、その「ちょっとしたコツ」を理解しています。

 

正しい「転職の進め方と手順」を意外と求職者の皆さんは知りません。

以下が正しい「転職の進め方と手順」です。

  1. 転職理由・転職の軸を明確にする
  2. 転職理由に相応しい求人ニーズをマーケティング
  3. 転職活動のスケジュールを立てる
  4. キャリアの棚卸し
  5. 履歴書・職務経歴書の作成
  6. 転職エージェント推薦で応募
  7. 年収交渉・内定・退職
  • 上記の通り。

 

転職の進め方のポイントは「求人応募」は転職エージェント推薦でということ。

 

「直接応募」は求職者が履歴書・職務経歴書を企業に売り込む方法です。

企業の採用担当者から見ると「どこの誰かわからない」ので、書類選考のハードルは高くなります。

 

それに対して「転職エージェント推薦」は企業に推薦状つきで応募できます。

転職エージェントが企業に推薦するので、有利になります。

 

転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2つがあります。

  • 「総合型」は業界・職種・年齢ともに、幅広い求人を扱っています。
  • 「特化型」は業界・職種・年齢などに特化した求人を扱っています。

 

もちろん、ハイクラス転職に特化した転職エージェントも存在します。

数はそんなにないので、まずは使ってみましょう。

 

本記事ではハイクラス転職に強い「リクルートダイレクトスカウト」を紹介します。

 

ハイクラス転職なら、リクルートダイレクトスカウト。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス特化型転職エージェント

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス特化型転職エージェント

 

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントを使って転職活動する方法です。

転職エージェントが企業に推薦してくれますので、あなたは転職活動に集中できます。ハイクラス転職するなら、リクルートダイレクトスカウトを使いましょう。

 

リクルートダイレクトスカウト一覧表

 

運営会社リクルート
対応エリア全国
公開求人数132,490件
非公開求人数非公開
特記事項ハイクラス転職サイト。

 

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス求人が中心

 

リクルートダイレクトスカウトは「特化型」転職エージェントです。

特化しているのは、年収800~1200万円のハイクラス求人です。

 

「成果をきちんと出す」ことは、ハイクラス転職でも、当然会社から求められます。

ハイクラス転職を希望するあなたなら、スキル面では問題ないでしょう。

 

転職の軸「業界・職種」については、決まっているでしょうから、心配ないと思います。

リクルートダイレクトスカウトは、部長クラス以上の方におすすめです。

 

まとめますと、リクルートダイレクトスカウトは「ハイクラス転職」にとても強いです。ハイクラス転職を検討している方は、迷わず使ってみましょう。

 

【ハイクラス】おすすめ転職エージェント比較表【複数社利用は常識】

 

しかし、リクルートダイレクトスカウトにもデメリットがあります。それは、以下の3点です。

  • リクルートダイレクトスカウトには、優秀なエージェントしか登録できないため、求人数が少ない
  • 経験者が優遇される
  • きちんと職務経歴書を書かないと、求人紹介は少なくなる

 

有利に転職活動を進めるためには、ほかの転職エージェントを併用すること。複数社の利用はルール違反ではありませんので、ご心配なく。

以下に、リクルートダイレクトスカウトと併せて使ったほうが良い「ハイクラスの求人に強い転職エージェント」も示します。ご検討ください。

 

無料登録は、以下よりどうぞ。

  • 【ハイクラス特化型】おすすめ転職エージェント
転職エージェント特記事項運営会社対応エリア公開求人数非公開求人数
LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント)年収UP率59%、職種別コンサルタントの転職エージェントAdecco Group全国、海外36,900件35,500件
JAC Recruitment日系/外資転職とも強い。業界第三位の転職エージェントJAC Recruitment全国12,000件15,000件
ランスタッド年収1500万円以上のハイクラス転職エージェントランスタッド全国、海外6,000件30,000件
ロバート・ウォルターズ英語力に自信があり、グローバルな人材として英語力を活かして働きたい方ロバート・ウォルターズ全国、海外2,062件非公開
エンワールド年収UP・外資系求人に強い転職エージェントエンワールド東京・大阪・名古屋中心1,000件非公開
ビズリーチ年収600万円以上に支持されるハイクラス転職サイトビズリーチ全国86,036件非公開
レバテックエキスパートIT業界に特化した転職エージェント。800万円以上年収に特化。スキルが高く年収をさらに上げたいハイクラスの方におすすめ。レバテック全国非公開5,000件
MS-Japan決定率第一位。管理部門・士業特化型転職エージェントMS-Japan全国、海外7,505件非公開
リクルートエージェント非公開求人数20万件。ハイクラス求人多数。業界最大手の転職エージェントリクルート全国389,480件 05/25更新280,642件 05/25更新
dodaハイクラス求人多数。業界第二位の転職エージェントパーソルキャリア全国204,388件 07/06更新非公開
パソナキャリアハイクラス求人多数。手厚い転職サポートでも有名パソナ全国49,000件100,000件

