広告

【採用担当解説】Geekly(ギークリー)は実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

【採用担当解説】Geekly(ギークリー)はやばい?【転職エージェントの評判は無視しよう】 転職エージェント
転職エージェント
この記事は約12分で読めます。

 

 

IT転職で悩んでいる人「IT転職を考えている。IT転職では転職エージェントを使うのが常識なので、どこを使うのがいいか検討中、、というかぶっちゃけ迷っている。おすすめの転職エージェントを知りたいな。」

 

こういった疑問に答えます。

Geekly(ギークリー)への無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

先日、こんなツイートをしました。

 

転職エージェントはニーズ別に使うことがよい。

  • 多数の求人紹介
  • 優良求人
  • 業界特化型求人
  • スキルがなくても使える
  • 年齢が高くても使える
  • 年収アップ

コンサルタントは重要だが、求人の傾向ももちろん大切。

 

先日、こんなツイートをしました。

 

業界特化型転職エージェントを上手く使うことは転職活動でも重要。転職活動で悩み事があったらリクルートエージェントやマイナビエージェントのような総合型転職エージェントに相談しよう。特化型転職エージェントは転職軸が決まっていて、求人紹介を受けたい場合に最適。その業界に詳しく無駄がない

 

先日、こんなツイートをしました。

 

転職エージェントの使い方。コンサルタントを上手く使うこと。理想の担当者には中々会えないので、どこかで妥協するのも必要。総合型転職エージェントであっても自分の専門領域に強いコンサルタントをお願いすると良い。特化型ではそのような苦労はないのだが。

 

先日、こんなツイートをしました。

 

特化型転職エージェントは登録者が目標を明確にしている。なのでコンサルタントもその業界や年代に通じていることが多い。総合型転職エージェントのコンサルタントは全ての分野に明るいわけではない。なので使う順番は総合型に慣れたら特化型がよい。この方がうまくいく。

 

本記事を読めば以下のことがわかるようになっています。

 

この記事を読めばわかること

  • IT転職では特化型転職エージェントを使うのが有利なわけがわかる。
  • IT業界・職種特化型転職エージェントを使えば、希望する転職が可能。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 筆者はエンジニア採用担当者で、数多くの転職面接や書類選考を経験しています。
  • エンジニア転職経験も3回ほどあり、50社以上の転職エージェントと転職サイトを利用してきました。
  • エンジニア採用担当経験、そして3回のエンジニア転職経験がこの記事の根拠です。
  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

9分ほどで読める記事ですので、しばらくお付き合いください。

  • IT業界特化型転職エージェントを使えば、年収アップ!
  • Geekly(ギークリー)は、IT/Web/ゲーム業界特化型転職エージェント
  • IT転職で年収アップができ、将来も仕事に困りません
  • Geekly(ギークリー)に限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由
  • IT転職で失敗しないためには、行動すること!

 

では一つずつ解説します。

 

Geekly(ギークリー)への無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

IT業界特化型転職エージェントを使えば、年収アップ!

IT業界特化型転職エージェントを使えば、年収アップ!

 

あなたのスキルを理解してくれないコンサルタントが多くて困っていませんか?エンジニア共通の悩みで筆者もそうでした。

転職エージェントには「総合型」と「特化型」があります。

 

「総合型転職エージェント」は幅広い求人を扱っています。

それに対して「特化型転職エージェント」は「転職の軸」が決定している方向けです。

 

なぜなら「業界・職種」などに特化した求人を扱うのが「特化型転職エージェント」だから。

求人応募する「業界・職種」が決まっている方は「特化型」転職エージェントを使ったほうが効率的な転職活動ができます

 

エンジニアの方なら特化型を使ったほうが良いでしょう。

筆者はエンジニア歴15年以上ですが、IT転職のときは「IT特化型転職エージェント」を必ず使っていました。

 

コンサルタントが専門用語を正確に理解してくれるので、ストレスがないからです。

 

Geekly(ギークリー)への無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

Geekly(ギークリー)は、IT/Web/ゲーム業界特化型転職エージェント

Geekly(ギークリー)は、IT/Web/ゲーム業界特化型転職エージェント

 

運営会社 Geekly
対応エリア 首都圏中心
公開求人数 19,456件 11/28更新
非公開求人数 9,000件 11/28更新
特記事項 77%の方が年収アップに成功。

 

転職エージェントを使っているけど、スキルを理解してもらえなくて困っている…

そんなあなたには【Geekly(ギークリー)】をおすすめします。

 

Geekly(ギークリー)はIT/Web/ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

業界・職種別に細分化されたコンサルタントが多く在籍しているので、年収アップしやすいです。

 

Geekly(ギークリー)を使えば、あなたの転職活動を有利、かつ楽に進められます!

例えば、以下のように半ばお任せで転職活動ができるのが良いところです。

  • 働きながらでもコンサルタントがスケジュール管理するので負担が減る。
  • 業界・職種に細分化したコンサルタントが在籍しているのでマッチング。76%の方が年収アップを実現(2022/07/26 現在)。
  • マッチング精度が高いので、内定率も高くなる。

 

Geekly(ギークリー)への無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

IT転職で年収アップができ、将来も仕事に困りません

IT転職で年収アップができ、将来も仕事に困りません

 

IT転職は年収アップをするためにするものです。

同じ会社で働いていると社内スキルだけが身につき、転職市場価値が低くなります。

 

転職市場ではポータブルスキルが必要とされます。ポータブルスキルとはどの企業でも通用するスキルのこと。

IT転職はキャリア形成を考えて行う方がほとんどなので、年収アップも必然なんです。

 

Geekly(ギークリー)はあなたの仕事内容を正しく理解しているコンサルタントが多数います。

転職エージェントの中には職務経歴を把握できないコンサルタントがいることも事実です。

 

「業界・職種特化型」だからこそ、専門知識はもちろん業界のことにも詳しいんです。

特化型転職エージェントを使うことで、マッチング精度がかなり上がります。

 

あとは年収や勤務地などの希望条件次第です。Geekly(ギークリー)は首都圏の求人が多いです。

あなたの希望する仕事で転職できれば、家族や恋人に喜ばれますよ!

 

IT系の仕事はニーズがなくなることはないです。

つまり「仕事で困りません」。それはAI開発の仕事が足りないのでわかりますよね。

 

今は通勤が当たり前かもですが「どこでも勤務可能」な時代も近づいていますよね。

IT業界がこの辺りの対応は早いかと。

 

つまり職場環境においても風通しがよく働きやすいのはITです。

 

Geekly(ギークリー)への無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

Geekly(ギークリー)に限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

Geekly(ギークリー)に限らず、評判を無視して問題ない客観的な理由

 

転職エージェントの評判はコンサルタントのものだから。そのコンサルタントが担当になる確率はほとんどゼロ。つまり「やばい評判や口コミは無視して良い」。

Geekly(ギークリー)には良い評判もあり、もちろんやばい評判もあります。

Geekly(ギークリー)のやばい評判についても、全く気にする必要はないです。

 

なぜなら、評判の悪いコンサルタントが担当者になる確率は、ほとんどゼロだから。

Geekly(ギークリー)自体の対応について、書かれているものは見つかりませんでした。

 

良い評判・口コミ

 

サーバ構築・保守運用を中心に新卒から7年働いていました。
会社の事業内容の変化に伴い、後輩のマネジメントも任されることが増えましたが、小さな会社でどんどんマネジメントの比重が大きくなり、もっと現場に立ちたくて転職を考え始めました。

転職エージェントというものを初めて使うのですが、まずは大手に登録し、あとはエンジニアに詳しそうなサービスを探して登録しました。
大手のコンサルタントは、ちょっとイマイチでしたね…保守と構築の違いもあんまわかってなさそうだったし(苦笑)

Geeklyのコンサルタントは、そこらへん理解したうえで、ゲーム会社のサーバエンジニアの求人を紹介してくれました。考えてなかった業界だったので驚きました。
よく話を聞けば、ソシャゲ業界の仕事は、今まで携わってた仕事より規模も大きくエンジニアとしては学びが多そうで、魅力に感じ面接を受けることにしました。

面接では先輩エンジニアからより詳しく現場のことを話してもらえて、今の自分の知識経験と照らし合わせて、足りない技術も見えてきて、ここなら成長できそうだと感じ転職を決意。予算も大きく動いている業界なので、できる幅も増えるなと、ちょっと楽しみですね。

引用元:エンジニアとしてスキル・キャリアアップできる職場に出会えました

 

やばい評判・口コミ

 

ビズリーチに登録した途端に、あなたなら2.3社は内定可能かと思いますというメールを沢山もらったので、登録しました。

エージェントにありがちな、過大に期待をさせるようなことばかり言われましたが、結果、他社に比べて書類通過率が低すぎました。期待させられた分、苛立ちを感じました。だったらはじめからそんなにうまいことばかり言わないで欲しかったです。

応募企業の面接に行き、終わった途端にその面接内容の感想をくれと言ってきて、どんなことを質問されたか等返信しました。今後、その企業を受ける人へのデータとしているそうです。

数日後、あっさりとした内容のお祈りメールがきて、交通費と時間を使ってデータ蓄積のお手伝いだけさせられた気がして、自分にとってはマイナスしか残りませんでした。

せめて、内定した人から面接内容を聞くようにした方がいいんじゃないでしょうか。

自分にとっては、所詮高嶺の花の求人ばかりだったのだと思います。だったらはじめからメールとかしてきて欲しくなかったです。

引用元:他社の転職エージェントに比べて書類選考通過率が悪かった。

 

  • やばい評判がかなりありましたが、全てコンサルタントの悪口なので、掲載はしません。
  • 転職エージェントのビジネスモデルを理解していれば、このような書き込みはないはず。
  • つまり、コンサルタントが無能か、求職者のスキルが足りないかのいずれかですから。

 

それでもGeekly(ギークリー)の登録者が多いのは、以下の強みがあるからです。

 

  • 内定までのスピードが早い
  • WebマーケーターややWebディレクター求人がある
  • ハイキャリア志向の方がいる

 

なので、IT転職するならGeekly(ギークリー)を使って、損することはないです。

確かに「転職エージェントはコンサルタント次第」です。

 

しかしGeekly(ギークリー)には有能なコンサルタントが多数在籍しています。

あなたの職務経歴に相応しいコンサルタントも必ずいます。

 

そのわけは「IT特化型転職エージェント」だからです。

Geekly(ギークリー)はコンサルタントが「業界・職種」細分化。だからミスマッチが防げます。

 

Geekly(ギークリー)への無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。

 

 

IT転職で失敗しないためには、行動すること!

 

あとはあなたの行動力にかかっています。ちょっとした勇気で明るい未来を感じるはず。

転職活動で失敗するパターンは行動しないことです。

 

転職エージェントは当然「完全無料」で利用できます。

もしもあなたに心配な点があるとすればコンサルタントの相性でしょうか?

 

それについては心配ございません。

Geekly(ギークリー)もそうですが、転職エージェントはコンサルタントと転職希望者との相性を第一に考えています。

 

転職エージェントはボランティアではありません。

利益が出ないとダメだからです。

 

もしも「イマイチ」相性が合わないコンサルタントでしたら、担当者交代はすぐにでも可能です。

担当者本人に言う必要もなく、Geekly(ギークリー)に連絡すればOKです。

 

このようにあなたが受ける「利益」よりも「デメリット」は小さなものです。

結局、転職エージェントはマッチング次第です。

 

Geekly(ギークリー)はマッチング精度がとても高いです。

使わないと転職活動で損をすると思います。

 

迷っている方はとりあえず使ってみてください。

実際に使わないとわからないことも多いです。

 

Geekly(ギークリー)への無料登録は、以下のボタンよりどうぞ。