広告

【採用担当解説】dodaは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

【採用担当解説】dodaはやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】 転職エージェント
転職エージェント
この記事は約19分で読めます。

 

 

転職を検討している人「転職を考えている。今までのキャリアから、どの業界・職種を選ぶのが良いのか知りたい。求人が多く、選択肢が広くて、キャリア相談するのに良い転職エージェントがあれば、知りたい。」

 

こういった疑問に答えます。

先ほど、こんなツイートをしました。

 

転職活動では、転職エージェントの利用はマスト。中でも業界・職種・年齢・エリアを幅広く扱っている「総合型」転職エージェントは、最初に使うと良い。「特化型」転職エージェントは、「総合型」転職エージェントに慣れてからでも、良い。

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • 「総合型」転職エージェントは、大手を利用するのがよいことがわかる。
  • 転職エージェントの評判・口コミは、全く気にしなくて良い「客観的根拠」がわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 筆者は採用担当者で、数多くの転職面接や書類選考を経験しています。
  • 転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントを利用してきました。
  • 採用担当経験、そして3回の転職経験がこの記事の根拠です。
  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

  • 会社で働いていて、こんな悩み・不平不満はありませんか?
  • このような悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…
  • dodaは、非公開求人数が多く、独自案件もある転職エージェント
  • dodaに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由
  • dodaは完全無料ですので、とりあえず使ってみましょう

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職なら、非公開求人8割で、独自案件もあるdoda。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

  • dodaは、業界第二位の総合型転職エージェントで、転職サイトとしても利用できる。
  • dodaは、あらゆる業界・職種・年齢層の求人を保有。
  • dodaは、全国、海外エリアまでカバー。
  • dodaは、8割が非公開求人。独自案件も保有。
  • dodaは、各領域に強いコンサルタントが多い。
  • 転職エージェントは「マッチング」次第なので、評判や口コミは無視して問題ない。
  • dodaのメリットは、上記の通り。

 

 

会社で働いていて、こんな悩み・不平不満はありませんか?

会社で働いていて、こんな悩み・不平不満はありませんか?

 

  • アウトプットに対する年収が低すぎる
  • キャリアを活かした転職を考えている。
  • 転職の軸にふさわしい転職を考えているので、選択肢が多い転職エージェントを見つけたい。
  • 転職サイトで求人検索しても、マッチング求人が少なすぎて、困っている。
  • 転職する際、今の自分の転職市場価値を知りたい。
  • 会社から言われたことだけをやるのではなく、キャリアアップをしたい。
  • 転職活動は、業界・職種・年齢・エリアを幅広く扱っている「転職エージェント」を使いたい。
  • 上記の通り。

 

転職なら、非公開求人8割で、独自案件もあるdoda。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

このような悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…

このような悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…

 

  • でも転職活動って何から始めたらよいかわかりませんよね…
  • もちろんインターネットや転職本でも情報収集は可能ですが、本当に正しいのか不安ですよね…
  • 筆者も初めての転職活動では、だいぶ回り道をしたと思っています。
  • 転職活動ほど難しいものはないです。
  • うまくいっているのか自分ではわからないのですから。

 

実は転職活動にはちょっとしたコツがあります。

筆者は採用担当ですので、その「ちょっとしたコツ」を理解しています。

 

正しい「転職の進め方と手順」を意外と求職者の皆さんは知りません。

以下が正しい「転職の進め方と手順」です。

  1. 転職理由・転職の軸を明確にする
  2. 転職理由に相応しい求人ニーズをマーケティング
  3. 転職活動のスケジュールを立てる
  4. キャリアの棚卸し
  5. 履歴書・職務経歴書の作成
  6. 転職エージェント推薦で応募
  7. 年収交渉・内定・退職
  • 上記の通り。

 

転職の進め方のポイントは「求人応募」は転職エージェント推薦でということ。

 

「直接応募」は求職者が履歴書・職務経歴書を企業に売り込む方法です。

企業の採用担当者から見ると「どこの誰かわからない」ので、書類選考のハードルは高くなります。

 

