思いついたら、その日に最安値で退職する方法は存在するか?


在職中の会社に不満がある時、退職を考えると思います。中には、1日でも早く会社を辞めたいが辞めることがとても難しい環境の方もたくさんおられると思います。そのような方はどうすれば良いのでしょうか?

退職交渉でお悩みはないでしょうか?

退職交渉で絶対やってはいけない5つのこととは?で書いたように会社を退職する際は段取りがとても重要です。

しかしながら、不幸にしてきちんとした段取りを踏まなかった場合にはどうすれば良いのでしょうか?

 

もしかしたら、以下のようなお悩みの方が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

 退職を会社に言いにくい

 上司と顔を合わせにくい、もしくは顔も合わせたくない

 同僚にも退職することがバレてしまったようで、会社の空気感がモロにアゲインスト

 健康を害し、会社に行けない

 退職した後の自分の仕事を引き継げる人がいない

などです。

退職でもめたことは私にもありますし、知人友人のトラブルも見て実感しています。

とても大変ですよね。

 

退職交渉って、結局は会社に退職願・退職届を受理してもらうための交渉ごとです。

交渉に慣れていない20代の方は特に大変だと思います。

 

なぜ退職交渉はこんなにも難しいのでしょうか?

基本的なことですが考えてみましょう。

 

あなたが転職活動をされているとします。

その場合はあなたも希望する会社に入社するために頑張りますよね。

一方採用する側も出来るだけ良い人材を早く欲しいのです。

出来れば採用しようと考えて面接をします。

これは面接を何度も行なって来た筆者だからこそわかることです。

決して落とそうと思って面接はしません。

つまりあなたと採用する企業とはwin-winの関係と言えます。

 

それに対して退職はあなたは会社を辞めたい。

しかし会社はあなたを辞めさせたくないという状況です。

ブラック企業やパワハラ上司などで一日も早く会社を辞めたい方も会社はあなたを辞めさせたくないという点では同じです。

安い給料で働いてもらいたいから引き留めているにすぎないのです。

 

このような理由があるので、退職交渉はとても難しいものとなっているのです。

転職エージェントを使わないで転職を実現した場合、退職交渉についてアドバイスをくれる人がいません。

私が転職エージェント以外の媒体は退職交渉で苦労すると言っているのは、ここに訳があります。

直接応募ではあなたが一人で退職交渉をどうするかを考えて、実行する必要があるからです。

 

退職交渉で失敗した場合、あなたから再三に渡って、退職の意思を直属の上司に申し出ることはとても勇気が必要だと思います。

メンタル面でも大変だと思います。

もう会社にも行きたくないですよね?

上司や同僚、先輩にも会いたくないでしょう。

そのお気持ちよくわかります。

 

この場合にはどうしても会社を辞められない時はどうする?で書いたように退職願ではなく、退職届を提出するという最終手段がありますよ。

退職願と退職届の違いは何なの?に書いたように退職届を会社が受理すれば、一方的に雇用契約解除可能なんです。

 

実は会社が受理すればというところがポイントです。

この退職届ですが、これもきちんと段取りを踏まないと会社から嫌がらせを受ける可能性があります。

 

その意味でも最終手段はあくまでも慎重であるべきです。

退職願を会社が受理してくれないのであれば、退職届を提出するしかないのですが、先程書いたようにそれにはリスクが伴います。

どんなリスクがあるのか、考えていきましょう。

 

退職届の段取りを間違えるとこうなる!

退職届を一方的に郵送しても良い?

法的に言えば、口頭でも正社員であれば二週間の猶予期間をとれば、退職は自由です。

職業選択の自由が憲法で保障されているからです。

必ずしも退職届が法的拘束力を持つことはないです。

ですが雇用契約の解除を通達する文書として、公式文書となっていると考えて良いでしょう。

それを考えると、手渡しで渡すのが一番です。

郵送ならば内容証明で送ることです。

ですが会社が受理しなければ何にもなりません。

弁護士に頼むのが確実ですが、莫大な費用がかかりますよね?

あなたがお一人で解決するのが大変でしたら、それよりも安価で済む退職のプロに任せる方法もあります。

 

雇用保険被保険者証は?

雇用保険被保険者証は会社が保管しているのが普通です。

これがないと転職先で雇用保険に入れません。

離職中であれば、失業保険が出ないので大変です。

すぐに就職しないならば尚更です。

ハローワークで失業保険給付手続きが必要だからです。

 

年金手帳は?

年金手帳も転職するならば、転職先に提出が必要です。

しばらく何もしない方も国民年金に切り替える手続きが必要です。

いづれにせよ、会社が一括管理している場合は返却するように要求する必要があります。

 

健康保険証は?

健康保険証は逆に会社に返却する必要があります。

大切な身分証明書です。

郵送で送るとしても、書留郵便が良いでしょう。

 

離職票は?

離職票は円満退社しても、手元に来るまで時間かかる書類です。

雇用保険被保険者証とセットで失業保険給付手続きをします。

目先の生活費を考えると、これも重要です。

 

このように退職した後に必要となる書類が出てきます。

その時、会社と揉めて辞めるとこれらの書類を要求するのも難しいほど追い込まれている方も多いでしょう。

会社に電話をするのも精神的に大変ではないでしょうか?

こんな時は退職代行サービスを使うことで、あなたの悩み・ご心配が一気になくなります。

ストレスが解消されて、あなたにとってきっと明るい未来が開けるでしょう。

 

退職代行サービスを使う意味

マスコミでも脚光を浴びているのが退職代行サービスです。

退職代行は文字通りの退職のプロです。

強引に退職話をすることなく、会社と合意を取ります。

退職届もあなたは何もする必要はありません。

代わりに会社に届けてくれるのが退職代行です。

退職に必要な手続きはすべて取ってくれるのです。

 

もちろん弁護士を使えば効果は抜群です。

しかし費用が安くても15万ほどかかります。

 

退職代行サービスを使えば、数万円の出費で済むのです。

なぜ安くできるのでしょうか?

それはあなたができることは退職代行サービスはあなたに行ってもらうためです。

例えば健康保険証の返却は郵送すれば済むことです。

ところが弁護士に頼むと全てを行ってくれますが、このような自分で出来ることまで任せてしまうことになり、結果として高額な費用が必要となるのです。

退職代行はシンプルにあなたが無事退職ができるようにサポートすることに注力します。

そのことで安い費用で頼むことができるのです。


 退職代行【saraba】


 

SARABAのセールスポイントはこれ!

退職代行SARABAは業界最安値がポイントです。

費用を抑えて1日で退職したい方にはおすすめします。

 

 業界最安値の価格が一律3万円で追加料金なし!

 離職票や雇用保険被保険者証など必要書類を要求してくれる

 1日で退職することができる


 退職代行【saraba】


 

まとめ

 退職交渉でうまくいかない時は、退職願ではなく退職届を提出しよう。

 退職届は会社に受理してもらおう。

 自力が無理なら退職代行サービスを使おう。

 SARABAは業界最安値でかつ1日で退職可能。



トップへ戻る

転職に関するお悩みは何でもお気軽にお問い合わせください。










2019年1月25日 思いついたら、その日に最安値で退職する方法は存在するか? はコメントを受け付けていません。 退職

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!