広告

【採用担当が徹底解説!】転職しないほうがいい9つの業界とは?【業界選定の基準も】

【採用担当が徹底解説!】転職しないほうがいい9つの業界とは?【業界選定の基準も】 転職ノウハウ
転職ノウハウ
この記事は約25分で読めます。

 

 

転職しないほうがいい業界を知りたい人「今の会社は辞めたいが、転職先で悩んでいる。特に転職しないほうがいい業界を知りたい。転職の検討段階なので、おすすめの転職エージェントもできれば知りたいな。」

 

上記疑問にお答えします。

転職を考える際には、どの業界に進むかが重要な決断です。

しかし、中には転職しても良いことがない業界が存在します。

 

そこで本記事では、採用担当の筆者が、転職しないほうがいい業界とその選定基準について解説します。

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

転職しないほうがいい業界。ブラックな介護業界。給料が安く、めちゃくちゃ忙しい。金融業界はノルマだらけで、将来性がない。自動車業界も安泰とは言えない。自動運転で遅れている日本の企業は自動車本体を作るだけのメーカーになる可能性もある。結局はIT業界一択。

 

ちなみに筆者は採用担当者で、数多くの転職面接や書類選考を経験しています。

転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントと転職サイトを利用してきました。

 

転職しないほうがいい業界についても、転職エージェントとのお付き合いの中で良く出る話です。

信ぴょう性は結構あるかと。

 

記事構成は以下の通りです。

5分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 【採用担当が徹底解説!】転職しないほうがいい9つの業界とは?【業界選定の基準も】
  • 介護は、絶対に転職しないほうがいい業界
  • 金融も将来性の点で、転職しないほうがいい業界
  • 自動車業界も安泰ではなく、転職しないほうがいい
  • 印刷業界は成長性の面で、転職しない方がいい
  • 出版業界は将来性がないので、転職しないほうがいい
  • 教育業界は少子化が進んでいるので、転職しない方がいい
  • ブライダル業界は少子化が進んでいるので、転職しないほうがいい
  • 保険業界は少子高齢化が進んでいるので、転職しないほうがいい
  • 飲食・宿泊業は利益率が低いので、転職しないほうがいい

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職しないほうがいい9つの業界とは?【業界選定の基準も】

転職しないほうがいい9つの業界とは?【業界選定の基準も】

 

結論「介護・金融・自動車などは転職しないほうがいい業界」

 

転職しないほうがいい業界は結構あります。

ここでは絶対に転職しないほうがいい業界に絞ります。

 

転職しない方がいい業界は以下の3つの基準で調査すればOKです。業界地図でリサーチするのが間違いないです。

  1. 業界の将来性がない。
  2. ブラック企業が多い業界である。
  3. 利益率が低い業界である。

 

業界研究は以下よりどうぞ。

業界地図 2024年版

 

介護業界

 

介護業界は超ブラック業界といっていいでしょう。

給料はとても安いですし、休みもほとんど取得できず、かなりの激務です。

 

介護業界への転職は「転職理由」が明確でない限り、しないほうがいいです。

やはりホワイト企業で働きたいですよね。

 

介護業界は、人手不足による労働環境の厳しさが特徴です。

また、業務内容が非常に重労働であり、身体的にも精神的にも負荷が大きいため、長期的な就労は難しいでしょう。

 

金融業界

 

金融業界は、長時間労働や過剰なストレスにより健康面に悪影響が出ることが多い業界です。

また、近年ではAIやロボットによる自動化が進んでおり、今後ますます雇用状況が厳しくなることが予測されます。

 

金融業界は右肩上がりの昭和時代とは違って、意外とやばいです。

ドラマ「半沢直樹」の世界は作家が元銀行員です。演出はありますが業界の雰囲気は近いです。

 

年中、怒号が飛び交う「ハラスメント業界」と言えます。

それにノルマもとてもきつく、転勤は当たり前の業界です。

 

その代わりに「年収」はとても高いのですが、働いている時間や労力を考えると、割に合わないと言えます。

 

自動車業界

 

