未経験歓迎求人への転職は可能か?


Sponsored Links



未経験歓迎求人への転職ときいてあなたがイメージするものは何でしょうか?そもそも、未経験とは『何が未経験なのか』によっても違ってきます。未経験歓迎求人への転職ではどの媒体を使うのが良いのでしょうか?

Sponsored Links



未経験歓迎求人といっても色々ある!

dodaエージェントサービス調べ

あなたは未経験歓迎求人と聞いて、どのような求人を思い浮かべますか?

大きく分類すると3つあります。

 

異業種への転職

最も転職しやすいケースです。

職種を変えずに異業種への転職は日々ハードルが下がっています。

背景としては自動車業界が自動運転へと進んでいることを挙げればわかるように、業界・業種の間は、ますますボーダーレス、つまり、境目がなくなっていることがあります。

 

事実、自動車業界ではIT業界経験者、エレクトロニクス業界出身者があまりいないので、人員の大幅補強のため、転職エージェントに非公開求人を出しています。

メディカル業界においても、異業種の人を欲しがっています。

第四次産業革命で業界再編が加速し、今の業界が残る可能性はほとんどないでしょう。

上図はdoda調べの業種・職種経験不問の求人割合、下図は実際の異業種・異職種への転職割合です。

 

異職種への転職

dodaエージェントサービス調べ

未経験の職種へ転職することですが、これはあくまでも関連のある職種でないと可能性は低くなってきます。

例えば、IT業界でプロジェクトマネージメントを行っていた方が技術系のITコンサルタントになったりするケースであれば転職がうまくいく一例だと思います。

異業界の場合は求人(51%)と実際に転職をした人(57%)の割合には差がありませんが、異職種の場合は求人(8%)と実際に転職をした人(34%)の割合に大きな差があります。

 

採用側で『これまで』よりも『これからの可能性』をその人に感じた場合が結果的に多かったとみてよいでしょう。

面接では個別に会って判断されますので、『欲しい人だけど求人票のスペックを満たしてないから、見送り』なんてことは考えられないからです。

このデータからは実際に転職希望した方のポテンシャルが高かったということだと思います。

ただし職種を変えていることから、コアスキルが活かせる転職とは言えない場合も多く含んでいます。

その場合は当然ながら給料は下がってしまいます。

異職種への転職の場合はその点もよく留意してから挑戦してください。

 

異業種/異職種への転職

未経験とはいえ、全く経験がない転職はおすすめしません。

異業種・異職種への転職をした場合は、その分野では実績がないのですから新卒と同じ扱いです。

前職よりも大幅に給料は下がることは覚悟すべきです。

採用されるかどうかについても上記二つよりは低くなることは容易に推察できます。

 

では会社は何で採用するのでしょうか?

結局はその人の人間性ということになりそうです。

前向きに知らないことでも吸収しようとする姿勢であるとか、気遣いができるとか、なんか憎めない感じとか、ですね。

つまりは会社はその人の『未来』を買うんですね。

 

面接の場で過去のことを色々言ったって、【その分野では実績がないのです】からこれからの【キャリアプラン】を中長期的な視点で語れる方が評価されるんです。

これは同業他社への転職でも同じで結局最後は、その人の人間性が大きく影響をします。

ありきたりですが明るくて前向きな人が一番企業に好かれる人柄でしょうね。

 

年齢は関係するのか?

未経験歓迎求人への転職で年齢はネックなのでしょうか?

結論から言うと経験を活かした転職よりも、年齢はかなりのネックとなります。

 

会社は未経験歓迎求人に応募して入社した中途採用社員(以下、未経験社員と呼びます)に対して一人前になってもらうために、一定期間教育を行います。

教育担当者は本来は与えられた職務を行うはずです。

しかし教育という業務が余計に増えてしまい、毎日何時間かを未経験社員の教育にさくことになります。

 

会社から見た場合は、未経験社員への教育は投資です。

それに追加して未経験社員の給料も戦力になるまでは投資です。

その二つを合わせた金額が大きいほど、会社にとってはリスクが大きいことになります。

 

未経験社員の年齢について考えてみましょう。

年齢が高ければ高いほど、一般的には給料は高くなります。

つまり会社の投資額は増えるということです。

なので年齢は若いほど採用には有利になります。

経験を活かした転職の場合は、即戦力として入社する訳なので、社員教育の投資は殆どいらないんですね。

会社としてはとても助かるわけです。

 

例外になりますが年齢不問の職種としては、営業があります。

営業というのは、インセンティブなので固定費はとても低いんです。

業種・職種ともに未経験でも営業職へは転職しやすいのです。

そのかわり離職率も高いです。

このように営業以外は未経験への転職は年齢が関係すると考えてよいでしょう。

 

転職エージェントをむしろ使った方が良い?

未経験歓迎求人への転職を希望する場合、色々な転職媒体がありますよね。

私だったら迷わず転職エージェントを使います。

今では未経験転職をサポートしている転職エージェントも出てきているからです。

ほかの転職媒体、例えば転職サイトの場合は未経験歓迎求人への応募は何社でも可能です。

ですが、それはあくまでも応募ができるだけです。

 

転職エージェントの場合は、キャリアアドバイザーが企業側へ売り込んでくれるケースが多いので、チャンスが広がります。

転職エージェントが求人紹介してくれる案件はあなたに可能性があるとコンサルタントが判断したものです。

転職エージェントへ登録する際には、キャリアアドバイザーへ希望をはっきり伝えましょう。

未経験転職に挑戦したいと方向性がはっきりしている人ほどエージェントも、求人を紹介しやすいからです。

未経験といっても、全く今までの経験が活かされない業種・職種求人への転職は難しいです。

努力次第でキャッチアップ可能な分野を探して、その分野なら、もっとがんばれる、そういう転職ならとても素晴らしいと思います。


 異業種転職こそ、エージェントを使うべき? はこちら


 【doda】への登録はこちら


トップへ戻る

転職に関するご質問は何でもお気軽にどうぞ。







Sponsored Links




Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!