異業種転職こそ、エージェントを使うべき?

未経験転職
DODA調査作成
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

あなたが転職を決意したあと、その軸を決めると思います。それこそが転職理由であり、キャリアデザインです。本記事では、doda調査作成の資料をもとに未経験への転職について、考えたいと思います。

Sponsored Links

業種別で異業種転職の割合を見ると…

doda調査作成

未経験への転職を分析してみると、見えてくることがあります。

本コラムはその第二弾です。

第一弾は以下の記事です。

未経験歓迎求人への転職は可能か?

異業種、異職種への転職についての概要を見てみました。

今回は業種、職種で違いがあるのかを見ていきます。

まずは、異業種への転職について見てみましょう。

業種別に見ますと、求人割合で多いのは、『メディカル』『IT/通信』ですね。

例えば社内SEは様々な業種にいます。

業種は問わない職種と言えるでしょう。

IT業種への転職も特に抵抗はないでしょうし、需要もあります。

それに対して、実際に転職した割合が多い業種は、『商社/流通』『メディア』となっています。

求人とは違っている傾向が出ています。

IT/通信に着目しますと、求人と転職した割合は半分程度になっています。

需要はあるのですが、人材不足になっているITエンジニア

その理由がこのグラフでわかりますね。

業界間の人の移動がまだ足りないのです。

今後は実際に転職する割合が増えてくるはずです。

自動車メーカーがまさにそうだと思います。

そうです、自動運転を開発しているわけです。

そのためには、自動車業界だけでは実現できないのです。

ITエンジニア半導体エンジニアをメインに大量募集しています。

ハード面、ソフト面からAIの開発をしている業界だからです。

ティア1であるデンソーに代表される自動車部品メーカーもそうです。

エレクトロニクスエンジニアを主に募集しているようです。

すると、これらは異業種への転職となるわけです。

つまり、職種を変えることは難しいですが、業種を変えることは可能なんです。

未経験の中でも、異業種への転職こそ、核になってくるでしょう。

 

職種別で異職種転職の割合を見ると…

doda調査作成

今度は異職種への転職です。

求人よりも実際に転職した割合が高いことがわかります。

結果は技術系が少ないのは予想通りです。

スペシャリストである技術系は、転職するときに職種を変えることは考えづらいです。

職種を変えるのであれば、ミドルの方がタクシーの運転手になるとかのキャリアチェンジになります。

キャリアチェンジについては、本ブログのテーマから外れますので、別の機会に考えましょう。

ということで、エンジニアの場合は転職の軸は、決めやすいというか、それしかないということです。

選ぶ求人としては、業種を変えるか変えないかくらいの選択肢しかないのですが、その職種を極めれば、コンサルタントなどの専門職になる人もいます。

実際、専門職の異職種からの転職割合は70%と多いのです。

意外なのは営業職です。

私は営業系がもう少し未経験者が多いと思っていましたが、そうでもありませんでした。

何らかの営業をやっていたということでしょう。

事務職については、予想通りですね。

未経験から始められる職種だからです。

 

異業種、異職種への転職は難しい

異業種、異職種への転職というのは、あなたがやりたいことであるでしょうが、あなたができること、企業に求められることではないので、とても難しいです。

今までの経験が活かせないというのは、とても転職には不利なのです。

このような方はハローワークを利用すると良いと思います。

私はハローワークのことをあまり良く思っていません。

求人の質もイマイチですし、職員が求人のことを知らないからです。

ですが、未経験、ミドル、離職期間が長い方の転職には、利用価値がある転職方法です。

業種も職種も変えようとする方は、ミドルの方か離職期間が長い方ではないでしょうか?

それ以外の方であれば、職種は変更しないほうが良いと思います。

あなたのキャリアの軸がなくなるからです。

業種については、今後は業種の融合が起こってくるでしょう。

自然な流れで、業種を変えることになるのではないでしょうか?

 

異業種への転職には転職エージェントが最適

職種を変えないのであれば、転職エージェントは異業種への転職もサポートしてくれます。

求人紹介ももちろんしてくれます。

ただ、同業種同職種への転職のように3ヶ月くらいの期間では済まない可能性はあります。

業種の勉強から始めないといけないからです。

なので、どの業種へ転職するというターゲットをまず決めましょう。

色々な業種への求人に応募するのは、難しいです。

このようなサポートは転職エージェントはプロの目線から行ってくれます。

求人紹介だけでしたら、ハローワークでも良いのです。

アドバイザーがいることが転職エージェントの価値なのです。

まずは相談しに、面談だけでもしてみましょう。

あなたの転職の軸が決まるかもしれませんよ。

 

【doda】への登録はこちら

【転職失敗しない】総合型転職エージェント8選【おすすめ】
本ブログでは転職活動では転職エージェントを使うことを強く、推奨しています。どこに登録したら良いかわからないというお問い合わせを良く頂きますので、転職活動で役に立つおすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

 

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。さらに掲載されていない非公開求人についてはヘッドハンターからのオファーという形で出会える可能性が大きく広がります。1000万円以上の非公開求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

CAREER CARVER

キャリアカーバーはリクルートが運営するハイクラス向けの転職サイトです。転職後の平均年収の実績は942万円です。リクルートだから実現できる高年収とも言えます。実に多くの転職エージェントと提携しているため、ヘッドハンターの数も半端ないです。求人の質はとても高いものなので、そんなにオファーはないので転職を急がない方や良いところがあったら転職を考えようというスタンスの方には最適だと思います。

リクナビネクストは転職活動中のほぼ全員が使っているリクルートが運営する転職サイトです。登録はとても簡単ですし、求人検索などの基本的な機能もとても使いやすいので初心者向けとも言えます。転職をすると決めたら、まずはここから使いましょう。

この転職サイトはきちんと20代向けと断っているところが良心的です。年齢で応募しても無駄だったということが転職サイトの求人には多いからです。20代の方であれば気軽に使える転職サイトとなっています。レコメンドされる求人の中から興味あるものを答えていくことで、AIがあなたの転職に関する価値観を分析していきます。使い込むうちにだんだんと興味のある求人が増えていくでしょう。気軽に使ってみてください。

Re就活は20代向けの求人が多い転職サイトです。登録者数も20代が多いので、まだご存知でない方は一度サイトを見てみることをおすすめします。思わぬ求人に出会えるかもしれませんよ。

口コミサイトでは最も有名です。会社の評判、年収などの口コミ情報を見るのには最適です。求人への応募の際には口コミチェックは欠かせません。転職会議を確認すればまずは評判については大丈夫です。

Sponsored Links