面接当日に気をつけるべき三つのこととは?


面接当日は誰でも緊張するものです。面接の内容はもちろんですが、他にも注意すべきことはあります。それは何でしょうか?

 

交通機関のチェック

面接会場に行くのは、初めての場合が多いでしょう。

自宅から面接会場までの公共交通機関の経路を全て確認しておきましょう。

当日遅れる場合も考えれらます。

また、遅れやすい路線や雨風で運休しやすい路線もあります。

できればそういう路線はさけて、少し遠回りでも確実な経路でいくように計画しておくと良いです。

面接会場に到着しないと勝負になりませんから、まずは無事に面接会場に到着することが重要です。

これは当たり前のことなんですが、遅刻してくる方がいらっしゃいます。

交通機関のチェックはもちろんのこと、面接当日は、余計な仕事は入れないことです。

残業するなど、もってのほかです。

トラブル対応人員になりますから。

定時で帰ることを上司には言っておきましょう。

ここで、注意です。

あまりにも、平日に面接を入れると転職活動しているのでは?と疑われてしまいます。

転職エージェントに登録しておけば、面接日程の調整は担当アドバイザーが行ってくれます。

一日に集中して面接を組めば、その日だけ休めばいいので、アドバイザーに相談してみましょう。

最も良い方法を教えてくれますよ。

ちなみに、転職エージェントは時間が許せば、面接同行をしてくれます。

待ち合わせをして面接会場に行けますので、面接に集中出来ますね。

 

面接会場がわかりにくい場合は?

面接会場へどうやっていけばいいかは、事前にGoogleMapで調べておきましょう。

ブックマークしておけば、最寄り駅に着いたら、面接会場まで、普通は迷わず行けると思います。

ですが、当日は何があるかわかりません。

出来れば、下見をしておけば万全ですね。

時間が許せばですが。

面接会場が地図からイメージしにくい場合は、下見した方が早いし、安心です。

歩いてどれくらいで到着するかは、GoogleMapだと早めに書かれています。

ゆっくり歩いて、どれくらいで到着するかを確認しておきましょう。

また下見の際に近くに喫茶店があるかも確認しておくと良いでしょう。

 

到着時間は気をつけて!

面接会場に到着する時間にも気を配りましょう。

遅刻することは厳禁です。

ですが、早すぎる到着も企業にとっては、迷惑です。

よく言われるのは、面接開始15分前までには到着しておきましょう、だと思いますが、これでも早いんです。

受付の方がお茶を出したりしないでも良い時間が企業にとっては、都合がいいです。

すると、面接開始5分前までに到着すれば、十分だということです。

その時間調整には、近くの喫茶店を使いましょう。

下見に行っていれば、よりスムーズに面接会場に到着出来るでしょうね。

喫茶店で面接の頭の体操も出来ます。

早めに到着することは良いことです。

あくまでも、面接会場には5分前で十分だということです。

これは知らない方が多いです。


転職エージェントでは第3位のJAC Recruitment。

登録者は35歳以上が65%を占め、エグゼクティブ、管理職、外資系の求人が多いです。

面接に際して、ロールプレイングももちろん行ってくれます。

年収800万円以上の求人を多数保有しており、現年収が600万円以上の方におススメです。

⇒【JAC Recruitment】の公式サイトはこちら



業界最大手の転職エージェントとして有名なリクルートエージェント

運営はご存知リクルートキャリアが行っています。

いわゆる総合型転職エージェントです。

リクルートならではの情報収集力で、書類選考や面接対策も万全です!

⇒【リクルートエージェント】の公式サイトはこちら


トップへ戻る

本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

コメントを残す