圧迫面接を行う会社に入社しても大丈夫か?


面接のスタイルでよく聞くものとしては、【圧迫面接】があります。事前にその意図がわかれば良いと思いませんか?

通常の面接との違いは?

圧迫面接にあった方はいらっしゃいますでしょうか?

面接が終わって、冷静になってみると、「何て理不尽なことを聞かれたんだろう?」となるようなものは全て圧迫面接にあたります。

例えば、

「なんで、こんなにもたくさん転職しているの?」

「浪人、留年はなんでしたの?」

「大学卒業して就職するまで何で間が空いているの?何をしていたの?」

「この年で、平社員なんて、なんで?」

などコンプライアンス違反になる質問も多いので、最近は減ってきたと言われる圧迫面接ですが、中小企業やブラック企業では相変わらず見られます。

このような質問をすることで、あなたの何を見ようとしているのでしょうか?

 

圧迫面接は何を意図しているのか?

企業は言うまでもなく、ビジネスをして成り立っているわけです。

その企業には必ずお客さんがいます。

消費者であったり、企業であったり、形態はさまざまですが、お客さんには変わりありません。

あなたがその会社に入社するということは、企業の顔の一人となるわけです。

影響は小さくありません。

何らかのトラブルが起きたとき、あなたの対応の仕方次第では、顧客を失う可能性も最悪の場合、あります。

社内トラブルならいざしらず、社外トラブルの対応方法について、見るのに一番いいのが、圧迫面接です。

お客さんは何を言ってくるかはわかりませんよね。

臨機応変に相手を怒らせないようにこの応募者は対応できるだろうか?

対応能力を見るのが、圧迫面接の目的です。

もう一つ、ストレスに強いかを確認している場合もあります。

今はコンプライアンスが厳しいので、社員にストレスを与える場合は会社が悪いことになります。

 

どう対応するのが良いのか?

圧迫面接に合った場合、対応法として一番良いのは、相手にしないことです。

その時点で、企業に対する志望度が下がるのはわかります。

入社しても、同じような職場環境で働くのかと思うと、面接の途中で投げ出したくなりますよね。

ですが、どんな会社でも面接を受けたら、最後まできちんと受けましょう。

内定辞退はそのあと、すればよいのです。

求人倍率が1を全ての都道府県で超えている、今、圧迫面接をする企業は少ないでしょう。

以前は圧迫面接に対する対応方も、考えておく必要がありました。

今はコンプライアンス違反で訴えらえては、どうしようもありません。

大企業では圧迫面接の心配はいらないでしょう。

中小企業については、口コミなどでも掲載されないので、良くわかりません。

念のため、心構えだけはしておいた方が良いかもしれません。

圧迫面接の対処法で簡単なのは、相手のいうことを、全て聞くことです。

反論してはいけません。

「おっしゃることはごもっともだと思います。」

それに対して、あまり反論はしないことです。

面接官は相手を怒らせるために、圧迫面接をしているのです。

こちらはのらないようにしましょう。

圧迫面接を今でも行っている会社の場合はブラック企業である可能性もあります。

内定が出るまで、もういちど良く調査しましょう。

圧迫面接を今どき行っている会社には、意図があるにせよ、体質が古いと言わざる負えません。

入社するかどうかは、慎重になった方が良いと思います。


転職エージェントに登録するとあなたに担当コンサルタントがつきます。

コンサルタントは有能な秘書のようなものです。

求人紹介から応募書類の添削、応募手続き、面接日程調整、待遇交渉、円満退職のアドバイスなど実に多くのサポートが受けられます。

コンサルタントにあなたのキャリアをきちんと理解してもらうことが転職エージェントを上手く利用する秘訣です。

相性もありますので、複数社への登録をおすすめします。

最初は大手の転職エージェントに登録するのが良いでしょう。

慣れてきたら、あなたの職種に特化した転職エージェントを探して、利用してみましょう。

転職エージェントでは業界大手の【JAC Recruitment】。

登録者は35歳以上が65%を占め、エグゼクティブ、管理職、外資系の求人を得意としています。

年収800万円以上の求人を多数保有しており、現年収が600万円以上の方におススメです。

 【JAC Recruitment】への登録はこちら


 面接官は本当はここをみている!の記事はこちら

トップへ戻る

本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!