転職理由と退職理由はどう違うのか?【知らないと恥をかく】

転職理由
この記事は約7分で読めます。

転職しようと決意したときの転職理由はきちんと退職理由と区別できているでしょうか?退職理由と転職理由の違いとは何でしょうか?

転職理由と退職理由はどう違うのか?

 

 

結論から書きます。

 

 

転職理由と退職理由は表裏一体であっても、全く違うものです。

退職理由は過去のことであり、転職理由は未来のことです。

 

 

面接官は退職理由がネガティブなものであることは十分わかっています。

採用担当者が質問したいのは退職理由ではないですよね。

 

 

面接では転職理由を常に答えるようにしましょう。

なぜなら、会社はあなたの愚痴を聞きたいわけではないからです。

 

この会社に入社したら、何を提供してくれるのかを知りたがっています。

面接とは安心である!と言う言葉が面接対策にはピッタリです。

 

 

面接とは安心である!
面接とは安心であるということを、本ブログの記事で書いてきました。そのまとめ的な記事になりますが、とても大事なことですので、改めて書きます。

 

これ以上の対策はないです。

全ては面接官を安心させるために考えるだけで良いのです。

 

このことは普遍的な法則だと思います。

 

 

安心させる答えをすれば、面接はうまくいくのです。

転職理由と志望動機はどう関連付けるか?を考えることももちろん必要です。

 

 

転職理由と志望動機はどう関連付けるか?
転職を決意した時には、明確な転職理由があるはずです。求人に応募する際の志望動機は、転職理由とどう関連付けるべきなのでしょうか?

 

面接は会話なのでうまくキャッチボールをしていけばよいのです。

相手が聞いていないことまで、答える必要はありません。

 

ここでも面接とは安心の法則が通用しますね。

 

 

退職理由は過去

 

あなたが転職を決意した理由は何でしょうか?

おそらく、残業が多すぎるとか、給料が安いとか、上司との関係がうまくいっていないとかが主な理由でしょうか?

 

 

総じて、会社に対する不満がきっかけなのではないでしょうか?

これを退職理由として、認識しましょう。

 

つまり退職理由は、転職をするきっかけを作ったというものです。

 

 

例えば、会社の業績が悪化してきてこのままでいいのかなと考えだしたというのも退職理由のうちですね。

仕事がつまらないというのも、退職理由の一つでしょう。

 

同じ事の繰り返しでつまらないというのも、退職理由の一つでしょう。

成果主義が浸透しすぎて、自分のことしか考えない社風に嫌気がさしたというのも、退職理由の一つでしょう。

 

こう並べてみると、決して前向きな内容ではないですね。

なので、転職活動では公言しないほうが良いものばかりです。

 

 

退職理由は今までどうだったかということですので、企業面接では直接聞かれることはありません。

面接を受けに来た応募者が、今いる会社に満足していれば、その会社を辞めないはずなので、退職するにあたっての色々な理由があったということは知っています。

 

それに対して、転職理由は会社は聞きたい内容です。

ですので、面接で必ず聞かれることは、何度も本ブログで書いてきました。

 

 

この段階では転職するかどうかは決意すべきではないと思います。

転職を決意する前にやるべきことは?で書いたように転職すると決めたら後戻りは出来ません。

 

【たった1つ】転職を決意する前にやるべきこと【後で後悔しない】
転職活動は安易に始めるべきではありません。転職を決意する前に明確にしておくべきことがあります。それは何でしょうか?

 

 

退職した後のビジョンがないのはとても危険です。

退職理由とは、『今の会社を辞めたい理由』なのでこれだけでは転職する決め手に欠けますよね?

 

 

この状況で仮に転職活動をして内定が出たとして、給料のことや勤務地のことで迷ってしまうかもしれません。

それは「何のために転職するのか?」が明確でないからです。

 

 

転職理由は未来

 

 

これに対して転職理由とは何でしょうか?

一言でいうと『あなたが今後どうなりたいか?』ということの理由となるものです。

 

つまりあなたにとっての未来のことです。

もちろんベースとなるのは退職理由です。

 

 

ですがこのままでは転職活動をするには早いと思います。

 

 

『辞めてどうする?』の答えが見つかっていないのに転職するのはリスクが大きすぎるからです。

この答えを見つけることが転職理由です。

 

 

給料が安いという現状に不満だとしましょう。

すると辞めたら給料が上がるの?

