面接で主導権を握ることは可能か?


面接は普通、面接官主導で行われます。それは間違いのないことなのですが、少しでも主導権を握れたら気持ちが楽になりますよね。

面接は面接官主導が基本?

一次面接においても、二次面接最終面接においても、基本的には主導権は企業側にあります。

逆転出来ることは、難しいです。

やはり採用試験なので、当然といえば当然といえます。

面接を受ける側がかたくなり、緊張で本来の力を発揮出来ないのならば、それは本意ではありません。

本コラムでは、緊張しないために元面接官の立場からアドバイスします。

面接官も実は応募者の人柄を特に一次面接においてはよくわかっていないこともあり、手探りで進めています。

冷静に見えますが、チェックポイントがかなりあるため、面接官は脳をフル回転していると思ってください。

面接官があなたをぜひとも、採用したいと思ったとしましょう。

微妙ですが、空気が変わってくると思います。

具体的な業務について、先方が話し始めたら、あなたに相当興味を持っています

かなり。

普通は【落とす】ための面接なので、あなたがなぜ転職するのか、なぜ応募したのかを聞いてきます。

この質問は必ずあります。

間接的に聞く場合も含めると、100%の確率で聞かれます。

特に問題がなければ、あなたの経歴の確認に入ります。

ここまでの流れでは、面接官主導といえましょう。

経歴の確認の段階で、あなたに興味を持ってもらうようにアピールすることが重要です。

求人で求められていることあなたが出来ることがほぼ一致していることが説明できれば、かなりの確率で内定のテーブルにのります。

それがここまでで全力で行うべきことです。

 

空気を読んで流れをこちらに!

あなたのことを面接官が興味を持った場合は、入社後をイメージしたより深い話になります。

逆を言えば、そういう話題が出なかった場合は、厳しいかもです。

応募する求人の選択方法としては、あなたが働いているイメージを持つことが出来るかが大切なポイントです。

あなたのキャリアをよくわかっている転職エージェントがあれば、求人の選択で迷うことは少ないでしょう。

あなたのキャリアに相応しい求人を紹介してくれるのが転職エージェントです。

複数社を上手く使って、良い求人にだけ応募してください。

『どんどん応募しろ』ということがいわれることがあります。

とんでもない間違いです。

面接の前に求人選択は間違えないようにしてください。

時間が限られた中で応募をするわけです。

数多く応募すれば良いというものではありません。

面接の出来は、あなたのキャリアが先方の求人と如何にマッチングするかを説得できるかにかかっています。

面接官のすべてが仕事内容に詳しいわけではありません。

人事が面接官であれば、中学生でもわかるように、専門用語はなるべく使わずに話しましょう。

たとえ話を使うのが、わかりやすいです。

現場責任者が面接官であれば、きちんと専門用語を使って説明しましょう。

あなたのスキルを説明するのにも、空気を読まなければいけません。

相手がわかるように、説明してください。

そうすれば、先方は食いついてくるはずです。

 

最後の質問が一番のチャンス!

面接の最後に『何か質問はありますか?』と必ず聞かれます。

それこそが、面接官に一番印象を残せる機会ととらえましょう。

『特にありません。』というのは、チャンスを放棄していることになります。

実にもったいないです。

面接の印象は最初と最後が重要です。

特に最後の印象は重要で、ほかの面接官と話しをするときは、どうしても新しい印象で話してしまいます。

途中でいいことを言ったとしてもです。

人間の心理は複雑なようで単純です。

面接官の心を鷲掴みにするような逆質問をぜひとも、考えておいてください。

業務に関する鋭い質問であったり、キャリアパスについてであったり、いろいろ聞きたいことは出てきますよね。

リストアップを一度してみてください。

そのあとで、取捨選択していけば、変な質問はしないで済みますね。

爪あとを残す質問をすれば、立場としては互角に近くなります。

【ぜひとも、うちに来てもらいたいな】と思われる、必殺の逆質問をしましょう。


 【リクルートエージェント】への登録はこちら


トップへ戻る

転職に関するご質問は何でもお気軽にどうぞ。









本日のランキングクリックありがとうございました(^^)/

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ

面接で主導権を握ることは可能か? はコメントを受け付けていません。 面接対策

ニュースレターを購読する

新規記事を誰よりも早くお届けします!