【採用担当が厳選】転職失敗しない第二新卒向け転職エージェント【おすすめ】11選!

【失敗しない】第二新卒向け転職エージェント10選【おすすめ】転職エージェント
転職エージェント
この記事は約25分で読めます。

 

 

第二新卒で転職を検討している人「ぶっちゃけ、第二新卒転職エージェントのおすすめも知りたい。さらには、転職エージェントと転職サイトの使い分けを知りたい。第二新卒は社会人経験が浅いけど、転職できるのだろうか?」

 

こういった疑問に答えます。

この記事を読めばわかること

  • 第二新卒転職エージェントのおすすめがわかる。
  • 転職エージェントと転職サイトの裏事情がわかる。
  • おすすめの転職エージェントと転職サイトの使い分けがわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 筆者は転職経験が3回ほどあり、転職エージェントと転職サイトを合わせて50社以上は使ってきました。
  • 転職経験によって、使ってよかった転職エージェントと転職サイトだけをここで掲載しています。
  • 採用担当経験者として、転職エージェントに求人を依頼する側ですので、筆者にとって相性の良い転職エージェントを掲載しています。
  • 筆者は採用担当者経験から実に数多くの第二新卒応募者をみてきました。
  • つまり転職経験、採用経験の両方から選んでいますので、信憑性はかなり高いです。
  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

 

  • 【第二新卒向け】失敗しない転職エージェント【おすすめ】11選
  • 【失敗しない】転職エージェントと転職サイトの違い【裏事情】
  • 【失敗しない】転職エージェントと転職サイトの使い分け【おすすめ】
  • 第二新卒は経験が浅いけど、転職エージェントで転職できるの?【失敗しないおすすめの方法】
  • 転職エージェントをおすすめしても、行動しなければ失敗します
  • 上記の通り。

ではそれぞれ解説します。

 

 

【第二新卒向け】失敗しない転職エージェント【おすすめ】11選

【第二新卒向け】失敗しない転職エージェント【おすすめ】

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

  • 【第二新卒向け】失敗しない転職エージェント【おすすめ】
転職エージェント特記事項運営会社対応エリア求人数
マイナビグループ。20代専門転職エージェントマイナビ首都圏3,600
マイナビグループ。20代求人多数の転職エージェントマイナビ首都圏54,000
転職のプロが悩みを解決する転職エージェントキャリアデザインセンター首都圏20,000
20代営業職に特化した転職エージェントローゼンバーグ首都圏中心1,000
自己分析を重点的にサポートするキャリアコーチングLearn&Grow LLC
第二新卒・フリーターの方向け転職エージェントDYM東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、京都、広島非公開
既卒の方向け転職エージェントUZUZ東京、大阪、愛知、福岡1,500
既卒で理系出身者の方向け転職エージェントUZUZ東京、大阪、愛知、福岡1,500
20代満足度第一位の転職サイト学情全国10,860
日本最大級の求人数を保有する転職サイト。リクルート全国63,466
戦略コンサルを始めとする一流難関企業に内定を獲得した人の転職選考体験記を見ることができるのが大きなメリットの転職エージェントインテリゴリラ都市圏非公開

 

マイナビジョブ20’s

 

運営会社マイナビ
対応エリア首都圏
求人数3,600件以上
特記事項マイナビエージェントと併用すると効果的。

 

マイナビグループは転職エージェントではリクルートと並び2大巨頭という感じです。

マイナビは各転職エージェントで特徴を出すことでリクルートに追いつき追い越せという感じで頑張っている印象です。

 

マイナビジョブ20’sは20代向けの転職エージェントです。

20代の悩みをマイナビジョブ20’sのエージェントは知り尽くしていますので、安心して使うことができます。

 

マイナビエージェントは求人数が多いので、マイナビジョブ20’sと合わせて利用すると効果抜群です。

マイナビジョブ20’sは求人数よりも質を追求しているので、補完されるからです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

>>【マイナビジョブ20’s】第二新卒にピッタリの転職方法とは?