 

出来るだけ多くの「ハイクラス特化型転職エージェント」を使うことで、そのデメリットをカバーしなければなりません。

ハイクラス特化型転職エージェント自体も10社もないので、本記事で掲載している転職サイトは全て登録してしまいましょう。

 

求人数が少ない場合は確率からいっても「数を打つ」ことは必須です。

転職エージェントを1社だけに絞るのは、絶対にやめましょう。

 

リクルートダイレクトスカウトの転職支援フロー

 

リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターは、いわば有能な秘書のような役割です。

リクルートダイレクトスカウトは、以下のような転職支援を受けることができます。

 

  • フォームより登録
  • キャリア面談
  • 求人紹介・企業への推薦
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス、添削
  • 面接対策(面接官の人柄、どんな質問が出るかなど)
  • 年収交渉・内定・転職・転職後のフォロー
  • 上記の通り。

なぜ転職支援を受けられるかというと、求職者と企業が労働契約を結ぶと、転職エージェントは企業から成功報酬という形で受け取るビジネスモデルだから。

企業から受け取る成功報酬の相場は、想定年収の30%-40%くらいです。例えば想定年収が500万円なら、成功報酬は150万円-200万円程度です。

 

転職エージェントは企業が求める候補者を推薦するため、直接応募するよりも内定獲得率は高くなります。

なので、転職活動はハイクラス特化型転職エージェントを中心に進めましょう。

 

ハイクラス転職なら、リクルートダイレクトスカウト。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

リクルートダイレクトスカウトに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

リクルートダイレクトスカウトに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

 

リクルートダイレクトスカウトの評判はヘッドハンターのものだから。そのヘッドハンターが担当になる確率はほとんどゼロ。つまり「評判や口コミは無視して良い」。

 

リクルートダイレクトスカウトには良い口コミもあり、もちろん悪い評判もあります。

リクルートダイレクトスカウトの良くない評判について、気にする方も多いですが、無視で問題ないです。

 

なぜなら、評判の悪いヘッドハンターが担当者になる確率は、ほとんどゼロだから。

ちなみに、リクルートダイレクトスカウト自体の対応について書かれているものは見つかりませんでした。

 

 

リクルートダイレクトスカウトの良い評判・口コミ

 

  • そのへんの転職エージェントよりも利用価値が高い転職サイトです。

転職活動をする際に選択肢を広げようと思ってキャリアカーバーに登録をしてみました。転職エージェントや転職サイトにも登録していたので、かなり同時並行で転職活動をしたと思います。

高年収層っという名目の転職サイトは他にもB社を使っていましたが、キャリアカーバーの方がWEBサイトのわかりやすさや、コンサルタントの質、うざいメール(質の悪いスカウトメール)の頻度などを比較しても非常に良かったと思う。

聞いたこともないようなヘッドハンターからのメールはきますが、ちゃんと質の良い求人を持っていたり、電話で話しても対応がしっかりしているので、大手どころの転職エージェントの微妙なコンサルに当たるよりはよっぽど良い。聞けば、小さなヘッドハンター企業だが、元々はR社などで実績を残して独立していたりするので知識が豊富なはずです。

すべてを鵜呑みにして転職活動はしませんが、私に合う求人紹介だったり、的確なアドバイスをくれるので出会えてよかったです。

キャリアカーバーに登録していた事で、選択肢の幅が広がることは確実なので、高いレベルの転職をする方は登録をするといいのではないでしょうか。
そのへんの転職エージェントに登録するよりも正解だと思います。

引用元:そのへんの転職エージェントよりも利用価値が高い転職サイトです。

 

  • 将来に向けて転職を考えようってスタンスの人にはオススメ。

昔は他社の高年収限定の転職サイトを使っていました。その転職サイトは有料で、月額利用だったのでちょっと微妙かと思いつつも、良い情報提供(求人紹介)もあるので何か月か使っていました。
キャリアカーバーは最近使い始めたばかりですが、無料って事だったので迷うことなく登録をしてみた感じです。リクルート社が運営しているので問題ないかな~っていう何の考えもない登録理由ですね。

登録自体は簡単だったので良かったですし、有料じゃないので気軽な感じで活用してます。
求人の閲覧やスカウトメールからコンサルタントとのやりとりって感じで他社のサービスと変わりはありません。

メールの頻度はそれほど多くなく、私の経歴をちゃんと確認してからメールを送ってきているのを感じるので苦痛は感じません。
某転職エージェントでは嵐のように求人だけを送りつけてきて、見当外れな求人ばかりで呆れたので。笑

キャリアカーバーに登録しているヘッドハンターは質が良いのか、ちゃんと求人紹介と私のサポートや方向性などをしっかり話してくれます。
じっくりと転職活動をしている私にも親切な方が多いので、将来に向けて転職を考えようってスタンスの人は転職エージェントよりもキャリアカーバーのような転職サイトの方がいいのではと思います。