それに対して「転職エージェント推薦」は企業に推薦状つきで応募できます。

転職エージェントが企業に推薦するので、有利になります。

 

転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2つがあります。

  • 「総合型」は業界・職種・年齢ともに、幅広い求人を扱っています。
  • 「特化型」は業界・職種・年齢などに特化した求人を扱っています。

 

転職では、「総合型」転職エージェントの利用はマストです。

転職先としては、大手企業を考える方も多いためです。選択肢を多くするために「総合型」転職エージェントから使ってみましょう。

 

本記事では「総合型」転職エージェントの中でも、業界第二位で求人数が多い「doda」を紹介します。

 

転職なら、非公開求人8割で、独自案件もあるdoda。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

dodaは、非公開求人数が多く、独自案件もある転職エージェント

dodaは、非公開求人数が多く、独自案件もある転職エージェント

 

そこでおすすめしたいのが、求人数が多い「総合型」転職エージェントを使って、転職活動する方法です。

転職エージェントが企業に推薦してくれますので、あなたは転職活動に集中できます。転職するなら、業界大手のdodaを使いましょう。

 

doda一覧表

 

運営会社 パーソルキャリア
対応エリア 全国・海外
求人数 185,608件 02/16更新
特記事項 非公開求人数が8割。独自案件もあるので、利用価値あり。

 

dodaは、あらゆる求人を多数保有

 

dodaは「総合型」転職エージェントです。

総合型転職エージェントは、幅広い業界・職種・年齢層の求人を保有しているので、転職活動では必須です。

 

「成果をきちんと出す」ことは、転職先でも、当然求められます。

転職活動では、「やりたいこと」よりも「できること」を優先すると、スキル面では問題ないでしょう。

 

転職の軸は、「できること」「やるべきこと」「やりたいこと」を総合的に判断して、業界・職種を決めることです。

dodaに、転職軸の相談も気軽にできます。まずは使ってみましょう。

 

まとめますと、dodaは「非公開求人数が8割」を超える転職エージェントです。転職を検討している方は、マストで使いましょう。

 

【全職種・全年代向け】おすすめ転職エージェント比較表

 

しかし、dodaにもデメリットがあります。それは、以下の3点です。

  • コンサルタントが担当する登録者が多いため、対応が短めになってしまう。
  • 経験者が優遇されるため、非公開求人の紹介される方は、スキルによる。
  • ごく一部、質のよくない求人が紹介されることがある。

 

有利に転職活動を進めるためには、ほかの転職エージェントを併用すること。複数社の利用はルール違反ではありませんので、ご心配なく。

以下に、dodaと併せて使ったほうが良い「全職種・全年代向け転職エージェント」も示します。ご検討ください。

 

4月~6月転職を目指す方は、今から準備を

無料登録は以下よりどうぞ。

  • 【全職種・全年代向け】おすすめ転職エージェント
転職エージェント 特記事項 運営会社 対応エリア 求人数
リクルートエージェント 非公開求人数20万件。業界最大手の転職エージェント リクルート 全国 公開 349,932 / 非公開 275,232
パソナキャリア 手厚い転職サポートで有名な転職エージェント パソナ 全国 49,000
ビズリーチ 年収600万円以上に支持されるハイクラス転職サイト ビズリーチ 全国 86,036

 

マッチングの確率からいっても「数を打つ」ことは必須です。

転職エージェントを1社だけに絞ることだけは、絶対にやめましょう。

 

dodaの転職支援フロー

 

dodaのコンサルタントは、いわば有能な秘書のような役割です。

dodaは、以下のような転職支援を受けることができます。

 

  • フォームより登録
  • キャリア面談
  • 求人紹介・企業への推薦
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス、添削
  • 面接対策(面接官の人柄、どんな質問が出るかなど)
  • 年収交渉・内定・転職・転職後のフォロー
  • 上記の通り。

なぜ転職支援を受けられるかというと、求職者と企業が労働契約を結ぶと、転職エージェントは企業から成功報酬という形で受け取るビジネスモデルだから。

企業から受け取る成功報酬の相場は、想定年収の30%-40%くらいです。例えば想定年収が500万円なら、成功報酬は150万円-200万円程度です。

 

