広告

【採用担当解説】レバテックエキスパートは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

【採用担当解説】レバテックエキスパートはやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】 転職エージェント
転職エージェント
この記事は約13分で読めます。

 

 

ハイクラスエンジニア転職したい人「現状の年収に満足していないので、転職を考えている。スキルには自信があるので、ハイクラスエンジニア転職できる転職エージェントを知りたい。」

 

こういった疑問に答えます。

先ほど、こんなツイートをしました。

 

ハイクラスエンジニア転職するなら、レバテックエキスパートがおすすめ。ハイクラス転職やエンジニア転職に強い転職エージェントはあるが、その両方に特化している転職エージェントは貴重だ。ハイクラスエンジニア転職を考えている方は、迷わず登録すべき。

 

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • ハイクラス転職するのに、適した転職エージェントがわかる。
  • さらに、エンジニア転職に強い転職エージェントがわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 筆者は採用担当者で、数多くの転職面接や書類選考を経験しています。
  • 転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントを利用してきました。
  • 採用担当経験、そして3回の転職経験がこの記事の根拠です。
  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

  • 会社で働いていて、こんな悩み・不平不満はありませんか?
  • このような悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…
  • レバテックエキスパートは、ハイクラスエンジニア転職に強い
  • レバテックエキスパートに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由
  • レバテックエキスパートは完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

 

では一つずつ解説します。

 

 

ハイクラスのエンジニア転職なら、レバテックエキスパート。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

  • レバテックエキスパートは、ハイクラスエンジニア転職に強い。
  • レバテックエキスパートはハイクラスエンジニア転職が前提なので、年収800万円以上の求人中心。
  • 転職エージェントは「マッチング」次第なので、評判や口コミは無視して問題ない。
  • 上記の通り。

 

 

会社で働いていて、こんな悩み・不平不満はありませんか?

会社で働いていて、こんな悩み・不平不満はありませんか?

 

  • アウトプットに対する年収が低すぎる
  • ハイクラスエンジニア転職を考えている。
  • 年収アップできれば、外資系企業やスタートアップ企業でも問題ない。
  • 日系企業である会社の経営方針に同意できない点が多い。
  • 現在の転職市場価値を知りたい。
  • たった一人だけで転職活動を行うのは、不安だ。転職エージェントを使いたい。
  • 上記の通り。

 

ハイクラスのエンジニア転職なら、レバテックエキスパート。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

このような悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…

このような悩みは、どうしたらいいかわからないですよね…

 

  • でも転職活動って何から始めたらよいかわかりませんよね…
  • もちろんインターネットや転職本でも情報収集は可能ですが、本当に正しいのか不安ですよね…
  • 筆者も初めての転職活動では、だいぶ回り道をしたと思っています。
  • 転職活動ほど難しいものはないです。
  • うまくいっているのか自分ではわからないのですから。

 

実は転職活動にはちょっとしたコツがあります。

筆者は採用担当ですので、その「ちょっとしたコツ」を理解しています。

 

正しい「転職の進め方と手順」を意外と求職者の皆さんは知りません。

以下が正しい「転職の進め方と手順」です。

  1. 転職理由・転職の軸を明確にする
  2. 転職理由に相応しい求人ニーズを転職サイトでマーケティング
  3. 転職活動のスケジュールを立てる
  4. キャリアの棚卸し
  5. 履歴書・職務経歴書の作成
  6. 転職エージェント推薦で応募
  7. 年収交渉・内定・退職
  • 上記の通り。

 

転職の進め方のポイントは「求人応募」は転職エージェント推薦でということ。

 

ハローワークや転職サイト経由の「直接応募」は求職者が履歴書・職務経歴書を企業に送る方法です。

企業の採用担当者から見ると「どこの誰かわからない」ので、書類選考のハードルは高くなります。

 

それに対して「転職エージェント推薦」は企業に推薦状つきで応募できます。

転職エージェントが企業に推薦するので、有利になります。

 

転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2つがあります。

「総合型」は業界・職種・年齢ともに、幅広い求人を扱っています。

一方「特化型」は業界・職種・年齢などに特化した求人を扱っています。

 

もちろん、ハイクラスエンジニアに特化した転職エージェントも存在します。

数はそんなにないので、まずは使ってみましょう。

 

本記事ではハイクラスエンジニア転職に強い「レバテックエキスパート」を紹介します。

 

ハイクラスのエンジニア転職なら、レバテックエキスパート。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

レバテックエキスパートは、ハイクラスエンジニア転職に強い

レバテックエキスパートは、ハイクラスエンジニア転職に強い

 

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントを使って転職活動する方法です。

ハイクラスエンジニア転職するなら【レバテックエキスパート】を使いましょう。

 

運営会社 レバテック
対応エリア 全国
求人数 非公開
特記事項 ITハイクラス求人に特化。

 

レバテックエキスパートの求人は高年収のみ

 

レバテックエキスパートは「特化型」転職エージェントです。

特化しているのは、ハイクラスエンジニア求人です。

 

スタートアップや外資系に転職すると、日系企業と違い、大幅な年収アップが可能です。

レバテックエキスパートが保有している求人は、最低でも年収800万円クラスのものです。

 

日本の企業は生産性が低すぎるため、年収も高くありません。

一方、外資系企業の生産性はとても高いです。

 

つまり、年収アップをするなら外資転職が手っ取り早いです。

外資系企業は「ジョブディスクリプション」といって、入社の際に「やるべきことが決まっています。」

 

会社が望んでいる「成果をきちんと出す」のが外資転職の前提です。

ハイクラスエンジニア転職を希望するあなたなら、問題はないでしょう。

まとめますと、レバテックエキスパートは「ハイクラスエンジニア転職」に強いです。結果として、年収800万円以上のハイクラスエンジニア転職が実現できます。

 

レバテックエキスパートにもデメリットがある

 

しかし、レバテックエキスパートにもデメリットがあります。

それは「求人数」が少ないことと、スキル不足の方にはマッチングしないことです。

 

有利に転職活動を進めるためには、ほかの転職エージェントを併用しましょう。併用することはルール違反ではありませんので、ご心配なく。

以下に、レバテックエキスパートと併せて使ったほうが良い「ハイクラスエンジニア求人に強い転職エージェント」を示します。

ただし、レバテックエキスパートほどの高年収ではありません

 

求人が増える1月~3月がチャンスです。

無料登録は以下よりどうぞ。

  • 【ハイクラスエンジニア向け】おすすめ転職エージェント
転職エージェント 特記事項 運営会社 対応エリア 求人数
レバテックキャリア 年収600万円以上が5000件。老舗のIT特化型転職エージェントでコンサルタントのエンジニアとしてのスキルが高いことで有名。 レバテック 全国 15,000
TechClipsエージェント 年収500万円以上100%のIT特化型転職エージェント。事業会社中心の求人なので、キャリアアップに有益。 notari 首都圏 5,000
ウィルオブ・テックキャリア ITエンジニア専門転職エージェント。コンサルタントは2名体制をとっているため、内定率が極めて高い。年収アップを目的とする方にはおすすめ。 ウィルオブ・ワーク 全国 常時数千件

 

求人数が少ない場合は確率からいっても「数を打つ」ことは必須です。

転職エージェントを1社だけに絞るのはやめたほうが良いです。

 

レバテックエキスパートの転職支援フロー

 

転職エージェントのコンサルタントは、いわば有能な秘書のような役割です。

レバテックエキスパートは完全無料で以下のような転職支援を受けることができます。

 

  • キャリア相談(自己分析、希望条件など)
  • 求人紹介・企業への推薦
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス、添削
  • 転職面接の過去問を提供
  • 転職面接の日程調整
  • 転職面接に同行
  • 年収交渉
  • 円満退職のためのアドバイス
  • 転職後のアフターフォロー
  • 上記の通り。

なぜ無料で転職支援を受けられるかというと、労働契約が結ばれて入社すると企業から成功報酬をもらえるためです。

求職者が転職したら、想定年収の30~40%を企業は転職エージェントに払います。

 

転職エージェントは企業が求める候補者を推薦するため、直接応募よりも内定率は高くなります。

なので、転職活動は転職エージェントを中心に進めましょう。

 

ハイクラスのエンジニア転職なら、レバテックエキスパート。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

レバテックエキスパートに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

レバテックエキスパートに限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

 

転職エージェントの評判はコンサルタントのものだから。そのコンサルタントが担当になる確率はほとんどゼロ。つまり「評判や口コミは無視して良い」。

 

レバテックエキスパートには良い口コミもあり、もちろん悪い評判もあります。

レバテックエキスパートの良くない評判についても、全く気にする必要はないです。

 

なぜなら、評判の悪いコンサルタントが担当者になる確率は、ほとんどゼロだから。

レバテックエキスパート自体の対応について書かれているものは見つかりませんでした。

 

良い評判・口コミ

 

T.H様
38歳 男性

転職前:
国内大手人材系企業 技術顧問

年収850万円

事業会社で採用業務に従事し、VPoEに近い業務をしていたが、代表からは開発担当としてのキャリアを提示されてしまった。できればVPoEとしてのキャリアを歩める転職を実現したい。

