総合型・特化型転職エージェントに登録するのはいつがいいのか?


転職エージェントには総合型転職エージェントと特化型転職エージェントの二種類があります。総合型転職エージェントは幅広く知られてきていますが、特化型転職エージェントについてはまだまだ認知されていません。今回はそれぞれの登録のタイミングを考えていきましょう。

総合型転職エージェントは転職活動の初期に使う

初めての転職の方にオススメなのが総合型転職エージェントです。

総合型転職エージェントは幅広いジャンルの業界、職種に関わる求人を数多く保有しています。

 

リクルートエージェントやdodaが代表例です。


 【リクルートエージェント】への登録はこちら

 【doda】への登録はこちら


 

転職エージェントの使い方に慣れていない転職初心者の方にはまずは総合型転職エージェントを使ってみることをオススメします。

「転職はこんな感じで進む」というのを一度は体感した方がよいからです。

登録はキャリアの棚卸しをして、転職理由、転職の方向性を決めてからが理想ですが、エージェントと相談しながらキャリアプランを固めていく方法もあります。

 

履歴書・職務経歴書が一応完成してからの方が登録もスムーズですので、暫定版でもいいので作成はしておきましょう。

転職エージェントに添削してもらうことももちろん可能ですので。

 

並行してハローワークや転職サイトなどの転職媒体も一通り使ってみましょう。

それぞれに使用目的があります。

転職エージェントを中心に転職活動をすることが明らかに効率的です。

ハローワークや転職サイトについては、深入りはしないことです。

 

ハローワークでは応募までの基本的な流れがわかれば目的達成です。

転職サイトについてはウェブサイトからの応募以降は企業とあなたは直接コンタクトをとりあう必要があります。

企業とのやりとりについての基本的な流れがわかれば目的達成です。

 

転職エージェントについては、企業とのやりとりをする必要はありません。

さまざまな求人を紹介してもらい、あなたの進むべき道、やりたいことを明確にしていきましょう。

ここでいう転職エージェントとはもちろん総合型のことです。

豊富な求人数が総合型転職エージェントの特徴です。

企業とのパイプも太い転職エージェントが多く、転職活動、就活では常に利用したい媒体です。

総合型転職エージェントでは内定獲得が目的でもありますが、転職理由を明確にすることを最初は念頭においてください。

 

特化型転職エージェントは転職理由が明確になってから使う

では特化型転職エージェントは総合型転職エージェントと比べて、どのように活用するのが良いのでしょうか?

特化型転職エージェントとは、ある業界、職種、年代にフォーカスした求人を取り扱うところです。

 

例えば職種、業界に特化した転職エージェントはITエンジニア、看護師、医師、保育士、薬剤師などの専門職の求人を保有しています。

ITエンジニアや看護師専門の転職支援サービスです。


 【レバテックキャリア】への登録はこちら

 【看護のお仕事】への登録はこちら


 

20代に特化した転職エージェントであれば、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けの求人を保有しています。

就職経験のない20代の方向けの求人をそろえているところです。


 【第二新卒エージェントneo】への登録はこちら


 

このように特化型転職エージェントを使うためには転職理由が明確になっている必要があります。

転職理由が明確になっていると転職の方向性が決まってきます。

つまりどんな業種のどんな職種に転職するかが見えてくるのです。

これがはっきりするまでは総合型転職エージェントを使うべきです。

 

特化型転職エージェントでは紹介される求人が限られたものとなります。

その代わりに担当コンサルタントはその業界、職種に精通しているので頼りになることは確実です。

これは大きなメリットですね。

 

もしもあなたの仕事が専門職ならば、出来るだけ早く特化型転職エージェントを使うべきです。

総務や営業のような一般職であれば、総合型転職エージェントの方が向いています。

あなたがこれからどんな求人に応募したいかで使う転職エージェントも決まってくるといってもいいでしょう。

 

もう一度言います。

転職理由を明確にし、転職の方向性を決めるのは総合型転職エージェントを使いながらが良いです。

 

俯瞰的にあなたのキャリアをみてくれるのは総合型転職エージェントのコンサルタントの方が得意だからです。

総合型転職エージェントの方が転職全般について相談しやすいので、連絡を密に取っておくことです。

 

特化型転職エージェントでは質の高い求人を紹介してもらうことがメリットになります。

 

どちらがいいというのではなく、二種類の転職エージェントの特徴ですので、上手く使い分けましょう。

 

まとめ

まとめますと

  • 最初は総合型転職エージェントに登録する
  • 慣れてきたら特化型転職エージェントを追加登録していく

というイメージで使っていくのがよいです。

総合型転職エージェントの利用をやめるというのではなく、追加していくことであなたの転職活動に必ず役に立ってきます。

まずは総合型転職エージェントに相談することから始めましょう。


 【リクルートエージェント】への登録はこちら



トップへ戻る

転職に関するお悩みは何でもお気軽にお問い合わせください。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!