転職理由は意外と簡単に作れるって本当?

転職理由
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

転職理由を明確にすることは、とても大切なことですよね。ですが、時間をかけ過ぎても効率的ではありません。転職理由を作成する方法をマニュアル化してみました。

Sponsored Links

退職理由を書き出す!

まずは、転職を考えるきっかけとなったことを洗い出します。

転職理由と退職理由はどう違うのか?でお話ししたようにそれは退職理由です。

だいたいは、現在お勤めの会社に対する不満だと思います。

たとえば、以下のようなものが挙げられると思います。

 

✅残業が多過ぎる

✅給料が安すぎる

✅上司に不満がある

✅福利厚生がイマイチ

✅ボーナスが出ないか少額

✅最先端技術が身につかない

✅縦割り組織でスキルが身に付かない

 

まずは、考え込まずに思いつく限り出し尽くします。

多ければ多いほどいいです。

この作業が終わったら、少なくとも一日は次の作業に入るのを待ちます。

 

次はリストアップした退職理由の分類をします。

ここで分けるのは、在職したままでも、解決する方法があるかどうかです。

当然、転職しないと解決出来ない退職理由も出てきます。

リストアップした数に対して、かなり減るかもしれません。

それが転職理由の元となるものです。

 

退職理由の裏側にあることを書き出す!

退職理由の中の転職理由と成り得る項目のリストアップが終わりましたら、各項目について、深掘りしていきます。

転職理由をなぜなぜ分析で深掘りしよう!の記事はこちら

 

深掘り出来なかったりする項目も出てきます。

気にせずに作業を進めましょう。

ここが転職理由作成のための一番のキーポイントとなります。

深堀りの仕方ですが、退職理由の一つ一つに込められている思いを考えてください。

退職理由はあくまでも、現在わかっている不満なわけです。

 

✅その不満はどこからきているかを考えてください。

✅そして、不満が解決したらどうなるかをイメージしてください。

 

それがあなたの【なりたい自分】であるはずです。

簡単な例で考えてみましょう。

給料が安いという不満を持っていた場合、その不満は【仕事が忙しい割に給料が安い】のか【もらう額自体が安い】のかに分かれます。

もしも、仕事が忙しいわりに給料が安いということでしたら、どうすれば不満は解決するでしょうか?

この例の場合は、不満だったのは給料ではなく、仕事が忙しいことにあることが本当に解決すべき原因になることがわかると思います。

転職理由とは退職理由に隠された本人では気づきにくい原因を探り当てる作業なので、難しいのです。

上記の例では業務に関することは含まれませんが、仕事の内容についても同様の分析をしてみてください。

そうすることによって、経験を生かしてキャリアアップしたいのか、それとも、別な仕事をしたいのかがわかってきます。

 

✅仕事内容の方向性

✅給料など待遇面

✅勤務地などの環境

 

少なくとも三点について、答えが出ればこのフェーズは終わりです。

できれば、優先順位もつけておけばよいでしょう。

 

転職理由の出来上がり!

ここまでとりあえずは作業が終わりましたか?

実はこれで転職理由のほとんどができあがっています。

履歴書に書くのであれば、文章の肉付けをすれば立派な転職理由になります。

面接でいうのであれば、自然な言葉になるようにすれば出来上がりです。

ですが、書類選考や面接対策で転職理由が必要なのではありません。

 

転職を決意する前にやるべきことは?で言ったように転職理由を明確にすることで、転職活動を始めても良いといえるから必要なのです。

モティベーション維持の源とも言えるものなのです。

転職理由が不明確だとどのような方針で転職活動をするのかが決まりません。

 

ということは、どのような業種・職種の求人に応募するかも決まらないということですよね。

気づいてみたら、色々な求人に応募していたというのでは、ゴールが見えてきません。

この状態で転職活動を始めないほうが良いですよね?

そのための転職理由なんです。

 

ここまでの作業を一人でやるのが大変だとお思いでしょうか?

そういうあなたには転職エージェントの活用をおすすめします。

なぜ転職エージェントは無料で利用できるのか?に書いた通り、転職エージェントのサービス利用料は完全無料ですので、安心してください。

 

転職活動はキャリアの棚卸しから!始めることで転職理由がさらに明確になります。

誰でもできる職務経歴書の作成方法!のようなノウハウ、面接対策などの転職活動に関するアドバイスが担当コンサルタントから受けられます。

人を介する転職媒体は転職エージェントだけです。

転職活動は基本的には孤独です。

その寂しさは少しでもまぎれますし、困ったときに本当に頼りになります。

あなた自身で少なくとも3社以上は転職エージェントを使ってみないと実感はわかないでしょう。

迷う時間がもったいないです。

すべて無料なんですから。


【リクルートエージェント】

絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました