転職で失敗する人に欠けている3つのこと【スキルよりもマインド】

転職理由
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Links

転職活動で成功する人と失敗する人とは、不思議なことにハッキリとわかれます。その原因は何でしょうか?実はスキルや才能よりも、大事なものがあるんです。

Sponsored Links

転職で失敗する人に欠けている3つのこと

 

転職活動で大事なポイントは押さえたつもりだけど、それでも転職成功する人とそうでない人がいるのはなぜだろう?スキルは磨けば上達するけど、別の何かがあるのかな?

 

あなたの身の回りにスキル抜群なんだけど、なぜか転職活動がうまくいってない方はいらっしゃいませんか?

結果が伴っていない場合はそこには必ず原因があります。

 

結論から申し上げますと、マインドが何よりも大事です。

スキルよりも重要です。

 

以下の順で解説します。

 

  • 転職で失敗する人に欠けていること1:転職理由は明確になっていない
  • 転職で失敗する人に欠けていること2:キャリアビジョンが描けていない
  • 転職で失敗する人に欠けていること3:マインドが欠けている

 

 

転職で失敗する人に欠けていること1:転職理由が明確になっていない

 

転職を決めた理由は明確になっているでしょうか?

これが曖昧ですと、転職先でも同じような失敗を繰り返さないとも限りません。

 

なぜ退職するのか?

そして、転職するしか答えはないのか?

 

上記については十分に検討しないといけないことなんです。

 

転職活動を始める前に、在職中の会社で問題解決出来ないのかをクリアにしておくことが、大前提です。

 

退職理由がはっきりしていない、つまり、浅いものであればあるほど、転職活動に対してのモチベーションが続かないのです。

転職するには、ただ求人に応募すれば良いわけではありませんよね。

 

きちんとした戦略を立てて、転職活動をする必要があるわけです。

転職活動には、大きく分けて以下の4つのフェーズに分かれます。

 

  • 事前準備
  • 応募
  • 面接
  • 内定
  • 退社

 

考えてみれば当然なのですが、最も重要で時間がかかるのが、【事前準備】です。

事前準備でやることは実に多く、転職を決意する前にやるべきことは?で書いたように転職理由の明確化が最重要項目となります。

 

 

転職理由が明確にならない限りは、転職活動に入ってはいけないと断言できます。

なぜかというと、転職理由とは「在職中の会社で実現できないことを職場を変えることで実現すること」に他ならないからです。

 

転職するということは在職中の会社ではできない仕事を求めるのが普通です。

同じ仕事であれば、わざわざ退職する必要はありませんから。

 

  • もっとレベルの高い仕事をやりたいが、今の会社では学べるものはもうない
  • やりたい仕事が出来る部署が存在しない
  • やりがいがある仕事であるが、部署が廃止、もしくは縮小される
  • 管理職になっているが、自分としては実務をやりたい

 

など、一人ひとり転職理由は異なるはずです。

例えば、人間関係がいやで転職するとしましょう。

 

それは転職理由と言えるでしょうか?

転職先にも色々な方はいます。

 

今の会社でうまくいかないのに、転職して人間関係がうまくいく理由は何でしょうか?

このように明確にならない理由は転職理由ではありません。

 

単なる退職理由です

退職理由は転職を考えるきっかけになります。

 

退職理由どまりで転職理由が明確になっていないのは、まずいですよね。

面接対策としても、面接で転職理由を聞かれたら、どうする?かを考えておく必要があります。

 

 

私が面接していたときも転職理由ではなく、退職理由を答える方も結構いらっしゃいました。

基本中の基本なので、これはまずいです。

 

私は前職ではかなりの応募者の方々の面接を行っていました。

その経験から、転職理由に限らず転職本の例文をそのまま答える応募者も若干ですがいました。

 

結論から言いますと、自分の言葉で語れない方は一人も採用しませんでした。

転職理由がその最たるものなので、私は必ず質問していました。

 

「転職理由は?」と直接は質問せずに、関連質問として聞く方が、応募者の本音が聞けるので、私はその方法をとっていました。

転職して実現することが明確になっている方が、転職理由が明確な方です。

 

 

転職で失敗する人に欠けていること2:キャリアビジョンが描けていない

JAC Recruitmentオリジナルのキャリアの棚卸しシート

 

転職理由と同じか、それ以上に重要なことがあります。

それはあなたの【キャリアビジョン】が描けているか?です。

 

 

 

キャリアの棚卸しをしっかり行う効果とは?にも書きましたが、キャリアの棚卸しをしっかり行えば、答えが出るものばかりです。

 

 

キャリアの棚卸し、つまり、自己理解も事前準備に入る作業です。

キャリアの棚卸しの直接的な目的は【職務経歴書】の作成であることは間違いないです。

 

しかしキャリアの棚卸しの効果としては、以下の2つの方が大きいです。

 

  • 転職理由がより深掘りされる
  • キャリアビジョンが明確になる

 

どちらも重要、かつ、時間がかかることなのでキャリアの棚卸しをしっかり行うことで作業の効率化ができます。

業界第3位の転職エージェント JAC Recruitment は特にキャリアの棚卸し、職務経歴書などの応募書類のアドバイスには定評があります。

 

上図のようにオリジナルのキャリアの棚卸しシートもよくできています。

シートを埋めることでキャリアの棚卸しが完成されるようになっています。

 

JAC Recruitment は自信を持って、この部分だけでもおすすめの転職エージェントです。

 

 

転職で失敗する人に欠けていること3:マインドが欠けている

 

転職理由、キャリアビジョンが重要であることは他の記事でも何度も書いています。

実はもっと重要なことがあります。

 

転職活動をする上ではある意味当たり前なので、この点は書いていなかったのですが、それは【マインド】です。

転職を成功させてやるという気持ちがとても重要なんです。

 

転職活動はうまくいったとしても、3ヶ月はかかるんです。

その間、モチベーションを保つことがとても重要です。

 

精神論に受け取られかねないので、本ブログでは転職理由が大事だと何度も書いているわけです。

転職理由が明確な人は当然モチベーションも高いですからね。

 

ですが人間ですから何故かやる気が起きないこともあるでしょう。

そういった場合は気分転換が必要です。

 

例えば頭を使わないで済むような「単純作業をやってみる」とか「今まで応募した求人の反省をしてみる」とかですね。

通常の転職活動ではない別の角度で作業をしてみましょう。

 

  • 転職活動のスケジュールを見直すのもいいでしょう。
  • 職務経歴書のレイアウトを見やすく考えなおしてみるとかでもよいでしょう。

 

そうやって、転職活動のマインドを保っていってください。

途中で転職活動がいやになると、マインドを取り戻すのが大変です。

 

極端に言うと「転職活動は休んでもいいのでマインドは保ちましょう」。

私の場合は単純作業が嫌いでしたから、キャリアの棚卸しは地獄でした。

 

転職エージェントのコンサルタントからカツを入れられながら、続けられて良かったと思っています。

あの時マインドが続かなかったら、転職はできなかったかもしれません。

 

マインドというと根性論にとられがちですが、転職活動では結構重要です。もちろん自己理解あってのことです。

 

JAC Recruitment

 

 

 

Sponsored Links

コメント