どうしても会社を辞められない時はどうする?


転職活動の最後で最大の関門と言ってよいのが、【退職】ですね。円満退社を目標に進めることはもちろんです。しかし、どうしても辞めることが難しいときは最後の手段に出るしかありません。

退職願を受け取ってもらうように努力しよう

転職先が決まったら、在職中の方には大仕事が待っています。

そうです!

お勤めの会社に退職の意思表示をすることです。

退職交渉で絶対やってはいけない5つのこととは? にも書いてありますが、この部分はとても大事です。

事前に知っているといないとでは、全然効率が違います。

退職の意思表示と直属の上司から退職の承諾を得るまでは、出来るだけその日のうちに決着を着けるのがコツです。

会社側は時間を稼ごうとしますので、あなたが主体となって動く必要があるんです。

退職の意思表示は決まるまでは、誰にも口外しないことです。

転職先と綿密な打ち合わせをして、入社日を決めた時点で初めて、直属の上司に報告をします。

当然引き継ぎの時期がかかりますので、遅くても1ヶ月前、普通は余裕を持って、2ヶ月前には退職の意思表示をします。

退職する理由は詳しく言う必要はありません。

転職すると言っても良いですが、会社名を教えるのはやめておきましょう。

トラブルのもとです。

直属の上司に退職の承諾を得たら、その日のうちに退職日を決めてしまいます。

そうしないと、退職願を提出できないからです。

退職願はお互いに納得したという証拠になります。

ここで会社側から受け取り拒否があると、次のフェーズも考え出す必要があります。

 

退職の意思表示はあくまでも【報告】にすべき

一番大事なのは、初動です。

 報告する相手を間違えないこと

 上司へは報告前日に「明日お話しがあります。」と真剣にお願いすること

 退職したいというのではなく、退職しますと言い切ること。相談ではなく、報告の形をとること。

 業務引継ぎスケジュールを綿密に作っておくこと

 業務マニュアルも転職活動の合間の空いている時間に少しずつ進めておき、後であわてないようにしておくこと

これだけやれば、上司もあなたの退職の意思は固いと認めるでしょう。

繰り返します。

会社は時間稼ぎをします。

言い換えれば、あなたの退職を邪魔します。

あなたがどんどん進めないと、予定通り退職できなくなります。

これだけは頭に入れておきましょう。

 

それでも退職を受け入れてくれない時は…

あなたが前述したように誠実に対応しても、あなたの上司が物わかりの良い人だとは限りません。

引き継ぎの後任者を決めず、かと言って、直属の上司の組織でも引き継ごうとする気配もなく、会社が明らかに時間稼ぎをしていると確信したら、退職願ではなく、退職届を提出しましょう。

退職届は、会社が受け取った場合、雇用契約をあなたが一方的に解除できる方法です。

法的には、退職する2週間以上前に会社に提出することで、辞めることは可能です。

ですが、転職した後のことを考えると、出来るだけ円満退社をしておきたいものです。

退職届を提出する前に、以下のことを試みてください。

 直属の上司の上司に相談する。

 それでもダメならば、部門長に相談する。

 最後に人事に相談する。

退職願を受け取ってもらえなかったということは、話さないとビジネスマナー違反となります。

 

それでもダメだったら、最終手段として、退職届を提出しましょう。

念のため、内容証明郵便にて送りましょう。

ここまで揉めないようにして下さいね。


 絶対に登録しておきたい転職エージェント7選!はこちら

 絶対登録しておきたい転職サイト5選!はこちら


トップへ戻る

転職に関するお悩みはお気軽にお問い合わせください。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!