転職理由はあなたの未来予想図

転職理由
この記事は約5分で読めます。

転職活動で最重要事項を挙げろと言われれば、私は迷わず【転職理由】と答えるでしょう。面接官としても必ず質問することです。その答えで転職に対する考え方がわかってしまうのです。面接対策だけではなく、あなたのキャリアビジョンを描くためにも転職理由は大切です。あなたは転職理由を質問されても明確な回答が出来ますか?それとも・・・

転職活動は在職中に

転職活動は在職中に始める必要があります。

退職して失業してしまうと転職にはとても不利です。

それはなぜでしょうか?

考えてみましょう。

採用する企業の側に立ってみましょう。

離職中の方は働いていない期間があるので、「ビジネスマン」としての勘が鈍るとどうしても考えられてしまうのです。

働いている状態で転職する方が転職エージェントも企業に推薦しやすいですし、内定率も高くなります。

採用する側としても在職中か離職中かという点はとても気にしますね。

退職理由は転職理由ではない

あなたが転職を考えるきっかけになったことは何でしょうか?

例えば以下のようなこと、もしくはそれに類似したことではないでしょうか?

  • 上司とうまくいかない
  • 人間関係がうまくいっていない
  • パワハラをずっと受けている
  • セクハラをずっと受けている
  • 給料が安すぎる
  • 残業時間が多過ぎる
  • 希望する部署に行けず、仕事にやりがいが感じられない
  • 福利厚生が充実していない
  • 退職金が出ない
  • ボーナスが出ない、減額された
  • 転勤を命じられた

上記は代表例で他にもたくさん会社を辞めたいと思った動機はあるでしょう。

まとめると「勤めている会社に対する不満」ということになると思います。

上記は【退職理由】と定義されます。

転職を考えるきっかけにはなりますが転職理由とはとても言えないものです。

この動機だけで転職活動を開始してはいけません。

あなたの進むべき未来が見えてこないからです。

全ては過去のことです。

大事なのはあなたの未来です。

例えば転職して良い上司に巡り会えるでしょうか?

転職して必ず給料が上がるでしょうか?

そうですね。

全てはあなたの希望に過ぎないのです。

転職理由はあなたが今後どうすべきかを明確にした未来予想図です。

転職理由はポジティブなもの

転職理由と退職理由とは表裏一体って本当か?で書いたように転職理由と退職理由とは密接な関係があります。

しかし退職理由は過去のことであり、転職理由は未来のことですので明確に違います。

明確に違いがあるけど、表裏一体なんですね。

退職理由を転職理由に昇華することで、あなたのキャリアビジョンは明確になります。

そうなればあなたは3年後・5年後・10年後に「どうなっているべきか?」、「どうなっていたいか?」についても手に取るようにわかるでしょう。

転職理由を明確にする目的はそこにあるのです。

決して書類選考や面接対策だけのためにあるのではありません。

むしろこれらは副次的なもので本質ではありません。

退職するということはその会社では実現できないあなたの夢があるということです。

転職するということはその夢を叶えることに他なりません。

あなたの夢は高級取りになりたいとか、偉くなりたいとか、嫌な上司と別れたいとかというような下衆なモノではないはずです。

仕事とはまさに生きることです。

転職理由はあなたにとっての未来予想図とも言えるんです。

夢を叶えるために転職するんです。

あなたは。

これから転職する方は今の職場を否定するだけではなく、明るい未来の為に考えてくださいね。

ブラック企業は例外です

そうはいっても例外はあるものです。

ブラック企業に勤めているのであれば、逃げることは決して恥ではありません。

さっさと転職しましょう。

こういう会社はなかなか辞めさせてもらえないので、退職代行を使ってみるのが精神的に楽でおすすめです。


退職代行ニコイチ

在職中に転職先を探すのはこの場合は難しいかもしれません。

そんな方々のためにニート・フリーター向けの転職エージェントがあります。

普通の転職エージェントであればスキル次第で登録を断られることもあるのですが、ニート・フリーター向けの転職エージェントの場合はそのようなことはありません。

しかも転職エージェントによっては紹介される求人は書類選考が免除されるのです。

デメリットとしては大企業の求人は紹介されませんのでご了承ください。

ですが全て正社員求人です。

全ての求人は企業訪問をして決定しているので、ブラック企業が紹介される心配もありません。

このように多くのメリットがあってもサービス利用については完全無料となっています。

あなたに損はないのです。

もしもポジティブな転職理由が見つからず困っている場合には、ニート・フリーター向けの転職エージェントに相談してみましょう。

目から鱗のアドバイスが聞けるかもしれませんよ。


フリーター・ニートなら登録しておきたい転職エージェント6選!


トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!


タイトルとURLをコピーしました