【転職失敗しない】IT特化型転職エージェント6選【おすすめ】

【転職失敗しない】IT特化型転職エージェント6選【おすすめ】転職エージェント
この記事は約13分で読めます。

 

 

おすすめのIT特化型転職エージェントを知りたい人「転職サイトと転職エージェントの違いからよくわかっていないので知っておきたい。次におすすめの転職サイトと転職エージェントの利用方法を知りたい。さらにおすすめのIT特化型転職エージェントを知りたい。」

 

上記の疑問・お悩みにお答えします。

 

この記事を読めばわかること

  • 転職サイトと転職エージェントの違いがわかる。
  • おすすめの転職サイトと転職エージェントの利用方法がわかる。
  • おすすめのIT特化型転職エージェントがわかる。

 

とは言っても、何の根拠もなく書いているわけではありません。

この記事には以下の根拠があります。

 

この記事の根拠

  • 筆者はエンジニア転職経験が3回ほどあり、転職サイト・転職エージェントを合わせて50社以上は使ってきました。
  • エンジニア転職経験によって、使ってよかった転職エージェントだけをここで掲載しています。
  • 採用担当経験者として、転職エージェントに求人を依頼する側でしたので、対応の良い転職エージェントを掲載しています。
  • つまり転職経験、採用経験の両方から選んでいますので、信憑性はかなり高いです。
  • 上記の通り。

 

記事構成は以下のとおりです。

 

  • 転職サイトと転職エージェントの違い【おすすめ】
  • 転職サイトと転職エージェントの利用方法【おすすめ】
  • 【転職失敗しない】IT特化型転職エージェント6選【おすすめ】
  • 【まずは行動】IT特化型転職エージェントを使ってみることが大切
  • 上記の通り。

 

ではそれぞれ解説します。

 

その前におすすめのIT特化型転職エージェントをまとめて示しておきます。

気になるIT特化型転職エージェントがありましたら、以下のリンクよりクリックしてください。

 

年収600万円以上が5000件。IT特化型転職エージェント
転職の悩みを解決。業界第二位の転職エージェント
非公開求人数20万件。業界最大手の転職エージェント
マイナビグループ。IT特化型転職エージェント
ITフリーランス専門エージェント
年収500万円以上100%のIT特化型転職エージェント

 

 

転職サイトと転職エージェントの違い【おすすめ】

転職サイトと転職エージェントの違い【おすすめ】

 

転職サイトと転職エージェントの違いを理解しておくことは重要です。

以下で解説します。

 

転職サイトのビジネスモデルとは?【求人掲載料徴収型】

 

転職サイトのビジネスモデルとは?【求人掲載料徴収型】

 

転職サイトは求人サイトともいうことからわかるように、求人を掲載することでビジネスが成り立っています

上図のように企業A、企業Bがあったとします。

 

求人掲載料を払わないと転職サイトには掲載できません。

その時高い掲載料を払えば、目立つ場所に求人掲載してくれます。

 

上図の例では企業Aです。

逆に企業Bは掲載料が安いので、目立つ場所には求人掲載してくれません。

 

求職者にとっての良い求人が必ずしも目立つ場所に掲載されているわけではないことを覚えておきましょう。

これは広告と同じことと考えるとわかりやすいです。

 

転職サイトが無料で利用できるのは企業から求人掲載料をもらっているからです。

 

転職エージェントのビジネスモデルとは?【成果報酬型】

 

転職エージェントのビジネスモデルとは?【成果報酬型】

 

転職エージェントは求人を依頼する企業、候補者(あなた)がすべてビジネスモデルに関係します。

以下のような流れで転職エージェントは売上を得ています。

 

  • 企業は求人を転職エージェントに依頼する。
  • 転職エージェントは求人に相応しい候補者を探し、企業に推薦する。
  • 書類選考、面接を行い、候補者が内定承諾する。
  • 紹介手数料を候補者の想定年収3割程度を企業は転職エージェントに支払う。

 

これが転職エージェントのビジネスモデルです。

>>なぜ転職エージェントのビジネスモデルを理解すべきなのか【必須】

 

候補者であるあなたが転職成功しないかぎり売上はゼロです。

転職エージェントが全力でサポートする理由はそこにあります。

 

転職サイトと転職エージェントのサービスの違い

転職希望者、求職者の観点から転職サイトと転職エージェントのサービスの違いを比較してみましょう。

 

転職サイト転職エージェント
求人の内訳公開求人のみ非公開求人が8割程度
求人応募自由に応募可能エージェントの推薦による
職務経歴書の添削サポートなしエージェントが添削
面接日程の調整サポートなしエージェントが代行
面接対策サポートなしエージェントと想定問答の練習
面接同行サポートなし希望すれば、同行あり
年収交渉サポートなしエージェントが年収交渉
退職交渉サポートなしエージェントが円満退職アドバイスをくれる

