面接での自己紹介はどうやって乗り切る?

面接対策
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

面接で必ず質問されることの一つに【自己紹介】があります。ここを乗り切ることは、面接の第一関門ともいえるでしょう。

Sponsored Links

自己紹介で話すことは?

 

 

気になる求人があったとして、まずは応募しますよね。

書類選考の結果、面接に進めたときはとてもうれしいですよね。

 

 

さっそく面接対策にとりかかりましょう!

転職エージェントからの紹介であれば、アドバイザーと二人三脚で対策を練っていきます。

 

直接応募であればあなたなりの戦略で面接対策をする必要があり、時間がより必要となります。

 

 

その中でも重要な項目は以下の3点あります。

  • 自己紹介
  • 転職理由
  • 志望動機

 

 

転職を決意する前にやるべきことは?転職理由と志望動機はどう関連付けるか?で書いたように転職理由と志望動機は密接に関係しています。

今回は重要項目の一つである自己紹介について書きます。

 

 

時間は限られていますので、自己紹介をするにあたって、話さなければならないこと、余裕があれば話すことに分けて書きます。

面接での空気を読みながら、内容を微調整するしかないのですが、下記を目安にあらかじめ台本を作っておくとよいでしょう。

 

 

自己紹介の目的は第一印象を良くすることです。

簡潔に話すことが大切で、長々と話すのはダメです。

 

自己紹介で盛り込むべき内容

 

  • あなたの名前
  • 今までの簡単な職務経歴
  • 求人の仕事内容での要求に合わせた自己PR

 

 

余裕があれば話すこと

 

  • 志望動機
  • 転職理由
  • 詳細な職務経歴

 

 

この中でのポイントは、自己PRを必ず話すということです。

自己紹介というのは、結構あいまいな言葉ですよね。

 

 

時間があれば、自己PRからうまく関連付けて、志望動機も話すべきです。

面接官が質問しやすいように、軽く触れるだけでもよいでしょう。

 

 

全てを完結してしまうよりは、面接官が質問したいポイントをわざと残しておくのです。

そうすることで、話す時間は短縮できますし、志望動機、転職理由まで話すことができるかもしれません。

 

 

それをベースに面接が進んでいけば、ペースはあなたのものになります。

それくらい、自己紹介は重要なのです。

 

 

自己PRしてくださいと質問されるとは限らない

 

 

それとは対照的に、『自己PRをしてください』といわれることは、少ないと思います。

自己紹介の時点で、自己PRをしていないのは、本当に入社したいのかの本気度を疑われているといえます。

 

 

面接時間は1時間もありませんので、そんなに質問されるわけではありません。

具体的な仕事内容を面接官は想像しながら、対応能力を見るために様々な角度から質問するので、いわゆる一般的な面接対策では歯が立ちません。

 

 

企業研究、求人研究に基づく面接対策でなければなりません。

面接とは安心である!と何度も私は言っています。

 

 

そのことを認識していれば、自己紹介として何を話せば先方が納得するのかわかるのではないでしょうか?

 

 

自己紹介は何分がベストか?

 

 

自己紹介についてはあらかじめ、何パターンか用意しておくことをおススメします。

 

  • 1分間バージョン
  • 2分間バージョン
  • 3分間バージョン

 

 

少なくとも、3つは考えておきましょう。

時間を指定されることも面接によってはあるからです。

 

 

特に指定がなければ、20代では1分、30代では2分、40代では3分くらいが適切です。

キャリアを重ねるにつれて、アピールポイントが増えるのがその理由です。

 

 

40代で1分しか話す内容がないのは、逆にコミュニケーション能力を疑われます。

面接官の表情を見ながら、飽きさせないように構成を考えつつ、話しましょう。

 

 

面接は書類選考と違い、その場その場で臨機応変に対応する必要があります

企業もそのあたりの能力を見ています。

 

 

そして最後には、企業風土に合っているかが、重要となります。

スキルはあなたの能力ですが、企業に合うかどうかはあなたの努力ではどうにもならない部分です。

 

 

面接は運も絡んでいますので、一社ごとに一喜一憂するのではなく、面接が終わったら振り返りをすることです。

覚えているうちに、質問されたことを書いていってもいいと思います。

 