転職エージェントは企業が求める候補者を推薦するため、直接応募するよりも内定獲得率は高くなります。

なので、転職活動は転職エージェントを中心に進めましょう。

 

転職なら、非公開求人8割で、独自案件もあるdoda。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

dodaに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

dodaに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

 

dodaの評判はコンサルタントのものだから。そのコンサルタントが担当になる確率はほとんどゼロ。つまり「評判や口コミは無視して良い」。

 

dodaには良い口コミもあり、もちろん悪い評判もあります。

dodaの良くない評判について、気にする方も多いですが、無視で問題ないです。

 

なぜなら、評判の悪いコンサルタントが担当者になる確率は、ほとんどゼロだから。

dodaエージェント自体の対応について書かれているものは見つかりませんでした。

 

 

dodaの良い評判・口コミ

 

  • 若いキャリアコンサルタントで積極的な対応ではなかった

きっかけ:派遣初心者のため、まず大手に登録しようと思ったため。
キャリアコンサルタントの対応やアドバイス:まだ若い感じで、聞かれたことに答えるというスタンス。積極的に相談に乗るという態度ではなかった。

引用元:若いキャリアコンサルタントで積極的な対応ではなかった

 

  • 会社の情報量も豊富だし、他と比べた中でも圧倒的に良かった!

良かった点は、圧倒的な情報の量です。

常にメールで求人情報を流してくれるので、選択肢を広げてくれるコンテンツだと思います。現職に限らず幅広くみてみたかったため、大変参考になりました。最終的に異業種に同職種で転職し、仕事内容にも満足・収入アップを実現することができました。

求人の質と量:他の転職サービスと比べても大企業だけでなく中小優良企業も掲載があり、条件の合う求人を探しやすいです。

提案力:専門のプロがサポート体制についてくれたので、求人説明もわかりやすくよかったです。他社ではあまり案件を紹介してもらえず門前払も数社ある状況で、これだけ提示してくれたのは本当にありがたかったです。

サポート体制:独自システムや他にないデータノウハウなどを駆使した転職サポートから転職後のフォローまでしてくれるのが他にない良い点です。職務経歴書でうまく話題をふり、得意分野に面接の質問を持っていくやり方など、とにかく実践的なテクニックをたくさん教えてくれ、助かりました。

担当者がA4でくれたテクニック集を練習して、面接はうまくのりきって内定をもらえました。もともと面接が苦手でしたが、何回も電話と対面で練習してもらい、なんとか乗り切ることができました。

履歴書をつかって面接を仕組む方法など、とても勉強になることばかりでした。最後の収入交渉の段階でも尽力してくれて、他のエージェントに比べてだんとつでよかったです。

引用元:会社の情報量も豊富だし、他と比べた中でも圧倒的に良かった!

 

  • 私の将来を本気で考えた転職アドバイスをしてくれた

私は1年前に転職を踏みとどまりました。会社の将来性が見えず、仕事をしていて成長が見込めなかったのでインテリジェンスと共にリクルートに登録に行きました。ただ、私の年齢(30歳)としてはある程度の給与で福利厚生も良かったため、同業界で同年齢で同じ仕事をしている人はこんなに給与をもらっていないよ。という事を言われました。

転職をすると給与が下がる可能性が高く、同業界に移ってもやはり仕事内容は似たような感じになるし、今から他業種に転職をしたら大きく年収が下がってしまうという現実の話しをしてくれました。

心から転職をしたいとか、何か別の仕事をやりたいっていう強い意志が無ければ、今の仕事を辞めることは得策じゃないというアドバイスまでしてくれて、私は一旦踏みとどまることができました。
そして、他社に比べれば自分の会社は恵まれているんだっという気持ちにもなりましたので、ヤル気のなかった業務もちょっと真面目に頑張ってみようという前向きな気持ちになれました。

