【起業経験談】ベンチャー企業の転職で求められる4つの人物像とは?

転職ノウハウ
Forex Stock Crisis Venture
この記事は約8分で読めます。
Sponsored Links

 

  • ベンチャー企業への転職で求められる人物像を知りたい。
  • ベンチャー企業への転職でのデメリット・メリットを知りたい。
  • ベンチャー企業に転職する際の注意点を知りたい。

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

 

Sponsored Links

先ほどこんなTweetをしました。

 

 

 

  • ベンチャー企業の転職では、即行動できる人が求められる
  • ベンチャー企業の転職では、職務を超えて、働ける人が求められる
  • ベンチャー企業の転職では、朝令暮改は当たり前、臨機応変さが求められる
  • ベンチャー企業の転職では体制が整っていなくても、自ら動ける人が求められる

 

ちなみに私はベンチャー企業の起業経験があり、採用担当も兼任していました。

ベンチャー企業が求める人物像、ベンチャー企業に転職するメリット・デメリットなどについて、経験を交えて書こうと思います。

 

記事構成は以下の通りです。

 

  • ベンチャー企業への転職で求められる4つの人物像とは?
  • ベンチャー企業への転職でのデメリット・メリット
  • ベンチャー企業に転職する際の3つの注意点

 

では一つずつ解説します。

 

 

 

ベンチャー企業への転職で求められる4つの人物像とは?

Business people working on a laptop

 

ベンチャー企業の転職では、即行動できる人が求められる

 

私の場合はベンチャー企業といっても、何もないところから起業していますので、行動する以外ありませんでした。

当然、私一人では無理なので、並行して人材を募集しました。

 

私はエンジニアですが、それ以外のことも当然やらなければなりません。

事務所探しから始まって、ネットワーク構築、サーバ導入など色々やることはあるんです。

 

ベンチャー企業として、営業活動をしている場合でも、常にバタバタしています。

こんな時、行動してくれない人では困ります。

 

ベンチャー企業では何よりも行動力がある人を求めています。

慎重すぎる人はベンチャー企業には向きません。

 

ベンチャー企業の転職では、職務を超えて、働ける人が求められる

 

ベンチャー企業では求人票に書かれている仕事内容しかしない人は求められていません。

自分の仕事以外でも、積極的に担当する人の方が評価されます。

 

ベンチャー企業で働くと会社というものが良くわかると思います。

営業利益はどこで出ているか?

 

無駄なところはどこか?

ベンチャー企業にとって、無駄なお金を使わないことはとても大切です。

 

大企業が当たり前のように投資している金額もベンチャー企業にとっては、本当に必要か精査します。

例えエンジニアであっても、お金のことを考える必要があります。

 

私はエンジニアでしたが、それ以外に採用、経理、経営も兼ねていました。

ベンチャー企業では、担当職務以外でも幅広く仕事することになります。

 

スキルアップできることは間違いありません。

 

ベンチャー企業の転職では、朝令暮改は当たり前、臨機応変さが求められる

 

ベンチャー企業では経営方針が年中変わります。

常に変化している状態なので、臨機応変に対応できる人がベンチャー企業では向いています。

 

いきなり会議になったり、出張になったりすることは普通です。

大企業のように何日も前から予定を決めていることはないですね。

 

朝令暮改が嫌な方はベンチャー企業ではなく、大企業に転職しましょう。

 

ベンチャー企業の転職では体制が整っていなくても、自ら動ける人が求められる

 

ベンチャー企業の組織は大企業のように整っていません。

○○事業部○○部○○課のような階層構造ではなく、フラットな組織が殆どです。

 

自分の上司が誰なのかわからず、指示待ちになってしまう人はベンチャー企業には向きません。

自ら企画や提案を考えて、社長に直接話を聞いてもらう人が多いです。

 

ベンチャー企業の場合、あなたの上司は社長と考えて行動しましょう。

 

 

ベンチャー企業への転職でのデメリット・メリット

Partnership Teamwork Support Cooperation Achievement Organization Handshake Graphic