転職後:
グローバルWeb制作企業 VPoE

年収1000万円

海外に開発拠点を設け、エンジニアの採用強化を目指すクライアント企業様がおられた為、エンジニア採用業務と組織、制度作りを担える人財としてT.H様をご推薦しました。3度に渡るご面談の後に、見事VPoEポジションとしてのご内定を頂く事ができた上、年収150万円アップという形でのご転職が実現しました。

引用元:【レバテックエキスパート】公式サイト

 

K.I様
31歳 男性

転職前:
日経大手通信事業会社 フルスタックエンジニア

年収750万円

新卒入社して以来、新規事業を中心に活躍するアーキテクトを目指していたが、マネジメント業務が中心となってしまった。開発するだけでは給与が上がり辛い現職の評価制度も相まって、転職を決意した。

転職後:
金融ITコンサル企業 フルスタックエンジニア

年収900万円

挑戦したい仕事に取り組みながら、年収も上げられる環境として、
技術水準が非常に高く、任されたミッションの達成率に基づいた評価がなされる金融テック特化のコンサルティング企業様をご紹介しました。4度に渡る選考を経て双方が理解を深めた上でのご転職となり、ご入社後はアーキテクトとして技術を引っ張るご活躍をなさっています。

引用元:【レバテックエキスパート】公式サイト

 

M.S様

41歳 女性
転職前:
国内大手電気機器メーカー サーバーエンジニア

年収800万円

新卒入社以来20年以上に渡って働き続けて来たが、女性の活躍機会が少ない風土と組織の柔軟性の低さに悩み、転職を決意した。
経験を活かして、引き続きモノづくりに携わりたい。

転職後:
資産管理サービス開発企業 サーバーエンジニア

年収900万円

M.S様のモノづくりに対する想いや、お悩みをクライアント企業様にお話したところ、採用担当者様から『女性が活躍する弊社で、技術を牽引する存在として活躍して欲しい。』というお話を頂く事ができ、そのままトントン拍子でご内定獲得となりました。多様性が尊重される職場で、活躍を期待される形での納得感のあるご転職が実現しました。

引用元:【レバテックエキスパート】公式サイト

 

悪い評判・口コミ

 

SNSなどで検索しても、特に見つかりませんでした。

転職エージェントのビジネスモデルを理解しているユーザが、多いためかと推察します。

 

  • 悪い評判はみつかりませんでしたが、関係ないです。

転職エージェントはコンサルタント次第とよく言われます。つまりマッチングが全て

担当者が有能でない場合にはかえって転職活動のじゃまになるだけです。

 

担当になったコンサルタントが無能だったら、交代してもらいましょう。

レバテックエキスパートが保有する求人は素晴らしいので、使わないと損です。

 

ただし、求人数は多くはないので レバテックキャリア , TechClipsエージェント , ウィルオブ・テックキャリア などと併用することをおすすめします。

どの転職エージェントも、ハイクラスエンジニア求人を多く保有しています。

 

ハイクラスのエンジニア転職なら、レバテックエキスパート。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

レバテックエキスパートは完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

レバテックエキスパートは完全無料ですので、今すぐ行動しましょう

 

転職エージェントにもデメリットはあります。

それは転職エージェントはコンサルタントの能力次第で転職活動に影響が出る点です。

 

しかし有能でないコンサルタントは交代すればよいだけ。

しかもレバテックエキスパートは完全無料で使えます。

 

ハイクラスエンジニア転職をするのであれば、レバテックエキスパートのコンサルタントは、とても優秀です。

レバテックエキスパートであれば、各エンジニア領域に精通したコンサルタントが多く在籍しています。

 

もちろん、あなたには金銭的デメリットはありません

レバテックエキスパートを使わない理由は見つからないはずです。

 

行動しないで失敗するのが、最悪です。

行動しながら間違いを修正すれば、良いだけです。

 

ハイクラスのエンジニア転職なら、レバテックエキスパート。無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

【採用担当解説】レバテックキャリアは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

【レバテックキャリア】IT業界特化型転職エージェントに登録するならここ!

【レバテックキャリア】今後もエンジニアはニーズがある仕事なのか

 

【採用担当厳選】どこがいい?おすすめハイクラス向け転職エージェント7選

【エンジニア歴15年がどこがいいかを厳選】おすすめITエンジニア向け転職エージェント5選

【採用担当厳選】転職エージェントおすすめニーズ別86選!徹底比較【求人数や選び方・裏事情を紹介】