という疑問が出てきます。

 

 

転職理由は戦略的に考える必要があります。

つまりキャリアアップして、実績次第で給料が大幅にアップすれば、現状の不満は解決します。

 

 

転職理由は、キャリアアップを目的として構築していけばよいのです。

そうすれば、転職活動を続ける間にブレることもありません。

 

例えば、マジに転職で年収アップを狙うならどうするか?を転職の目的として転職活動できるのではないでしょうか?

 

給料決定の仕組みを逆手にとって年収アップを狙うには?
転職活動をするとき、年収だけで応募する求人を決める方は殆どいないでしょう。ですが、仕事内容だけで転職先を決めてはいけません。どちらも大切ですよね。今回は敢えて年収アップについて考えます。

 

 

面接対策に転職エージェントを使おう!

 

リクルートエージェント

 

 

面接対策として有効なのは転職エージェントのアドバイスをもらうことです。

業界最大手の転職エージェントとして有名なリクルートエージェント であれば有能なコンサルタントが数多く在籍しています。

 

 

ここの運営はご存知リクルートキャリアが行っています。

扱っている求人は幅広いので専門店というよりはデパート型と言えるでしょう。

分類としては特化型転職エージェントではなく総合型転職エージェントになります。

 

転職エージェントの使い方のポイントとなるのが登録する順番です。

まずは総合型転職エージェントを使ってみて慣れてみましょう。

特化型転職エージェントは職種・業種専門の人材紹介会社です。

 

転職エージェントに慣れてから特化型転職エージェントを使った方が上手くつかいこなせます。

書類選考・面接ともに転職理由はとても重要です。

総合型転職エージェントであるリクルートエージェント のアドバイスを聞きながら退職理由と転職理由をうまく棲み分けましょう。

 

 

あなたが思っていることを【言語化】してくれるのが、転職のプロです。

それを聞きながら、ブラシュアップすれば、最高の転職理由が出来ると思いますよ。

 

 

リクルートエージェント

 

 

最初に登録すべき転職エージェントは?

 

 

業界大手の転職エージェントはコンサルタントの質も平均的に高く、紹介される求人も各人のスキルに合ったものが紹介されます。

あなたが転職を迷っているのであれば、市場価値がわかりますので、登録をおすすめします。

 

 

すぐに転職という場合でなくても、情報収集は重要です。

アンテナを張る意味でも、貴重な情報源です。

 

 

 

登録しておきたい総合型転職エージェント8選!【おすすめ】
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、登録しておいて間違いないものをご紹介いたします。

 

転職エージェントのメリット・デメリット【おすすめ12社を使う】
転職媒体の中心ともいうべき転職エージェントですが、どんなメリットがあるのかわからない、逆にデメリットも多くあるんじゃないか?など実に数多くのお問い合わせを頂いています。ここでは本ブログのテーマである転職エージェントのメリット・デメリットと転...

 

 

転職理由の関連記事はこちらです

 

面接で退職理由を質問されても気にする必要はない【無難に対応】
面接で聞かれると困ることといえば、退職理由でしょう。心配ありません。面接官はあなたの退職理由には興味ありません。それは。。。

 

転職理由をなぜなぜ分析で深掘りしよう!
転職活動における肝は【転職理由】ですね。この転職理由の重要性を今一度整理してみましょう。

 

 

トップへ戻る

 

 

 

よくある質問

 

 

転職活動の手順を知りたい。できるだけ無駄のないようにしたいので。ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違いや使い方も含めて手順が知りたい。

 

 

転職活動で転職エージェントや転職サイトはどのように利用するのがよいのか?それぞれはどんな人に向くのか?おすすめの転職エージェント・転職サイトも知りたい。

 

 

職務経歴書が上手く書けないので、秘訣を知りたい。面接で注意すべき点やドタキャンする事情があったら、再応募は可能なのだろうか?その時の対策はあるのだろうか?

 

 

上記の質問に対する回答は本ブログの記事のさまざまな記事にとりあげていますので、ご一読頂ければ幸いです。

それでも疑問がある方は遠慮なくお問い合わせください