【採用担当が教える!】転職活動ではモチベーション維持が最も重要!

【採用担当が教える!】転職活動ではモチベーション維持が最も重要!転職理由
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

 

 

転職活動中にモチベーション維持できずに悩んでいる人「転職活動を開始したころは良かった。最近は惰性で転職活動をしている気がする。そのためかモチベーションが維持できずに困っている。転職活動でモチベーションダウンする原因を知りたい。それと同時に対策も知りたいなぁ。」

 

こういった疑問に答えます。

Sponsored Links

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 転職活動でモチベーションダウンする原因がわかる。
  • 転職活動でモチベ維持できない場合の対策がわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

  • 【採用担当が教える!】転職活動ではモチベーション維持が最も重要!
  • 【モチベーションダウンの原因!】転職の軸がブレてきたときは注意!
  • 【モチベーションダウンの対策!】転職理由に立ち返って、リフレッシュ!
  • 上記の通り。

では一つずつ解説します。

 

 

【採用担当が教える!】転職活動ではモチベーション維持が最も重要!

転職活動ではモチベーション維持が最も重要!

 

最初に結論から書きます。

転職活動でモチベーション維持できない場合は転職理由を見直そう!

 

転職活動を続けていると『なぜかわからないけど、やる気が出ない』ことってありますよね?

筆者も初めての転職のときはモチベーション維持するのが、ぶっちゃけ大変でした。

 

転職活動中に嫌になることは何度もありました。

二度目の転職からは、少なくなってきましたけど…

 

一度モチベーションダウンすると、やる気になるまでがなかなかたいへんです。

そんな時、どうするのがいいのでしょうか?

 

正解はないと思います……

人それぞれですよね!

 

もちろんモチベーションを維持するのは重要です。

もしモチベーションダウンしてしまったら、無理に転職活動をしても効率は落ちるばかりですしね。

 

私が実際にモチベーションが落ちてきたときに行っていること、それは……

一言でいうと『何もやりません』。

 

例えば以下のことで一時的にストレス発散しますかねぇ。

  • カラオケに行って、ストレス発散!
  • ミッキーに会いに行く!
  • 本を読む!!!
  • 履歴書の見直し\(^o^)/
  • 職務経歴書のレイアウトをきれいにする:D
  • 求人応募の進捗状況を確認する(*´ω`*)

 

上記のように筆者の場合は気分転換をします。

もしくは頭を使わない転職活動だけをします。

 

転職理由や志望動機のような頭を使うことはやめます。

転職理由と志望動機はどう関連付けるか?を考えることはモチベーションダウンしているときは無理です。

>>転職理由と志望動機はどう関連付けるか?

 

面接での自己紹介はどうやって乗り切るかを考えたりすることもできません。

>>転職面接の自己紹介は簡潔かつ印象的に【全ての強みを話さない】

 

モチベーションが維持できない場合は求人応募も休んだほうがいいです。

リフレッシュも大事ですから。

 

長くても数日くらいで、筆者の場合は回復しました。

モチベーション回復してから転職活動を再開したほうが効率的です。

 

 

【モチベーションダウンの原因!】転職の軸がブレてきたときは注意!

【モチベーションダウンの原因!】転職の軸がブレてきたときは注意!

 

モチベーションが落ちる前兆って、筆者の経験だと確実に1つあります。

転職の軸がブレてきたときが、やばいです。

>>【採用担当が解説!】転職の軸がブレた時、確認すべき3つのポイントと対策とは?

 

転職を成功させるための3つのポイントとは何か?の通り。転職理由と転職の軸はブレてはいけないです。

>>【採用担当が簡単に教える】転職失敗しないための2つのポイントとは?

 

転職の軸がブレると、モチベーションも維持できなくなります。

「転職の軸がブレる」とはどういうことでしょうか?

 

今まで応募した求人案件のリストをもう一度確認してください。

もし応募している求人の業界・職種に一貫性がないとしたら、注意です。

 

「転職することが目的になっていないか」もう一度確認してみてください。

あくまでも、転職はあなたの自己実現のための手段です。

 

転職を開始したときは『転職してこうなりたい/こういう仕事がしたい』と転職理由が明確だったはずです。

転職理由が明確になれば、おのずと転職の軸も決まってくるはずです。

 

「転職理由と転職の軸」の明確化はブレてはいけないところです。

転職はゴールではないですよね?

 

転職は手段であって、目的ではありません。

これが逆になると内定獲得が目的になり、モチベーションダウンします。

 

常に転職の軸がブレていないかを意識しながら転職活動しましょう。

>>【驚愕の事実】転職の軸を作るのは意外に簡単【誰でもできる】

>>【採用担当が断言!】キャリアアップコーチングを使って転職の軸を明確にしよう!

 

 

【モチベーションダウンの対策!】転職理由に立ち返って、リフレッシュ!

【モチベーションダウンの対策!】転職理由に立ち返って、リフレッシュ!

 

転職の軸がブレてきたときは転職理由が不明確であることが多いです。

転職理由は退職を検討しだした後に、明確にするものです。

 

転職理由と退職理由はどう違うのか?に書いた通りです。

企業の採用面接で毎回質問されるものが、転職理由です。

>>転職理由と退職理由はどう違うのか?【知らないと恥をかく】

 

あなたは転職面接で「転職理由」をどのように答えていらっしゃいますか?

面接官への回答内容は本当に腹落ちしていますか?

 

転職理由を心から納得していないと、面接官に伝わってしまうものです。

そんなときは、再度自己分析をしてみてください。

 

「転職理由に無理があれば」修正も必要かもしれません。

「転職の軸」も変える必要もあるかもしれません。

 

もちろん原則は転職理由は変えてはいけないものです。転職理由を変える場合は転職のプロに相談することをおすすめします。

一人で抱え込まずに転職エージェントに相談をしてみる方が効率的です。

 

転職エージェントを利用中であれば、担当アドバイザーに相談してみましょう。

あなたの転職の軸に無理があれば、有益なアドバイスをもらえます。

 

エージェントがアドバイスする内容はプロ目線での判断です。

転職エージェントに相談するときでも、やりたいことがわからないというのは失礼です。ビジネスマンとして何らかの案は持っていってください。

 

もし在職中であれば、転職活動を一度振り返ってみることをおすすめします。

転職で最低限必要な「転職理由が明確でない」のでは、転職失敗は確実です。

 

転職活動はキャリアの棚卸しから!に書いたように転職理由を導くためには、キャリアの棚卸しをしっかりと行うことが重要です。

>>キャリアの棚卸しで注意すべき3つのポイント【気づかない人が多い】

 

転職理由が明確になってから「転職活動を再開」しても決して遅くはありません。

転職活動を進める上で、最も重要なのは転職理由です。

>>面接で退職理由を質問されても気にする必要はない【無難に対応】

>>【採用担当が徹底解説!】転職理由をなぜなぜ分析で深掘りしよう!

 

 

>>【採用担当ニーズ別厳選】転職エージェントおすすめ119選!【デメリット・メリット解説】

>>【採用担当が徹底解説!】転職エージェントのデメリット・メリット

>>【無料あり】エンジニア歴15年の筆者がおすすめするプログラミングスクール5選

 

Sponsored Links