【採用担当が教える!】職務経歴書に自己PRを書かないでも良いのか?【これが真実】

【採用担当が教える!】職務経歴書に自己PRを書かないでも良いのか?【これが真実】履歴書・職務経歴書
この記事は約8分で読めます。
Sponsored Links

 

 

職務経歴書に自己PRを書くべきか悩んでいる人「職務経歴書に自己PRを書くべきなのだろうか?それよりも実積を書いたほうがいいような気がするんだけど。ぶっちゃけ、転職本だと自己PRは必須みたいに書かれている。実際の採用担当者は自己PRをどの程度評価しているのだろうか?」

 

こういった疑問に答えます。

Sponsored Links

先日、こんなツイートをしました。

 

職務経歴書に書くことは「客観的なデータ」。履歴書は「志望動機」には自分の思いを書いてもいい。自己PRは履歴書に書くべき。情緒的だから。職務経歴書には淡々と実績とそれに至るプロセスを書くべき。結構、使い分けができない応募者が多い。

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 職務経歴書に自己PRを書くべきかがわかる。
  • 職務経歴書に自己PRを書いたときに評価されるかどうかがわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

  • 職務経歴書に自己PRを書かないでも良いのか?
  • 職務経歴書と履歴書の両方に自己PRを書く必要はない
  • 職務経歴書に主観的な自己PRを書いても評価されない
  • 職務経歴書には自己PRよりコアスキルを書くべき

 

では一つずつ解説します。

 

 

職務経歴書に自己PRを書かないでも良いのか?

職務経歴書に自己PRを書かないでも良いのか?

 

「職務経歴書に自己PRを書くべき」というのは転職ノウハウの常識とされています。これはある意味では正しいです。

職務経歴書はあなたの今までの職務経歴、実績をわかりやすく書くことがポイントです。

 

職務経歴書に書くことは客観的データに基づくものである必要があります。

自己PRの内容が「売り上げ○○億円をあげた」などの客観的データであれば、書いても問題ないでしょう。

 

しかしそれは自己PRではなく、コアスキルとよばれるものです。

 

主観的な内容を含む自己PRは職務経歴書に書くべきではありません。

職務経歴書には客観的なコアスキルを書くべきです。

 

では「なぜ職務経歴書には自己PRを書くべきではないのか?」をこれから深掘りしてご説明します。

 

 

職務経歴書と履歴書の両方に自己PRを書く必要はない

職務経歴書と履歴書の両方に自己PRを書く必要はない

 

まずは職務経歴書で採用担当が知りたい本当のトコロとは?が書かれていることが重要なことです。

あなたの求人に対する「思い」や「熱意」というのは、履歴書の志望動機に盛り込むべきです。

>>職務経歴書の書き方で採用担当者が重視するのは?【3項目だけ】

 

それについてはこれで安心!履歴書の書き方とは?に書いてある通りです。

>>これで安心!履歴書はこれさえ守れば難しくない!【書き方のルール】

 

志望動機には自己PRも含まれます

履歴書と職務経歴書の両方に自己PRを書くことは無駄ではないだろうか?」という疑問に対する回答を考えてみてください。

 

「職務経歴書には必ず自己PRを書きましょう。」と常識のようにどの転職本や転職サイトをみても書かれています

果たして、本当でしょうか?

 

あなたは自己PRを職務経歴書に書いていますか?

職務経歴書を「もう一度」読み直してください。

 

あなた目線ではなく「採用担当者だったら、自己PRが書かれた職務経歴書をどう評価するか?」を考えてみましょう。

職務経歴書に志望動機は必要?かどうかについても同じ観点で考えてみましょう。

>>職務経歴書に志望動機を書く必要はあるか?

 

 

職務経歴書に主観的な自己PRを書いても評価されない

職務経歴書に主観的な自己PRを書いても評価されない

 

職務経歴書が採用担当者の目に留まるための4つのポイントとは?にも書いていますが、職務経歴書の内容は客観的でなければなりません。

自己PRが「データに基づいたもの」で書かれていれば、客観性があるといえます。

 

ですが、中には客観的でない自己PRもあるんです。筆者が問題にしているのは、主観的な自己PRです。

>>採用担当者に職務経歴書を読んでもらう4つの注意点とは?

