なぜ試用期間中の退職は避けるべきなのか?

退職
この記事は約4分で読めます。

試用期間中にその会社にいることが耐えられなくなることは、もちろん考えられることです。そして辞める権利もあります。ですが、退職は慎重に考えた方が良いです。その訳とは・・・

試用期間を勘違いしている人が多い

試用期間を勘違いしている人が多い

 

正社員として採用されると、多くの会社では試用期間が設けられます。

試用期間というのは、正社員と区別されているように思えますよね。

無理もありません。

求人票でも試用期間は何ヶ月とか書かれているんですから...

 

なので、お試し期間のように勘違いしてしまう人が案外多いです。

会社はいつでも解雇出来て、試用期間中はいつ解雇されても仕方ないと思ってしまうんですね...

事実だけを書けば、それは「真っ赤なウソ」ということになります。

 

なぜか?

試用期間でも雇用保険や社会保険に加入します。

雇用契約を会社と交わしているからです。

内定が出たら確認すべき5つのポイントは?で確認した労働条件通知書で正社員採用であれば、契約期間は「期間の定めのない」契約ということがかかれていますよね?

 

内定が出たら確認すべき5つのポイントは?
面接を数回行って、内定が出たら、確認すべきことは何でしょうか?

 

 

つまりは

雇用契約上は正社員と同じなのです。

 

正当な理由なく解雇はできないのです。

試用期間の仕事ぶりで「なんとなく向いてなさそう」というようなあいまいな理由では、解雇事由にはなりません。

 

正当な理由とは、経歴詐称、無断欠勤が続く、勤務態度が悪い、などです。

スキル不足は努力次第でどうにでもなります。

 

解雇事由にはなりません。

さらに解雇通知は正社員と同じで30日前に予告する必要があります。

 

もしくは、解雇予告手当を払う必要があります。

 

 

 

試用期間でも転職回数にカウントされる

試用期間でも転職回数にカウントされる

 

さきほども書きましたが、試用期間中であろうとも、会社と雇用契約を結んでいるので、社会保険(雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険)に会社は入る義務があります。

こんなことはないとは思いますが、試用期間だからと言って、社会保険がなく、国民年金、国民健康保険に入ってくださいと言われたら、その会社はブラック企業ですよ。

ブラック企業というより、違法ですね。

 

 

この社会保険に加入するという意味はおわかりでしょうか?

雇用保険には前職の退職日、会社名などが記載されています。

 

会社を辞めたいと思って、転職活動をする際は、あなたの履歴書に転職回数1回の傷がついてしまいます。

たとえ、履歴書に記載しなくても、転職後にあなたの雇用保険から前職がバレてしまいます。

 

最悪、経歴詐称となりまので、解雇されても文句は言えません。

 

 

 

なぜ試用期間中の退職は避けるべきなのか?

なぜ試用期間中の退職は避けるべきなのか?

 

賢明なあなたはもうおわかりですね?

試用期間中に退職することはとてもリスキーなんです。

 

転職できるかもわかりません。

履歴書に試用期間途中で退社と書けば、採用する側は警戒しますよね。

 

履歴書に試用期間で辞めた会社を書かないと、雇用保険と整合がとれません。

雇用保険を失くしたといって、再発行してもらっても、会社は以前の番号をハローワークに問い合わせることができます。

 

まさに寝た子を起こすようなものです。

それは絶対やめましょう。

 

 

試用期間の数ヶ月で会社を辞めてしまう人を採用する側はどう思うでしょうか?

また辞めるのでは?と思いますよね。

 

 

試用期間中に退職した場合は、もしも、パワハラなどの正当な理由があれば、説明すればわかってくれます。

問題はそうでなく、少しばかり人間関係がうまくいかない、とか、仕事がつらいとか、そういった退職理由では転職は難しいです。

 

 

このブログで何度も言ってますが、転職活動は転職理由を明確にすることから始めてください。

退職理由は会社をやめたい理由なので、これだけでは転職出来ません。

 

辞めてからどうする?が見えないからです。

それが転職理由になります。

 

転職理由がうまく構築できれば、試用期間中に退職しても転職は可能でしょう。

 

 

ですが、損をすることは確実です。

慎重に考えて、決めてくださいね。

 

普通の転職よりも、ずっと不利なんですから。

 

退職交渉で絶対やってはいけない5つのこととは?
転職活動の本当の山場は内定が出てからの退職交渉です。やるべきことと、やってはいけないことが明確なのに、その通りに行動せずに、自分の首を絞める場合があります。やってはいけないことは、最低限頭に入れておきましょう。

 

 

キャリコネ

 

 

フリーター・ニートなら登録しておきたい転職エージェント6選!
第二新卒、既卒、ニート、フリーターの方は一般の転職エージェントを使うよりも、特化型転職エージェントを利用することで、より効率的に就活できます。本記事では、ぜひとも登録しておきたい第二新卒、既卒、ニート、フリーターに特化した転職エージェントをとりあげます。ここをうまく使うことで良い就活ができますよ。

 

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!


タイトルとURLをコピーしました