【朗報】ニートでも91.3%が入社後定着できる転職エージェント

第二新卒・ニート
この記事は約10分で読めます。
Sponsored Links

今はニートであったとしても、正社員になって変わりたい。そのようなお悩みがある方は多いはず。これからどうしていけばいいのでしょうか?解決する方法は………

Sponsored Links

こんなお悩みありませんか?

 

 

ニートの方は通常の就職活動とは違う悩みを抱えています。

 

 

例えば、

 

 

  • ニートのため、履歴書の書き方など就活の始め方すらわからない...
  • ブラック企業を新卒で退社。今度こそまともな会社で働きたいが、どうすればいいかわからない
  • 高卒・大学中退では正社員として雇ってくれるところがあるか不安
  • 既卒で社会人経験がないため、書類選考で落とされると思い先に進めない
  • ニートで働かないことが習慣づいていて、今さら働きたくないがこのままではいけないとはわかっている...
  • 正社員にはなりたいが、正直やりたいことがわからない...

 

のような………

 

 

東京、大阪、名古屋などの都市部では求人は多いのですが、逆にどの求人に応募したら良いのかがわからないのではないでしょうか?

こんな時は一般的な就職希望者の方なら、様々な就活媒体を使って就職を目指します。

 

 

それではニートの就職方法としては、どれが一番適切なのでしょうか?

 

 

各就職媒体のメリット、デメリットをみていきましょう。

 

 

JAIC

 

 

 

ハローワークはおすすめできない

ハローワーク

 

あなたがまず最初に思い浮かぶのは、ハローワークに通うことでしょうか?

メリット・デメリットから考えてみましょう。

 

メリット

 

 

東京、大阪、名古屋のハローワークには多くの求人があります。

未経験歓迎求人もそれなりに多いので、そこに通うことも応募求人を見つける上で大切なことです。

 

年齢も制限がない求人がほとんどです。

若いから不利になるとか、ミドルだから不利になるとかというのは、ほかの就職媒体に比べると少ないです。

 

 

まとめますと、ハローワークのメリットは以下の三点です。

 

 

  • 求人が多い
  • 未経験歓迎求人が多い
  • 年齢制限がない求人が多い

 

 

デメリット

 

 

実は私はニートの方がハローワークに通うことはおすすめできないんです。

ハローワークをおすすめしない本当の理由とは?でお話ししたようにハローワーク求人はブラック企業の温床となりやすいのです。

 

 

それを見分けるのは一般の就職希望者でも難しいでしょう。

ニートの方なら、なおさら難しいのではないでしょうか?

 

 

ニートの方は社会人経験がありません。

フリーターの方にしても社会人経験はそんなにないと思うんです。

 

一般の就職希望者と同じ土俵で戦うのは難しいと思います。

このような理由からハローワークは使わないほうが良いのです。

 

 

 

ブラック企業に就職してしまったら、ニートの方はまた短期間で退職してしまう可能性だってあります。

ハローワーク求人にはこのようなリスクが伴います。

 

利用するのは控えておいた方が良いでしょう。

 

 

さらに正社員になるのが目的だとしたら、ハローワーク求人には直接雇用という意味での正社員求人は殆どありません

 

 

確かに派遣会社の正社員求人はあります。

ですが、これって正社員とは言えない働き方です。

 

派遣なので極めて不安定な働き方です。

その派遣会社の正社員になっても、全然うれしくないと思いませんか?

 

 

これに対して、直接雇用の求人はとても少ないです。

とてもびっくりです。

 

 

なので、ハローワークのデメリットは以下の2点です。

  • ブラック企業の求人が多い
  • 正社員求人が極端に少ない

 

 

 

以上のことからニートの方は就職活動にハローワークを使うのはやめましょう。

 

 

 

JAIC

 

 

 

転職サイトを使った方が良いのか?

 

 

転職サイトの場合は企業が求人掲載料を支払っています。

その意味では、ブラック企業はハローワークよりは少ないと言えます。

 

 

上図をご覧になるとわかると思いますが、ユーザー側からみると親切とは言えない仕組み(ビジネスモデル)です。

掲載料が高い求人の方が目立つ場所に掲載されるのですが、良い求人とは限らないからです。

 

あくまでも企業がお客様なんです。

高い掲載料さえ払えばいつまでも良い場所に掲載することができます。

 

 

常時目立つ場所で募集している求人については、むしろ警戒した方が良いです。

理由はお分かりですね。

 

 

転職サイトには求人掲載サービスに加えて、スカウトサービスがあります。

転職サイトはハローワーク同様、求人の質を見分けるのがとても難しいです。

 

 

スカウトの場合は、良いオファーが来る場合もありますが、ニートの方にはどうしても不利になります。

職務経歴がスカウトする判断材料になるので、キャリアが短い25歳までの方はどうしても不利になります。

 

