フリーター向けの転職エージェントはどこにある?

第二新卒・ニート
この記事は約7分で読めます。

転職エージェントには色々な種類があります。重要なのはあなたのキャリアにあった転職エージェントを選ぶことです。

あなたに相応しい転職エージェントを選ぼう

 

 

20代の方でも転職を考えている方は多いと思います。

年齢的に職務経歴が豊富とは言えないので転職に踏み込めずに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

 

例えば以下のようなことです。

 

 

  • 就活のやり方がわからない。
  • 企業の選び方がわからない。
  • 未経験可の求人を探しているが見つからない。
  • 求人に応募しても書類選考が通過しない。
  • 面接の受け方も自信がない。
  • 転職エージェントに登録しても求人紹介を断られる。

 

 

例えば20代でも第二新卒の方はこのような悩みを多少なりとも抱えているのではないでしょうか?

転職方法には大きく分けて直接応募と転職エージェント経由での応募の二種類あります。

 

直接応募は転職媒体で見ると更にハローワーク・転職サイトに分類出来ます。

ハローワークは国(厚生労働省)が運営する公的機関です。

 

雇用機会を均等に与えることが目的になっているので、求人数、求人の種類はとても豊富です。

それに対して転職サイトは民間が運営しているものです。

 

求人数は多いですが、20代〜30代向けのものがほとんどです。

民間のためハローワークに比べると求人の質は良いものが多いです。

 

 

しかし転職支援サービスを受けられる転職媒体は転職エージェントだけです。

転職エージェントを使うとあなたに担当アドバイザーがつきます。

 

就活の仕方がよくわからない方は支援してもらえる転職エージェントを使った方が効率的です。

転職エージェントといっても人材紹介会社によって扱っている求人が異なります。

 

あなたに相応しい求人を多く保有している転職エージェントを選ぶことが重要となってきます。

 

 

 

キャリア志向の転職エージェントを使う

 

 

転職エージェントは非公開求人を多数保有しているのが第一の特長です。

非公開求人は仕事内容や給料などの面で優れたものが多いです。

 

このようなメリットがありますので、可能ならば大手の転職エージェントを使ってみましょう。

代表的な転職エージェントとしてはリクルートエージェントdodaがあります。

 

 

例えばリクルートエージェント は非公開求人数だけで20万件も保有しています。

使えるのであれば利用しなければ損です。

 

優良求人が豊富なタイプの転職エージェントのデメリットとしては、スキルによってほとんど求人を紹介されない場合があるということです。

大手の転職エージェントに登録しても「紹介する求人は現在ありません。」と言われる場合がそうです。

 

 

リクルートエージェントdodaマイナビエージェントそれぞれ保有している非公開求人の業種・職種が違います。

一つ登録してダメでも別な転職エージェントであなたのキャリアとピッタリな求人に出会えるかもしれません。

 

まずは大手の転職エージェントを利用することを検討してみてください。

 

 

 

リクルートエージェント

 

doda

 

マイナビエージェント

 

 

 

第二新卒向け転職エージェントを使う

 

 

しかしスキルが高いとは言えない場合は先程ご紹介した転職エージェントを使うのは無理があるかもしれません。

その時は20代でスキルを問わない転職エージェントの使用を検討してみましょう。

 

第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化していますので、書類選考がないところも多く、正社員としての就職率はどこも80%以上です。

ただしハイスペックな求人はありませんので、あくまでもリクルートエージェントなどから求人紹介してもらえない場合に検討した方が良いでしょう。

 

 

社会人経験のないニート・既卒の方は最初からこのタイプの転職エージェントを利用した方が良いかもしれません。

リクルートエージェントのような総合型転職エージェントではコアスキルがポイントだからです。

 

 

【第二新卒エージェントneo】 の場合、スタッフは全員第二新卒出身です。

自らが体験しているので、きめ細やかで丁寧なサポートを行ってくれることに定評があります。

 

マイナビジョブ20's はマイナビグループが運営する20代専門の転職エージェントです。

20代の気持ちがわかるアドバイザーがあなたの就職を全力サポートします。

 

 

 

マイナビジョブ20's

 

【第二新卒エージェントneo】

 

 

 

ハタラクティブ はこんな人に向きます

 

 

リクルートエージェント のような大手転職エージェント、第二新卒向け転職エージェントを使ってみてもしっくりこない方はきっといるはずです。

転職エージェントですから求人の質が第一で紹介しています。

 

 

その求人の質にマッチしない方はどうしても求人紹介が少なくなります。

ハタラクティブは20代であれば未経験でも正社員就職を実現することを目的としています。

 

 

  • 未経験でも正社員就職が可能
  • ブラック企業は排除して紹介する
  • その代わり、求人の質は高くはない。あくまでも正社員就職を優先。

 

通常の転職エージェントを利用して転職活動しても難しい場合はハタラクティブの利用を検討しましょう。

求人の質が低いというデメリットがあるので、できるだけリクルートエージェントdodaで転職先を決める方が良いでしょう。

 

 

ただしどうしても転職しなければいけない事情があり、早く転職したい場合はハタラクティブを使えば就職できます。

ハタラクティブは全ての企業を訪問しているため、ブラック企業と思われるところは排除しています。

 

 

求人の質は低くてもブラック企業ではないので安心です。

給料にこだわらなければハタラクティブを使う価値はあると思います。

 

 

 

ハタラクティブ

 

 

 

まとめ

 

 

 

  • キャリアによって使う転職媒体を使い分けよう。
  • 20代ならばキャリアを問わない若年層向け転職エージェントを使うのが良いと思います。
  • 20代でもキャリア志向の人であれば、リクルートエージェントdodaのような転職エージェントを利用しましょう。

 

 

 

ハタラクティブ

 

フリーター・ニートなら登録しておきたい転職エージェント6選!

 

トップへ戻る

 

 

 

よくある質問

 

 

転職活動の手順を知りたい。できるだけ無駄のないようにしたいので。ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違いや使い方も含めて手順が知りたい。

 

 

転職活動で転職エージェントや転職サイトはどのように利用するのがよいのか?それぞれはどんな人に向くのか?おすすめの転職エージェント・転職サイトも知りたい。

 

 

職務経歴書が上手く書けないので、秘訣を知りたい。面接で注意すべき点やドタキャンする事情があったら、再応募は可能なのだろうか?その時の対策はあるのだろうか?

 

 

上記の質問に対する回答は本ブログの記事のさまざまな記事にとりあげていますので、ご一読頂ければ幸いです。

それでも疑問がある方は遠慮なくお問い合わせください