【採用担当が解説!】圧迫面接を行う会社に入社しても大丈夫か?【企業調査をすべき】

【採用担当が解説!】圧迫面接を行う会社に入社しても大丈夫か?【企業調査をすべき】転職面接
転職面接
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

 

 

圧迫面接を受けた会社に入社するか悩んでいる人「圧迫面接を受けた会社から内定が出た。仕事内容は良さそうだが、圧迫面接を受けた点が気になっている。このまま内定承諾して入社しても大丈夫だろうか?転職面接に慣れていないので、ひょっとすると大丈夫なのかな。」

こういった疑問に答えます。

Sponsored Links

先ほど、こんなツイートをしました。

 

今どき、圧迫面接を行う企業に入社するのはやめたほうがいい。①コンプライアンスの観点から②ブラック企業である可能性が高い ストレス耐性やトラブル対応能力をみるのに、圧迫面接は使われていたが今行う会社は古い体質。内定が出たとしても辞退しよう。

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 圧迫面接の目的がわかる。
  • 圧迫面接の対処法がわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

  • 圧迫面接を行う会社に入社しても大丈夫か?
  • 圧迫面接と通常面接との違いは?
  • 圧迫面接は何を意図しているのか?
  • 圧迫面接には実際どう対応するのが良いのか?

 

では一つずつ解説します。

 

 

圧迫面接を行う会社に入社しても大丈夫か?

圧迫面接を行う会社に入社しても大丈夫か?

 

圧迫面接を今どき行う会社には入社する価値はありません。

なかには圧迫面接をされたけど入社を迷っている方もいるかもしれません。

 

筆者としては以下の2点から入社はおすすめしません。

  1. コンプライアンスの観点から
  2. ブラック企業である可能性が高い

 

圧迫面接をする会社に入社すべきかどうかについて、先に結論を書きました

例えば、仕事内容がマッチングしている会社だとしましょう。

それでも「職場環境」が「ブラック体質」だったら、どうでしょうか?

 

せっかくの転職なのに「活き活きと働けますか?」

圧迫面接を行う会社は「コンプライアンス」の観点から入社しないほうが安全です。

 

面接官は意図せずに圧迫面接をしている場合だってあります。

つまり社風が「ブラック体質」であるリスクもあります。

 

このようなリスクがあるので、圧迫面接を行う会社に入社するのはやめたほうがいいです。

 

 

圧迫面接と通常面接との違いは?

圧迫面接と通常面接との違いは?

 

圧迫面接にあった方はいらっしゃいますでしょうか?

転職面接が終わって、冷静になってみると、「何て理不尽なことを聞かれたんだろう?」となるようなものは全て圧迫面接にあたります。

 

通常面接との違いは理不尽なことを質問されるかどうかです。

圧迫面接では以下のような考えられないことも質問されたりします。

 

「なんで、こんなにもたくさん転職しているの?」

「浪人、留年はなんでしたの?」

 

「大学卒業して就職するまで何で間が空いているの?何をしていたの?」

「この年で、平社員なんて、なんで?」

 

「ずいぶんと安い給料で働いてきたね。今度はそれが基準額だからね。給与アップで転職なんて考えていないよね?無理だよ。」

 

などコンプライアンス違反になる質問も多いので、最近は減ってきたと言われる圧迫面接ですが、中小企業やブラック企業では相変わらず見られます。

このような質問をすることで、あなたの何を見ようとしているのでしょうか?

 

ブラック企業を事前に調査するためには転職会議などの口コミサイトが有効です。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

圧迫面接は何を意図しているのか?

圧迫面接は何を意図しているのか?

 

企業は言うまでもなく、ビジネスをして成り立っているわけです。

その企業には必ずお客さんがいます。

 

消費者や企業など形態はさまざまですが、お客さんには変わりありません。

あなたがその会社に入社するということは、企業の顔の一人となるわけです。

 

影響は小さくありません。

何らかのトラブルが起きたとき、あなたの対応の仕方次第では、顧客の信頼を失う可能性があります。

社内トラブルならいざしらず、社外トラブルの対処能力を手っ取り早く知る目的で圧迫面接を行う会社があります。

お客さんは何を言ってくるかはわかりませんから。特に営業職で多いです。

臨機応変に相手を怒らせないようにこの応募者は対応できるだろうか?

このような対応能力を見るのが、圧迫面接の目的です。

 

クレーム処理能力と言った方がわかりやすいでしょうか?

とにかく現代はストレス社会です。

お客様が苦情をSNSに挙げるかも今は気にする必要があります。

SNSは非常に便利ですが使い方次第では暴力と同じですからね。

 

もう一つストレスに強いかを確認している場合もあります。

今はコンプライアンスが厳しいので、社員にストレスを与える場合は会社が悪いことになります。

>>面接が苦手、そんなあなたへ【面接官は意識していません】

 

 

圧迫面接には実際どう対応するのが良いのか?

圧迫面接には実際どう対応するのが良いのか?

 

圧迫面接に合った場合、対応法として一番良いのは相手にしないことです。

その時点で、企業に対する志望度が下がるのはわかります。

 

入社しても同じような職場環境で働くのかと思うと、転職面接の途中で投げ出したくなりますよね。

ですが、どんな会社でも転職面接を受けたら、最後まできちんと受けましょう

>>【採用担当が徹底解説!】圧迫面接されやすい人はこんなタイプ【たった4つ】

 

この転職面接は作られたもので、社風とは全く違う可能性だって十分にあります

あなたのクレーム処理能力を見るための質問であることも十分あります。

なので内定後に口コミサイトなどで評判を確認する必要が出てくるわけです。

応募の際には詳細に調べ切れていなかったのかもしれませんから。

 

内定辞退はそのあと、すればよいのです。

求人倍率が1を全ての都道府県で超えている、今、圧迫面接をする企業は少ないでしょう。

以前は圧迫面接の対処方法も準備しておく必要がありました。

今はコンプライアンス違反で訴えられる可能性もありますので、圧迫面接に対しては企業側は慎重になっています

 

大企業では圧迫面接を受ける心配はしなくてよいです。

注意すべきは、中小企業です。

 

中小企業に応募する際は、準備だけはしておきましょう。

圧迫面接の対処法は素直に話を受け入れること

大事なことは反論してはいけないということです。

「おっしゃることはごもっともだと思います。」

 

お客様は神様の精神で答えましょう。

面接官は相手を怒らせるために、圧迫面接をしています。

 

間違っても怒らないようにしましょう。

あくまでも転職面接は「作られた場」です。

ですが、圧迫面接を今でも行っている会社の場合はブラック企業である可能性が十分あります。

内定が出るまでもういちど良く会社の評判、口コミを調査しましょう。

圧迫面接を今どき行っている会社は、意図があるにせよ体質が古いと言わざる負えません。

入社するかどうかは慎重になった方が良いと思います。

「転職会議」は口コミサイトで最も有名です。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

さらにその会社の営業利益も調査しましょう。ボーナスや年収に影響しますから。

赤字の会社は人件費削減のリスクもあります。最悪、ブラック企業かもしれません。会社四季報で調べるのが簡単です。

 

 

業界の将来性を研究することも重要です。業界地図を読むことで、将来性がわかってきます。

>>【採用担当が徹底解説!】転職しないほうがいい9つの業界とは?【業界選定の基準も】

 

 

 

Sponsored Links