他社のこととか業界の給与相場とかは全くわからなかったので転職エージェントに登録して現実を知れて良かったです。私にとってはそれだけで登録した価値がありました。

そして、転職を進めるだけじゃなくて私の将来のためのアドバイスをしてくれたキャリアコンサルタントに感謝したいです。

私の将来を本気で考えた転職アドバイスをしてくれた

 

dodaの評判の悪い口コミ

 

  • 最初から対応は悪く、他のエージェントで内定が出ると手のひら返し。ちょっと酷いですね。

最初から最後までひどいの一言でした。
面談時にこちらの希望を伝えたが、難しいの一点張りで同業界の無難な転職を勧められました。
案件に応募しても1ヶ月以上待たされた挙句、落選の連絡が何回もあった。
面接に行った会社の情報を集めてほしいと依頼してもレスポンスはなし。
電話の折り返しをお願いして、4日後にかけなおしてきたと思ったら、別件の話。
紹介したはずの案件の面接時間中に電話をかけてきて、バイブが鳴って気まずい雰囲気になった。
他エージェント経由で内定が出たと伝えた途端、急に連絡頻度が増えて、自社の紹介案件で内定を出そうと画策する。
そもそも面談時の私の希望業種を覚えてなかったまま、対応されていた。
電話も棒読みで「○○社ハナカナカ面接通過デキナインデスヨー」と、無理に入社させようとしている意図が丸見え。

本当にひどかった。

引用元:最初から対応は悪く、他のエージェントで内定が出ると手のひら返し。ちょっと酷いですね。

 

  • 障害者雇用に関しては知識がすくない転職エージェントが多くて残念でした

dodaインテリジェンス チャレンジ(dodaの障害者向け雇用向け事業)について

障害者求人を探されている求職者の方々へのアドバイスです。

私は、精神障害を持つ求職者です。サイトで題記、dodaインテリジェンス チャレンジの登録をしに行きました。
精神障害者むけのサービスを開始したのは、2013年10月頃からとのこと。

結論:精神障害者向けの求人の紹介をされることはないです。
   サイトでは、精神障害者健康福祉手帳をお持ちの方、とうたっていますが、精神障害者よりも身体障害者の方の求人しかないことを知らされます。

この人材会社に登録して無駄だったこと:セミナー(2時間)+翌日の個別面談(1時間)のプログラムを受講しないと、この会社で行われる、企業面接会に参加出来ません。セミナーの内容は、パワーポイントを使っていかに精神障害求人の数が増えてきているか、を示すもの。又、その資料に近日行われる企業面接会の案内も記載されている。が、このプログラムに参加したからといって、その企業面接会に必ずしも参加出来るとは限らない。募集枠が定員に達しましたと称して、参加すら出来ないことがある。詐欺である。
セミナーでは、本人の障害の内容(どこの病院に通っているか、等、書きたくない内容)まで記入させられる。このプライベートな内容をこの会社は把握して、何に利用しようというのか?
登録しにくる精神障害者というお客さんをある程度確保しなければ、このプロジェクトは成り立たず、障害者を餌、材料にして、企業に雇ってもらえないか、打診しているだけである。

カウンセラーについて:私は今まで1,500人以上の人間を面接してきたと自慢しているカウンセラーもいるが、はっきり言って、こんな人間からは何のアドバイスも受けられない。障害者雇用に関しては、素人集団である。

職歴添削について:見栄えを良くする為に、枚数の多い職歴書を少なくしてください、位のことしか言わないです。

非公開求人を沢山持っているかの様にサイト上ではうたっていますが、精神障害に関してはゼロですので、この人材会社への登録は辞めた方が良いです。時間とお金の無駄です。

引用元:障害者雇用に関しては知識がすくない転職エージェントが多くて残念でした

 

