採用担当者が面接で見るポイントは2つだけ【採用経験より断言します】

面接対策
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

 

転職の面接において、採用担当者が見ているポイントを知りたい。

各ポイントについての重要度とどういう視点で見ているのかも知りたい。

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

 

Sponsored Links

採用担当者が面接で見るポイントは2つだけ【採用経験より断言します】

 

面接において、見られているポイントは何かとても気になると思います。

採用担当者が中途採用の面接で見るポイントは実は2つだけです。

 

この記事を読めばわかること

転職の面接において、採用担当者が見ている2つのポイントがわかります。

各ポイントについての重要度とどういう視点で見ているのかがわかります。

 

最初に結論を書きます。

採用担当者が面接で見ている2つのポイントとは以下です。

 

  • ポイント1:コミュニケーション能力が高く、社風に合いそうか?
  • ポイント2:会社で活躍してくれそうか?【再現性の確認】

 

結果の根拠

私は採用担当者として、数多くの面接を行ってきました。

その際に見てきた面接でのチェックポイントを書いています。

 

面接官が偏りがないようにチェックすべき項目はあらかじめ決まっています。

企業により大きな違いはないはずです。

 

新しい転職面接の教科書~「最強の内定」を手に入れる!

 

 

採用面接で見るポイント1:コミュニケーション能力が高く、社風に合いそうか?

 

社風に合うかどうかというのは、面接で会って話してみないとわかりませんよね。

実はとても重要なポイントなのです。

 

企業は人を採用することで生産性を上げることを目的としています。

逆に言えば、生産性が今の従業員数で上がるのであれば、採用の必要はないのです。

 

企業にとって、採用は投資であり、ビジネスです。

 

そのためには大きなリスクは回避する必要があります。

 

応募者が高いスキルをもっていたとしても、仕事というのはチームで行うものです。

応募者のプライドが高く、社内のメンバーとうまくやっていけそうにもないとしたら、お互いに不幸になるだけです。

 

長く勤めてくれそうか?すぐに辞めないか?は重要なポイントです。

 

転職希望者のパーソナリティが社風に合いそうであれば、仕事もチームプレイでうまくやっていけます。

中途採用の社員とプロパー社員とで、微妙に違うのは仕方がないことです。

 

しかし両者のパーソナリティはできるだけ近い方が上手くいくのです。

 

このような理由から、面接ではできるだけプロパー社員とうまくやっていけそうな応募者を選んでいるのです。

 

採用してもすぐに辞められては、投資失敗ですし、ビジネス失敗なのです。

社風に合う応募者といっても具体的ではないかもしれません。

 

コミュニケーション能力が高い人はどんな環境でもうまくやっていけます。

つまりコミュニケーション能力が高ければ、社風に合うと言えるのです。

 

 

 

採用面接で見るポイント2:会社で活躍してくれそうか?【再現性の確認】

 

転職希望者に企業が期待するスキルは3つあります。

 

  • テクニカルスキル:いわゆる職務能力
  • ヒューマンスキル
  • コンセプチュアルスキル:問題解決能力

 

上記の3つのスキルを面接でみています。

 

テクニカルスキルについては書類選考でほぼチェック済みです。

なので、本当に職務経歴書に書いてあることができそうかを再確認しているのです。

 

ヒューマンスキルについては、コミュニケーション能力が高いかどうかでわかります。

しかし面接で会って話してみなければ、わからないポイントです。

 

会社は応募者が活躍してくれそうか?を見ています。

これが2つめのポイントです。

 

上記3つのスキルの中ではコンセプチュアルスキルが該当します。

面接ではコンセプチュアルスキル、つまり、問題解決能力がとても重要視されるのです。

 

職務経歴書に書かれてあることが事実であるとしても、再現性があるスキルかどうかが重要なんです。

 

  • 自分だけの力で成し遂げたのか?
  • 自ら企画して、行動したものなのか?
  • 会社の環境が整備されていたための実績なのか?
  • インフラ整備から立ち上げたのか?

 

上記は同じ実績を挙げたとしても、コンセプチュアルスキルは各々異なります。

会社のインフラが整備されていない会社に転職する場合は、インフラ整備から立ち上げた経験がある方が有利です。

 

大企業ではインフラが整備されていることが多いのですが、中小企業に転職する場合はそうではないことが殆どです。

 

面接では応募者の再現性を徹底的にチェックされます。

 

コンセプチュアルスキルをみるために、コンピテンシー面接を導入している企業が増えてきました。

コンピテンシー面接では「第一印象」などの面接官の主観が入らないように、客観的評価を行います。

 

 

コンピテンシー面接を行う準備として、自社で成果を上げている社員の行動特性をモデル化します。

その行動に近いほど、会社での活躍が期待できるということで、客観的に点数化します。

 

企業側のもう一つのメリットとしては、応募者の行動を深掘りして質問も可能なため、回答の矛盾もわかってしまうということです。

これからの転職面接はテクニックだけでは通用しないものになっていくでしょう。

 

転職面接の最難関はこのコンセプチュアルスキルが高い人であるように面接でみせるには、事前準備が必要です。

 

  • 今まで解決したトラブル事例
  • トラブルに対してどのように対処したか?
  • 今までの成功例とそこに至るプロセスを物語風に語れるようにする
  • 最大の失敗例とそれから学んだこと

 

特に失敗から学んだことを謙虚に語れることは重要です。

とにかく実績は職務経歴書に書くことで十分ですが、実績を出すまでのプロセスを面接で語れるようにしましょう。

 

採用担当者がそれを聞くことで納得感を得れば、「会社で活躍してくれそうだ」とあなたをみるようになります。

 

 

 

採用面接で見るポイントのまとめ

 

以上より、採用担当者が面接で見るポイントは2つだけです。

 

  • ポイント1:コミュニケーション能力が高く、社風に合いそうか?
  • ポイント2:会社で活躍してくれそうか?【再現性の確認】

 

 

 

 

Sponsored Links

コメント