異業種転職こそ、エージェントを使うべき?


あなたが転職を決意したあと、その方向性を決めると思います。それこそが転職理由であり、キャリアデザインです。本記事では、DODA調査作成の資料をもとに未経験への転職について、考えたいと思います。

業種別で異業種転職の割合を見ると…

DODA調査作成

未経験への転職を分析してみると、見えてくることがあります。

本コラムはその第二弾です。

第一弾は以下の記事です。

 未経験歓迎求人への転職は可能か?

異業種、異職種への転職についての概要を見てみました。

今回は業種、職種で違いがあるのかを見ていきます。

まずは、異業種への転職について見てみましょう。

業種別に見ますと、求人割合で多いのは、『メディカル』『IT/通信』ですね。

例えば社内SEは様々な業種にいます。

業種は問わない職種と言えるでしょう。

IT業種への転職も特に抵抗はないでしょうし、需要もあります。

それに対して、実際に転職した割合が多い業種は、『商社/流通』『メディア』となっています。

求人とは違っている傾向が出ています。

IT/通信に着目しますと、求人と転職した割合は半分程度になっています。

需要はあるのですが、人材不足になっているITエンジニア

その理由がこのグラフでわかりますね。

業界間の人の移動がまだ足りないのです。

今後は実際に転職する割合が増えてくるはずです。

自動車メーカーがまさにそうだと思います。

そうです、自動運転を開発しているわけです。

そのためには、自動車業界だけでは実現できないのです。

ITエンジニア半導体エンジニアをメインに大量募集しています。

ハード面、ソフト面からAIの開発をしている業界だからです。

ティア1であるデンソーに代表される自動車部品メーカーもそうです。

エレクトロニクスエンジニアを主に募集しているようです。

すると、これらは異業種への転職となるわけです。

つまり、職種を変えることは難しいですが、業種を変えることは可能なんです。

未経験の中でも、異業種への転職こそ、核になってくるでしょう。

 

職種別で異職種転職の割合を見ると…

DODA調査作成

今度は異職種への転職です。

求人よりも実際に転職した割合が高いことがわかります。

結果は技術系が少ないのは予想通りです。

スペシャリストである技術系は、転職するときに職種を変えることは考えづらいです。

職種を変えるのであれば、中高年の方がタクシーの運転手になるとかのキャリアチェンジになります。

キャリアチェンジについては、本ブログのテーマから外れますので、別の機会に考えましょう。

ということで、エンジニアの場合は転職の方向性は、決めやすいというか、それしかないということです。

選ぶ求人としては、業種を変えるか変えないかくらいの選択肢しかないのですが、その職種を極めれば、コンサルタントなどの専門職になる人もいます。

実際、専門職の異職種からの転職割合は70%と多いのです。

意外なのは営業職です。

私は営業系がもう少し未経験者が多いと思っていましたが、そうでもありませんでした。

何らかの営業をやっていたということでしょう。

事務職については、予想通りですね。

未経験から始められる職種だからです。

 

異業種、異職種への転職は難しい

異業種、異職種への転職というのは、あなたがやりたいことであるでしょうが、あなたができること、企業に求められることではないので、とても難しいです。

今までの経験が活かせないというのは、とても転職には不利なのです。

このような方はハローワークを利用すると良いと思います。

私はハローワークのことをあまり良く思っていません。

求人の質もイマイチですし、職員が求人のことを知らないからです。

ですが、未経験、中高年、離職期間が長い方の転職には、利用価値がある転職媒体です。

業種も職種も変えようとする方は、中高年の方か離職期間が長い方ではないでしょうか?

それ以外の方であれば、職種は変更しないほうが良いと思います。

あなたのキャリアの軸がなくなるからです。

業種については、今後は業種の融合が起こってくるでしょう。

自然な流れで、業種を変えることになるのではないでしょうか?

 

異業種への転職には転職エージェントが最適

職種を変えないのであれば、転職エージェントは異業種への転職もサポートしてくれます。

求人紹介ももちろんしてくれます。

ただ、同業種同職種への転職のように3ヶ月くらいの期間では済まない可能性はあります。

業種の勉強から始めないといけないからです。

なので、どの業種へ転職するというターゲットをまず決めましょう。

色々な業種への求人に応募するのは、難しいです。

このようなサポートは転職エージェントはプロの目線から行ってくれます。

求人紹介だけでしたら、ハローワークでも良いのです。

アドバイザーがいることが転職エージェントの価値なのです。

まずは相談しに、面談だけでもしてみましょう。

あなたの転職の方向性が決まるかもしれませんよ。

 【DODA】への登録はこちら

トップへ戻る

転職に関するお悩みはお気軽にお問い合わせください。








本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!