転職エージェントの選び方は?


転職エージェントは数多くありますので、迷いますよね。本コラムでは選び方を考えてみましょう。

 

コンサルタントの印象で選べ!

キャリアコンサルタントは、転職エージェント=キャリアコンサルタントといってもいいくらい、重要な存在です。

私は転職エージェントの口コミや評判について調べるのは時間の無駄であると思っています。

なぜか?

転職エージェントは登録すると担当のキャリアコンサルタントがつきますが、口コミはそのコンサルタントについてどうだったかというものが殆どだからです。

つまり、転職エージェントの口コミではなく、そこに所属する某コンサルタントの口コミなんです。

なので、口コミは参考にすらならないのです。

人によって担当者が違うんで、言うことがバラバラのはずですから。

転職エージェントに登録したからといって、担当者を指名することは普通はできないので、まずは有名どころに登録しないと何も始まりません。

リクルートエージェント DODA などの大手転職エージェントにまずは登録してみましょう。

そして、キャリアコンサルタントとあなたとの相性が良くないならば、可能ならば担当者をかえてもらいましょう。

キャリアコンサルタントの良い悪いは第一印象で選んで間違いありません。

なぜならば、殆どの転職エージェントのキャリアコンサルタントは営業もするからです。

あなたがあまりいい印象を持たなかったのならば、営業マンとしても良い求人を企業から獲得いているとは考えにくいですよね。

逆にいい印象を持ったのならば、求人もそれなりにいいものがあるはずです。

ただし、転職エージェントによっては、求人開拓とキャリアアドバイスとを分けているところも存在します。

その場合は必ずしも、求人の質云々にはつながりません。

ただし、その場合もあなたのことを親身になって相談にのってくれているかというのは重要なポイントですので、転職エージェントを選ぶポイントと言えるでしょう。

 

紹介される求人が期待しているものかで選べ!

転職エージェントに登録すると、対面か電話でまずはあなたのキャリアを確認する面談があるはずです。

コンサルタントの質にもリンクするのですが、中には業界知識に疎かったりして、全く畑違いの求人を紹介されたりします。

職務経歴書に書かれているキーワードだけひっぱって、何をやっているかを理解していないコンサルタントの場合です。

その場合、コンサルタントとの相性が良く、これからも求人を紹介してもらいたいな、と思うんでしたら、もう一度あなたの職務経歴を説明して、その求人はマッチングしないということを説明してあげましょう。

理由を言わずにただ断ると、私の経験では、その後は求人の紹介はしてくれなくなります。

説明しても、わからないようなコンサルタントでしたら、担当替えを申し出ましょう。

昔は担当者を変えることは難しかったのですが、今はそうでもないです。

きちんとした理由があれば、むしろ転職エージェントに直接言うべきです。

ネット上で担当者変更ができる転職エージェントも今は多く存在します。

そのほうがお互いにしあわせだからです。

今も転職エージェントの担当交代を受け付けていないところがありましたら、改善要求をしましょう。

無料でサービスを受けていても、あなたは顧客なのです。

 

デパート型と専門店型を使い分けろ!

転職エージェントには大きく分けると2種類あります。

どんな求人でも扱っているデパート型の大手転職エージェント、もう1つは専門店のような業界に特化した転職エージェントです。

業界特化の転職エージェントでは、IT/Web業界、医療系、保育士などがあります。

その業界に明るく、知識が豊富なので、転職希望者にとっては心強い味方です。

進む業界、職種が決まっているのならば、業界特化の転職エージェントは超絶オススメです!

ただ転職初心者の方は最初はデパート型の転職エージェントで慣れてから、業界特化の転職エージェントに移行したほうがうまくいくと思います。

それなりの準備をしてから登録しないと、結構突っ込まれますので。

 

トップへ戻る

コメントを残す