日本の自動車業界は「ガソリン車の売上で」今は絶好調です。

ガソリン車からEVシフトしているため、自動車業界は安泰とはいえません。

 

さらに日本の自動車業界が「自動運転」開発で遅れていることも不安材料です。

肝となるAIが開発できなければ、自動車業界は単なる車体メーカーになり下がる可能性もあります。

 

自動車業界は、市場の成熟や燃費規制の強化などにより、ますます競争が激化しています。

また、自動運転技術の進化によって、今後ますます業界全体の雇用状況が厳しくなることが予測されます。

 

印刷業界

 

印刷業界は斜陽産業となりつつあります。

デジタル化が進み、ペーパーレスが当たり前になっていくからです。

 

印刷業界は、デジタル化の進展によって需要が減少しており、市場規模が縮小しています。

そのため、将来性がなく、転職先としては不向きであると言えます。

 

出版業界

 

出版業界も、印刷業界同様にデジタル化による影響が大きく、市場の縮小が続いています。

また、新規参入が容易な分野でもあり、競争が激化しているため、独自性の高いコンテンツを提供することが求められます。

 

しかし、そのためには膨大なリソースを投入する必要があり、経営的な課題が多い業界でもあります。

出版社の合併や撤退が相次ぎ、働き手の数も減少しています。

 

また、新人編集者の育成にも力を入れておらず、経験者のみを求める傾向が強くなっています。

そのため、新卒で入社して編集者として活躍することは非常に難しくなっています。

 

出版業界で働く場合は、編集者だけでなく、営業やデザイン、製造など幅広い分野での仕事があります。
しかし、就職先は限られているため、競争率が非常に高く、就職には相応の努力が必要です。

 

教育業界

日本の教育業界は、少子化や経済状況の変化などによって、大きな転換期を迎えています。

学校数の減少や学校統廃合、教員の余剰解消に伴い、求人数も減少しています。

 

また、教育改革の進展に伴い、教育現場における業務の変化も大きく、教員の負担が増しています。

さらに、教員の給与水準は低く、非正規雇用が多いため、安定した生活を送ることが難しい現状があります。

 

一方で、教育業界には大学や専門学校、予備校など、幅広い分野での仕事があります。

しかし、大学や専門学校の非常勤講師は、高い学識や経験を持たなければならず、競争も非常に激しいです。

 

ブライダル業界

 

近年、日本のブライダル業界は、少子化や経済状況の変化によって、厳しい環境に置かれています。

また、結婚式の形式や規模の変化に伴い、需要も変化しています。

 

さらに、ブライダル業界は、女性従業員が多く、社員の定着率が低いという課題も抱えています。

また、結婚式のスタイルや形式も多様化しており、ブライダル業界も多様なニーズに応えるために、サービスの多様化やオンラインでの情報提供など、新たな取り組みが求められています。

 

さらに、新型コロナウイルスの影響により、結婚式の延期や縮小などの影響も出ているため、業界全体で対応策を模索している状況です。

教育業界同様に少子化が原因で、将来性に不安がある業界です。

 

トレンドとして「ジミ婚」「ナシ婚」も増えています。

成長産業とはいえません。転職しないほうがいい業界です。

 

保険業界

 

保険業界は、日本の高齢化によって需要が増加しており、またデジタル化による業務の効率化も進んでいます。ただし、保険商品は複雑であり、営業担当者にとっても熟知が必要な分野です。したがって、保険業界に転職する場合は、保険商品や業務の知識を習得することが必要です。

 

保険業界は少子化に加えて高齢化社会を背景に将来性に不安があります。

成長産業とはとても言えません。

 

ビジネスモデルから見直さないと厳しい業界です。

IT化も遅れていますので、転職はおすすめしません。

 

飲食・宿泊業

 

飲食・宿泊業界は、人々の生活スタイルの変化やコロナ禍の影響によって、大きな打撃を受けています。ただし、需要が低迷している分野であるため、人材不足が続いており、人材採用に力を入れている企業も多くあります。また、料理やサービスに情熱を持っている人にとっては、魅力的な業界です。ただし、労働時間が長く、過重労働が問題となっていることも事実です。

 

コロナ禍でビジネスモデルの脆さを露呈した業界です。

平時でも利益率が低い業界です。

 

さらにブラック企業が多いことでも有名です。

体力勝負の業界です。転職するのはおすすめしません。

 

転職したほうがいい業界

 

逆に転職したほうがいい業界はIT一択です。

 

今でも人手不足ですし、将来的にもAI分野のニーズがあるからです。

まずはプログラマーで未経験転職し、キャリアアップしていき、ITエンジニアとしてキャリア形成するのが理想です。

 

あなたが20代であれば、問題なくIT業界に転職できます

知識ゼロで転職するのは難しいので、必要最低限のプログラミングを学習することは必要です。

 

独学でも可能ですし、プログラミングスクールで学習する方法もあります。

大学受験の時に独学でなく、予備校に通っていたタイプの方はプログラミングスクールで学習した方がいいでしょう。

 

いきなり課金しなくても、TechAcademyのように無料体験ができるところもあります。

プログラミングスクールに通うのであれば、まずは学習するプログラミング言語を決めましょう

 

プログラミングの無料体験は以下のボタンよりどうぞ。

 

Web系言語を選べば、Web開発に携われます。

AI開発がしたいのなら、AI系言語を選びましょう。

 

Web系であれば、HTML/CSSは学習は必須ですが、簡単ですし、さらにJavaScriptも学習すると「鬼に金棒」です。

どの言語もブラウザさえあれば、すぐに学習できるから難易度は低いといえます。

 

AI/機械学習系の開発をしたい人には、Pythonがニーズが高いですし、難易度も低いのでおすすめです。

希少価値が高いこと、将来性があることを考慮するとAI開発が嫌いでなければ、AI関連の仕事を検討した方がいいでしょう。

 

>>Pythonのプログラミングにおける最大の特徴【初心者でも簡単】

>>Swiftプログラミング言語の3つの特徴とは?【初心者向き】

>>PHPのプログラミングにおける最大の特徴とは【Webアプリ向け】

 

好き嫌いの問題もありますが、IT業界のニーズは増える一方です。

業界の将来性がもっとも重要です。

 

転職しないほうがいい業界はブラック体質というだけでなく、将来性にもおおいに不安があります。

>>【無料あり】エンジニア歴15年の筆者がおすすめするプログラミングスクール5選

>>【厳しめ】プログラミングスクールに通って、転職失敗する人は?

 

 

介護は、絶対に転職しないほうがいい業界

介護は、絶対に転職しないほうがいい業界

 

結論「超ブラックな業界は介護。転職はやめておこう」

介護業界は人口の高齢化に伴い需要が高まっていますが、現場は深刻な人手不足に悩まされています。そのため、労働環境が厳しく、給与も低めである傾向があります。また、肉体的な負荷が大きく、ストレスやうつ病などの精神的な問題も抱える人も多く、長期的な勤務が困難であるという声もあります。

 

介護職は先ほども書きましたが、安月給で激務な業界です。

よほどの「目標・目的」がない限りは転職しないほうがいい業界です。

 

転職するということは「キャリアアップ」などの転職理由がありますよね。

介護業界は誰でも勤まるわけではないのに、あまりにも待遇がひどすぎです。

 

これではせっかく転職したとしても、すぐ別の業界に転職することになるでしょう。

 

 

金融も将来性の点で、転職しないほうがいい業界

金融も将来性の点で、転職しないほうがいい業界

 

結論「金融はパワハラ横行、将来性なし」

金融業界は過去には高い利益を出していましたが、最近は利益が減少しており、将来性があまり期待できない業界となっています。また、独自のスキルや資格が必要なため、転職にはハードルが高いです。

 

昭和のころは金融業界は花形でした。

ですがこれからは金融業界の仕事はどんどんなくなります。

 

つまり人はいらなくなるのです。

わかりやすいのは銀行の受付の人です。

 