 

マイナビエージェント

 

運営会社マイナビ
対応エリア首都圏
求人数約54,000件
特記事項20代なら使っておいて損はない転職エージェント。

 

マイナビエージェントは新卒領域ではリクルートを抜いてトップになった転職エージェントです。

求人数ではまだまだリクルートエージェントに負けてしまうマイナビエージェントですが、サポートについては定評があります。

 

20代で評判がいい転職エージェントであるのも理にかなっています。

リクルートに追いつき追い越せの勢いのある転職エージェントです。

 

マイナビエージェントは求人数が多いので、マイナビジョブ20’sとあわせてつかうことをおすすめします。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

>>【マイナビエージェント】転職エージェントに向く方とは?

 

type転職エージェント

 

運営会社キャリアデザインセンター
対応エリア首都圏
求人数約20,000件
特記事項キャリア相談がとても丁寧。

 

type転職エージェントはキャリア相談に定評のある転職エージェントです。

首都圏中心の求人を扱っているので、エリアは限定されてしまいますが、キャリア相談するだけでも得るものはあるはずです。

 

以下は筆者がtype転職エージェントにヒアリングした求人数です。

 

公開求人数非公開求人数合計求人数
全国12,106件 6,688件18,794件
東京10,138件 5,382件15,520件
神奈川1,217件 842件2,059件
埼玉 401件 228件 629件
千葉 441件 222件 663件
茨城 139件 88件 227件
栃木 122件 86件 208件
群馬 69件 41件 110件
北海道 143件 105件 248件
宮城 130件 108件 238件
新潟 24件 15件 39件
愛知 583件 273件 856件
京都 108件 67 175件
大阪 1046件 611件 1657件
兵庫 170件 142件 312件
広島 130件 138件 268件
福岡 282件 173件 455件

 

type転職エージェントはリクルートエージェントやdodaほど知名度はありませんが、老舗の転職エージェントです。

先ほど書いたようにコンサルタントの質が高いので、初めての転職の方には求人紹介がされなかったとしても、転職活動についてのアドバイスをしてもらえれば、とても勉強になるはずです。

 

type転職エージェントのデメリットとしては、求人数が約2万件ほどしかないので、求人紹介は限られてくるということです。

type転職エージェントの使い方としては、転職理由を明確にしたり、職務経歴書を添削してもらうなどのキャリア相談するのがおすすめです。

 

転職エージェントは求人応募をしなければいけないというわけではありません。

転職エージェントは使い方次第で、良くも悪くもなるんです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

>>【type転職エージェント】首都圏特化の穴場的な転職エージェント

 

セールススピリッツ

セールススピリッツ

 

セールススピリッツは第二新卒営業職に特化した転職エージェントです。

総合型転職エージェントは幅広い求人を保有しています。

 

それに対して特化型転職エージェントは求人が絞られています。

転職の軸が明確であれば、特化型転職エージェントを使ったほうが効率的です。

 

セールススピリッツは20代営業職求人のみ保有していますので、マッチング度合いがめっちゃ高めです。

総合型転職エージェントは数万件の求人を保有していますが、マッチングするまでが結構時間がかかります。

 

セールススピリッツは保有求人数が1000件と決して多くはないです。デメリットとも言えるでしょう。

特化型転職エージェントはマッチングを優先していますので、求人数は少なめです。

 

「特化型」なら転職の軸に相応しい求人が必ず見つかるはずです。

先程、書いたように求人の質が第一ですから。

 

転職エージェントはコンサルタント次第とよく言われます。

担当者が有能でない場合にはかえって転職活動のじゃまになるからです。

 

その点、セールススピリッツのコンサルタントはトップセールス経験者が集まっています。

「営業のことを知り尽くしている」からこそ、ベストマッチングが可能です。

 

いくら求人が優良でも求職者にベストなものを紹介できなければ、ダメです。

営業職のことをわかっていないと精度の高い求人紹介はできないでしょう。

 

【セールススピリッツ】はコンサルタントが優秀ですので、紹介される求人を心配することはありません。

それでも人間同士なので相性はあります。

 

どの転職エージェントでも同じですが、合わないと思ったら担当者交代を依頼してください。

直接コンサルタントに言うのではなく、転職エージェントにメールか電話で「担当者を交代してください。」と連絡すればOKです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

>>【セールススピリッツ】20代営業職特化型転職エージェントで年収アップを!

 

キャリアアップコーチング

【採用担当が断言!】キャリアアップコーチングを使って転職の軸を明確にしよう!

 

キャリアアップコーチングはキャリアプランに特化した転職エージェントとは違う転職支援サービスです。

デメリットとして、キャリアアップコーチングは求人紹介がありません。

 

また無料面談のあとは有料になりますので、課金するときは良く考えたほうが良いでしょう。

ですが無料面談はもちろん無料です。

 

無料面談で質問したいことを聞きまくりましょう。

転職エージェントにとっての顧客は企業です。

 

それに対してキャリアアップコーチングの顧客はあなたです。

キャリアアップコーチングは転職全般のサポートをしますが、特に自己分析を得意としています。

 

転職エージェントの場合は自己分析はだいたい終わっている前提でキャリア面談があるので、独力で自己分析は大変という方には最適です。

 

無料面談までの流れは下記の通りです。

  • 以下のボタンを押下し、【無料面談をする】ボタンをクリック
  • スケジュール調整サービスにて、無料面談の申込みを行って頂きます。
  • 無料面談を実施

 

 

>>【採用担当が断言!】キャリアアップコーチングを使って転職の軸を明確にしよう!

 

DYM就職

 

運営会社DYM
対応エリア東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、京都、広島
求人数非公開
特記事項20代未経験求人が豊富。

 

DYM就職は20代はもちろんのこと、キャリアチェンジをお考えの方にもおすすめの転職エージェントです。

学歴や職歴に関係なく登録することが可能です。

 

DYM就職のアドバイザーは若い方が多いので、スキルがあまりない方でも緊張せずに話せます。

高スキルの方には物足りないかもしれませんが、経験が浅い方にはピッタリです。

 

DYM就職は優良企業も多く保有しています。

以下はその一部です。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

>>【第二新卒向け】20代特化転職エージェントを使おう【DYM就職】

 

 

UZUZ

 

運営会社UZUZ
対応エリア東京、大阪、愛知、福岡
求人数約1,500件(UZUZグループ)
特記事項未経験求人が豊富。

 

UZUZ(ウズキャリ)は第二新卒・既卒専門の転職エージェントです。

私がおすすめしているIT系の求人を数多く保有しているのが強みです。

 

「他社の20倍、相談に時間をかける」こともメリットです。

転職エージェントは、登録後のキャリア相談以外はメールでのやり取りになってしまいがちです。

 

ウズキャリは面接直前のロールプレイングも納得できるまで練習する徹底ぶりです。

就職サポートがとても手厚いと言えそうです。

 

ただし、転職エージェントは担当アドバイザー次第で良くも悪くもなります。

使ってみて自分に合わないと感じたら、すぐに担当者交代を申し出ましょう。

 

担当アドバイザーに直接言わなくても、苦情窓口はどの転職エージェントにもあります。

そこに言えば、すぐ担当交代してくれるはずです。

 

あなたは大事なお客様です。

転職エージェントも大事に扱わないと売上に響きますから遠慮なく苦情を言いましょう。

 

転職エージェントがあなたに親切に就職サポートするのは就職成功して欲しいからです。

あなたが就職成功して、入社すれば企業は転職エージェントに紹介手数料を払うからです。

 

あなたが全ての転職エージェントのサービスを無料で利用できるのも、それが理由です。

大学中退向け転職エージェントをうまく使えば、就職は問題なくできます。

 

 

UZUZ理系

 

運営会社UZUZ
対応エリア東京、大阪、愛知、福岡
求人数約1,500件(UZUZグループ)
特記事項理系出身者のための転職エージェント。

 

UZUZ理系は中退も含む既卒で理系出身者の方向けの転職エージェントです。

UZUZとの違いは情報・電子電気・機械系などの理系求人に強いこと。

 

既卒だとキャリア不足なので、未経験転職可能な営業かIT求人が中心です。

創業者が既卒で苦労した経験から転職支援はかなり親切です。

 

逆に「求人をどんどん紹介してもらいたい」方には向きません。

本当にマッチングする求人のみを紹介してくれます。

 

履歴書や職務経歴書の添削、転職面接の事前対策も徹底的に行います。

それが煩わしい方には向かないかもしれません。

 

キャリア相談は1~2時間かけてあなたの強み、転職軸を把握します。

これにより求人紹介の際のミスマッチを防ぐ狙いがあります。

 

理系求人で将来性がある業界といえば「IT一択」ですね。

未経験であれば「事業会社」への転職は難しいので「SES企業」で修行するのが結局は近道です。検討したほうが良いでしょう。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

Re就活

 

運営会社学情
対応エリア全国
求人数10,860件 11/9現在
特記事項20代が選ぶ転職サイト第一位。

 

Re就活は20代専門の転職サイトです。

累計掲載企業10,000社以上の実績No.1の転職サイトと言えます。

 

20代が選ぶ転職サイトの第一位(東京商工リサーチ調べ)にも選ばれています。

特に第二新卒の方はぜひとも使ってください。

 

良い求人が見つかれば、キャリアアップに繋がり、年収アップにもなります。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

リクナビNEXT

 

運営会社リクルート
対応エリア全国
求人数63,466件 11/9現在
特記事項転職活動を開始したら、最初に使ったほうが良い転職サイト。

 

転職サイトで最も有名なのがリクナビNEXTです。

転職者の約8割が使用しています。

 

リクナビNEXTについては20代に限らず、全ての年齢層の方におすすめの転職サイトです。

求人数が豊富なので、あなたの希望する業種や職種のニーズを把握することができます。

 

求人のリサーチに乗り遅れないためにも使っていない方は、すぐにでも登録した方がいいでしょう。

転職活動を開始したら、リクナビNEXTは最初に使う転職サイトとしておすすめです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

>>登録手順:リクナビNEXTを使うまで【リクルートエージェントも同時が良い】

 

インテリゴリラ

afima link

 

運営会社インテリゴリラ
対応エリア都市圏
求人数非公開
特記事項戦略コンサル転職に強い。

 

インテリゴリラは戦略コンサルティングファームや有力なスタートアップなどの難関企業を志す優秀なビジネスマンを全力でサポートする転職エージェントです。

インテリゴリラの特徴は実際に内定を獲得した人の転職選考体験記が情報として手に入ることが大きなメリットです。

 

業界・職種によって転職対策は異なります。

もちろん企業や求人ごとにも面接対策は違います。

 

正しい情報を収集することは今ではかえって難しいです。

多くの情報があふれているから。

 

信頼できるのは「実際に内定を獲得した人の面接対策」でしょう。

インテリゴリラは内定獲得者からの情報を提供しますので、効率的な転職活動ができます。

 

特にコンサルティングファームやM&Aなどのハイクラスの方には有益な転職エージェントです。

もちろんエンジニアや営業出身の方も転職面接でどんな質問が出て内定獲得者はどう答えたかが事前にわかるので、転職に有利です。

 

ぶっちゃけ、転職を考えている方すべてにおすすめできるのがインテリゴリラです。

事実、次々と最難関企業の内定を獲得する方が出ているそうです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

>>【26歳】26歳は第二新卒ではないが、転職可能か?【問題なし】

 

 

【失敗しない】転職エージェントと転職サイトの違い【裏事情】

【失敗しない】転職エージェントと転職サイトの違い【裏事情】

 

転職エージェントと転職サイトの違いを理解しておくことは重要です。

以下で解説します。

 

転職サイトの裏事情とは?【求人掲載料徴収型】

転職サイトのビジネスモデルとは?【求人掲載料徴収型】

 

転職サイトは求人サイトともいうことからわかるように、求人を掲載することでビジネスが成り立っています

上図のように企業A、企業Bがあったとします。

 

求人掲載料を払わないと転職サイトには掲載できません。

その時高い掲載料を払えば、目立つ場所に求人掲載してくれます。

 

上図の例では企業Aです。

逆に企業Bは掲載料が安いので、目立つ場所には求人掲載してくれません。

 

求職者にとっての良い求人が必ずしも目立つ場所に掲載されているわけではないことを覚えておきましょう。

これは広告と同じことと考えるとわかりやすいです。

 

転職サイトが無料で利用できるのは企業が求人掲載料を払っている裏事情があるからです。

>>【常識外ですが真実!】転職サイトのデメリット・メリット【採用担当が徹底解説!】

 

転職エージェントの裏事情とは?【成果報酬型】

転職エージェントのビジネスモデルとは?【成果報酬型】

 

転職エージェントは求人を依頼する企業、候補者(あなた)がすべてビジネスモデルに関係します。

以下のような流れで転職エージェントは売上を得ています。

 

