転職エージェントは紹介手数料がかかるから不利って本当なの?

転職エージェント
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

転職エージェントのデメリットとして言われるのが紹介手数料がかかるということです。俯瞰してみれば答えは自ずと出てきますので、ここでは冷静に分析することで答えを出します。

Sponsored Links

企業から見た採用コストとは?

 

企業が人を採用するにあたっては様々な費用がかかります。

確かに転職エージェントに払う紹介手数料は安くはありません。

 

 

結論から言うと転職エージェントに払う紹介手数料は採用コストのごく一部に過ぎません。

 

 

おおまかに考えても会社が人の中途採用をするのにかかる採用コストは以下のようなものがあります。

 

 

  • 採用予算作成の人件費
  • 採用計画作成の人件費
  • 求人票作成の人件費
  • 転職サイトへの求人掲載費
  • 書類選考の人件費
  • 面接実施の人件費
  • 入社までにの事務処理の人件費
  • 転職エージェントへの紹介手数料

 

 


【doda】


 

 

採用コストを削減するために多くの企業がとっている対策とは?

 

先程は採用コストとして考えられるものをリストアップしました。

もっとシンプルに分類しますと以下の二通りとなります。

 

 

  • 外部コスト
  • 内部コスト

 

 

外部コストというのは転職エージェントや転職サイトに支払う紹介手数料や求人掲載費などがあります。

 

内部コストの多くは採用担当者の方の人件費、すなわち固定費です。

内部コストはその他にも面接の際に交通費を払う場合や社員との会食費なども含まれますが、金額としては大きくはありませんのでここでは無視します。

 

 

内部コストはほとんどが固定費と考えて良いでしょう。

 

 

採用コストは本来なら全て経費なのですが、そこに多くの固定費が含まれてしまっています。

そこで出来るだけ固定費を削減し、なおかつ良い人材を採用するために転職エージェントを多くの企業が使っているのです。

 

 

これにより内部コストは削減されます。

転職エージェントを使う本来の目的は良い人材を採用することです。

 

ですが企業にとってはコストメリットももちろんあるんです。

利益を上げてなんぼの会社ですから。

 

費用対効果を考えずに転職エージェントを使う会社はありません。

転職エージェントが応募者の選定を行うことで、会社にとっては大幅な人件費削減になるのです。

 

 


【doda】


 

 

なぜ転職エージェントを使うと採用コスト削減となるのか?

 

転職エージェントに登録すると、まずはコンサルタントとの面談がありますよね?

ここでエージェントは登録しに来た方の適性を把握しているのです。

 

 

この求人に紹介するのは難しいけど、別なあの求人ならピッタリだとコンサルタントは考えながら面談しているのです。

これは企業面接を受ける前のいわば【0次面接】とも言えるものです。

 

 

転職エージェントがこのように求人に対しての適任者を選んで推薦しているおかげで、企業の採用担当者は書類選考・面接に集中出来ます。

 

 

つまり転職エージェントは人材紹介する過程で採用業務を行っているとも言えるのです。

 

 

転職エージェントとのキャリア相談で気をつける3つのこととは?に書いたように転職エージェントとのキャリア相談は準備をした方が転職活動がスムーズにいきます。

 

 

キャリア相談はまさに企業への推薦者選抜のためのイベントと言えます。

コンサルタントが企業の目線で見ていることを忘れないことです。

 

 

当然会社としては良い人材を少ない経費で採用したいところです。

直接応募では膨大な数の応募書類を読まなければいけません。

 

採用担当者の労働時間を無駄に長引かせることになるので、人件費は高くなるのです。

 

 

それに対して、転職エージェントを使えばコンサルタントが求人にマッチングしている人材のみを推薦しますので、応募書類の質に関してのバラツキはそんなにありません。

 

採用担当者の人件費も採用にかかっている工数という観点で見れば、かなり減っています。

 

 

その分は別な業務ができるわけです。

 

面接日程の調整についても転職エージェントが間に入ることで、何度も調整する手間が省けます。

その他の事務手続きもエージェントが窓口になってくれます。

 

企業から見たら直接応募のように応募者ごとに連絡を別々にとるよりはずっと効率的です。

転職エージェントでは企業ごとに担当者が決まっているので、連絡もとりやすいのです。

 

 

転職エージェントを使わずに社内で採用業務を全て行うとなると、先ほど言った理由で人件費が無駄にかかります。

ハローワークに求人を依頼するのは無料ですが、応募者対応で人件費が膨らむのです。

 

 

私は採用経験者なので直接応募の対応がいかに大変かよくわかります。

転職エージェントの便利さもよく知っています。

 

 

転職エージェントに依頼すれば、欲しい人材を何人でも推薦してくれます。

面接は何人やっても無料です。

 

企業にとってはこんなにメリットのある転職媒体はありません。

しかもある程度優秀な人材が紹介されます。

 

 

 

入社した時だけ一度だけ支払う紹介手数料は実はお得です。

そこには内部コストも含んでいるのですから。

 

 

採用コストという観点で見ても、多くの企業が転職エージェントを使っている理由は納得できるものなのです。

多くの会社が転職エージェントを使っている理由をわざわざ言いませんが、メリットがなければ利用はしません。

 

ビジネスとはそんなものです。

会社が直接応募を嫌う理由も採用コストがかかるためです。

 

企業では中途採用面接だけを専任でやっている社員などいません。

本来業務と並行して採用業務を担当している会社が多いのです。

 

 

効率的に良い人材を短期間でコストをかけずに採用する方法は今のところ転職エージェントを使うのがベストなのです。

紹介手数料がかかるというのは事実ですが、採用コスト全体から見れば採用業務を外注していることになるため、高くつくというのは「木を見て森を見ず」です。

 

 

 

 

このことから転職エージェント経由で応募すれば、有利になることはあったとしても不利になることはあり得ません。

 

 

 


転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?


 

 

まとめ

 

 

  • 採用コストには内部コストと外部コストがある
  • 内部コストの一部を転職エージェントに依頼することで、トータルの採用コスト削減が出来る
  • 転職エージェントの紹介手数料は採用コストの一部に過ぎず、それで内定が取りにくいことはあり得ない。むしろ逆

 

 

 


転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?


絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

トップへ戻る

転職活動では必須の口コミサイトです。特筆すべきは給料明細を見ることができることで私も重宝しました。キャリコネはこの口コミのみならず、大手の転職サイトの求人を一括検索できます。ここから転職サイトに登録も可能なので手間いらずです。実際の選考に入ったら面接対策が必要ですが、キャリコネにはどんな質問が出るかの面接レポートもあります。求人に応募する際にはキャリコネだけでもかなり役に立つ情報が得られます。

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートキャリアが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました