求人応募の際には転職方法を意識しなければいけない訳とは?【不文律】

求人応募
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

転職活動を行っていると、さまざまな転職方法で求人応募を行うと思います。これらについては、全てを記録しておく必要があります。それはどうしてでしょうか?

Sponsored Links

求人応募の際には転職方法を意識しなければいけない訳とは?

 

ハローワークから求人応募する場合は、企業への直接応募となりますね。

紹介状をハローワークからもらったら、その後の事務手続きや交渉は全てあなたが行う必要があるんです。

 

面接日程の調整ももちろんですし、内定の連絡を受けるのも企業からダイレクトです。

気が抜けませんし、落ち落ち外出も出来ません。

 

全てにおいて、あなたが対応する必要がありますので、求人進捗状況は神経質すぎるくらいに、常に把握しておきましょう。

ハローワーク求人のみならず、並行して進んでいるほかの求人の進捗状況もウォッチしておきます。

 

どの求人に内定が出るかわからないからです。

その時点での求人の優先順位をつけておき、内定が出た時に、あわてないで済むようにします。

 

優先順位が低い求人に内定が出ても、落ち着いて対応できますよね?

とはいえ、転職を繰り返さない為にも、その求人は今一度精査しましょう。

 

良い部分が見つかるかもしれません。

内定辞退した後で気づくのは遅いのです。

 

内定辞退した後での再応募は、可能ではありますが、企業の信頼を失っている分だけ、不利なのです。

もう一度検討してみて、それでも魅力的な求人でないと思われたのであれば、内定を辞退しましょう。

 

その場の勢いや理由がないのに、内定承諾したり、辞退するのは、企業にも失礼だと思います。

ここまで、トラブルなく進めるためには、求人管理がとても大切なんです。

 

中でも、どの転職方法から求人応募したのかは、きちんと表にしておきましょう。

直接応募は転職活動の基本形です。

 

応募選考が進むにつれて、この求人はどこ経由で応募したのかを意識しないと、誤った対応をしかねません。

直接応募は、とてもシンプルです。

 

あなたが全て対応すれば良いのです。

他の転職方法でも、同様の求人管理が必要です。

 

最も注意すべきなのは、転職サイト経由で求人応募した場合です。

 

 

転職サイト経由での求人応募は注意

 

転職サイトの場合は、応募方法が二通りあります。

一つ目は、企業への直接応募の場合です。

 

もう一つは、転職サイトから転職エージェントを経由して企業に求人応募する場合です。

後者の場合は転職エージェントへ一旦登録する必要があります。

 

転職サイトを使って求人応募する場合は、特にどちらのパターンで求人応募したかを、その都度記録しておく必要があります。

直接応募なのか、転職エージェント経由なのかは求人応募後のルールが大違いだからです。

 

転職エージェント経由であれば、直接企業に問い合わせることはタブーです。

直接企業に問い合わせたがために、ビジネスマナーを守れないと判断されてしまいます。

 

下手すると、選考はそれでストップです。

こんなことで選考結果が不調になっては、馬鹿らしいですよね?

 

転職エージェント経由の場合は、全てエージェントを通すのが、鉄則です。

そして、直接応募の場合は企業と直接やり取りしなければいけません。

 

転職サイトは、その両方が混在しているのです。

エクセルで全ての求人をきちんと管理するのが一番簡単で良いでしょう。

 

例えば下図のように管理すれば、そんなに面倒ではないと思いませんか?

 

 

転職方法(媒体)に関しては、できるだけ社名も書くようにしましょう。

○○ナビ、■■エージェントのように。

 

転職サイトの場合は、直接応募・転職エージェント経由と二通りあるため、厳密に管理するためには、もう一列増やす必要があります。

私は管理を楽にするため、転職サイトは直接応募だけ使っていました。

 

転職サイトは基本的には求人サイトとして、使っていました。

もったいない気もしますが、非公開求人は転職エージェントが多く保有しているので、特に気にしませんでした。

 

応募出来る求人は減りましたが、転職エージェント経由で求人応募する場合は、直接エージェントに登録していました。

結局その方が、私は管理が楽でした。

 

転職サイトと転職エージェントは別物ですから。

 

 

 

転職エージェント経由の求人応募にもルールはある

 

私はメインは転職エージェントを使っていました。

転職エージェント経由の応募の場合は、直接企業にアクセスしないということに加えて、もう一つルールがあります。

 

それは、ある転職エージェントから紹介されて、一旦求人応募したら、別の転職エージェントからは求人応募してはいけないということです。

これは全ての転職方法について言えることです。

 

企業側の立場になって考えてみると、おわかりだと思います。

同じ応募書類が送られてくるということは、企業はとても迷惑です。

 

書類選考はされずに、結果の連絡もなくても文句は言えません。

別の転職サイト経由で求人応募するのも、ハローワーク経由で求人応募するのも同じことなんです。

 

数多く求人応募していると、知らないうちに再応募をしていることがあります。

私もきちんと管理出来ていないで、再応募してしまったことがあります。

 

転職の方向性は定まっていれば、同じような求人を選ぶのは当然です。

問題は求人応募したことを忘れていることです。

 

このようなことを避けるためにも、先ほどの管理表のようなものを作って、日々更新していきましょう。

 

応募求人の進捗管理はどうすればいいの?
転職エージェントにしろ、転職サイトやハローワークにしろ、求人に応募したら、進捗管理が重要になってきます。今回は求人や面接の進捗管理について書きます。

 

状況が変わったら、すぐに記載する習慣をつければ、特に面倒ではないです。

同じ会社に求人応募しているかは、エクセルですとフィルター機能を使えばすぐにわかりますね。

 

ここまで転職方法は常に気をつけなければいけない理由を書いてきました。

特に目新しいことではないですが、案外ご存知ない方も多いので、今回記事として取り上げさせていただきました。

 

転職活動で色々な転職方法を使うと混乱してきます。

それを放置しますと、あとで大変なことになるのです。

 

日々のちょっとした管理だけで良いので、初めて見てください。

転職活動中の方で、何も記録をとっていない方は急いでメモでも良いので書き出しましょう。

 

リクルートエージェント

 

 

 

 

 

よくある質問

 

 

転職活動の手順を知りたい。できるだけ無駄のないようにしたいので。ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違いや使い方も含めて手順が知りたい。

 

 

転職活動で転職エージェントや転職サイトはどのように利用するのがよいのか?それぞれはどんな人に向くのか?おすすめの転職エージェント・転職サイトも知りたい。

 

 

職務経歴書が上手く書けないので、秘訣を知りたい。面接で注意すべき点やドタキャンする事情があったら、再応募は可能なのだろうか?その時の対策はあるのだろうか?

 

 

上記の質問に対する回答は本ブログの記事のさまざまな記事にとりあげていますので、ご一読頂ければ幸いです。

それでも疑問がある方は遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

Sponsored Links