異業種転職こそ、エージェントを使うべき?

未経験
DODA調査作成
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

あなたが転職を決意したあと、その方向性を決めると思います。それこそが転職理由であり、キャリアデザインです。本記事では、doda調査作成の資料をもとに未経験への転職について、考えたいと思います。

Sponsored Links

業種別で異業種転職の割合を見ると…

doda調査作成

未経験への転職を分析してみると、見えてくることがあります。

本コラムはその第二弾です。

第一弾は以下の記事です。

未経験歓迎求人への転職は可能か?

異業種、異職種への転職についての概要を見てみました。

今回は業種、職種で違いがあるのかを見ていきます。

まずは、異業種への転職について見てみましょう。

業種別に見ますと、求人割合で多いのは、『メディカル』『IT/通信』ですね。

例えば社内SEは様々な業種にいます。

業種は問わない職種と言えるでしょう。

IT業種への転職も特に抵抗はないでしょうし、需要もあります。

それに対して、実際に転職した割合が多い業種は、『商社/流通』『メディア』となっています。

求人とは違っている傾向が出ています。

IT/通信に着目しますと、求人と転職した割合は半分程度になっています。

需要はあるのですが、人材不足になっているITエンジニア

その理由がこのグラフでわかりますね。

業界間の人の移動がまだ足りないのです。

今後は実際に転職する割合が増えてくるはずです。

自動車メーカーがまさにそうだと思います。

そうです、自動運転を開発しているわけです。

そのためには、自動車業界だけでは実現できないのです。

ITエンジニア半導体エンジニアをメインに大量募集しています。

ハード面、ソフト面からAIの開発をしている業界だからです。

ティア1であるデンソーに代表される自動車部品メーカーもそうです。

エレクトロニクスエンジニアを主に募集しているようです。

すると、これらは異業種への転職となるわけです。

つまり、職種を変えることは難しいですが、業種を変えることは可能なんです。

未経験の中でも、異業種への転職こそ、核になってくるでしょう。

 

職種別で異職種転職の割合を見ると…

doda調査作成

今度は異職種への転職です。

求人よりも実際に転職した割合が高いことがわかります。

結果は技術系が少ないのは予想通りです。

スペシャリストである技術系は、転職するときに職種を変えることは考えづらいです。

職種を変えるのであれば、中高年の方がタクシーの運転手になるとかのキャリアチェンジになります。

キャリアチェンジについては、本ブログのテーマから外れますので、別の機会に考えましょう。

ということで、エンジニアの場合は転職の方向性は、決めやすいというか、それしかないということです。

選ぶ求人としては、業種を変えるか変えないかくらいの選択肢しかないのですが、その職種を極めれば、コンサルタントなどの専門職になる人もいます。

実際、専門職の異職種からの転職割合は70%と多いのです。

意外なのは営業職です。

私は営業系がもう少し未経験者が多いと思っていましたが、そうでもありませんでした。

何らかの営業をやっていたということでしょう。

事務職については、予想通りですね。

未経験から始められる職種だからです。

 

異業種、異職種への転職は難しい

異業種、異職種への転職というのは、あなたがやりたいことであるでしょうが、あなたができること、企業に求められることではないので、とても難しいです。

今までの経験が活かせないというのは、とても転職には不利なのです。

このような方はハローワークを利用すると良いと思います。

私はハローワークのことをあまり良く思っていません。

求人の質もイマイチですし、職員が求人のことを知らないからです。

ですが、未経験、中高年、離職期間が長い方の転職には、利用価値がある転職媒体です。

業種も職種も変えようとする方は、中高年の方か離職期間が長い方ではないでしょうか?

それ以外の方であれば、職種は変更しないほうが良いと思います。

あなたのキャリアの軸がなくなるからです。

業種については、今後は業種の融合が起こってくるでしょう。

自然な流れで、業種を変えることになるのではないでしょうか?

 

異業種への転職には転職エージェントが最適

職種を変えないのであれば、転職エージェントは異業種への転職もサポートしてくれます。

求人紹介ももちろんしてくれます。

ただ、同業種同職種への転職のように3ヶ月くらいの期間では済まない可能性はあります。

業種の勉強から始めないといけないからです。

なので、どの業種へ転職するというターゲットをまず決めましょう。

色々な業種への求人に応募するのは、難しいです。

このようなサポートは転職エージェントはプロの目線から行ってくれます。

求人紹介だけでしたら、ハローワークでも良いのです。

アドバイザーがいることが転職エージェントの価値なのです。

まずは相談しに、面談だけでもしてみましょう。

あなたの転職の方向性が決まるかもしれませんよ。


【doda】への登録はこちら

絶対に登録しておきたい転職エージェント8選!

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました