転職理由と退職理由はどう違うのか?


転職しようと決意したときの転職理由はきちんと退職理由と区別できているでしょうか?退職理由と転職理由の違いとは何でしょうか?

 

退職理由とは?

あなたが転職を決意した理由は何でしょうか?

おそらく、残業が多すぎるとか、給料が安いとか、上司との関係がうまくいっていないとかが主な理由でしょうか?

総じて、会社に対する不満がきっかけなのではないでしょうか?

これを退職理由として、認識しましょう。

つまり退職理由は、転職をするきっかけを作ったというものです。

例えば、会社の業績が悪化してきてこのままでいいのかなと考えだしたというのも退職理由のうちですね。

仕事がつまらないというのも、退職理由の一つでしょう。

同じ事の繰り返しでつまらないというのも、退職理由の一つでしょう。

成果主義が浸透しすぎて、自分のことしか考えない社風に嫌気がさしたというのも、退職理由の一つでしょう。

こう並べてみると、決して前向きな内容ではないですね。

なので、転職活動では公言しないほうが良いものばかりです。

退職理由は今までどうだったかということですので、企業面接では聞かれることはありません。

面接を受けに来た応募者が、今いる会社に満足していれば、その会社を辞めないはずなので、退職するにあたっての色々な理由があったということは知っています。

それに対して、転職理由は会社は聞きたい内容です。

ですので、面接で必ず聞かれることは、何度も本ブログで書いてきました。

この段階では転職するかどうかは決意すべきではないと思います。

退職理由とは、『今の会社を辞めたい理由』なのですから。

 

転職理由とは?

これに対して、転職理由とは何でしょうか?

一言でいうと、『あなたが今後どうなりたいか?』ということの理由となるものです。

つまりあなたにとっての未来のことです。

もちろん、ベースとなるのは退職理由です。

ですが、このままでは転職活動をするには早いと思います。

つまり、『辞めてどうする?』の答えが見つかっていないのに転職するのはリスクが大きすぎるからです。

この答えを見つけることが転職理由です。

給料が安いという現状に不満だとしましょう。

すると、辞めたら給料が上がるの?

という疑問が出てきます。

なので、転職理由は戦略的に考える必要があります。

つまり、キャリアアップして、実績次第で給料が大幅にアップすれば、現状の不満は解決します。

転職理由は、キャリアアップを目的として構築していけばよいのです。

そうすれば、転職活動を続ける間にブレることもありません。

例えば、外資系の企業狙いで転職活動できるのではないでしょうか?

 

転職理由と退職理由との違いは?

勘の良いあなたなら、もうおわかりですね。

転職理由と退職理由は表裏一体であっても、違うものです。

退職理由は過去のことであり、転職理由は未来のことです。

これが違いなのですが、面接官の方でも混同していたりします。

ですが、面接官が聞きたいのは退職理由ではないですよね。

面接では転職理由を常に答えるようにしましょう。

なぜなら、会社はあなたの愚痴を聞きたいわけではないからです。

この会社に入社したら、何を提供してくれるのかを知りたがっています。

面接とは安心である、と以前私は言いました。

このことは普遍的な法則だと思います。

安心させる答えをすれば、面接はうまくいくのです。

志望動機と転職理由を関連付けて答えることももちろん必要です。

ですが、面接は会話なのでうまくキャッチボールをしていけばよいのです。

相手が聞いていないことまで、答える必要はありません。

ここでも、【面接とは安心】の法則が通用しますね。


業界最大手の転職エージェントとして有名なリクルートエージェント

運営はご存知リクルートキャリアが行っています。

いわゆる総合型転職エージェントです。

むやみに登録するよりも、総合型は2社程度、特化型は2社程度登録すれば、十分でしょう。

⇒【リクルートエージェント】の公式サイトはこちら


 

トップへ戻る

本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

コメントを残す