転職エージェントはどこに登録したらよいのか?

転職エージェント
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

転職エージェントは数多くありますので迷いますよね。本コラムでは選び方を考えてみましょう。

Sponsored Links

コンサルタントの印象で選べ!

キャリアコンサルタントは、転職エージェント=キャリアコンサルタントといってもいいくらい、重要な存在です。

私は転職エージェントの口コミや評判について調べるのは時間の無駄であると思っています。

なぜか?

転職エージェントは登録すると担当のキャリアコンサルタントがつきますが、口コミはそのコンサルタントについてどうだったかというものが殆どだからです。

つまり、転職エージェントの口コミではなく、そこに所属する某コンサルタントの口コミなんです。

なので、口コミは参考にすらならないのです。

人によって担当者が違うんで、言うことがバラバラのはずですから。

転職エージェントに登録したからといって、担当者を指名することは普通はできないので、まずは有名どころに登録しないと何も始まりません。

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントにまずは登録してみましょう。


【リクルートエージェント】


【doda】への登録はこちら


 

運悪くキャリアコンサルタントとあなたとの相性が良くないならば、すぐに担当者をかえてもらいましょう。

コンサルタントに遠慮は無用です。

ところでコンサルタントの良し悪しですが。。。

これって、、、

第一印象で選んで間違いありません。

なぜならば、殆どの転職エージェントのキャリアコンサルタントは営業もするからです。

あなたがあまりいい印象を持たなかったのならば、営業マンとしても良い求人を企業から獲得いているとは考えにくいですよね。

逆にいい印象を持ったのならば、求人もそれなりにいいものがあるはずです。

ただし、転職エージェントによっては、求人開拓とキャリアアドバイスとを分けているところも存在します。

その場合は必ずしも、求人の質云々にはつながりません。

ただし、その場合もあなたのことを親身になって相談にのってくれているかというのは重要なポイントですので、転職エージェントを選ぶポイントと言えるでしょう。

 

紹介される求人が期待しているものかで選べ!

転職エージェントに登録すると、対面か電話でまずはあなたのキャリアを確認する面談があるはずです。

コンサルタントの質にもリンクするのですが、中には業界知識に疎かったりして、全く畑違いの求人を紹介されたりします。

職務経歴書に書かれているキーワードだけひっぱって、何をやっているかを理解していないコンサルタントの場合です。

その場合、コンサルタントとの相性が良く、これからも求人を紹介してもらいたいな、と思うんでしたら、もう一度あなたの職務経歴を説明して、その求人はマッチングしないということを説明してあげましょう。

理由を言わずにただ断ると、私の経験では、その後は求人の紹介はしてくれなくなります。

説明しても、わからないようなコンサルタントでしたら、担当替えを申し出ましょう。

昔は担当者を変えることは難しかったのですが、今はそうでもないです。

きちんとした理由があれば、むしろ転職エージェントに直接言うべきです。

ネット上で担当者変更ができる転職エージェントも今は多く存在します。

そのほうがお互いにしあわせだからです。

今も転職エージェントの担当交代を受け付けていないところがありましたら、改善要求をしましょう。

無料でサービスを受けていても、あなたは顧客なのです。

 

デパート型と専門店型を使い分けろ!

転職エージェントには大きく分けると2種類あります。

どんな求人でも扱っているデパート型の大手転職エージェント、もう1つは専門店のような業界に特化した転職エージェントです。

業界特化の転職エージェントでは、IT/Web業界、医療系、保育士などがあります。

その業界に明るく、知識が豊富なので、転職希望者にとっては心強い味方です。

進む業界、職種が決まっているのならば、業界特化の転職エージェントは超絶おすすめです!

ただ転職初心者の方は最初はデパート型の転職エージェントで慣れてから、業界特化の転職エージェントに移行したほうがうまくいくと思います。

それなりの準備をしてから登録しないと、結構突っ込まれますので。


【レバテックキャリア】への登録はこちら

業界特化型転職エージェントとは何か?

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました