【おすすめ】リクルートエージェントが業界で最強の理由とは?

【おすすめ】リクルートエージェントが業界で最強の理由とは?転職エージェント
Sponsored Links

リクルートエージェントを使うかどうか迷っていませんか?転職活動中でしたら使わないともったいないです。本記事ではリクルートエージェントが業界で最強と言われる理由を書きます。転職エージェントはリクルートエージェントから使い始めるのがスタンダードです。

Sponsored Links

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

リクルートエージェントが業界で最強の理由とは?

 

  • リクルートエージェントが業界で最強を続けている理由は以下の通り。
  • 業界トップの非公開求人数
  • 紹介求人数もトップクラス
  • 経験豊富なアドバイザーが多数在籍
  • 無料で転職支援が受け放題
  • 面接力向上セミナーが自宅で受講可能

リクルートエージェントは上記のようなメリットがあります。

 

  • こんな悩みはありませんか?
  • 高年収で転職したい。
  • 残業時間が多い会社は困る。
  • 自分の強みがよくわからないので、転職活動が進まない。
  • キャリアアップできる業種・職種はなんだろう?
  • 平日は仕事で忙しいので転職活動で時間が取れない。

 

  • 転職活動をしていると悩みはつきないですよね…
  • 一人で転職活動するのは大変ですよね。
  • できれば転職について相談できる人がいた方がいいですよね。

 

  • そんなあなたのお悩みを解決するために転職エージェントがあります。
  • リクルートエージェントは業界からも求職者からも信頼されている転職エージェントです。

 

 

リクルートエージェントは業界トップの非公開求人数

リクルートエージェントは業界トップの非公開求人数

 

業界最大手の転職エージェント【リクルートエージェント】。

運営はご存じ【リクルート】が行っています。

 

全ての面で優れている転職エージェントですので、ぜひ登録しておきたい1社です。

転職エージェントでまずチェックすべきは、求人数です。

 

これについては、間違いなく業界トップクラスをほこります。

保有求人の90%が非公開求人、つまりは優良求人です。

 

非公開求人だけで少なくとも10万件以上です。

企業側も『リクルートさんなら』ということで、極秘の求人を出す場合があります。

 

他の転職エージェントでは、出会えない求人が多くあります

筆者が人を募集するときは、極秘プロジェクトが多く、リクルートエージェントだけに求人を依頼していました。

 

具体的にどんな人がほしいのか、ヒアリングが的確だったので、とても助かりました。

他の求人でも同様に極秘求人が多い為に、非公開求人が集中するのです。

 

おすすめの年齢層ですが、求人が豊富なのは25歳~34歳くらいの若年層です。

今は40代以上でも転職は決まるので、年齢よりも保有スキルのほうが重要です。

 

ITエンジニアの場合は人手不足のためもう少し幅広い年齢層の求人を取り扱っています。

今後ITエンジニアの需要が増えることはほぼ確実なので、リクルートエージェントも力を入れている分野となります。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

リクルートエージェントは紹介求人数もトップクラス

リクルートエージェントは紹介求人数もトップクラス

 

保有求人数が多くても、あまり紹介してくれない転職エージェントも確かにあります。

その点、リクルートエージェントは紹介求人数についても、業界トップクラスです。

 

何故かというと、求人紹介から応募までシステム化されているからです。

一人ずつに『Personal Desktop(PDT)』というWeb管理ツール、いわゆる、マイページが与えられます。

 

PDTで行えること、応募までのフローは以下の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の登録や修正が行える。
  • 求人の検索が行える。
  • 求人紹介はキャリアアドバイザーからスマホに連絡が来る。
  • 紹介求人の参照、応募についてもボタン1つ
  • 自動でアドバイザーに応募したい旨の連絡がいく
  • アドバイザーは連絡を受けて、応募手続きを行う。
  • 応募手続き完了の連絡は各自のスマホに来る。

 

応募手続きまでがとてもスムーズですし、選考状況もPDTを見ればわかります。

デメリットとしては、ほかの転職エージェントに比べて、コミュニケーションを取る機会が少ない点ですかね。

 

ほとんどがメール連絡なので、電話でのコミュニケーションは他の転職エージェントに比べると少ないように思います。

当然ですが、求人の重要なことや面接が決まるとアドバイザーと電話などで密に話が出来ますので、その点は心配ありません。

 

デメリットというほどではないかもですね。

私が利用していたときはほとんど毎日数件の求人紹介があったので、応募が出来なくて困ることは、ありませんでした。

 

以上のように求人数と紹介求人数は大きなメリットです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

リクルートエージェントは経験豊富なアドバイザーが多数在籍

リクルートエージェントは経験豊富なアドバイザーが多数在籍

 

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーの質が高いかどうかが問われます。

どの転職エージェントでもアドバイザーの能力には差があります。

 

リクルートエージェントは入社試験の競争率が高いため、平均して能力の高いアドバイザーが多く在籍しています。

あとは、あなたとの相性の問題です。

 

経験豊富なアドバイザーであれば安心して相談できます。

もちろん全てのアドバイザーがあなたと相性ピッタリというわけではないです。

 

転職エージェントはアドバイザー次第と言われます。

つまり転職エージェントがいくら素晴らしくてもアドバイザーがマッチングする求人を紹介できなければ、使う意味は無いです。

 