  • 企業は求人を転職エージェントに依頼する。
  • 転職エージェントは求人に相応しい候補者を探し、企業に推薦する。
  • 書類選考、面接を行い、候補者が内定承諾する。
  • 紹介手数料を候補者の想定年収3割程度を企業は転職エージェントに支払う。

>>なぜ転職エージェントのビジネスモデルを理解すべきなのか【必須】

 

候補者であるあなたが転職成功しないかぎり売上はゼロです。

転職エージェントが全力でサポートする理由はそこにあります。

 

転職エージェントのビジネスモデルが原因で以下のような裏事情があります。転職エージェントのデメリットにもなりうるものです。

  1. 必ずしも全員が登録できるわけではない。やんわりと断られる。
  2. コンサルタントにはノルマが存在する。
  3. 転職可能性の高そうな求人が紹介されがち。
  4. スキルの高い登録者が優遇される。

 

①は転職エージェントに登録すると「紹介できる求人がありません。」と返事が来たときがまさにそう。

紹介する求人がないのではなく、ほとんどスキル不足が原因です。

 

②は求職者のことを第一に考えられない原因ともなります。

これはコンサルタントによって全然違いますので、複数の転職エージェントを使ってみるのが良いでしょう。

>>【転職3回でわかった!】転職エージェントはコンサルタントで選ぼう

 

③はコンサルタントのノルマとも関係しています。

転職難易度が低いものから求人紹介するコンサルタントがいるのも事実です。

 

④はある意味当たり前ですが、スキルが高い求職者ほど優遇されます。

転職エージェントから良い求人を優先的に紹介されます。

 

結局、転職エージェントはコンサルタント次第です。

求職者のことを第一に考えてくれるコンサルタントももちろんいます。

 

目先の利益しか考えていないと上記のようなコンサルタントになります。若い方に多いです。

人材業界を勝ち抜いてきたベテランであれば、信頼できます。

 

どうすれば利益が出るかも知り尽くしているので、余裕があるんです。

>>【採用担当が解説】転職エージェントのデメリット4つとメリット8つ【リスクはない】

 

転職エージェントと転職サイトのサービスの違い

転職希望者、求職者の観点から転職エージェントと転職サイトのサービスの違いを比較してみましょう。

 

転職サイト転職エージェント
求人の内訳公開求人のみ非公開求人が8割程度
求人応募自由に応募可能エージェントの推薦による
職務経歴書の添削サポートなしエージェントが添削
面接日程の調整サポートなしエージェントが代行
面接対策サポートなしエージェントと想定問答の練習
面接同行サポートなし希望すれば、同行あり
年収交渉サポートなしエージェントが年収交渉
退職交渉サポートなしエージェントが円満退職アドバイスをくれる

 

上記のように転職エージェントの方が圧倒的に楽に転職活動ができます

ですが転職サイトも正しく使えばとても有益な転職媒体になります。

 

 

【失敗しない】転職エージェントと転職サイトの使い分け【おすすめ】

【失敗しない】転職エージェントと転職サイトの使い分け【おすすめ】

 

結論「転職サイトで求人検索し、実際の応募は転職エージェント推薦がよい」

 

転職活動には失敗しないための正しい手順があります。

手順通りに行うことで、無理なく、無駄ない転職活動ができます。

 

以下に正しい転職活動の手順を示します。

  1. 転職理由・転職の軸を明確にする。
  2. 転職理由・転職の軸にマッチングする求人ニーズを転職サイトで徹底的にマーケティングする。
  3. 転職活動のスケジューリング
  4. キャリアの棚卸し
  5. 履歴書・職務経歴書の作成
  6. 転職エージェント推薦による求人応募
  7. 年収交渉・内定承諾・退職交渉
  • 上記の通り。

詳細はこちら >>【失敗しない!】簡単な転職の7つの進め方を完全公開【採用担当が徹底解説!】

 

もっとも重要なことは転職サイトは求人検索に徹することです。

求人応募は転職エージェント推薦の方が圧倒的に有利です。

 

転職サイトから応募しないのは学歴フィルターや年齢フィルターが設けられている場合があるからです。

転職サイトから応募すると、自動的に見送りになってしまうことが多いです。

 

転職サイトの使い方としては「求人ニーズ」を徹底的にマーケティングすることのみにしましょう。

多くの求人が検索されれば、転職市場でニーズがありますので「転職をしても大丈夫」です。

 