  • レスポンスが遅くて転職の可能性のある優秀な人を中心に相手をしているようでした

アドバイザーの人数が少ないのか、転職できる可能性がある人に力をかけているからなのか、あまり相手にしてくれません。

まず、レスポンスが遅い。
他社(某R社)のエージェントさんは、応募意思を伝えるとすぐに返信をくれ、書類選考結果、面接通過の可否確認の
打診後、すぐに返事や進捗の返事が来ます。 面接の結果などは直接企業様に確認を取って、後押しもしていただけているようです。
こちらのエージェントさんはほったらかしの印象を受けました。おそらく後押しもしていないのではと思われます。
また、エントリーに期限が有る求人もありますが、このレスポンスの遅さでは間に合っていないのではと感じることもあります。
会社体制にかなり信用ができないです。

次に、約束の守らなさ。
いつまでに、○○をお送りしますね。と言っておきながら送られてこなかったり、メールでご連絡いたします。と言っておきながらメールが無かったりと、社会人としての最低レベルを超えています。
暗に門前払いを受けているのかなと思うところもあります。 
人が不足してこの状態になっているのであれば、統括者の能力を疑います。

求人数は多いのかもしれませんが、自身での応募を促され、アドバイザーからの後押しは無いようです。
なんのため事前面談をしたのか良くわかりません。

面接をしていただいたキャリアアドバイザーの方は優秀な方のように見受けられたので、体制的に残念です。
転職を決意した私たちは、やむにやまれぬ事情や、身をつまされる境遇に陥ったものも含まれ、藁にすがる思いでエントリーしている事を忘れずに対応いただきたいです。

引用元:レスポンスが遅くて転職の可能性のある優秀な人を中心に相手をしているようでした

 

  • 悪い評判もありますが、特に気にする必要はありません。

転職エージェントは、コンサルタントの能力次第とよく言われます。

 

つまり転職エージェントよりも、コンサルタントとのマッチングが全て

コンサルタントが無能の場合、転職活動のじゃまになるだけです。

 

担当コンサルタントが無能だったら、すぐに交代してもらいましょう。

dodaは非公開求人だけでも8割保有し、独自案件もあるので、使わないと損です。

 

ただし、マッチングしないこともあるので、 リクルートエージェントパソナキャリア などの総合型転職エージェントと複数利用することをおすすめします。

リクルートエージェントやパソナキャリアは、dodaにはない求人がある可能性がある転職エージェントです。dodaが保有していない求人を持っていたり、手厚いサポートで有名な転職エージェントです。

 

doda以外で、マッチングする求人が見つかる可能性も大いにあります。アンテナは常に、立てていることが重要です。

 

転職なら、非公開求人8割で、独自案件もあるdoda。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

dodaは完全無料ですので、とりあえず使ってみましょう

dodaは完全無料ですので、とりあえず使ってみましょう

 

転職エージェントにもデメリットは、あります。

それは転職エージェントはコンサルタントの能力次第で、転職活動に影響が出る点です。

 

しかし有能でないコンサルタントは、交代すればよいだけ。

しかもdodaは、完全無料で使えます。

 

転職をするのであれば、dodaのコンサルタントは、とても優秀です。

dodaであれば、各領域に精通したコンサルタントが多く在籍しています。

 

もちろん、あなたには金銭的デメリットはありません

dodaを使わない理由は、見つからないはずです。

 

行動しないで失敗するのが、最悪です。

行動しながら間違いを修正すれば、良いだけです。

 

転職なら、非公開求人8割で、独自案件もあるdoda。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

【おすすめ】転職サイトとしても使え、超便利な転職エージェント【doda】

 

【採用担当厳選】総合型転職エージェントおすすめ8選【どこがいい?】

【採用担当厳選】どこがいい?20代向けおすすめ転職エージェント11選

【採用担当厳選】どこがいい?30代向けおすすめ転職エージェント7選

【採用担当厳選】どこがいい?40代向けおすすめ転職エージェント7選

【採用担当厳選】どこがいい?50代向けおすすめ転職エージェント6選

【転職エージェントおすすめ49選】採用担当が2024年6月徹底比較【裏事情や求人数・選び方】
2024年6月【おすすめ転職エージェント】をニーズ別知りたい方向け。転職エージェントの裏事情や求人数・選び方・転職サイトとの使いわけについて、初心者にもわかるように解説。採用担当のプロが厳選した、転職エージェント49社を徹底比較します。