引用元:将来に向けて転職を考えようってスタンスの人にはオススメ。

 

  • 無料登録で求人市場調査ができるメリットは大きい。今すぐ転職じゃない人にもオススメ

登録理由はリクルートが運営しているハイキャリア層向けの転職サイトだからっていう点だけですね。
他の転職サイトを活用していて、有料の割に良い求人も見つからないし、よくわからないヘッドハンターからのメールが多いだけでイマイチだなって感じていたっていうのもあります。

期待はそこまでせずに登録をしたんですが、さすがリクルートがハイキャリアに絞って運営しているだけはあると感じました。
まず求人数が豊富で質がいい。
ヘッドハンターからの連絡もありますが、ちゃんとヘッドハンティングのプロとして経営されている企業ばかりなので、紹介してきている求人の信憑性があります。(微妙はヘッドハンターは釣り求人的なものをチラつかせてくるのでイラっとくるだけです。)

景気の動向を考えて、良い求人があったらベースでの転職をって程度でしたが、思っていた以上に気になる求人があったので具体的に進める動きをとっています。そういう意味で使える転職サイトだと思います。

無料で気軽に登録できるって点もオススメですし、とりあえず市場調査的に情報収集できるのでメリットがあります。

引用元:無料登録で求人市場調査ができるメリットは大きい。今すぐ転職じゃない人にもオススメ

 

 

リクルートダイレクトスカウトの悪い評判・口コミ

 

  • 年収800万以上の求人が多いが、求人総数はそれほどない。

まず利用してみて良かった点ですが、年収800万円以上の求人数の多さです。もちろん収入だけでは決めれませんが、大きな選択肢と言えるのは間違いありません。

高年収に比例して、幹部クラスなどの高待遇の求人が目立ちます。もちろんみなそれなりの結果を求められるのは当然の事です。

またコンサルタントのアドバイスは貴重な財産となりました。普通の転職サイトの求人よりも高待遇という事から、生半可な心構えではいけないと忠告を受けましたし、自分のキャリアの生かし方も教えられました。もちろんそれらを生かせる求人も紹介してもらえます。ただ面接の練習などはもう一切ありません。

やや気になった点ですが、求人数はあまり多くはありません。やはり高待遇の求人が中心のサイトなので仕方ない面もありますが、転職を急ぐ場合は不利になるでしょう。時間をかけてじっくり探すべきです。

また紹介される求人は多少ミスマッチの場合もありました。基礎的なサポートはほとんどないので、転職時にどのあたりまでサポートが必要か,といった事を自分の中ではっきりさせていた方が良さそうです。

もしキャリアカバーで不安だという人は、他のサイトと併用しながらの方が効率よく転職活動を実行できるでしょう。

引用元:年収800万以上の求人が多いが、求人総数はそれほどない。

 

  • 悪い評判は、他社よりも少ないですが、特に気にする必要はありません。

転職エージェントはコンサルタント次第とよく言われます。

リクルートダイレクトスカウトでは、ヘッドハンターがそれに相当します。

 

つまりマッチングが全て

コンサルタントが有能でない場合には、かえって転職活動のじゃまになるだけです。

 

もしも担当コンサルタントが無能だったら、すぐに交代してもらいましょう。

リクルートダイレクトスカウトが保有する求人は素晴らしいので、使わないと損です。

 

ただし、マッチングしないこともあるので、LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント)などと複数利用することをおすすめします。

どちらの転職エージェントも、ハイクラス求人を多く保有しています。

 

マッチングする求人が見つかる可能性も大いにあります。アンテナは幅広く立てることが重要です。

 

ハイクラス転職なら、リクルートダイレクトスカウト。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

リクルートダイレクトスカウトは完全無料ですので、今すぐ行動すべき

リクルートダイレクトスカウトは完全無料ですので、今すぐ行動すべき

 

転職エージェントにもデメリットは、あります。

それは転職エージェントはコンサルタントの能力次第で、転職活動に影響が出る点です。

 

しかし有能でないコンサルタントは、交代すればよいだけ。

しかもリクルートダイレクトスカウトは、完全無料で使えます。

 

リクルートが運営している点でも、信頼できる転職エージェントです。

優秀なヘッドハンターから、本気のスカウトが来ます。

 

ほかの転職サイトのようなスカウトの山にはなりません。

あなたが応募したいと思える求人に出会った時に、課金すればいいのです。

 

ハイクラス転職をするのであれば、リクルートダイレクトスカウトのコンサルタントは、とても優秀です。

リクルートダイレクトスカウトであれば、各領域に精通したコンサルタントが多く在籍しています。

 

もちろん、あなたには金銭的デメリットはありません

リクルートダイレクトスカウトを使わない理由は、見つからないはずです。

 

行動しないで失敗するのが、最悪です。

行動しながら間違いを修正すれば、良いだけです。

 

ハイクラス転職なら、リクルートダイレクトスカウト。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。