 

『〇〇をモットーに頑張りました』のようなノリの自己PRって、かなりよく見かけます。

このような自己PRは「客観性がない」ので、企業としても評価の対象にしません

 

むしろ「余計な情報」ですので「マイナス評価」になることも多いです。

間違いだらけの職務経歴書の書き方とは?にマイナス要因をまとめていますので、ぜひご一読ください。

 

基本的には定量的に評価できないことは書いても伝わりにくいです。

>>【間違いだらけ】職務経歴書の誤り3つとは?【客観的実績を書け】

 

 

職務経歴書には自己PRよりコアスキルを書くべき

職務経歴書には自己PRよりコアスキルを書くべき

 

逆に客観性がある自己PRであれば、職務経歴書に記載する価値があります。誰でもできる職務経歴書の作成方法!にある通り掲載すべきはコアスキルです。

>>誰でもできる職務経歴書の作成手順

 

求人先に響くコアスキルを書きましょう。

「コアスキル」は職務経歴書の先頭に書くことで、その先の詳細も読んでもらうようなレイアウト構成としましょう。

 

職務経歴書には最も得意とするスキル、どの企業でも通用するスキルを書きましょう。

自己PRを書くのではなく、コアスキルを書きましょう。「コアスキル」は客観的なスキルです。

 

「生産性向上30%」「売上成績○○1億円」など数値で訴えるのが有効です。

 

履歴書の志望動機で仕事に対する熱意を書き、職務経歴書でコアスキルを書けば、自己PRは基本的には不要です。

しかし何でも例外というのはあります。

 

例えば未経験の職種へ転職する場合は過去の実績が評価になりません

その代わりにあなたの熱い思いを伝える必要があります。

 

求人ごとに自己PRが必要かどうかというのは違います。求人情報をよく把握しているリクルートエージェントやdodaなどの転職エージェントに確認するのが確実で安心です。

医師、看護師など医療系の求人は結構、自己PRを重視する場合が多いようです。保育士さんの求人もそうですね。

 

先ほどまでの話は一般の転職の場合を例にしています。その場合は異業種への転身を除けば、自己PRは職務経歴書に記述する必要はありません

 

私が懇意にしている転職エージェントからの情報でも、自己PRについては重視しないということです。もちろん「自己PRを書いてください」という転職エージェントも多数います。

 

どちらが説得力があるかというと、多くの企業にインタビューをしていたコンサルタントのいうことを私は信用しました。それは実際の企業の声だからです。

筆者も採用担当なのでわかるのですが、「自己PR」は書かれていてもほとんど読みません

 

それよりも「どんな業績・実績を今まであげたか?」「自社で利益を上げてくれそうか?」の方が関心があります。自己PRはどうしても作文ぽくって丸ごと信じて読む採用担当者はいないと思います。

少し盛っているのはわかりますから。

 

以上筆者の採用担当経験と信頼性のある転職エージェントが言っていることからも、自己PRは不要だと言えます。それは転職の常識ではないのかもしれません。

 

ですが、そういったことこそ真実だともいえるのです。

ちなみに自己PRを書いても全く問題ありません。

 

採用担当の中には自己PRが好きな方もいるでしょう。

自己PRを書かないと心配な方は無理して削らなくても良いと思います。

 

あなたはあなたの信念に従ってください。

職務経歴書に関しては複数の転職エージェントの意見を聞いてみるのが一番だと思います。

>>【結論】転職エージェントは複数利用が基本です【注意点あり】

 

転職エージェントによって色々な意見が出るかと思います。

その中で信じられる人を見つければよいだけです。

 

 

>>【採用担当ニーズ別厳選】転職エージェントおすすめ119選!【デメリット・メリット解説】

>>【採用担当が徹底解説!】転職エージェントのデメリット・メリット

>>【無料あり】エンジニア歴15年の筆者がおすすめするプログラミングスクール5選

 

職務経歴書に必ずしも自己PRは要らない話|CowBoy | 代表取締役&採用担当|note
CowBoyです。スタートアップ企業の起業経験、採用経験、転職経験をもとに転職情報を発信しています。 メインはブログやTwitterでの情報発信ですが、noteでも情報発信しています。 筆者は嫌というほど書類選考を行っている経験から、必ずしも自己PRは要らないと断言できます。 理由は以下。 職務経歴書で重点的に...

 

 

Sponsored Links