 

するとその業界の共通点が見えてきます。

面接のノウハウだけでは結局ダメで、自ら手を動かすことが内定への近道となります。

 

 

業界最大手の転職エージェントとして有名なリクルートエージェントはご存知リクルートキャリアが運営しています。

面接対策もリクルートエージェントのコンサルタントに相談すれば万全です。

 

 

面接セミナーも開催していますし、求人ごとに面接の対策をコンサルタントと自己紹介をどうすれかいいかもアドバイスをもらえますよ。

 


【リクルートエージェント】


【おすすめ】初めての転職で登録したい転職エージェント10社を厳選

トップへ戻る

業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも20万件以上保有するのはここだけです。専門コンサルタントがあなたの転職を全力でバックアップします。転職初心者にも使いやすいエージェントですので、キャリア相談や求人を紹介してもらうのに有効活用してください。私自身も最初の転職のときに使った最初の転職エージェントです。コンサルタントの方がとても親切で助かったのを今でも覚えています。これについては相性がありますので、担当者が自分に合わない場合はすぐに変更可能です。ウェブサイトから手続き出来ますので、気を使う必要もありませんしね。

dodaは転職エージェントと転職サイトからの応募が一括管理できるのでとても便利です。エージェント紹介求人画面と転職サイト求人とは分かれていますので、迷うことはありません。私もリクルートエージェントとdodaは転職活動開始後、自己分析が終わったらすぐに利用しました。転職サイトからのスカウトや転職エージェントからの求人紹介がメールでかなりの数ありますので、見逃さないような工夫は必要です。求人は生き物ですから。

転職エージェントは通常求人獲得する営業担当と求職者のサポートを行うキャリアアドバイザーとで分業制をとっています。ここの転職エージェントは一人のコンサルタントが営業から求職者への転職支援を行う一気通貫体制をとりますので、アドバイザーが求人情報についてとても詳しいメリットがあります。あなたの転職支援を一人のコンサルタントが全てワンストップで担当するメリットとしてはほかにも求人のマッチングがとれないリスクがとても低いことなどが挙げられます。分業制をとるリクルートエージェントやdodaと合わせて使うとどちらがあなたに合うかわかると思います。

ハイスペック求人を取り揃えた転職エージェントで外資系求人に強いことでも有名です。当然ながら高年収求人ばかりですので、高スキルで高年収を目的に転職する方はぜひ使いたい転職エージェントです。ミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントですので、それ以外の方は別のところを利用した方が良いでしょう。

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。第二新卒の方には最適でしょう。求人の量よりも質にこだわっていますので、求人紹介数が多いリクルートエージェントやdodaと合わせて使いたいところですね。20代の方以外は別の転職エージェントを使った方が良いでしょう。

ビズリーチはヘッドハンティング型転職サイトです。掲載されている求人は企業や中堅転職エージェント保有の求人が多いですね。ヘッドハンターからのオファーで思わぬ求人に出会える可能性が広がります。1000万円以上の求人が殆どですので、いわゆる転職サイトとは一線を画します。オファーを待つだけでも価値があるでしょう。

ワークポートは元々はIT特化型転職エージェントで、現在は幅広い求人を扱う総合型転職エージェントです。ですのでIT関係の求人に強みを発揮し、未経験からのエンジニアへの転職もサポートしています。もう一つの特徴は営業部隊が求人を毎日新規開拓しているということです。新鮮な求人を紹介することで常に生きている求人15000件を確保しています。求人は生き物ですからできるだけ新鮮な方が良いのです。転職決定人数が第一位のワークポートについてはさまざまな評判があります。しかしそのほとんどが担当コンサルタントとの相性の問題なのです。常に新鮮な求人を保有している転職エージェントは他にはありません。使わないともったいないエージェントですよ。

この転職エージェントは東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアに特化しています。特徴としてはそんなに大手ではないので、その分サポートが手厚いということが挙げられます。大手の転職エージェントでは物足りない部分はtype転職エージェントで十分補えるはずです。この転職エージェントで転職した方の71%が年収アップを実現しています。満点の転職エージェントはありません。各々の特徴を把握しながら、上手く利用していきましょう。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!



タイトルとURLをコピーしました