今はわざわざ銀行に行かなくても振込・振替などはスマホで出来ます

もうすぐ入出金もATMに行く必要はなくなる時代は近いでしょう。

 

このように金融業界は将来性の点でとても不安です。

転職しないほうがいい業界といえます。

 

さらに金融業界はパワハラが日常茶飯事のようです。

考えていることは出世のことばかり。

 

転勤も頻繁にあります。

そして出向したら、一方通行の島流しです。

 

これって「半沢直樹」の世界そのものですよね。

作者が銀行出身なので、かなりのリアリティで描かれています。

 

証券会社にしても同様です。

いきいきと働きたいのなら、金融業界には転職しないほうがいいです。

 

 

日本の自動車業界は安泰ではなく、転職しないほうがいい

自動車業界も安泰ではなく、転職しないほうがいい

 

結論「自動車業界は今はいいが将来はとても心配」

日本の自動車業界は、かつては世界的なシェアを誇っていましたが、現在は外国勢の台頭により競争力が低下しています。また、環境問題や自動運転の進展など、様々な課題が山積しており、今後の展望が不透明な状況にあります。

 

ガソリン車からEVへと移行していくと、日本の強みがなくなっていきます。

自動運転になると、自動車業界の価格決定権はIT業界、半導体業界がなるでしょう。

 

完全自動運転である「レベル5」は敷居がかなり高いです。

日本の政府を見ていると、欧米に比べて遅れるのは火を見るよりも明らかです。

 

責任がドライバーにある「レベル3」を開発中の日本が「レベル5」に到達するとは思えません。

それは「最初からレベル5を目指して開発しないと無理」だからです。

 

階段を上るように開発するのは、かなりの無理スジです。

事実、トヨタはかなり焦っていますからね。

 

「我々は自動車メーカーをやめる」といってますが、レベル5に到達するのはいつでしょう。

国がインフラを整備しないことも大問題です。

 

なので将来性がかなり不安な日本の自動車業界には転職しないほうがいいです。

転職しないほうがいい業界についての細かい情報は転職エージェントが保有しています。

 

 

印刷業界は成長性の面で、転職しない方がいい

印刷業界は成長性の面で、転職しない方がいい

 

印刷業界は、デジタル化の進展によって需要が減少しており、市場縮小が続いています。また、新規参入も容易であるため、競争が激化しており、厳しい業界となっています。

 

ペーパーレス化が進んでいるため、印刷業界は本業ではますます苦しくなります。

生き残るためにはやはりデジタル化を検討する必要があります。

 

Webサイト制作などへのビジネスモデル変更をする会社が多く出てくるかもしれません。

現状のままではもうからないですから。

 

凸版印刷などではすでに検討をしているようです。

ただし今後本業の売上が減ることは目に見えています。

 

本業の売上が減っている印刷業界への転職はしないほうがいいでしょう。

 

 

出版業界は将来性がないので、転職しないほうがいい

出版業界は将来性がないので、転職しないほうがいい

 

出版業界も、印刷業界同様にデジタル化による影響が大きく、市場の縮小が続いています。また、新規参入が容易な分野でもあり、競争が激化しているため、将来性があまり期待できない業界と言えます。

 

紙の雑誌や書籍は売上が年々下がっています。

その代わりに電子書籍が売れています。

 

しかし電子書籍の売上だけで補完できる状態ではないです。

原因としては「本を読む人が減ったこと」「Webメディアが普及したこと」などが影響しています。

 

本を読むよりもググる方が楽ですからね。

ぶっちゃけ、出版業界はなくなるかもしれません。

 

まちがっても転職はおすすめしません。

将来性をきちんとリサーチしましょう。

 

 

教育業界は少子化が進んでいるので、転職しない方がいい

教育業界は少子化が進んでいるので、転職しない方がいい

 

日本では少子化が進んでおり、教育業界においても生徒数の減少が問題となっています。学校の統廃合や、教職員の削減が進んでいる一方で、教育現場に求められる役割や責任は増加しています。また、教育現場の労働環境や待遇が厳しいという声もあがっており、転職を考える教育関係者も多くいます。しかし、今後も生徒数は減少すると見込まれているため、教育業界は将来的なキャリアアップや収入アップが見込めない可能性があります。

 

将来性を考慮すると少子化が進んでいる日本では教育業界に転職するのはやめた方がいいです。

子供が好きであれば必ずしもそうではないので、結局は生きがいを持って働けるかどうかですが筆者としてはおすすめできません。

 

ますます人材育成の重要性が増していきます。

文科省が策定するであろう教育プログラムではおそらくノーベル賞をとる人材は育ちません。

 

ノーベル物理学賞を受賞した眞鍋 淑郎博士が日本国籍を選ばなかったのも納得です。

日本の教育は「天才」を退屈にさせるものです。

 

東大も世界大学ランキングでは35位程度に甘んじています。

オックスフォード大やハーバード大には長年追い付けないのです。

 

正解を求める教育から考えさせる教育に日本も変える必要があります。

学校の先生ではない別の教育する仕事が生まれないと日本はやばいです。

 

特に民間のプログラミングスクールは「考えさせる」教育だといえるでしょう。

ほかにもこのような教育業界企業が出てくるといいのですが。

 

教育業界が成長しないとまずいので、筆者が言っているのは「学校教員」のことです。

それについては、国の方針に逆らえないので働きがいがあるのか疑問です。

 

 

ブライダル業界は少子化が進んでいるので、転職しないほうがいい

ブライダル業界は少子化が進んでいるので、転職しないほうがいい

 

ブライダル業界は、結婚式の数が減少しているため市場が縮小しています。また、結婚式場や衣装店など多岐にわたる業界であり、競争が激化していることも事実です。さらに、コロナ禍での大規模なイベント自粛によって、業界全体の売り上げも大幅に落ち込んでいます。このような状況から、ブライダル業界は将来性がない業界と位置づけられることがあります。

 

ブライダル業界は少子化の影響を受けています。

日本の人口減少がとまらないのであれば、ブライダル業界の将来性もありません。

 

最近の若い世代は結婚式にこだわらなくなっているのも悪影響を与えています。

どう考えても将来性はないので、転職はおすすめしません。

 

 

保険業界は少子高齢化が進んでいるので、転職しないほうがいい

保険業界は少子高齢化が進んでいるので、転職しないほうがいい

 

保険業界は、少子高齢化が進んでいるため、保険需要が減少しています。若年層に向けた商品開発や新しい営業手法の導入などが求められていますが、市場が縮小しているため、競争が激化しています。また、保険商品に関する知識や法律に詳しい人材の不足も課題となっています。そのため、保険業界に転職する場合は、市場縮小に対応した新しいビジネスモデルや、他業種との連携など、積極的な取り組みを求められます。

 

保険業界は少子高齢化が進んでいるので転職はおすすめしません。

人口減少している日本では、うまくいく業界はグローバル化が進んでいるところに限られます。

 

国内にしか市場を持たない保険業界の将来性はないといえます。

もちろん転職しないほうがいい業界の一つです。

 

 

飲食・宿泊業は利益率が低いので、転職しないほうがいい

飲食・宿泊業は利益率が低いので、転職しないほうがいい

 

飲食・宿泊業は、利益率が低く、激しい競争があるため、長時間労働や低賃金が問題視されています。また、飲食業界では人手不足が深刻化しており、多くの店舗が苦戦しています。宿泊業界においても、新型コロナウイルスの影響により、需要が激減し、深刻な経営難に陥る企業が出てきています。

しかし、一方で、新しい飲食・宿泊ビジネスの展開や、オンラインでの予約システムの導入、グルメ情報サイトなどの新しいビジネスモデルの開発など、業界の変革も進んでいます。そのため、将来性を見据えた積極的な取り組みや、新しいビジネスモデルを生み出す力が求められています。

 

飲食・宿泊業はビジネスモデル上、利益率が低いので転職はおすすめしません

ユーザとしては「安い」のでうれしいです。しかし業界にとっては利益がほとんどありません。

 

なぜなら単価が低いから。

当たり前ともいえます。

 