アドバイザーの質は半ば運です。

第一印象で決めて構いませんので、できるだけ担当者交代は早いほうがいいです。

 

どうしても担当を変えてほしい場合には、無理せずに転職エージェントに申し出ましょう。

リクルートエージェントでは以下のフォームから気軽に担当変更ができます。

 

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

リクルートエージェントは無料で転職支援が受け放題【転職サイトと比較】

転職エージェントのビジネスモデル

 

リクルートエージェントのビジネスモデル

 

リクルートエージェントは無料で転職支援が受けられます。

リクルートエージェントは求人を依頼する企業、候補者(あなた)がすべてビジネスモデルに関係します。

 

以下のような流れでリクルートエージェントは売上を得ています。

  • 企業は求人をリクルートエージェントに依頼する。
  • リクルートエージェントは求人に相応しい候補者を探し、企業に推薦する。
  • 書類選考、面接を行い、候補者が内定承諾する。
  • 紹介手数料を候補者の想定年収3~4割程度を企業はリクルートエージェントに支払う。

 

これがリクルートエージェントのビジネスモデルです。

候補者であるあなたが転職成功しないかぎり売上はゼロです。

 

リクルートエージェントが全力でサポートする理由はそこにあります。

 

リクルートエージェントと転職サイトとのサービス内容比較

 

転職希望者、求職者の観点からリクルートエージェントと転職サイトのサービスの違いを比較してみましょう。

 

転職サイトリクルートエージェント
求人の内訳公開求人のみ非公開求人が9割程度
求人応募自由に応募可能エージェントの推薦による
職務経歴書の添削サポートなしエージェントが添削
面接日程の調整サポートなしエージェントが代行
面接対策サポートなしエージェントと想定問答の練習
面接同行サポートなし希望すれば、同行あり
年収交渉サポートなしエージェントが年収交渉
退職交渉サポートなしエージェントが円満退職アドバイスをくれる

 

上記のようにリクルートエージェントの方が圧倒的に楽に転職活動ができます

 

失敗しない転職活動の正しい手順

 

転職活動には失敗しないための正しい手順があります。

手順通りに行うことで、無理なく、無駄ない転職活動ができます。

 

改めて以下に失敗しないための正しい転職活動の手順を示します。

  • 転職理由・転職の軸を明確にする。
  • 転職理由・転職の軸にマッチングする求人ニーズを転職サイトで徹底的にマーケティングする。
  • 転職活動のスケジューリング
  • キャリアの棚卸し
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 転職エージェント推薦による求人応募
  • 年収交渉・内定承諾・退職交渉

 

転職サイトから応募しないのは学歴フィルターや年齢フィルターが設けられている場合があるからです。

そのまま応募すると、自動的に見送りになってしまいます。

 

転職サイトの使い方としては「求人ニーズ」を徹底的にマーケティングすることのみにしましょう。

多くの求人が検索されれば、転職市場でニーズがありますので「転職をしても大丈夫」です。

 

逆に希望する求人が見つからない場合は転職市場でニーズがない可能性があります。

転職活動をするのは待って、スキルアップをしたほうが賢明です。

 

転職エージェントはあなたを企業に推薦してくれますので、応募はここを使わないと損です。

転職サイトで応募したい求人をみつけたら、転職エージェントの求人にしてもらいましょう。

 

私は転職活動中、すべてこの方法を取りました

そのためには信頼できる担当コンサルタントに出会う必要があります。

 

求人紹介をしてもらう際にマッチングしていない場合は、もう一度あなたの職務経歴を説明しましょう。

コンサルタントがあなたのキャリアを勘違いをしている可能性も十分あります。

 

それでもあなたのキャリアを理解してくれない場合は、迷わず担当交代をお願いしてください。

あなた、転職エージェントの双方にとって不幸なままだからです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

リクルートエージェントは面接力向上セミナーが自宅で受講可能

リクルートエージェントは面接力向上セミナーが自宅で受講可能

 

特に為になるものとしては、面接力向上セミナーがあります。

『PDT(パーソナルデスクトップ)』から手軽に動画で視聴出来るので、とても為になります。

 

また会場でもさらに具体的なセミナーを開催しており、都合の良い時間に予約可能です。

すぐに満席となる人気のあるセミナーです。特に、平日の夜は人気です。

 

業界最大手の転職エージェントですので、登録しておいて損はありません。

特に転職初心者の方は使いやすいと思います。

 

転職するかどうか迷っている方は相談だけでもしてみましょう。

転職のプロから見て、あなたの職種が需要がいまあるかを教えてくれます。

 

同時にあなたのスキルで転職するのに十分か不足しているところがあるかも教えてくれます。

転職を決意する前に相談してみるとあなたの中で転職の軸が整理されるでしょう。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

 

まとめ:このサービス内容で無料は使わないと損かもです

まとめ:このサービス内容で無料は使わないと損かもです

 

これだけの転職支援サービスを受けても、あなたは全て無料で使うことが出来ます

あなたに損はないのです。

 

転職活動では転職エージェントと転職サイトが必須です。

それは「正しい転職活動の進め方」でも前述しました。

 

もう迷っている時間はありません。

とにかく行動しましょう。

 

転職活動では行動の早さが決めてです。

とりあえずは気軽に相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

>>【採用担当ニーズ別厳選】転職エージェントおすすめ119選!【デメリット・メリット解説】

 

 

Sponsored Links