転職で悩みすぎてはいけない3つの理由とは【行動できない原因】

転職ノウハウ
この記事は約8分で読めます。

 

転職で悩む人「転職したいが、悩みすぎて行動に移せない。転職で悩みすぎは良くないのだろうか?転職の悩みを解消する方法を知りたいな。」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

 

この記事を読めばわかること

  • 転職で悩みすぎるのは良くない3つの理由
  • 転職で悩んで行動に移せない場合の対応策

 

先ほど、こんなツイートをしました。

 

 

転職で悩みすぎると雇用回復したときに、競争相手に乗り遅れる。悩んでいる時間があるなら、転職準備をしておいた方がいい。転職活動の中でも重要で時間のかかる部分。

 

言い足りなかったので、さらにもう1ツイートしました。

 

 

転職で悩みすぎてはいけません。未来のことにおびえて何も行動しないよりは、失敗を恐れず行動した方がずっといい。たとえ失敗したとしても、学べることが多いはず。何事も行動して初めてわかることがあります。転職に限らず、そうやって成長するんだと自分にも言い聞かせてます。

 

この記事の根拠

筆者は採用担当経験者で、転職も50社以上の転職エージェントと転職サイトを使っています。

転職経験と採用担当としての知見をお伝えできればと思います。

 

記事構成は以下の通りです。

8分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

 

  • 転職で悩みすぎてはいけない3つの理由とは?
  • 転職で悩みすぎて行動できないときは転職理由を自問自答
  • 転職で悩みすぎたら、転職エージェントに相談

 

では一つずつ解説します。

 

 

転職で悩みすぎてはいけない3つの理由とは?

転職で悩みすぎてはいけない3つの理由とは?

 

転職は不確定要素が大きく、悩んでも仕方がない

 

転職は不確定要素が大きいです。

転職で成功が約束された人なんて一人もいません

 

転職で悩みすぎる人は失敗を恐れているのではないでしょうか?

転職活動ではマッチングした求人に応募して初めて、内定が勝ち取れます。

 

応募数は多ければそれでいいわけではないです。

ただ求人に1件だけの応募で済む求職者はほとんどいません。

 

転職活動では必ず失敗するのです。

求人応募して不採用のたびに、落ち込んでいても始まりません。

 

反省は必要です。

ですが改善点が明確になったら、不採用になったことは忘れましょう

 

正しいやり方で転職活動をすれば、いつしかゴールは見えてきます。

まじめにやっていれば、3ケ月くらいで転職先は決まるはずです。

 

まだ行動していないのに転職で悩みすぎるのは、時間の無駄です。

転職活動はどんなことをすべきなのかをまずは情報収集しましょう。

 

転職活動は時間がかかるので悩む時間がもったいない

 

 

悩むくらいなら、少しずつでも転職活動を進めるべきです。

大きく分けても転職活動では以下のことをする必要があります。

 

 

転職しようか悩んで、そこから転職活動ではライバルに大きな差がついてます。スタートが遅すぎるので。

転職すべきか悩んでいたとしても、「転職理由の明確化」から「履歴書・職務経歴書の作成」までは出来るんです。

 

むしろ、転職理由が明確になることにより転職の悩みの多くはなくなると思います。

転職市場の調査をして、あなたのスキルではニーズがないことがわかれば、悩んでいたのがばかばかしいですよね。

 

転職活動を実際に進めることで、悩みは解決していくんです。

もちろん「どうやって転職活動をすればいいかわからない」のような悩みもあるでしょう。

 

それについては後で詳しく書きますが、リクルートエージェントやdodaのような転職エージェントに相談するのが一番です。

転職業界を知り尽くしたプロ集団ですので「こんなこと質問したら笑われるかな?」ということでも、親切にアドバイスくれますよ。

 

転職市場価値がわからないのに悩む必要はない

 

転職で悩みすぎても、転職市場でリサーチしてみてニーズがないことがわかったら、現職でさらに力をつけるということになります。

リサーチの結果「転職は難しい場合も当然あります」ので、在職しながら転職活動するのは必須です。

 