 

ベンチャー企業の転職のメリット

 

  • 組織にとらわれず、仕事をすることができる。
  • 事業の立ち上げなどの大きな仕事を任せられる。
  • 業務フロー、外注先などは自分の裁量で考えることができる。
  • 常に社長と会話しながら、仕事ができる。

 

ベンチャー企業の転職では、組織に関係なく仕事ができる

 

先ほど書いたようにベンチャー企業の場合はフラットな組織のため、上司の許可をとってから仕事をするのではなく、自己責任で業務を進めることができます。

その代わり責任は大きいですが、やりたいことを思う存分できます。

 

もちろん、情報の共有は必要ですが急ぎの仕事が多いため、事後報告となることが多いです。

 

ベンチャー企業の転職では、大きな仕事を任せられる

 

ベンチャー企業ではあなたに決定権が与えられていることが多いので、自分でよく考えて、行動することができます。

ベンチャー企業で働いた経験があると、大企業の決定まで、かなり違うと思うのではないでしょうか?

 

新規事業の立ち上げなどの大きな仕事を任せられることが多くなりますので、やりがいがあると言えるでしょう。

 

ベンチャー企業の転職では、自分の裁量で考えることができる

 

ベンチャー企業の業務フローは未完成なことが多いです。

どんどん社長に提案し、仕事を前に進めることができます。

 

外注先についても決まっていないことが多く、比較検討を行ったり、契約をしたりとやり遂げたときの充実感は半端ないですよ。

 

ベンチャー企業の転職では、社長と会話しながら、仕事ができる

 

ベンチャー企業は社長と常に会話できる感じです。

日々の売上も把握できますし、利益率改善のために提案をすることだって出来ます。

 

それに比べて、大企業に勤めていると会社の状況がどうなっているか、役員クラスでないとわからない場合が多いです。

ベンチャー企業の社長の方針にもよりますが、経営にも関わることができます。

 

ベンチャー企業の転職のデメリット

 

  • 自分で決定権がある分、責任が大きい
  • インフラが整っていない場合が多い
  • 職務以外の仕事も担当するので、過剰労働ぎみである

 

ベンチャー企業の転職では、責任が大きい

 

ベンチャー企業の場合は決定権がある分、責任も大きくなります。

社員一人一人が責任者という感じです。

 

さすがに大問題を起こした場合は社長も一緒に謝ってくれますので、ご安心を。

 

ベンチャー企業の転職では、インフラが整っていない

 

ベンチャー企業では、最低限のインフラしかありません。

事業の立ち上げとともに、インフラ整備も行う感じです。

 

ベンチャー企業の転職では、過剰労働ぎみである

 

ベンチャー企業は職務の範囲が広くなるので、自然と残業時間が長くなったり、自宅で仕事をする人が多いです。

働き方改革が叫ばれている現在では、働きすぎですね。

 

 

ベンチャー企業に転職する際の3つの注意点

Online crowdfunding

 

ベンチャー企業の転職では、職場を見学させてもらおう

 

ベンチャー企業といっても、インフラが整備されている会社もあります。

どんなところで働くのかはあらかじめ知っておいた方が良いでしょう。

 

ベンチャー企業の転職では、倒産リスクを考えておくべき

 

ベンチャー企業は倒産リスクがあります。

安定している一部上場企業に比べると、事業失敗すれば倒産することだって考えられます。

 

私自身、倒産を経験しているのでよくわかります。

ベンチャー企業でかなり成長できたので、転職には困りませんでたが、倒産リスクは考えるべきでした。

 

ベンチャー企業の転職では、年収が大幅ダウンにならないか?

 

ベンチャー企業で働く場合は年収が下がる可能性もあります。

私の場合は転職エージェント経由で現状維持の年収交渉をしてもらいました。

 

ベンチャー企業に転職するのであれば、転職エージェント経由で応募しましょう。

あなたが年収交渉をするのは大変でしょうし、おそらく年収は下がってしまいます。

 

 

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links

コメント