コロナ禍で大学中退せざるを得なくて就職に困っている方【学歴は不要】

転職ノウハウ
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

 

  • コロナ禍で大学中退をせざるを得ないが、就職に困っている。
  • 大学中退した場合、就職できる可能性はあるのだろうか?
  • 大学中退して就職するのにおすすめの転職エージェントを知りたい。

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

Sponsored Links

先ほどこんなツイートをしました。

 

 

結論から申し上げますと「大学中退でも将来有望な業界に就職は十分可能」です。

 

コロナ禍で大学中退せざるを得ない方。

就職が大変だと思いますが、人手不足で将来有望な業界があります。

 

IT業界を目指して就職活動するのが良いと思います。

ほかの業界よりも伸びしろはずっとあるのは明白だからです。

 

それに学歴重視ではないところも良い点だと思います。

>>転職しないほうがいい5つの業界とは【ブラック以外に将来性も考慮】

 

記事構成は以下の通りです。

 

  • コロナ禍で大学中退せざるを得なくて就職に困っている方【学歴は不要】
  • 大学中退した場合でも就職できる可能性は?【問題ないです】
  • 【おすすめ】大学中退に特化した転職エージェントを使おう

 

では一つずつ解説します。

 

 

コロナ禍で大学中退せざるを得なくて就職に困っている方【学歴は不要】

コロナ禍で大学中退せざるを得なくて就職に困っている方【学歴は不要】

 

結論「大学中退でも就職は可能です」

将来有望で学歴を重視しない業界に挑戦することが就職成功への近道です。

 

コロナ禍で大学中退せざるを得ない方々が出てきています。

バイトで学費を工面していた方にとっては、飲食業が不景気になった影響などで学費を稼ぐことができなくなっている方は多いと思います。

 

私もバイトをしていましたが、コロナ禍のような打撃はなかったので、とても大変だなと思います。

大学で勉強をしたかった方にはお気の毒だと思いますが、もしも就職のことを心配しているのでしたら、方法はありますのであきらめる必要はないです。

 

昭和、平成の時代のような学歴重視の時代は終わりました。

もちろん一部の業界では学歴重視の風潮が残っています。

 

例えばIT業界では学歴については全くと言っていいほど考慮されません。

それよりもプログラムを書ける人だったら、すぐにでも採用されるでしょう。

 

人手不足な業界であり、将来的にも伸びしろがあるITであれば、目指すべき就職の軸として間違いないと思います。

学歴上は高卒になってしまうのが大学中退ですが、効率的に就職するための方法をそっとお教えします。

>>高卒が転職する場合、大卒と比べると不利?【プログラマーがおすすめ】

 

 

大学中退した場合でも就職できる可能性は?【問題ないです】

大学中退した場合でも就職できる可能性は?【問題ないです】

 

大学中退の場合でも新卒枠で就職活動はできます。

しかし、もっと有利に戦うためには既卒枠の方がいいです。

 

新卒枠だと「本当の新卒」と戦わなければいけないので、どうしても不利になります。

負ける戦いはしない方がよいので、既卒枠をおすすめするのです。

 

就職活動と並行して、プログラムの勉強もやっておいた方が良いです。

エンジニアを目指すのであれば、それぐらいの投資はしましょう。

 

エンジニアとして就職できれば、1年目の年収はいくら安くても500万円程度もらえます。

年収1000万円になるのも時間の問題です。

 

つまり、50万円くらい投資してプログラミングスクールに通っても、すぐに元は取れるんです。

>>【おすすめ】無料のプログラミングスクール5選【知識ゼロでも問題なし】

>>【無料あり】エンジニア歴15年の筆者がおすすめするプログラミングスクール5選

 

 

【おすすめ】大学中退に特化した転職エージェントを使おう

【おすすめ】大学中退に特化した転職エージェントを使おう

 

就職方法として考えられるのは、ハローワーク、転職サイト、転職エージェントの3つです。

大学中退の方は転職エージェント以外は使うべきではありません。

 

ハローワーク求人は良いものもありますが、ブラックなものもあります。

社会人経験のない方はブラック企業を見分けるのが難しいからです。

 

ハローワークは公的機関であるため、求人掲載料金は無料です。

企業にとってはありがたいですが、求人掲載に投資をしない会社であること自体が結構ヤバイです。

 

書類選考も普通に行われる求人がほとんどですので、ハロワ求人にメリットはありません

転職サイトも同様です。

 

転職サイト求人の難易度はむしろ高くなりますので、大学中退向けではありません。

キャリアアップをするために転職をする方向けと言えます。

 

一方で転職エージェントには担当アドバイザーがつきます

就職成功まで全力でサポートしてくれる点が大きな違いです。

 

JAIC

就職支援のJAIC(ジェイック)

 

JAICは大学中退向けの転職エージェントです。

大学中退・ニートなどに特化した転職エージェントなので、ビジネスマナーから教えてくれます。

 

JAICはもともと企業研修で定評があり、人材紹介は企業のリクエストで始めています。

信頼されている企業と面接をして、お互いにミスマッチがなければ内定になります。

 

多くの求人が書類選考もなく、企業訪問してから求人にしているので、ブラック企業は排除されています。

ぜひとも登録しておきたい転職エージェントの一つです。

 

 

ハタラクティブ

 

ハタラクティブも大学中退向け転職エージェントです。

研修はありませんが、紹介する求人数は豊富です。

 

学歴不問の求人が多く、人柄重視の採用が叶います。

大学中退で就職に不安がある人は一度この転職エージェントに相談してみるのが一番でしょう。

 

 

UZUZ

 

UZUZ(ウズキャリ)は既卒専門の転職エージェントです。

私がおすすめしているIT系の求人を数多く保有しているのが強みです。

 

「他社の20倍、相談に時間をかける」こともメリットです。

転職エージェントは、登録後のキャリア相談以外はメールでのやり取りになってしまいがちです。

 

ウズキャリは面接直前のロールプレイングも納得できるまで練習する徹底ぶりです。

就職サポートがとても手厚いと言えそうです。

 

ただし、転職エージェントは担当アドバイザー次第で良くも悪くもなります。

使ってみて自分に合わないと感じたら、すぐに担当者交代を申し出ましょう。

 

担当アドバイザーに直接言わなくても、苦情窓口はどの転職エージェントにもあります。

そこに言えば、すぐ担当交代してくれるはずです。

 

あなたは大事なお客様です。

転職エージェントも大事に扱わないと売上に響きますから遠慮なく苦情を言いましょう。

 

転職エージェントがあなたに親切に就職サポートするのは就職成功して欲しいからです。

あなたが就職成功して、入社すれば企業は転職エージェントに紹介手数料を払うからです。

 

あなたが全ての転職エージェントのサービスを無料で利用できるのも、それが理由です。

大学中退向け転職エージェントをうまく使えば、就職は問題なくできます。

 

 

再度おすすめの大学中退向け転職エージェントを下記に示します。

就職支援のJAIC(ジェイック)

 

後はあなたが行動できるかどうかです。

就職活動は大学中退であっても新卒であっても、行動力が就職成功のカギです。

 

失敗を恐れて行動しない人は間違いなく就職失敗します。

失敗を恐れず、果敢に行動してください。

 

そうすることであなたの未来が開けるはずです。

>>【フリーター・ニート向け】おすすめの転職エージェント7選【キャリア問わず】

>>【超簡単】未経験でもエンジニアになるための方法【たった一つ】

 

>>【採用担当ニーズ別厳選】転職エージェントおすすめ119選!【デメリット・メリット解説】

 

 

Sponsored Links