【採用担当が断言!】ハロワをおすすめしない理由とは?【メリット・デメリットから明確】

【採用担当が断言!】ハローワークをおすすめしない本当の理由とは?転職ノウハウ
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

 

 

ハローワークを使うかどうかで悩んでいる人「転職活動でハローワークを使うかどうか迷っている。ぶっちゃけ、評判が悪いので使う気にならない。一方でハローワークを使って転職活動をしてもメリットがあるのならば、選択肢として考えたい。ほかの転職方法と比べて、ハロワのどんなところがダメなのか知りたいな。」

 

こういった疑問に答えます。

Sponsored Links

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • ハローワークをおすすめできない理由がわかる。
  • ハローワークのデメリットとメリットがわかる。
  • 転職サイトのデメリットとメリットがわかる。
  • 転職エージェントのデメリットとメリットがわかる。
  • 知人の紹介のデメリットとメリットがわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

  • 転職方法をまずは把握しよう
  • ハローワークのメリット・デメリット
  • ハローワークをおすすめしない理由は?
  • 転職サイトのメリット・デメリット
  • 転職エージェントのメリット・デメリット
  • 知人の紹介のメリット・デメリット

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職方法をまずは把握しよう

転職方法をまずは把握しよう

 

知人の紹介で転職することのリスクとは?で書いたように転職方法には大きく分けて4つあります。

それらにはそれぞれ特徴があります。

 

ハローワーク

 

 

ハローワークは正式名称は公共職業安定所といいます。

国が設置している行政機関です。

 

 

転職サイト

 

 

転職サイトは求人サイトとも呼ばれています。

ウェブサイト上に求人が掲載されて、登録したら応募出来るというものです。

 

転職サイトは、求人掲載の広告料として利益を出すビジネスモデルです。

 

 

転職エージェント

 

 

転職エージェントは担当コンサルタントが転職支援を完全無料でしてくれるサービスです。

登録者に求人紹介して、雇用契約を結んだ段階で企業から紹介手数料を請求できるビジネスモデルです。

 

成功報酬型が多いので、転職が決定しないと売上には結びつきません。

 

 

知人の紹介

 

 

知人の紹介は、いわゆるコネです。

知人の紹介とは言え、形式だけでも通常通りに選考が行われるのが普通です。

 

 

 

ハローワークのメリット・デメリット

ハローワークのメリット・デメリット

 

メリット

 

 

ハローワークの求人数は最も多いです。

さらに応募する際の年齢制限がありません。

 

スキルがなくても応募可能な未経験歓迎の求人も多いです。

 

 

>>【悲報】ハローワークはこんな人におすすめです。

 

デメリット

 

 

ブラック企業が平気で掲載されています。

求人のことを職員はほとんど知りません。

 

 

>>【あなたは大丈夫?】ブラック企業のチェックリストを作ってみた

>>ハローワークを使わない未経験の転職とは?

 

 

ハローワークをおすすめしない理由は?

ハローワークをおすすめしない理由は?

 

 

ハローワークは公的機関です。

そのため、求人掲載の拒否ができません

 

結果として、ブラック企業の温床となるわけです。

ハローワークは無料で求人掲載ができます。

 

無料で求人掲載するということは、企業が採用に力を入れていないことを意味します。

採用にお金をかけるだけの余裕がないことも露呈しているんです。

 

 

会社が従業員を採用するときには、しかるべき予算を確保するのが普通です。

ハローワークに掲載している企業には、それが欠けています。

 

転職したとして、果たして従業員を大事に育てようとするでしょうか?

経費をかけずに採用したのだから、離職率が高い会社だと推測されます。

 

このような事情から、転職エージェントや転職サイトで転職活動することを強くおすすめします。

>>直接応募と転職エージェント推薦、勝つのはどっち?

>>未経験求人はハロワを使うのが良い?【東京しごとセンターがおすすめ】

 

 

転職サイトのメリット・デメリット

転職サイトのメリット・デメリット

 

メリット

 

 

一度登録すれば、求人検索、スカウトでの応募が可能で、気軽に出来ます。

職務経歴書の見直しもいつでも出来るので、最初から完成形である必要はないです。

 

 

>>【情報強者】転職サイトを使うメリットと賢い転職活動とは?

 

デメリット

 

 

若年層向けの求人が多いので、ミドル層には不向きです。

ウェブサイトからの応募では正式な応募となっていないため、履歴書・職務経歴書を送付する必要がある場合が多いです。

 

私が経験したことですが、応募した求人については、きちんと管理をしないと二重応募になるリスクがあります。

気軽に応募出来るのですが、書類選考の通過率を考えるとあまりおすすめしません。

 

転職サイトは求人ニーズのマーケティングだけに使いましょう。

 

 

>>【採用担当者が断言!】転職サイトの効果的な使い方とは?

>>転職サイトのデメリットとは?【転職エージェントと比較する】

 

 

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントのメリット・デメリット

 

メリット

 

 

登録しないと応募出来ない非公開求人が多数あります。

私がよく紹介されるのは、極秘プロジェクトの立ち上げ関連の求人ですね。

 

転職エージェント以外では、受注できない案件でしょう。

コンサルタントがあなたの担当になり、転職に関するサポートを行なってくれます。

 

特に企業とのさまざまな調整は転職のプロに任せるのが一番です。

全て無料でサービスが受けられます。

 

 

デメリット

 

 

コンサルタントの質によっては、期待したサポートが得られません。

担当者の能力をできるだけ早く見極めることが必要です。

 

担当者交代も可能だからです。

相性が合わないコンサルタントにあなたの人生を任せるのはやめましょう。

 

出来るだけ早く相性の良くない担当コンサルタントは変えましょう。

 

 

>>【採用担当が徹底解説!】転職エージェントのデメリット・メリット

>>【転職3回でわかった!】転職エージェントはコンサルタントで選ぼう

 

 

知人の紹介のメリット・デメリット

 

メリット

 

 

信頼されている知人からの紹介の場合、選考は優位に進むことが多いですね。

 

 

デメリット

 

 

しがらみがあるので、自由に退職することは難しいです。

転職の際は、慎重にさまざまな調査をしましょう。

 

 

>>知人の紹介で転職することのデメリットをほかの転職方法と比較してみた

 

 

>>【採用担当ニーズ別厳選】転職エージェントおすすめ119選!【デメリット・メリット解説】

>>【採用担当が徹底解説!】転職エージェントのデメリット・メリット

>>【無料あり】エンジニア歴15年の筆者がおすすめするプログラミングスクール5選

 

 

Sponsored Links