 

上記のように転職エージェントの方が圧倒的に楽に転職活動ができます

 

 

転職サイトと転職エージェントの利用方法【おすすめ】

転職サイトと転職エージェントの利用方法【おすすめ】

 

転職活動には失敗しないための正しい手順があります。

手順通りに行うことで、無理なく、無駄ない転職活動ができます。

 

改めて以下に失敗しないための正しい転職活動の手順を示します。

 

  • 転職理由・転職の軸を明確にする。
  • 転職理由・転職の軸にマッチングする求人ニーズを転職サイトで徹底的にマーケティングする。
  • 転職活動のスケジューリング
  • キャリアの棚卸し
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 転職エージェント推薦による求人応募
  • 年収交渉・内定承諾・退職交渉

 

転職サイトから応募しないのは学歴フィルターや年齢フィルターが設けられている場合があるからです。

そのまま応募すると、自動的に見送りになってしまいます。

 

転職エージェントはあなたを企業に推薦してくれますので、応募はここを使わないと損です。

転職サイトで応募したい求人をみつけたら、転職エージェントの求人にしてもらいましょう。

 

私は転職活動中、すべてこの方法を取りました。

そのためには信頼できる担当コンサルタントに出会う必要があります。

 

求人紹介をしてもらう際にマッチングしていない場合は、もう一度あなたの職務経歴を説明しましょう。

コンサルタントがあなたのキャリアを勘違いをしている可能性も十分あります。

 

それでもあなたのキャリアを理解してくれない場合は、迷わず担当交代をお願いしてください。

あなた、転職エージェントの双方にとって不幸なままだからです。

 

>>転職エージェントの言いなりになるな【最終決定はあなた】
>>失敗しないための転職活動の5つの正しい手順とは?【情強の最短距離】

 

 

【転職失敗しない】IT特化型転職エージェント6選【おすすめ】

【転職失敗しない】IT特化型転職エージェント6選【おすすめ】

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアが支持されるのは【手作り感】だと思います。

全てがシステム化・自動化の方向に向かっている昨今は転職業界も応募も自動でできるようになりましたね。

 

それは確かに便利ですが、求人は生き物です。

一つ一つ、主張があります。

 

それを理解し、咀嚼したうえで、求人の応募をしなければいけません。

本来は。

 

レバテックキャリアは高給与の独自の非公開求人を多数保有しています。

それは年間3000回以上も企業に足を運んで、受注したものです。

 

企業からの信頼度合いが違います。

結果として、【どんな人物が欲しいのか?】の情報も転職エージェント側で把握できるようになっており、求人ごとに対策を練って、それから応募者を企業に推薦するので、結果として内定率が高くなるのです。

 

半面、紹介求人は少なくなります。

あなたに相応しい求人がどんどん紹介できるわけではありません。

 

求人数が少ないと感じたら、他の大手転職エージェントと併用することでリスク回避をして下さい。

求人紹介されるのを待っているだけというのは時間がもったいないので、避けましょう。

 

 

>>【レバテックキャリア】今後もエンジニアはニーズがある仕事なのか
>>Pythonのプログラミングにおける最大の特徴【初心者でも簡単】

 

doda

 

dodaは業界第二位の転職エージェントです。

ご存知の方も多いと思いますが、dodaは転職サイトも持っています。

 

ここもリクルートエージェント同様、エンジニア求人数が豊富です。

エンジニア思考であれば、おすすめできる転職エージェントです。

 

求人応募は転職エージェントから推薦してもらうのがよいので、転職サイトは求人検索のみに使うのがおすすめです。

dodaの転職サイトの求人は年齢フィルターや学歴フィルターが設けられている企業がありますので、転職エージェント推薦で応募した方がずっと安全です。

 

dodaを利用する際に気をつけることは「転職エージェントからの求人紹介」と「転職サイト経由のスカウト」とを混同しないようにきちんと求人管理するくらいです。

ですが、求人管理はウェブサイト上で出来るので、特に問題ありません。

 

求人紹介数、スカウト数がとても多いので、求人応募するかどうかはスピード重視で決めたほうが良いでしょう。

もちろん求人応募前に転職会議などで会社の調査はする前提です。

 

 

>>【おすすめ】転職サイトとしても使え、超便利な転職エージェント【doda】
>>Pythonがプログラミング言語初心者に向く3つの理由【将来性】

 

リクルートエージェント

 

業界最大手としても有名なリクルートエージェントは実はIT関係の求人に強いところです。

基本的にはデパート型の総合型転職エージェントで様々な求人を扱っています。

 

しかしIT業界、職種を指向する方も使って損はないと思います。

非公開求人20万件の中にあなたが希望する求人が見つかるかもしれませんよ。

 

 

>>【おすすめ】リクルートエージェントが業界で最強の理由とは?
>>Swiftプログラミング言語の3つの特徴とは?【初心者向き】

 

マイナビIT AGENT

 

マイナビIT AGENTは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。

言うまでもなく、マイナビグループは転職支援サービスで絶大なる信頼を得ています。

 

そんなに説明もいらないでしょう。

このグループの特徴は、「求人の本当のところがわかる」ということでしょう。

 

  • 給料はどうなのか?
  • 忙しいのか?
  • 社風は?
  • 雰囲気は?
  • 上司の性格は?

