ハローワークをおすすめしない本当の理由とは?


転職方法の鉄板としては、【ハローワーク】が思い浮かびますよね。私はこれを使った転職をおすすめしていません。もっと深掘りしてお話ししましょう。

転職方法をまずは把握しよう

転職方法には大きく分けて4つあります。

転職媒体には、それぞれに特徴があります。

 転職サイト

転職サイトは求人サイトとも呼ばれています。

ウェブサイト上に求人が掲載されて、登録したら応募出来るというものです。

転職サイトは、求人掲載の広告料として、利益を出すビジネスモデルです。

 転職エージェント

転職エージェントは、もう少し複雑ですね。

登録者に求人を紹介して、その企業と雇用契約を結んだ段階で紹介手数料を取るビジネスモデルです。

成功報酬型が多いので、転職が決定しないと利益には結びつきません。

 知人の紹介

知人の紹介は、いわゆるコネです。

 ハローワーク

ハローワークは正式名称は公共職業安定所といいます。

国が設置している行政機関です。

 

転職サイトのメリット・デメリット

メリット

一度登録すれば、求人検索、スカウトでの応募が可能で、気軽に出来ます。

職務経歴書の見直しもいつでも出来るので、最初から完成形である必要はないです。

デメリット

若年層向けの求人が多いので、ミドル層には不向きです。

ウェブサイトからの応募では正式な応募となっていないため、履歴書・職務経歴書を送付する必要がある場合が多いです。

私が経験したことですが、応募した求人については、きちんと管理をしないと二重応募になるリスクがあります。

気軽に応募出来る分、管理はしっかりしないとほかの媒体で同じ求人に応募したら、時間の無駄ですからね。

気を付けましょう。

 

転職エージェントのメリット・デメリット

メリット

登録しないと応募出来ない非公開求人が多数あります。

私がよく紹介されるのは、極秘プロジェクトの立ち上げ関連の求人ですね。

転職エージェント以外では、受注できない案件でしょう。

キャリアコンサルタントがあなたの担当になり、転職に関するサポートを行なってくれます。

特に企業とのさまざまな調整は転職のプロに任せるのが一番です。

全て無料でサービスが受けられます。

デメリット

キャリアコンサルタントの質によっては、期待したサポートが得られません。

 

知人の紹介のメリット・デメリット

メリット

信頼されている知人からの紹介の場合、選考は優位に進むことが多いですね。

デメリット

しがらみがあるので、自由に辞めることは出来ません。

転職の際は、慎重にさまざまな調査をしましょう。

 

ハローワークのメリット・デメリット

メリット

求人数が最も多いです。

応募する際の年齢制限がありません。

未経験歓迎の求人が多いです。

デメリット

ブラック企業が平気で掲載されています。

求人のことを職員はほとんど知りません。

 

ハローワークをおすすめしない理由は?

ハローワークは公的機関です。

そのため、求人掲載の拒否ができません

結果として、ブラック企業の温床となるわけです。

ハローワークは無料で求人掲載ができます。

無料で求人掲載するということは、企業が採用に力を入れていないことを意味します。

一方では、採用にお金をかけるだけの余裕がないことも露呈しているんです。

会社が従業員を採用するときには、しかるべき予算を確保するのが、普通ですよね。

ハローワークに掲載している企業には、それが欠けています。

転職したとして、果たして大事にされるでしょうか?

ほとんど経費をかけずに採用したのだから、離職率も高い会社が多いと推測されます。

このような事情から、転職エージェントや転職サイト経由でまともに活動することを強くおすすめします。

【リクルートエージェント】への登録はこちら

トップへ戻る

お気軽にお問い合わせください。








本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!