知らなきゃ損する一気通貫体制の転職エージェント!


転職エージェントを利用している方はとても多いと思います。ですがその転職エージェントのサポート体制についてご存知の方は意外にも少ないものです。まずは現状認識から始めましょう。

分業体制が一般的

転職エージェントに登録するとあなたに担当アドバイザーがつきます。

そこまではよくご存知だと思います。

ですが転職エージェントの体制が2通りあることはご存知でしょうか?

本記事では2通りのサポート体制について解説したいと思います。

 

上図は分業体制の転職エージェントの支援の流れです。

企業にアプローチする営業マンと求職者への転職アドバイスや求人紹介を行うアドバイザーとに転職エージェントでは分業していることがわかります。

 

あなたはアドバイザーと連絡を取り合いながら求人紹介をしてもらうことで転職を実現していくのですが、実は求人獲得をする営業担当は別にいるのです。

このような分業体制をとっている転職エージェントは大手では多く一般的です。

リクルートエージェント doda などがその代表例です。

 

一気通貫体制とは?

分業体制に対して一気通貫体制とは一人のコンサルタントが企業にアプローチする営業と求職者への求人紹介、キャリア相談などの転職支援を行う体制を言います。

 

あなたはそのコンサルタントと二人三脚で転職活動をしていきます。

営業も行っているコンサルタントですので求人に関して詳しくあなたにとって、頼りになる存在となるでしょう。

一気通貫体制をとっている転職エージェントはパソナキャリア JAC Recruitmentなどがあります。

 

分業体制のメリット・デメリット

メリット

 エージェントが営業、転職サポートに集中出来るので効率的

 求職者に丁寧なキャリア相談が出来る

 求人紹介の機会が増える

 

デメリット

 アドバイザーが求人獲得しているわけではないので、求職者に質問されたことに場合によっては営業担当に確認が必要

 転職エージェントによっては営業担当から直接連絡が来る場合もあり、求職者は混乱する可能性がある

 

一気通貫体制のメリット・デメリット

メリット

 コンサルタント自らが求人獲得しているので、求人情報の保有量が豊富

 二人三脚体制という実感がわきやすい

 キャリア相談のときに紹介できる求人がすぐに提示できる

 

デメリット

 他のコンサルタントが獲得した求人は一気通貫体制では紹介できないことが多い

 営業にかける時間の方が多いため、求職者の相談についてはメールや電話で終わりがち

 

まとめ

 一気通貫体制の転職エージェントを使うことで、求人情報について面接で聞かれることや内定をもらえる人物像などを事前に把握することができる。

 分業体制の転職エージェントはサポートが丁寧なので、相談したいことがある場合はこちらを使った方が良い。

 一気通貫、分業体制の双方に登録しておくことで、各転職エージェントの良いところを使うことが可能である。

 

  転職エージェントが提供可能な3つのサービスとは?

 


 【リクルートエージェント】に無料で仕事を探してもらう

 【パソナキャリア】に無料で仕事を探してもらう



トップへ戻る

転職に関するお悩みは何でもお気軽にお問い合わせください。









ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!