ビジネスを成り立たせるためには「薄利多売」しかありません。

付加価値をつけて、利益を上げているところもありますが少数派です。

 

飲食・宿泊業はビジネスとして取り組んでいるところが少ないのも原因です。

この業界に期待はできません。転職はおすすめしません。

 

 

転職エージェントはあらゆる業界の求人を保有しています。

おのずと「年収面」や「残業の多さ」、「ブラック企業かどうか」もわかります。

転職エージェントから将来性の低い業界やブラック企業の求人を紹介される確率はとても低いです。

転職エージェントは企業と信頼関係で結ばれる長い付き合いが必要です。

 

求職者にも転職エージェントは信頼されなければ商売は成り立ちません。

ブラック企業に求職者を推薦したら、転職エージェントの評判がガタ落ちですよね。

 

とは言え、応募前にあなた自身でも企業調査をすることは必要です。

転職エージェントに頼りきりはよくないので、あなたが出来ることはやるべきです。

>>求人応募する前に最低限確認しておくべき二つのこととは?【超簡単】

>>転職で業界を変えることは可能か?【ポータブルスキル次第】

>>業界選定に迷ったらどうすればいいのか?

 

業界研究は以下よりどうぞ。

業界地図 2024年版

 

企業研究は以下よりどうぞ。

会社四季報 2024年1集 新春号

 

業界研究した上で、疑問に思ったことを転職エージェントに具体的に質問するのが、賢い使い方です。

 

 

転職エージェントの選び方

  • 転職エージェントは、総合型から使うのが良い
  • 転職の軸が決まっていれば、特化型も使ってOK

 

  • 「総合型」とは、幅広い業界・職種・年齢層の求人を取り扱っている転職エージェント。
  • 「特化型」とは、特定の業界・職種・年齢層に特化した求人を保有する転職エージェントです。

 

