ブラック企業はパワハラの温床なので逃げるのが正しい

退職
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Links

職場、特にブラック企業でありがちなパワハラ。それが理由で転職したい場合どうしたらよいのでしょうか?考えてみましょう。

Sponsored Links

ブラック企業はパワハラの温床なので逃げるのが正しい

 

パワハラで悩んでおられる方、とても多いと思います。

会社に行くのが、嫌になりますよね。

 

パワハラって最近こそ騒がれますが、私が入社したころもひどかったんです。

パワハラという言葉もなくて、普通に人格を傷つけられました。

 

角界でいう『かわいがり』ってやつが、サラリーマン社会でも日常茶飯事のようにあった時代です。

当時は私も教育と称して、今でいう『パワハラ』を受けてました。

 

上司が公然と大きな顔をしてやるのです。

会社に行くのイヤになりましたよ。

 

 

このように昔もパワハラはあったんですが、今は社会的に許されない時代になりました。

受けた本人がハラスメントだと思えば、パワハラなんです。

 

 

それはセクハラにしても同様です。

昔は朝の挨拶代わりにセクハラでしたから、ひどいものです。

 

今では表だって行なわれていませんが、余計に分かりにくくなったといわれています。

一度狙われると毎日のようにパワハラでは、受ける方はたまったものではありません。

 

一人ではとてもこなせない量の仕事を与えられたり、それが終わっていないとすごい剣幕で怒鳴られらたり……

本当にひどいものです。

 

 

パワハラを受けたら、それをいつまでも我慢するしかないのでしょうか?

ブラック企業に応募しないで済む方法とは?に書かれていることを事前に行っていれば応募しないで済んだかもしれません。

 

しかし不幸にしてブラック企業に入社してしまった場合もあると思います。

それでは不幸にしてパワハラを受けたとき、どうすればいいのでしょうか?

 

 

ブラック企業に応募しないで済む方法とは?【たったの2つだけ】
求人応募をする際に避けて通れないのが、企業の調査です。応募する前にその求人がブラック企業かどうかがわかれば、無駄な労力を使わずに済みますよね。そのためのチェックポイントは何でしょうか?

 

 

パワハラと認定されるよう行動しよう

 

いわゆる、パワハラを受けたときにまずは確認してほしいことがあります。

決してあなたを責めるわけではないんです。

 

ただパワハラと法的に認定してもらうには必要なことなので、そのことを書いています。

また間違った行動をとって、かえって立場を危うくしてほしくもありませんので。

 

あなたに考えて頂きたいのは『あなたに全く否はないパワハラ』なのかということです。

つまり理不尽なパワーハラスメントかということが重要なんです。

 

その時冷静な判断があなたにはできない可能性もあるので、第三者から見たアドバイスは参考になると思います。

そのためにも同僚や友人、ご家族に相談して冷静に判断してもらうことをおすすめします。

 

現在の状態がまともに仕事をできないというのであれば、それは立派なパワハラです。

 

 

当初、あなたの仕事ぶりに問題があったとしても、上司の対応の仕方はあるはずですしね…

あなたがパワハラと感じたら、その時からでも知人に相談するときの材料が必要です。

 

具体的には労基署に訴えるなどのしかるべき処置をとるための証拠です。

 

 

最低でも一週間は受けた仕打ちを記録にとっておいてください

出来るだけ細かく記録することです。

 

 

 

まずは本人に通告する

時期を見て、知人に記録を材料に相談してみて、第三者からもやはりパワハラだと言われたら、とるべき手段はまずは本人に通達することです。

以降パワハラを受けるたびに、『それはパワハラです。』と本人に言うのです。

 

これを何度言ってもなおらない場合でも、会社の人事に相談してもムダです。

 

 

もみ消されるだけです。

そういった例を私は何度もみていますから。

 

逆に「君が悪いんじゃない?」と言われるのがオチです。

 

 

労基署に相談するのは最終手段

労働組合もその実態はブラック企業の味方であることも多いので、相談する効果はないと思います。

なので上司に何度言っても、直りそうになかったら、労基署にいうのが一番です。

 

ですがこれって最終手段です。

ブラック企業に居づらくなるのは、確実だからです。

 

根本的な原因は、理不尽なハラスメントをする『上司』だと思うんです。

 

 

退職代行を使ってブラック企業から逃げることも決して間違っていません。

あなたの心身の健康が第一ですから。

 


退職代行ニコイチ

 

 

パワハラで転職することは、正しいことです

 

 

では、パワハラ上司とどう対決するか?

性格なんて、こちらから言ったからといっても、変わるとは思えませんよね。

 

効果がある対策としては、2つだけです。

 

✅ 労基署に訴え、全面対決

✅ その会社から逃げる

 

会社は悲しいけど、上司を守るんです。

表沙汰になると会社は困るからです。

 

学校のいじめの構造と同じです。

私はブラック企業から逃げるのは、むしろ正しいことだと思っています。

 

 

人間関係で辞めると、次の職場でもと考えがちです。

あまりにも理不尽な上司はそうそういないと思います。

 

パワハラが理由で転職する場合でも、転職先には、パワハラという言葉は使わない方が良いでしょう。

 

 

面接でどう答えるか?

これについては、面接官によっても違います。

 

転職エージェント経由の求人であれば、コンサルタントに聞くのが、一番だと思います。

面接官の性格もコンサルタントは把握していますから。

 

パワハラを避けるなら、転職エージェントを使っての転職の方が安全です。

第一にブラック企業は紹介しません。

 

0%とは言いませんがハローワークに比べると殆どゼロに近い数字だと思います。

 

 

それでも応募する前に最低限確認しておくべき二つのこととはで書いたことは転職エージェントの求人といえども、チェックしてくださいね。

時間のむだになる応募は避けてほしいからです。

 

応募する前に最低限確認しておくべき二つのこととは?
ハローワーク、転職サイト、転職エージェント経由の求人に関わらず応募前に最低限確認しておくべきことがあります。それは...

 

第二に求人の部署の人員構成からどんな雰囲気で働いているかまで、転職エージェントは把握しています。

その分転職前にあなたとの相性がなんとなくわかります。

 

これってあなたにとってとても大事です。

 

 

職場の雰囲気がわかれば、イヤな人がいそうかそうでないかは察しがつくのではないでしょうか?

 

もう一度言います。

パワハラで転職することは、決して悪いことではありません。

 

むしろ転職先を慎重に選ぶことで、明るい未来が待っているんじゃないでしょうか?

新天地で新たな気持ちで頑張った方がずっと健康的ですよ。

 

 

頑張ってください。

 


リクルートエージェント

 

トップへ戻る

 

 

 

よくある質問

 

 

転職活動の手順を知りたい。できるだけ無駄のないようにしたいので。ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違いや使い方も含めて手順が知りたい。

 

 

転職活動で転職エージェントや転職サイトはどのように利用するのがよいのか?それぞれはどんな人に向くのか?おすすめの転職エージェント・転職サイトも知りたい。

 

 

職務経歴書が上手く書けないので、秘訣を知りたい。面接で注意すべき点やドタキャンする事情があったら、再応募は可能なのだろうか?その時の対策はあるのだろうか?

 

 

上記の質問に対する回答は本ブログの記事のさまざまな記事にとりあげていますので、ご一読頂ければ幸いです。

それでも疑問がある方は遠慮なくお問い合わせください

 

 

 

Sponsored Links