誰でもできる転職エージェントの紹介求人数を増やす方法

転職エージェント
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Links

転職エージェントの運用次第で、求人紹介数が変わってくるのは事実です。できるだけ求人を紹介してもらうにはどうすればいいのでしょうか?

Sponsored Links

希望条件はできるだけ無くす!

 

 

転職エージェントに登録してみたはいいけど、なかなか求人の紹介がなくて困っていませんか?

私も同じ経験があるんです。

 

 

いったい、いつ転職出来るのだろうか?と悩みますよね。

私の経験から、転職エージェントからの紹介求人数を増やす方法をこっそりお教えしますね。

 

 

最初に転職エージェントとのキャリア相談がありますが、転職エージェントとのキャリア相談で気をつけることは?に書かれていることに注意して対応すれば、問題はありません。

コンサルタントやキャリアアドバイザーはあなたの職務経歴を確認して、企業に紹介しても問題ないかどうかを確認しています。

 

 

さらに社会的常識を身につけているかも見ています。

転職エージェントにとって、登録者のあなたは企業に推薦する大事な人財です。

 

 

そのためにキャリア相談では企業面接に近い内容がチェックされていると思って良いでしょう。

人物的に問題がなければ、つぎは求人とのマッチング作業です。

 

 

あなたが説明した職務経歴とキャリアアドバイザーが想像していたスキルとで、ズレがあると、キャリア相談での求人紹介はないと思います。

あらかじめ用意していた求人がミスマッチなので、紹介してもらえないのは、ある意味当然です。

 

 

キャリア相談ではあなたの希望条件を聞かれましたよね?

この部分ですが、どうしてもゆずれない項目以外は、あまり制限を設けるべきではないと思っています。

 

  • 勤務地は出来るだけ広く。例えば、都内23区というよりは、関東全域とか。
  • 希望年収を見直す。生活できないのは、困りものだが。特に中高年の方はここはポイントになります。
  • 業界、職種がぴったりのものだけを紹介してもらうのは難しい。ある程度の妥協点は必要。

 

 

私は転職市場価値を純粋に知りたかったので、途中から希望条件はほとんど無しにしました。

特に勤務地を全国OKにすると、求人紹介は確実に毎日数件以上はありました。

 

 

まず重要なのは求人を紹介してもらうことです。

このステップにいけないとキャリアアドバイザーの方からなかなか求人を紹介することはなくなってきます。

 

 

そうするとあなたにとって、良い求人に出会える確率が低くなってきます。

それを避けるために、希望条件をできるだけなくし、それをキャリアアドバイザーに伝えましょう。

 

 

週に一回はキャリアアドバイザーに確認

 

 

その次に私が工夫したことは、キャリアアドバイザーとコミュニケーションをとることです。

そうすることで、同じようなスキルの人が数人いたとしても、キャリアアドバイザーからみると、『あいつに声をかけてみようかな?』と真っ先に思い浮かぶ対象になりうるからです。

 

 

別に仲良くなれといっているわけではないんです。

エージェントに相談しない方がいいこともある?ですからね。

 

 

何でも相談するのはいかがかと思います。

あなたが損することは話さない方が良いです。

 

 

 

週に一度で良いので、『紹介できそうな求人はありそうか?』を問い合わせるようにしましょう。

 

 

私はこれを地道に実行することで職務経歴書もかなり深く添削してもらえるようになりました。

誰でもできる職務経歴書の作成方法!は転職エージェントのコンサルタントのアドバイスを基に書いたものです。

 

求人を紹介してもらおうとして始めたことでしたが、ほかにもいいことがありましたね。

 

 

希望条件と少し離れていても、応募する!

 

 

希望条件をできるだけなくし、週1でアドバイザーにコンタクトをとっていると、確実に紹介される求人数は増えていくはずです。

紹介された求人というのは、あなたにとって、『かすっていない』ような案件ではないはずです。

 

 

どこかにあなたのコアスキルとの接点があるはずです。

紹介された求人は基本的には『応募』しましょう!

 

 

最終選考まで行く求人ばかりではないので、内定した後のことを気にする必要はありません。

宝くじの使い道を考えすぎ、買わないのと同じですよ。

 

 

 

希望条件とぴったりではなくても、あなたが求人に応募するうちに、本当に希望する求人が出てくるかもしれません。

そして、その可能性を増やすために、転職エージェントは1社ではなく、複数社登録することをおすすめします。

 

 


【リクルートエージェント】


トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました