30代の転職で求められるものとは?【1つだけ必須です】

30代転職
この記事は約9分で読めます。

 

 

30代で転職するかどうか考えている人「30代の転職は不利と聞くが本当だろうか?30代の転職ではどんなスキルがあれば、転職活動を始めても良いと言えるのか判断材料が欲しい。」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

 

30代の転職で求められるもの。

それは「即戦力として通用するか?」の1つが殆どである。

ほかにも管理職経験があり、マネージャーが出来そうであるとか、会社とはどういうものかがわかっている(20代の人は殆ど理解していない)とかあるが、会社の事情によりそれは身についてなくても大丈夫な場合もある。

 

ちなみに筆者は採用担当として、かなりの数の書類選考や転職面接を行ってきました。

30代の転職面接も数多く行ってきましたので、内定に至った方を念頭に記事を書いています。

 

さらに転職経験3回ほどで、50社近くの転職エージェントと転職サイトを使ってきました

意外に知られていないのですが、記事の最後に転職エージェントと転職サイトの使い方を書きます。

 

記事構成は以下の通りです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 30代の転職で求められるものとは?【1つだけ必須です】
  • 30代で転職することはチャンスである
  • 30代の転職手順【失敗しないための方法】

 

では一つずつ解説します。

 

 

30代の転職で求められるものとは?【1つだけ必須です】

 

結論「30代の転職で求められるものは即戦力かどうかである」

 

基本的に転職は即戦力採用です。

特に30代は会社の中核を担う人材であるため、重要です。

 

20代で転職する場合は、企業もこれからの幹部候補生として育成するつもりで採用します。

30代で転職する場合は、企業に対してのエクスキューズが出来ません。

 

企業の転職面接では「あなたはいくら売上に貢献するだけの仕事をするのですか?」という目線で見られていることを常に意識しましょう。

逆に会社に貢献できることがはっきりしていれば、30代の転職は難しくないのです。

 

40代の転職になると、即戦力であることはもちろんですが、管理職経験も必須となります。

年齢が上がるにつれて、転職が厳しくなるのには、求人数と審査基準によります。

 

30代の転職は20代の転職よりは、当然のことながら難しいです。

甘く見てはいけません。

 

即戦力であることは必須です。

しかし30代の転職では管理職経験は必須ではありません。

 

ついでながら会社の組織についても、一通り理解しておきましょう。

最も重要な営業利益は本業での利益ですが、損益計算書には5つの利益があるはずです。

 

会社の経営状況を理解するためにも、会計の基本くらいは勉強しておいてもいいでしょう。

 

 

30代で転職することはチャンスである

 

結論「30代の転職でキャリア形成が可能となる」

 

一つの会社でずっと働いていると、井の中の蛙になります。

他社が行っていることを知ることができないのです。

 

社内での業務フローに詳しくなっても、キャリア形成はできないでしょう。

あなたのキャリア形成にとっては、非常にマイナスです。

 

他社で通用するスキルをどれだけ持っているかが30代転職では重要です。

キャリアプランに沿って、キャリア形成をしていくのは、あなたです。

 

30代の転職でそれが実現できる場合が多いのですから、チャンスです。

20代より不利だからと言って、転職しないのはチャンスを棒に振っているようなものです。

 

20代で転職すると、まだキャリアの下地ができていないので、転職先でキャリア形成を始めることになります。

20代の転職はあくまでもポテンシャル採用されているに過ぎません。

 

転職してからは本人の努力でかなり変わってきます。

30代で転職すれば、そのようなことは殆どないでしょう。

 

30代の転職では「キャリアの軸」はすでに決まっている人が殆どだからです。

つまり30代で転職することはチャンスしかないのです。

 

 

30代の転職手順【失敗しないための方法】

 

結論「30代でも通用する転職の手順通りにすることをおすすめする」

 

転職には手順があります。

その通りに転職活動することで、無駄なことをしなくても済むのです。

 

以下が正しい転職手順です。

もちろん30代の転職でも通用します。

 

  • 転職理由を明確にする
  • 転職市場にニーズがあるか転職サイトで調査
  • キャリアの棚卸し・自己分析
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 転職エージェントの推薦状付きで応募

 

30代の転職手順1:転職理由を明確にする

 

転職の理由が明確になっていないと転職活動はうまくいきません。

20代の転職の場合はそうでもないですが、それ以外の年齢層の方は全て同じです。

 

一言でいうと「転職してどうなりたいのか明確にする」ことで、転職の方向性がはっきりします。

すると応募する業種・職種が絞れてきます。

 

行き当たりばったりで求人応募していても、30代の転職ならなおさらうまくいきません。

転職の目的をはっきりさせましょう。

 

それが転職活動のスタートです。

 

 

30代の転職手順2:転職市場にニーズがあるか転職サイトで調査

 

転職理由が明確になると、進むべき道が決まります。

次に行うのはマーケティングです。

 

つまり求人数の調査をします。

希望の業種・職種が景気が悪くて、求人が殆どなかったらどうしますか?

 

転職活動から早めに撤退するために、求人のボリューム感を調査するのです。

調べるのは転職サイトが求人検索しやすいのでよいでしょう。

 

ハローワーク求人では質がバラバラですので、信頼できません。

転職エージェントを使うには、履歴書・職務経歴書などの準備が足りないです。

 

リクナビNEXT , キャリトレ , Re就活 などあなたにとって使いやすい転職サイトを選んでください。

転職サイトを使って、ニーズがあることが確認できれば、本格的な転職活動ができます。

 

30代の転職手順3:キャリアの棚卸し・自己分析

 

本格的な転職活動は自己分析からです。

あなたの今までのキャリアの棚卸しをしましょう。

 

いつ、どこで、どんな仕事を、どんな立場で、どんなプロセスで行ったかを年表形式にします。

人に見せるものではないので、丁寧に書くというよりも、漏れがないように書き込みましょう。

 

上司や同僚・先輩から褒められたこと、逆に叱られたことも長所・短所を把握するためにも書きます。

キャリアの棚卸しをすることで、以下のことがわかります。

 

  • あなたの強みがわかる
  • あなたの弱みがわかる
  • あなたの転職理由が深堀される
  • キャリアプランが明確になる

 

 

30代の転職手順4:履歴書・職務経歴書の作成

 

キャリアの棚卸しがしっかり出来ていれば、履歴書・職務経歴書の作成には時間はかかりません。

履歴書については、決まったフォーマットがありますので、志望動機以外は簡単に作成できます。

 

職務経歴書については、内容はキャリアの棚卸しから抜粋可能です。

力を入れるべきなのは、見やすいレイアウトで書くことです。

 

職務経歴書はフリーフォーマットです。

応募者によって、見やすい人とそうでない人の差が激しいのです。

 

 

30代の転職手順5:転職エージェントの推薦状付きで応募

 

求人応募は転職エージェント推薦でしましょう。

転職サイトやハローワーク経由で応募することは、直接応募です。

 

直接応募の場合「どこの誰かわからない」応募者から履歴書・職務経歴書が送付されてくるわけです。

採用担当者は全ての履歴書・職務経歴書を読んでいるわけではありません。

 

ざっと読んでみて、可能性がなければ書類選考は見送りです。

転職エージェント推薦の場合はどうでしょうか?

 

採用担当者と転職エージェントとの信頼関係が深い場合は特に効果があります。

つまり「あのエージェントが推薦したのだから、一度転職面接で会ってみよう」と思う可能性が強いのです。

 

もちろん履歴書・職務経歴書を読んだうえでの判断です。

直接応募よりも転職エージェント経由の履歴書・職務経歴書の方が良い書類であることが多いです。

 

転職エージェントは企業が欲しい人材を推薦することで、信頼関係を築きます。

求人票に書かれている応募要件にできるだけ近い候補者にエージェントは求人紹介するのです。

 

求人応募する際には転職エージェント推薦の方がずっと有利なのです。

もし転職サイトで良い求人をみつけた場合でも、それを転職エージェントに持ち込んで相談しましょう。

 

その方が内定率が高くなります。

このように正しい転職手順は30代においても通用します。

 

問題はそれを知っているかどうかです。

情弱であるがゆえに転職失敗するのは残念です。

 

正しい情報を収集して、30代の転職を成功させましょう。

 

 

 

 

コメント