【現金危険】クレジットカードの申し込みは転職前が良いのか?

LIFE
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

生活する上で今ではクレジットカードの存在は大きいものとなっています。それに現金を使うことよりも色々な意味でキャッシュレスの方が安全です。転職する上で注意する点、それは・・・・・

Sponsored Links

【現金危険】クレジットカードの申し込みは転職前が良いのか?

 

現金を使う機会がめっきり減りましたね。

クレカはもちろんPayPayなどのスマホアプリも多くの種類がありますよね?

 

理由としては紙幣や硬貨を持ち歩くのが面倒であることが挙げられます。

それに現金は衛生面からも心配ですものね。

 

今クレジットカードを一枚お持ちの方ももう一枚作っておいた方が便利ですし、安心だと思います。

政府もキャッシュレス化へと舵を切っていますので、この流れは止められないでしょう。

 

 

クレジットカードを持つと以下のような大きなメリットがあります。

 

  • 現金は誰が触ったのかわからないのに比べ、清潔
  • ネットでの買い物に便利
  • ポイントがつくのでお得
  • 家計簿代わりになり、お金の管理がわかりやすい
  • 現金を持ち歩く必要がない
  • 大きな買い物だけでなく、小さな買い物でも決済可能

 

 

ほかにもクレジットカードによってはステータスになるので、外国では特に身分証明書にもなるメリットだってあるんです。

私も外国旅行に行った時、アメックスのおかげで余計な身分証明書を提示する手間はありませんでした。

 

クレジットカードを持っていないで転職すると「審査」が通りにくくなります。

転職後にクレジットカードが欲しいと思っても持つことは難しいです。

 

その一点において、クレジットカードは転職前に持っていた方が楽に審査が通ります。

転職前にクレカを持っていた方が良い理由は一言で言うと「転職後にクレジットカードを持つことは難しい」からです。

 

リクルートカードは年会費無料ですので、持っていても損はしないと思います。

洋服の青山でショッピングをする方には、AOYAMAライフマスターカードライフAOYAMAブルーローズカード、さらには学生さんにはライフAOYAMA学生カードがおすすめです。

 

用途に応じてクレカを選ぶことが使いこなす秘訣です。

例えば私はクレカ2枚を持っていますが、生活費と娯楽費を分けて管理しています。

 

使い方は人それぞれですが、クレジットカード一枚だけだと家計簿の計算が面倒なのでざっくり分けたほうが良いと思いますよ。

 

 

転職するとクレジットカードの審査が通りにくくなる訳

 

 

クレジットカードの申し込みで注意すべき点があります。

それは勤務年数と収入です。

 

 

20年ほど勤めた会社で安定した収入があれば、クレジットカードの申し込みはよほどのことがない限りは難しくはないです。

社会人としての信頼がそこにあるからです。

 

 

転職してしまうと当然ですが勤務年数は0にリセットされます。

年収も勤務年数が1年未満ではボーナス満額支給ベースでの年収は出ません。

 

転職してからクレジットカードを申し込むとこのような理由で審査はやや厳しめです。

転職回数が多い方もこの点は不利になります。

 

 

まだまだ日本は保守的です。

少なくとも一つの会社で2年くらいは働いていれば問題ありませんが、数ヶ月で転職を繰り返している場合はクレジットカードの審査は不利なんです。

 

勤務年数もそうですが年収面も気にするクレジットカード会社は多いようです。

 

 

なので安心なのは転職活動に入る前に複数のクレジットカードを持っておくことです。

 

 

引っ越しなどで大金が必要になるかもしれません。

その時は分割払いにすれば、リスクヘッジになります。

 

 

転職したらクレジットカード会社に連絡するの?

 

 

転職したらクレジットカード会社への連絡は必要でしょうか?

結論から言えば必要です。

 

 

銀行口座や住所、電話番号に比べると重要度は少し落ちますが手続きは必要です。

転職して勤務先が変わったりしても、原則は在籍確認はないようですが、これからどうなるかはわからないです。

 

 

あなたの信用情報は共有されています。

あなたを信用してクレジットカードを発行しているのです。

 

もちろんクレジットカードの使用実績も共有されています。

ですが転職したからと言って再審査になる場合はほとんどありません。

 

 

ちなみに先程言ったような転職回数の多い方は再審査の可能性はあります。

あとは今まで支払いが滞ったことがある方もそうです。

 

それ以外であれば、クレジットカードの使用実績がありますので、転職したら速やかに連絡しましょう。

 

リクルートカード
ライフAOYAMAブルーローズカード
AOYAMAライフマスターカード
ライフAOYAMA学生カード

 

 

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links