  • おすすめ転職エージェント比較表
転職エージェント リクルートエージェント doda パソナキャリア ビズリーチ GEEKLY(ギークリー) type転職エージェントIT ワークポート レバテックキャリア レバテックエキスパート マイナビ IT AGENT TechClipsエージェント ウィルオブ・テックキャリア クラウドリンク ギークスジョブ HiPro Tech ( 旧:i common tech ) ウズカレIT(旧ウズキャリIT) LHH転職エージェント(旧 Spring転職エージェント) JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルートダイレクトスカウト MS-Japan type女性の転職エージェント LIBZ(旧 LiBzCAREER) マイナビジョブ20's マイナビクリエイター type転職エージェント DYM就職 就職Shop 第二新卒エージェントneo UZUZ UZUZ理系 ハタラクティブ ジェイック就職カレッジ リバラボインターンシップ キャリアスタート リクナビNEXT Re就活 ミイダス 転職ドラフト
運営会社 リクルート パーソルキャリア パソナ ビズリーチ Geekly キャリアデザインセンター ワークポート レバテック レバテック マイナビ notari ウィルオブ・ワーク Cloud Link ギークス パーソルキャリア UZUZ Adecco Group JAC Recruitment ランスタッド ロバート・ウォルターズ エンワールド リクルート MS-Japan キャリアデザインセンター リブ マイナビ マイナビ キャリアデザインセンター DYM リクルート ネオキャリア UZUZ UZUZ レバレジーズ ジェイック スリーバックス キャリアスタート リクルート 学情 ミイダス リブセンス
公開求人数 349,932 185,608 49,000 86,036 15,000 9,588 59,000 20,282 非公開 15,000 5,000 常時数千件 3,000 3,666 500 1,500 36,900 12,000 6,000 2,062 1,000 132,490 7,505 9,588 2,000 3,600 54,000 9,588 非公開 非公開 非公開 1,500 1,500 2,500 非公開 非公開 1,000 63,466 10,860 非公開 常時100社以上
非公開求人数 275,232 非公開 100,000 非公開 20,000 19,249 20,000 非公開 5,000 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 35,000 15,000 30,000 非公開 非公開 非公開 非公開 19,249 非公開 19,249 非公開 19,249 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
対象年代 20代~50代 20代~50代 20代~50代 30代~50代 20代~30代 20代~40代 20代~30代 20代~30代 30代~40代 20代~30代 20代~50代 20代~40代 20代~40代 20代~30代 20代~50代 20代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 30代~50代 30代~50代 30代~50代 20代~40代 20代~50代 20代 20代~30代 20代~40代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代 20代~30代 20代 20代~50代 20代 20代~40代 20代~40代
対応エリア 全国 全国 全国 全国 首都圏 首都圏 全国 全国 全国 首都圏・関西圏 首都圏 全国 全国 関東・関西・中部・九州 全国 東京・大阪・愛知・福岡 全国・海外 全国 全国・海外 全国・海外 東京・大阪・名古屋中心 全国 全国・海外 首都圏 首都圏 首都圏 全国 首都圏 東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、京都、広島 首都圏・関西圏 全国 東京・大阪・愛知・福岡 東京・大阪・愛知・福岡 全国 全国 関東圏 全国 全国 全国 全国 全国
強い転職分野 総合求人 総合求人 総合求人 ハイクラス求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 ITを中心とした総合求人 IT求人 IT系ハイクラス求人 IT求人 IT事業会社求人 ITエンジニア専門求人 社内SEなど自社内開発求人 ITフリーランス求人 ITフリーランス求人 未経験IT求人 外資・海外求人 外資・グローバル求人 外資系求人 英語力が活かせる求人 外資系求人に強い ハイクラス求人 管理部門・士業求人 IT/営業求人に強い 総合求人 20代専門求人 IT/WEB/ゲーム業界求人 総合求人 第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け求人 学歴不問の正社員求人 既卒・フリーター向け求人 既卒向け求人 情報・電子電気・機械系などの理系求人 フリーターの方向け求人 ニートの方向け求人 中卒/高卒/フリーター向け求人 フリーター求人 総合求人 総合求人 総合求人 IT求人
特徴 年収アップ交渉がうまい 転職の悩みを解決 手厚い転職サポートで有名。女性にもおすすめ 年収600万円以上に支持されるハイクラス転職サイト 業界・職種別にコンサルタントが在籍している カウンセリングが丁寧 未経験からのIT転職に強い 年収600万円以上が5000件 年収をさらに上げたいハイクラスの方向け 内定率が高い 年収500万円以上なので、キャリアアップに有益 コンサルタントは2名体制なので、内定率が極めて高い。年収アップがデフォルト 自社内でじっくりスキルアップをしたい方向け 求人数が多いのでITフリーランスなら、まず最初に使いたい 中間マージンがないため、高年収が得られる可能性も You Tube動画での無料講座で未経験IT転職を支援 年収UP率59%、職種別コンサルタント 日系/外資転職とも強い。 年収1500万円以上の求人 英語力を活かして働きたい方向け 年収UP求人に強い 転職後の平均年収950万円 管理求人、決定率第一位 女性のアドバイザーが多いので安心 フレックス、リモート求人が多い マイナビならではのネットワークで、独自求人あり 未経験転職に強い 老舗だが知名度が低いため、穴場の転職エージェント 内定後もサポートが手厚い 書類選考なしで、面接に進める スタッフが第二新卒出身なので、気軽に相談できる 第二新卒・既卒・フリーターにはおすすめ 中退・既卒で理系出身者向けの転職エージェント スキルがなくても、転職活動が可能 スキルがなくても、転職活動が可能 寮が完備。地方からも参加でき、給与が発生 知名度が低いので、穴場と言える 転職活動を開始したら、最初に使ったほうが良い転職サイト 20代が選ぶ転職サイト第一位 企業が直接、求職者にアプローチする転職サイト 厳選された企業から指名を待つだけ

 

上記の中で、どこがいいか迷ったら大手の転職エージェントリクルートエージェントがおすすめです。

全職種・全年齢層に対応しており、求人数も圧倒的に多いからです。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

【採用担当厳選】転職エージェントおすすめニーズ別86選!徹底比較【求人数や選び方・裏事情を紹介】