勝てない勝負はしないほうが良いので、無理にスカウトを使う必要はありません。

つまり就職サイトも使うメリットはないのです。

 

 

 

JAIC

 

 

 

ニート向き転職エージェントを使う

 

就職支援のJAIC(ジェイック)

 

ニートに特化した転職エージェント

 

 

転職エージェントにも、ニートに特化したところがあります。

フリーターやニートの気持ちがわかるアドバイザーがあなたにつきますので、厳しいことを言われるのでは?と恐れることはないですよ。

 

 

 

派遣や契約社員ではなく、正社員求人のみを紹介しています。

このような転職エージェントを使う方が、ハローワーク、就職サイトよりもずっと効率的と言えます。

 

 

なかでも【JAIC】はとても評判が良いところです。

以下の特徴があります。

 

 

  • 定着率91.3%
  • 正社員就職成功率80.3%
  • 入社1年後定着率94.3%
  • 『職業紹介優良事業者』認定(数ある転職エージェントの中でも48社のみ)なので、ブラック企業を紹介される心配なし。
  • 完全無料
  • 未経験OK
  • 就職後も手厚いフォロー(研修)
  • 15年で14882名の支援実績

 

 

 

JAIC

 

 

 

サービス概要

 

 

普通の転職エージェントのような求人紹介だけではなく、その前に就職するための研修があります。

以前は厳しい内容の研修でしたが、企業側の需要の変化に伴い、今では自ら考えて行動出来る研修に重きを置いています。

 

内容はとてもソフトですので安心して受講して下さい。

 

 

無料説明会

 

 

就職する上での基本的なこととJAICが提供するサービスについて説明を行います。

この説明会を聞いた上で就職支援サービスを受けるかどうかを決めれば良いのです。

 

あなたが納得できなければ、就職支援サービスの利用は遠慮なく断ってください。

サービス利用者の80.3%が正社員として就職出来ています。

 

実績がありますので、そこはよく考えましょう。

つまりほとんどの方が就職成功しているということですね。

 

 

 

JAIC

 

 

 

個別面談

 

 

面談室は数部屋ありますよ。

もちろん個人情報は保護されます。

 

お一人お一人ごとに個性があります。

担当アドバイザーがあなたの自己分析をお手伝いすることで、今まで気づいていなかった長所が見えてきます。

 

就活はそれを軸に方向性を決めていきます。

もちろんあなたのご希望もよく伺った上で、紹介出来る求人を求人担当とご相談いたします。

 

無理強いはいたしませんので、ご安心ください。

担当アドバイザーはあなたが就職成功するまで、全力でフォロー致します。

 

 

 

JAIC

 

 

 

就活講座

 

 

元々はJAICは企業研修に定評のあることで有名でした。

企業からの信頼を得たJAICが求人紹介をしているため、書類選考は免除されて面接の機会が数多く与えられます。

 

 

 

社会人経験のない方でも企業から評価の高い7日間の研修を受けることで一人前のビジネスマンとしてのスキルを身につけることができます。

10年程前は飛び込み営業のスキルが求められていた為、先程書いたように厳しい研修を行なっていました。

 

ですが時代は変わり、提案を自ら出来る社員や個性的な社員が今は求められています。

企業のニーズに合わせて、今は厳しい研修は行なっていません

 

グループで考えて答えを出すことを中心に行なっています。

テーマが与えられて、その問題を解決することに慣れるのが研修内容の中心となります。

 

 

 

JAIC

 

 

 

集団面接会

就職支援のJAIC(ジェイック)

 

 

12分1セットで2日間かけて20社以上と面接を行います

あなたと企業とでそれぞれマッチングシートが配られ、どちらかに×(罰点)がつかない限りは個別面接に進めます。

 

 

 

JAIC

 

 

 

個別面接

 

 

集団面接会でお互いのマッチングは確認しあっているので、個別面接ではより深い話が出来ます。

ここまで来ると内定率もかなり高くなってきます

 

 

 

JAIC

 

 

 

内定~入社

就職支援のJAIC(ジェイック)

 

 

入社に当たって復習の意味で就職前研修を行います。

また引越しなどが必要な方に対しては業者割引などが受けられます。

 

 

活躍支援研修

 

 

JAICは就職後もサポートを行います。

入社後、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月後にアフターフォロー研修を行っています。

 

もちろん就職してからの心配事にもアドバイスを受けられます。

 

 

 

JAIC

 

 

 

最後に

 

 

80.3%がニートから正社員就職できているJAICこそ、最良の就職媒体と言えるでしょう。

最初は勇気が必要ですが、いざ使ってみたら必ず頼りになる存在になるはずです。

 

 

 

まずは気軽に相談だけする気持ちで利用してみませんか?

 

 

 

JAIC

 

 

 

トップへ戻る

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました