有能なエージェントを素早く見抜く3つのポイントとは?

転職エージェント
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

転職エージェントを使うメリットはとても大きいです。とはいえ、デメリットももちろんあります。それはキャリアコンサルタントに当たり外れがあることです。できるだけ早くエージェントの能力を見抜く方法を知りたくないですか?

Sponsored Links

コンサルタント次第で良くも悪くもなる

コンサルタントこそが転職エージェントの付加価値である

あなたが転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがつきます。

原則として、あなたが転職を実現できるまで、一人の担当者が転職支援を行います。

コンサルタントが途中で転職する場合や、あなたが担当者変更を申し出た場合などは、担当が変更となりますが、これは例外と考えてよいでしょう。

そのキャリアコンサルタントの存在こそが転職エージェントの価値だと言っても良いでしょう。

 

コンサルタントはプロに徹している

認識しておいた方が良いのは、コンサルタントは個人事業主のようの働き方をしているということです。

転職エージェントの正社員であっても、各コンサルタントは社長のような意識を持って働いているんです。

担当コンサルタントが変わるとサポートが全然違うという理由は、そういうことです。

 

コンサルタントが一つの転職エージェントに在籍し続けることは珍しく、能力があれば、独立もしますし、ヘッドハンティングされることも多いです。

有名なコンサルタントほど転職回数が多いのが、この業界でもあります。

能力がなければ、業界から去っていきますから。

転職エージェントとしてのサポートの仕方はあるようでないに等しく、ベテランになるほど、自分流で支援をする傾向が強いです。

 

転職エージェントの口コミは当てにならない

なぜ転職エージェントの口コミ比較が無意味なのか?でも言っているように転職エージェントの価値はコンサルタントの能力次第だからです。

転職エージェントは会社であり、口コミに書かれているのは会社としての評判ではなく、殆どが担当コンサルタント個人の評判です。

個人の評判を転職エージェントのそれだと勘違いする人も多いでしょう。

 

当然ですが、担当者が違えば全然対応が違うのです。

だから転職エージェントの口コミは読むだけ無駄なのです。

いくら良い口コミでもひどい口コミでも、そのアドバイザーが担当者になる確率はかなり低いですからね。

 

だからこそ、早めにコンサルタントの能力を見極める必要があるのです。

それではどんな担当者であれば、サポートを継続してもらう価値があるのでしょうか?

 

対応がとにかく早い

対応の早さはコンサルタントの能力をみるのに、一番わかりやすいです。

あなたが何か疑問を持った場合、電話やメールで問い合わせると思います。

 

電話であれば、すぐに調べて答えてくれるか?

不在であれば、折り返しの電話がすぐにあるか?で対応のスピードはわかります。

メールであれば、遅くてもその日には何らかの返信があるかどうかです。

「すぐに調べて回答します。」でもいいのです。

 

質問した方は返信がないと読んでいるか不安になるものです。

できるコンサルタントほど、忙しいのにメールの返信はとても早いです。

これは会社で仕事のできる人もそうではないでしょうか?

コンサルタントは企業へも交渉をしますから、対応が早い人は安心できると思いますよ。

 

トラブルを解決してくれる

転職活動では、全て順調に進むということは珍しいです。

何らかのトラブルがあります。

面接日程のトラブルや内定、退職に関するトラブル、求人に関するものなどいろいろあります。

 

その場合に頼りになるのはコンサルタントです。

問題を解決してくれます。

内定辞退する場合も有能なコンサルタントは無理強いはしません。

退職交渉でトラブルに合った場合も、解決方法をアドバイスしてくれます。

求人情報についての齟齬があったばあいは、早急に先方に確認してくれます。

 

有能なコンサルタントはトラブル対応能力が高いです。

的確に状況把握して、対応してくれるかどうかも重要なコンサルタントの能力です。

第一印象であなたが頼りになると思えば、大丈夫です。

 

マッチングする求人を必ず紹介する

コンサルタントの本来業務は求人紹介です。

企業に候補者を紹介するのが日常的な仕事です。

もしもあなたが「この求人は可能性が低いのでは?」と思うのでしたら、コンサルタントに求人を紹介した理由を質問しましょう。

説得力があれば、あなたが気づいていない可能性を発見しているコンサルタントということなので、かなり有能です。

 

あなたの職務経歴を聞いて、全然違う求人を紹介してくるコンサルタントとはサヨナラしましょう。

そうではなくて、あなたの職務経歴から可能性のある求人を紹介してくれるエージェントこそが有能であるといえます。

 

いかがでしょうか?

コンサルタント、いわゆるエージェントには能力差がかなりあります。

紹介した3つのチェックポイントで有能かどうかはほぼわかります。

 

すなわち、

  1. 対応の早さ
  2. トラブル解決能力
  3. 求人紹介能力

です。

 

転職エージェントとしては、コンサルタントがどのようにサポートしているかはチェックできていません。

あなたの方から苦情を言えば、すぐに担当者を変えてくれます。

第一印象でだいたいわかると思います。

 

担当コンサルタントを変えるのなら、早い方が良いです。

最初のキャリア面談が終わった段階で苦情窓口に言いましょう。

有能なコンサルタントが多いですが、そうでない方もいるのは事実です。

せっかくの転職エージェントを利用するのでしたら、できるだけ有能なコンサルタントを選びましょう。

 

【リクルートエージェント】

【転職失敗しない】総合型転職エージェント8選【おすすめ】
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、転職活動で役に立つおすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

 

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links