逆に希望する求人が見つからない場合は転職市場でニーズがない可能性があります。

転職活動をするのは待って、スキルアップをしたほうが賢明です。

 

転職エージェントはあなたを企業に推薦してくれますので、応募はここを使わないと損です。

転職サイトで応募したい求人をみつけたら、転職エージェントの求人にしてもらいましょう。

 

私は転職活動中、すべてこの方法を取りました。

そのためには信頼できる担当コンサルタントに出会う必要があります。

 

求人紹介をしてもらう際にマッチングしていない場合は、もう一度あなたの職務経歴を説明しましょう。

コンサルタントがあなたのキャリアを勘違いをしている可能性も十分あります。

 

それでもあなたのキャリアを理解してくれない場合は、迷わず担当交代をお願いしてください。

あなた、転職エージェントの双方にとって不幸なままだからです。

>>【失敗せず】転職の進め方で転職エージェントと転職サイトを使おう!

 

 

転職エージェントをおすすめしても、行動しなければ失敗します

転職エージェントをおすすめしても、行動しなければ失敗します

 

どの転職エージェントを使うのが良いのか、または、転職サイトを使うのが良いのかいつまでも迷っていても始まりません

転職エージェント、転職サイトともに無料でサービスを利用できるのです。

 

つまりあなたには何のリスクもないのです。

ライバルたちはさっさと転職エージェントや転職サイトにどんどん登録して使っているでしょう。

 

転職活動では行動しながら考えることが重要です。

間違いは修正しながら走ればいいんです。

 

そうじゃないと3ヶ月間で転職成功することはとても難しくなります。

そして3ヶ月より転職活動の期間が長くなると、転職先が決まるまでますます長くなってしまいます。

 

転職活動は短期集中が基本です。

転職活動のスケジュールを立てて、うまくいけばいいし、そうじゃなければ早めの修正が必要です。

 

そのためには転職活動で必須の転職エージェントと転職サイトは複数社使いつつ、走るのがよいです。

あなたの相性にあうところをリサーチしても無理です。

 

結局はマッチング次第だからです。

失敗を恐れても仕方がないです。

 

転職エージェントを使うことでは何のリスクも失敗もあり得ません。

マッチングしない転職エージェントを使い続けるのは時間の無駄です。

 

転職エージェントによって、保有している求人が違います。

あなたのキャリアに合わないところもあるかもしれないんです。

 

そのあたりはあまり気にせずにまずは行動してください。

一社だけでマッチングするのは珍しいので、複数社使用を基本としましょう。

>>【結論】転職エージェントは複数利用が基本です【注意点あり】

>>転職エージェントはなぜ掛け持ちした方がいいのか?【2つの理由】

 

行動しなければ何も始まりません。

第二新卒転職エージェントのおすすめリストを再び示します。気になったら使ってみてください。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

  • 【第二新卒向け】失敗しない転職エージェント【おすすめ】
転職エージェント特記事項運営会社対応エリア求人数
マイナビグループ。20代専門転職エージェントマイナビ首都圏3,600
マイナビグループ。20代求人多数の転職エージェントマイナビ首都圏54,000
転職のプロが悩みを解決する転職エージェントキャリアデザインセンター首都圏20,000
20代営業職に特化した転職エージェントローゼンバーグ首都圏中心1,000
自己分析を重点的にサポートするキャリアコーチングLearn&Grow LLC
第二新卒・フリーターの方向け転職エージェントDYM東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、京都、広島非公開
既卒の方向け転職エージェントUZUZ東京、大阪、愛知、福岡1,500
既卒で理系出身者の方向け転職エージェントUZUZ東京、大阪、愛知、福岡1,500
20代満足度第一位の転職サイト学情全国10,860
日本最大級の求人数を保有する転職サイト。リクルート全国63,466
戦略コンサルを始めとする一流難関企業に内定を獲得した人の転職選考体験記を見ることができるのが大きなメリットの転職エージェントインテリゴリラ都市圏非公開

 

>>【採用担当厳選】失敗しないフリーター・ニート向け転職エージェント【おすすめ】8選

>>【採用担当が厳選】転職失敗しない転職サイト【おすすめ】7選!

>>【採用担当厳選】どこがいい?ニーズ別の転職エージェント【おすすめ】121選【転職サイトとの使い分けも解説】