離職してしまうととてもリスクが大きいです。

転職市場でのニーズがあるかわからないのに転職で悩みすぎる必要はありません。

 

転職活動にはこのようにやらなければならないことが多くあるのです。

転職活動を始めたら悩んでいる時間はもったいないです。

 

転職サイトを使って、1件でも多く求人を検索した方がいいです。

 

 

転職で悩みすぎて行動できないときは転職理由を自問自答

転職で悩みすぎて行動できないときは転職理由を自問自答

 

転職活動で最も重要なことは「転職理由」です。

つまり「なぜ転職するのか?転職してどうなりたいのか?」を言語化したものが転職理由です。

 

転職面接での対策のために「転職理由」を明確にするのではありません。

転職したあとのキャリアプランを描くためです。

 

退職理由は明確になりやすいです。

ほとんどの方が現職に対する不平不満だからです。

 

転職後に退職理由が解決できるかどうか転職理由を深掘りして考えないと、転職は失敗します

それが「転職理由を明確にする」作業なんです。

 

決して派手な作業ではありません。

運が良ければ、転職理由は転職面接でうまく答えて内定をもらえるかもしれません。

 

しかし、それがあなたの本意でないとしたら転職先で長く勤めることができるでしょうか?

転職理由はむしろ転職したあとの方が影響があるものです。

 

結局のところ最後は自分に返ってきますので、いい加減な転職理由を面接でいうことも会社に対して失礼です。

転職理由が明確になれば、転職しようか悩むこともなくなりますよね。

 

転職理由を明確にすることで転職活動をする動機がはっきりします。

>>転職理由と退職理由はどう違うのか?【知らないと恥をかく】

 

 

転職で悩みすぎたら、転職エージェントに相談【恐れずにまずは行動ですね】

転職で悩みすぎたら、転職エージェントに相談

 

「転職活動の仕方がわからない」というような悩みでしたら、転職エージェントに相談しましょう。

 

転職するかどうか悩んでいる段階はすでにクリア出来ている方ですね。

転職エージェントについて書くと超大作の記事になるので、ここではさらっと書きます。

 

 

なので利用しないと損なんです。

 

転職エージェントは最初は大手を使った方が安心できます。

例えばリクルートエージェントが業界最大手ですので、非公開求人だけでも20万件ほど保有しています。

 

まずは使い勝手も良いので、ここから使い始めてみましょう。

リクルートエージェントが保有していない求人も当然あります。

 

なので業界2位のdodaを使うことで、希望する求人はほぼ網羅されると思います。

求人数はリクルートエージェントとdodaを使うことで、大丈夫だと思います。

 

後はコンサルティングがとても丁寧で親切なパソナキャリアも合わせて利用すれば、転職で困ったときはパソナキャリアに相談すればいいので安心です。

転職エージェントは複数利用が基本です。

 

アドバイザーも当然、業界の常識として知っていますので、下手に隠さないで堂々と複数社利用の件は話した方が良いです。

同じ求人が複数転職エージェントから紹介されたら、信頼できると思えるアドバイザーに応募を依頼しましょう。

 

転職エージェントを複数使うことで、リスクヘッジになるのです。

転職エージェントを利用していきながら、段々と相性の良いところがわかってきます。

 

内定が見えてきたら、転職エージェントは1~2社に絞りましょう。

それまでは3社くらいを利用するイメージです。

 

以下の記事はニーズ別に転職エージェントを取り上げたものです。

エンジニア向け、20代向け、30代向けなどに分かれています。

 

有名どころばかりですので、どこを使っても大丈夫です。

あとはあなたとのマッチング次第です。

 

 

>>【おすすめ】失敗しない転職エージェントと転職サイト78選【ニーズ別】

>>おすすめの転職エージェント12選【デメリットも利用した使い方】

>>【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【まずは行動すべき】

>>【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント14社を厳選