 

など仕事内容以外にも知りたいことは多いはずです。

もちろん、業務内容の疑問にも回答できるだけの情報はもっています。

 

【マイナビIT AGENT】は大手でもありますが、IT業界に特化した転職エージェントとも言えます。

IT企業はマイナビIT AGENTと信頼関係がありますので、登録しておきたい転職エージェントです。

 

転職活動は情報戦です。

求人情報収集のためにも使って損はないはずです。

 

 

>>PHPのプログラミングにおける最大の特徴とは【Webアプリ向け】

 

ギークスジョブ

 

ギークスジョブはフリーランスエンジニアのための転職エージェントです。

エントリーすると、あなたに専任の担当者がつき、個別説明会を行います。

 

そして常時6000件はあるという案件の中からあなたに最適な求人をご紹介します。

そこまでは通常の転職エージェントと同じですが、フリーランスエンジニアに特化していますので、そのあとは商談へと進みます。

 

商談は、あなたが実績、スキルをクライアントにアピールする場となります。

ぶっつけ本番ではうまくいくものも、うまくいきません。

 

入念な準備を専任担当と行います。

商談が上手くまとまると、交渉成立となります。

 

条件交渉は専任担当が行ってくれます。

個別契約書を締結する時点で、ガイダンスを行っていますので、ご安心ください。

 

契約ごとなので、不安点はここで全て取り除くように専任担当がサポートいたします。

次は作業開始となりますが、コンプライアンスの観点から、殆どの案件が客先常駐で行うことになります。

 

この後は専任担当は2名体制となります。

請求書発行などの事務手続きは全て専任担当が代行してくれます。

 

あなたは作業に集中すればよいのです。

ギークスジョブはこのように作業開始後も、アフターフォローを入れさせていただきます。

 

取り組んでいらっしゃる案件も、契約終了を希望する場合は、間髪入れずに営業活動を行います。

フリーランスエンジニアは一人だと本当に大変です。

 

サポートしてくれる専任担当がいるだけでも、ずいぶん違うと思いますよ。

 

 

 

>>Javaがプログラミング初心者に向いていない理由【難しすぎる】

 

TechClipsエージェント

 

TechClipsエージェントは高年収・高待遇に特化したITエンジニア専門の転職エージェントです。

全ての求人が年収500万円以上と圧倒的に高年収なのです。

 

さらに全ての求人は年収のみならず働きがいのある事業会社のみです。

現役のエンジニアがコンサルティングをすることで、あなたの技術力が理解されないということはありません。

 

東京・神奈川・埼玉・千葉限定ですので、首都圏在住の方はご利用を検討した方が良いでしょう。

 

 

>>【TechClips】エンジニア特化型高年収求人転職エージェント

 

 

【まずは行動】IT特化型転職エージェントを使ってみることが大切

【まずは行動】IT特化型転職エージェントを使ってみることが大切

 

いかがでしたか?

IT特化型転職エージェントのメリットはご理解頂けたでしょうか?

 

IT特化型転職エージェントを使うことによって、IT分野のプロに転職のアドバイスがもらえます。

そのことで転職失敗のリスクはかなり低くなります

 

ビジネスモデルにより転職エージェントは全て無料で利用できます。

転職活動を行う上で「転職エージェントはノーリスク、ハイリターン」なんです。

 

転職エージェントを使わないという選択はないと思います。

もちろんそれを決めるのはあなたです。

 

転職活動では迷うよりもまずは行動することが良い結果を生みます。

走りながら間違いを修正すれば大丈夫です。

 

失敗を恐れて行動しないのが最も良くないです。

転職活動でたとえ失敗しても、その体験から学べるはずです。

 

再度、本記事でご紹介したIT特化型転職エージェントを示します。

以下のリンクよりクリックしてください。

 

年収600万円以上が5000件。IT特化型転職エージェント
転職の悩みを解決。業界第二位の転職エージェント
非公開求人数20万件。業界最大手の転職エージェント
マイナビグループ。IT特化型転職エージェント
ITフリーランス専門エージェント
年収500万円以上100%のIT特化型転職エージェント

 

>>【おすすめ】失敗しない転職サイトと転職エージェント69選【ニーズ別】

>>おすすめの転職エージェント12選【デメリットも利用した使い方】

>>【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【まずは行動すべき】

>>【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント14社を厳選